吉田沙保里

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    五輪3連覇を含む16大会連続世界一を達成し、ギネス世界記録も持つ元女子レスリング選手、吉田沙保里の好感度がいま、下がり始めている。


    個人戦206連勝など輝かしい記録を持ち、国民栄誉賞、紫綬褒章も受賞、受章している吉田。

    「霊長類最強女子」とも呼ばれ人気を博していたが、2019年1月に現役引退を発表。

    その後、4月には朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で金曜パーソナリティに就任したり、バラエティ番組に多く出演するなど、タレント化を進めている。

    しかし、それが好感度急落の原因のひとつだという。


    「引退後のスポーツ選手がバラエティ番組に出演することはさほど珍しいことではありませんが、吉田の場合は引退直後に、『ZIP!』のパーソナリティに就任し『浮かれている』としてネットユーザーの不信感を生んだようです。
    さらに7月には下着ブランドのモデルにも挑戦したが、当時ネットからは『こんな姿見たくなかった』『どこに向かってるの?』という冷たい声が殺到。
    いきなりの露出度急増に戸惑う声が聞かれました」(芸能ライター)


    w


    また、“深田恭子化”も嫌われるきっかけのひとつだという。

    「吉田と深田は仲がいいことで知られていますが、当初は意外な組み合わせに驚く声も上がっていたものの、いまではふたりはたびたび、お互いのインスタグラムにツーショットをアップしています。
    しかし、吉田のファッションが次第に深田似になってきたとされ、また深田の趣味であるサーフィンを吉田が追いかけ始めたことなどが、他人に寄せる“パクり女子”のようだと話題に。
    『完全に寄せていってる…』『目の前に女子のお手本がいたら勘違いするかもだけど、それでも痛いよ』といった呆れ声が集まっています」(同)


    まさに国民的ヒーローだったものの、たった1年で嫌われキャラになり下がってしまった吉田。

    果たして2020年はどんな評価を受けるのだろうか――。


    http://dailynewsonline.jp/article/2140774/

    所長見解:あの件が・・・
    【【悲報】元レスリング・吉田沙保里さん、嫌われた理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これが霊長類最強肉体美!吉田沙保里さん、下着モデルに初挑戦「最強の一枚」
     
    s


    さわやかな笑顔で新作ブラをつけてポーズをキメる吉田さん。女らしさが増した

    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤


    1月に現役を引退したレスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)がワコールのブランド「Date.」の製品「シンクロブラ」で下着モデルに初挑戦したことが1日、分かった。

    青いシャツをはだけさせ、笑顔でブラジャーを見せるカットで、鍛えられた肉体が印象的だ。

    現役引退後、指導をはじめ、ラジオやテレビに出演するなど幅広く挑戦する姿が、ブランドコンセプトの“女を楽しむ”に重なり、起用された。

    吉田さんは「レスリング引退後、最大のチャレンジです。
    試合とは違った緊張感がありましたが、“最強の一枚”となりました」とコメントを寄せた。

    2日から公式サイトや店頭、パンフレットに登場する。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20190702/geo19070204000016-n1.html

    所長見解:強いな・・・


    【【悲報】吉田沙保里さん、下着モデルに初挑戦がコチラ(閲覧自己責任)・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉田沙保里、態度も深田恭子似に!?

    「現場で芸能人オーラ漂わせ……」業界でも嫌われ始めている!?


    元女子レスリングの吉田沙保里が、”親友”深田恭子と一緒に写った動画をインスタグラムに投稿し、話題となっている。

    吉田はこの日、髪をピンク色に加工するアプリで撮った動画を公開。

    「流行りのアプリで遊んでみましたぁー気付いたら、ご飯を食べる事を忘れるぐらいアプリに夢中になっていた二人 恭子ちゃんのピンク髪、めちゃ可愛いー」というメッセージとともに、
    「この日も、笑いっぱなしの1日でした…」と2人で遊んだことを報告した。 

    これに対し、ネット上は吉田に批判が。

    「イタい」
    「深キョンに寄せてきている」
    「勘違いはなはだしい」

    といった辛らつなコメントが並んでいた。


    w


    「吉田さんは引退後、髪を伸ばしたり、私服のテイストを深田さんに寄せてきているといわれ、よく批判されるように。
    さらに、最近はやたらとテレビに出ているため、批判も多くなってきています」(週刊誌ライター)


    徐々に世間から嫌われ始めている吉田だが、業界内からも不満の声が上がっているという。

    「現場では、やたらと“芸能人オーラ”を漂わせるようになっているんです。
    その上、現役時代は腰が低かったのに、今では結構上から目線。
    その原因は親友の深田さんでしょう。
    深田さんのわがままぶりは有名で、
    北川景子さんとのW主演の映画撮影の際、忙しい北川さんのスケジュールに合わせたら大激怒した、というウワサもありましたからね。
    スタッフでも共演者でも、なりふり構わず自己中心に動く人。
    そんな彼女と一緒に入れば、おのずと似てくるのでしょう。

    それゆえ、現場のスタッフから『態度も深キョン化するのでは?』と言われ、みな戦々恐々としていますよ(笑)」(放送関係者)
     
    売れっ子であるのは確か。

    だが、今後のためにも、態度を改めたほうがいいのではないだろうか?



