吉澤ひとみ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年もいよいよ大詰め。

    今年もいろいろありましたよね。

    ゴシップや報道を遡ってみると、多くの著名人が自身のうかつな行動や言動によって社会的制裁やバッシングを受けています。

    そこで、平成最後の年に“やらかした”面々のナンバーワンを決定しましょう!(20~30代の女性200人にアンケート調査。協力:アイリサーチ)


    ■2018年やらかした王ランキング

    1位 淫行事件を報じられた山口達也 221pt

    2位 酒気帯びひき逃げ事件を起こした吉澤ひとみ 149pt

    3位 金融商品取引法違反の容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン 130pt

    4位 秋篠宮眞子様との婚約延期後、海外留学した小室圭 105pt

    5位 悪質タックルを指示したとの疑惑がある日大アメフト部前監督・内田正人 92pt

    6位 引退した貴乃花、暴行事件を起こした貴ノ岩など貴乃花ファミリー 77pt

    7位 上沼恵美子をバッシングした久保田かずのぶ 67pt

    8位 未成年との飲酒など相次いで報道されたNEWSのメンバー(小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也) 44pt

    9位 正式に離婚が成立したものの世間を騒がせる松居一代 38pt

    10位 パワハラ事件を起こした元日本レスリング協会強化本部長・栄和人 28pt


    圧倒的1位は元TOKIOのメンバー・山口達也という結果になりました。

    ジャニーズの現役人気グループのメンバーであり、情報番組でキャスターを務めるほどの好感度の持ち主が、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されるという特大スキャンダル。


    2位の吉澤ひとみは記憶に新しいですよね。

    今年9月、飲酒運転のうえ、ひき逃げという言語道断の犯罪行為で懲役2年、執行猶予5年という有罪判決が下りました。

    初公判では20の傍聴席に1000人以上の長蛇の列ができるなど、世間の関心の高さがうかがえました。(続きはソースをご覧下さい)

    no title


    https://www.jprime.jp/articles/-/14157 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【結果発表】2018年やらかし王選手権がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)などに問われたモーニング娘。元メンバー・吉澤ひとみ被告(33)。

    その判決公判が11月30日に東京地裁で行われ、懲役2年・執行猶予5年(求刑2年)の判決が言い渡された。

    各メディアの報道によると、吉澤被告はグレーのスーツに白いシャツと黒いパンプス姿で出廷したという。

    公判直前には本誌がデパ地下でおつまみになるような食材を買いあさる姿を報じていたが、現場でも変化が見られたという。

    「保釈時よりも、かなりやつれた様子でした。
    お酒は別として、おそらくまともな食事はとっていないのではないのでしょうか」(傍聴した記者)

    これまでの報道をまとめると、吉澤被告は前夜にかなりの量を飲酒。

    にもかかわらず9月6日早朝、酒気帯び状態で乗用車を運転。

    法定速度を約20km超える時速86kmで、赤信号を無視して交差点に進入。

    横断中だった男女2人に軽傷を負わせながらも、救護措置を取らず現場から走り去っていた。

    公判には情状証人として夫が出廷したというが、気になる事実関係は明かされないままだったという。

    「情状証人もかかわず、夫は吉澤被告が事件後も飲酒していることを暴露。
    結果、裁判官への心証はマイナスになってしまったと思われます。
    夫は吉澤被告といっしょに飲酒をしていたといいますが、なぜ翌朝運転するのを止めてタクシーで行かせなかったのか。
    公判では、そのことが明らかにならないままだったそうです。
    運転を止めなかった夫の責任も大きいはずですが……」(芸能デスク)

    公判では今後、運転する意思がないことを明言したという吉澤被告。

    その思いが揺るがなければ、同じ過ちは犯さないはずだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00010003-jisin-ent


    no title


    所長見解:離婚か?・・・

    【【懲役2年・執行猶予5年】吉澤ひとみ被告の判決で触れられなかった気になる事実関係がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の初公判(佐藤卓生裁判官)が29日、東京地裁で開かれた。吉澤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役2年を求刑した。

    起訴状によると、吉澤被告は東京都中野区で9月6日朝、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。

    横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとされる。

    入廷した吉澤被告は逮捕時よりも、さらにやつれた表情。

    起訴内容について「間違いありません」と認めた。職業については「無職ですか?」の問いに「はい」と答えた。

    弁護士からは被害者2人との示談書が提出された。

    証人尋問には吉澤被告の夫が出廷。

    弁護人質問では、同被告の飲酒の事実を知りながら、仕事に向かわせたことに対しては、
    夫は「私の認識が甘く、睡眠を取れば(お酒が残らないと)。ただただ後悔しています」と述べた。

