ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    吉澤ひとみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画

    違法薬物の乱用、反社勢力とのズブズブ関係など、ドン引きの事案が続く芸能界の中では、元『モーニング娘。』メンバーの各不祥事など、さして驚く話ではない。

    古くは加護亜依の喫煙騒動、グループを辞めてからのDVと妊娠問題。

    最近では〝ゴマキ〟こと後藤真希が元カレと不倫。

    夫であるA氏が元カレを相手取って330万円の損害賠償請求。

    結局、和解勧告され、金銭は生じないという恥のような訴訟結果となった。

    しかし、何と言っても吉澤ひとみに限っては、完全な犯罪者だ。

    「加護や後藤が刑事罰かというと、やはり民事訴訟の域。
    例えば未成年の喫煙は問題ですが、それで鑑別所に入るということはない。
    一方、吉澤は単なる道路交通法違反というだけでなく、飲酒運転、人身事故、ひき逃げ…など、真っ黒な〝刑法犯〟です」(司法ライター)

    吉澤の事件を振り返ると、彼女が事故を起こしたのは昨年9月のこと。

    酒酔いで自身の車を運転。

    制限速度60キロのところを86キロで走行し、赤信号で交差点に進入。

    歩行者2人にケガを負わせ逃走という、恐ろしいほどの罪を犯している。

    「懲役2年、執行猶予5年は軽過ぎるのではないかの声も出たほど。
    しかし、有名人ということで社会的制裁をすでに受けたとの判断。
    幸いにも事故に遭った被害者は軽症で、判決前に示談成立。
    本人も反省を示しているなどの点が執行猶予の理由に挙げられます」(同・ライター)

    とはいえ、通行人が軽傷だったのは不幸中の幸いであり、偶然というだけの話。

    大甘判決なのは、今もネット上にアップされている〝事故の瞬間〟映像を見れば明らかだ。さらに、

    「吉澤は2007年に、実の弟を交通事故で亡くしています。
    だから厳罰にはしなかったという同情心理も働いたのだと思います」(朝刊紙記者)

    c


    ■ 芸能人特権フル活用

    吉澤は、この事故によって「引退」をほのめかしている。

    しかし、それは怪しいという。

    「例えばタレントの坂上忍は、過去に泥酔運転で電柱に衝突。
    同乗者女性がいるのに逃げて御用となった。
    マトモにしゃべれないほどの酔いで、器物破損、現場逃走。
    そんな輩が最近、自身の司会番組『バイキング』では高齢者の免許について『もっと厳しく』など、自分を棚に上げて批判をしていますからね。
    こんな人間、テレビに出て免許を語る資格などないですよ」(芸能ライター)

    どんな大罪を犯しても、いつの時代も寛大なのが芸能界だ。

    「吉澤は、密かに芸能界復帰を画策していますよ。
    夫はIT企業の社長といいますが、吉澤の事故も影響してなのか、経営は苦しいようです。
    だから吉澤の復帰が回復の鍵にもなる。
    復帰は、事故から1年たった今年の秋といわれています」(同・ライター)

    麻薬をやっても飲酒事故でも復帰のできるのは、芸能人の特権。

    吉澤にはそれをフルに生かし、ガンバってほしいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/85922

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/09/yoshizawa_hitomi.jpg 

    所長見解:無理やろ・・・
    【【飲酒ひき逃げ】元・モー娘。吉澤ひとみさん、驚愕の芸能界復帰計画がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    派遣マッサージ店の女性従業員に性的暴行を加えたとして強制性交罪で逮捕されていた俳優の新井浩文容疑者が21日、東京地検に起訴された。

    起訴された場合、有罪率は99.9%とも言われており、新井被告には何かしらの有罪判決が下される可能性が高い。

    t


    気になるのは今後の動向であろう。

    保釈請求が行われ、証拠隠滅および逃亡のおそれがないと判断された場合、新井被告は保釈されいったんは“シャバ”に出る。

    その場合、何かしらのケジメが求められるのは確かだろう。


    「昨年に飲酒運転容疑で現行犯逮捕された元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者(当時)はマスコミには書面を一枚提出したのみで、謝罪会見を開きませんでした。
    そのまま芸能活動の引退を表明しています。
    ただ、新井被告の場合は知名度もあるため、やはり謝罪会見は求められるのではないでしょうか」(芸能関係者)