    画像①
    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201906_post_206185/ 


    所長見解:まあな・・・

    【【悲報】吉田沙保里が美人になりすぎた結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミュージシャンでタレントのDAIGOが、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で5月の金曜日マンスリーメインパーソナリティーを務めることが発表された。

    『ZIP!』といえば、4月の改編で、金曜メインパーソナリティーが鈴木杏樹から吉田沙保里に変わったばかり。

    この報道をきっかけに、『ZIP!』の内情が見えてきたという。

    「今回のテコ入れは、一言でいえば、吉田の力不足が原因でしょう。
    日テレは吉田が国民的人気者と思ってキャスティングしたようですが、伊調馨選手のパワハラ騒動のときにダンマリを決め込んだことや、バラエティー番組に出過ぎている状況から、吉田の好感度はかなり低い。
    しかも、当然ながらMCはド素人であるため、現状『ZIP!』のマイナスになっているだけ。
    そこで、好感度が高く、MCもこなせるDAIGOを入れたというわけです」(テレビ雑誌編集者)

    zip


    原田泰造パターン? ギャラ50万円に難色…

    しかも4月26日には、週刊誌『女性自身』が吉田のギャラ事情を暴露。

    『ZIP!』の他の曜日のパーソナリティーは1本あたり30万円前後のところ、吉田は倍近い50万円を要求していたという。

    「こういった流れを見ると、日テレは早くも吉田切りに動いているとみていいでしょうね。
    せっかく関根麻里、北乃きい、川島海荷と続いた総合司会の座をタレントから局アナに変更して経費を削減したのに、吉田1人のせいで台無しですから。
    それでも数字が良ければいいのですが、お荷物状態の吉田を長期起用する必要は全くありません。
    早ければ半年での降板もあるかと」(制作会社関係者)

    実際、初代月曜メインパーソナリティーの『ネプチューン』原田泰造は、2011年4月~10月という極めて短い期間で降板。

    前例は確かにある。

    「『ZIP!』としては、東京五輪のある2020年まではせめて吉田でいきたいと考えているようですが、このままでは持たない。
    実験的にDAIGOを入れてみていることから分かるように、今後も月替わりでゲストMCを呼び、2人体制で金曜日をやりくりしていく可能性もありますね。
    正直、経費的な意味では厳しいのですが、月替わりにMCが替われば、話題性も十分ですからね」(同・関係者)

    果たして吉田は最速タイの半年降板となってしまうのだろうか。

    〝高速タックル〟ならぬ、〝高速降板〟が炸裂する?


    http://dailynewsonline.jp/article/1811123/

    所長見解:イメージがね・・・
    【【悲報】吉田沙保里、わずか半年で『ZIP!』降板の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今や歌手以外のタレントがテレビ番組で歌ったり、あるいはCDデビューすることは珍しいことではない。

    だが、その過去を口にしない、あるいは触れられたくない「黒歴史」を持つタレントも、中にはいるようだ。

    k


    「新垣結衣もその1人です。これまでアルバムとシングル合わせて7枚もリリースするなど積極的な活動を続けてきましたが、2010年、活動を突然ストップ。
    その背景には、彼女がネットの『音痴な芸能人』のまとめサイトに自分の名前を見つけたからという、まことしやかな噂も出回っていますが、定かではありません」(芸能ライター)


    また、木村佳乃もデビュー2年後の1998年6月に『イルカの夏』で歌手デビュー。

    2000年まで6枚のシングル、3枚のアルバムをリリースしている。

    「木村は『あさイチ』(NHK)の中で、『イルカの夏』を歌番組で歌唱しているシーンが流れた際、『ヤダヤダ! アップにしないで! 子どもにはまだ秘密にしてるんです』と絶叫していました」(同)


    一方で、たった1曲出しただけという女優も。例えば、竹内結子。

    1998年9月、同年公開された竹内の主演映画『イノセントワールド』の主題歌『ただ風は吹くから』を担当している。


    また、波瑠も雑誌「SEVENTEEN」(集英社)の現役モデルだったころ、岡本真夜の作詞作曲による「I Miss You/Message」という曲でデビュー。

    当時のインタビューでは、モデル仲間や家族から大絶賛されており、「もっとがんばろうって思う」と意気込んでいたが、売れ行きが悪かったのか、この1曲で終わっている。


    異色どころでは、元女子レスリングの吉田沙保里。

    しかも、現役時代の2015年、TBSアナウンサー石井大裕(弟)とTBS営業局員の石井大貴(兄)の兄弟ユニット「Well stone bros.」の曲『目を覚ませ』にフィーチャリングという形で参加。

    CDリリース記念イベントでも、観客の前で生歌を披露している。

    その際、吉田は、自分の歌声が「kiroroに似ていると言われる」ことを明かし、「紅白を狙いたい」とやる気を見せていたが、吉田の歌手活動もこの1曲だけだ。

    今やユーチューブでその歌声がアップされ、残ってしまう時代。

    今後もタレントの皆さんは、CDデビューのオファーには、くれぐれも注意したほうがいいかもしれない。
     

    画像▼
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/b/fbeda_188_7543eec3_8f18dfa6.jpg

    動画▼
    https://www.youtube.com/watch?v=YcFk6oMjhNU

    http://news.livedoor.com/article/detail/16398388/



    所長見解:悪くないけどね・・・


    【【触れてはいけない】新垣結衣、竹内結子、木村佳乃、波瑠、吉田沙保里の黒歴史がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