    その場合、気になるのが芸能活動を継続するのか、はままた引退するのかといった点であろう。

    「やはり、その時点で何かしらの決断は迫られるといえるでしょうね。
    ただ新井被告は、映画の公開中止など多くの損害賠償を抱えているため、やはり、『仕事で借金を返し誠意を見せる』選択を行う可能性が高そうです。
    さらに被害者の感情も考慮されるべきでしょう。
    自動車を運転中に死亡事故を起こした大竹まことは、2週間後に仕事に復帰しています。
    これは大竹の事故後の対応に不備がなかったことに加え、被害者の遺族が早期復帰を望んだためといわれています」(前出・同)

    何よりも優先されるのは被害者の感情であろう。

    新井被告には厳しい道が待ち受けていそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1704722/

    所長見解:無理やろ・・・

    【【暴行逮捕】新井容疑者の復帰の可能性がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    億を稼ぐプロ野球選手を夫にもつ “勝ち組”の余裕からくる幸せ太りか──。

    元モーニング娘。の石川梨華の激太りが話題になっている。

    m


    ファンに大きな衝撃を与えているのが、1月末に行われたバースデーイベントの際にブログにアップした写真だ。

    「小花柄のふんわりワンピース姿で、Wピースをしてほほ笑む彼女の顔がまん丸でパンパンなんです。
    同じ日にマネージャーがツイッターにあげた『久しぶりの自撮りに苦戦中!』という写真では、ボディの方も非常に肉感的で、ウエストもまるで淑女の貫禄だったんです」(ネットウオッチャー)


    ※画像がコチラ


    いったいなぜ、風船のごとく膨らんでしまったのか。

    「昨年は、モー娘。に同期加入の吉澤ひとみが泥酔ひき逃げ事件で芸能界を引退し、今までこれといった不祥事のない石川は、かつて熱狂したファンの“最後の砦”とも言われ心の拠り所となっている。
    そんなプレッシャーからくるストレスという見方もありますが、単なる運動不足でしょう」(前出・夕刊紙記者)

    それでも、いかにもプニプニしてそうで悪くないか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1699761/

    所長見解:誰やねん・・・

    【【元モーニング娘。】吉澤ひとみ引退で石川梨華が衝撃の姿に・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年もいよいよ大詰め。

    今年もいろいろありましたよね。

    ゴシップや報道を遡ってみると、多くの著名人が自身のうかつな行動や言動によって社会的制裁やバッシングを受けています。

    そこで、平成最後の年に“やらかした”面々のナンバーワンを決定しましょう!(20~30代の女性200人にアンケート調査。協力:アイリサーチ)


    ■2018年やらかした王ランキング

    1位 淫行事件を報じられた山口達也 221pt

    2位 酒気帯びひき逃げ事件を起こした吉澤ひとみ 149pt

    3位 金融商品取引法違反の容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン 130pt

    4位 秋篠宮眞子様との婚約延期後、海外留学した小室圭 105pt

    5位 悪質タックルを指示したとの疑惑がある日大アメフト部前監督・内田正人 92pt

    6位 引退した貴乃花、暴行事件を起こした貴ノ岩など貴乃花ファミリー 77pt

    7位 上沼恵美子をバッシングした久保田かずのぶ 67pt

    8位 未成年との飲酒など相次いで報道されたNEWSのメンバー(小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也) 44pt

    9位 正式に離婚が成立したものの世間を騒がせる松居一代 38pt

    10位 パワハラ事件を起こした元日本レスリング協会強化本部長・栄和人 28pt


    圧倒的1位は元TOKIOのメンバー・山口達也という結果になりました。

    ジャニーズの現役人気グループのメンバーであり、情報番組でキャスターを務めるほどの好感度の持ち主が、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されるという特大スキャンダル。


    2位の吉澤ひとみは記憶に新しいですよね。

    今年9月、飲酒運転のうえ、ひき逃げという言語道断の犯罪行為で懲役2年、執行猶予5年という有罪判決が下りました。

    初公判では20の傍聴席に1000人以上の長蛇の列ができるなど、世間の関心の高さがうかがえました。(続きはソースをご覧下さい)

    no title


    https://www.jprime.jp/articles/-/14157 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【結果発表】2018年やらかし王選手権がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