    検察側から現在の飲酒量を問われると「急激に減っています」と述べ、さらに検察側から「全く飲んでいないということではない?」と問われると「そうです。急激に減っています」と答えた。

    y


    被告人質問では、同被告は現場から立ち去ったことには「気が動転していた」と述べ、繰り返し、被害者への反省の言葉を述べた。

    検察側から、同被告が運転免許取得から4年程度で交通違反3回、事故2回の事実について聞かれると、同被告は「(交通法規への)意識が十分ではなかった思います」と述べた。

    免許再取得の資格を得るにまで9年かかるが、同被告は「再取得するつもりはありません」。

    事故車が警察から還付されれば「処分します」と答えた。

    最後に裁判官から「(繰り返し述べていた)甘えとは?」と問われると、同被告は「お酒の飲み方、社会人としての意識のなさ、気の緩みだと思います」と答えた。

    判決はこの日と同じ法廷で30日午前11時から言い渡される。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1205017/


    所長見解:執行猶予か・・・

    【【これはすごい】吉澤ひとみ「(飲酒量)急激に減っています」 検察「全くではなく?」 「そうです。急激に減っています」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開かれた。

    起訴事実を認めた吉澤被告は「一人の人間として考えが甘かった」と謝罪し、涙。

    二度と運転しないことは誓ったが、夫の証言で毎日台所で飲酒していたことや事件後も断酒していないことが明らかになった。

    検察側は懲役2年を求刑。30日に判決が言い渡される。

    y


    元人気アイドルは、グレーのジャケットにひざ丈のスカート姿で出廷した。

    逮捕時から茶色だった髪は黒く染められ、すっぴんに近い薄化粧の顔はやせこけていた。

    佐藤卓生裁判官から裁判資料の記載内容を確認された吉澤被告は、「職業のみ違います」とぽつり。

    「無職ですか?」の問いに「はい」と答え、保釈翌日の9月28日に引退してタレントではなくなったことを強調した。

    起訴事実については「間違いありません」と消え入りそうな声で認めた。

    結婚指輪をはめた左手で右手を覆い、視線を落としたまま冒頭陳述を聞いていたが、嘆願書が弁護人から代読されると表情が一変した。

    引退まで所属していた元芸能事務所社長から「一人の友人として、人生の先輩として、何かあれば協力する」と温かい言葉が寄せられると、涙腺が決壊。

    大粒の涙が顎からしたたり落ち、何度もはなをすすった。

    吉澤被告は9月6日午前7時頃、酒気帯びの状態で車を運転し、東京・中野の路上で男女2人をはね、そのまま逃走。

    事故前日の5日午後8時すぎから当日午前0時頃まで缶酎ハイ3本と焼酎のソーダ割2杯を飲んでいた。

    ドライブレコーダーの鑑定から事故当時は時速86キロ(法定速度は60キロ)で走行していたと特定され、現場から約5キロ離れた練馬区役所から夫にLINEで連絡。

    110番通報することをうながされたという。

    弁護人質問では、逮捕時に焼酎の話をしなかった理由について「その場で頭に浮かんだのは缶酎ハイ3本だったから」と説明。

    逃走したのは「気が動転してパニック状態になったから」と話した。

    被害者には慰謝料などを支払い示談が成立したが、女性の顔には傷が残ったという。

    当時の飲酒量について問われると、「飲んでしまったことを後悔しています」とざんげし、「酒が残った状態で車を運転してしまったこと」が事故の最大原因と話した。

    事故車は今後処分し、9年間失効された運転免許証の再取得はせず、車に乗らないと誓った。

    一方、アルコールへの依存も浮き彫りに。

    2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明した。

    この日、被告の両親とみられる2人と傍聴席で妻を見守り、証人として出廷した夫は、検察官から事故後の飲酒状況を聞かれ、「急激に減っています」と証言。

    「全く飲んでいないわけではない?」の問いに「そうです」と続け、長男(2)の母でもある被告が断酒していないことが明らかになった。

    今回と昨年9月の2件の交通事故以外に3件の違反歴があることも判明。

    その一つは今回の事故の5カ月前で、悪質な印象も際立った。

    最後に裁判官から「自覚の足りなさをどう乗り越えるのか。決意はあるか」と問われた吉澤被告は「被害者の方に十分に謝罪し…日頃の生活の…」としどろもどろ。

    「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と振りしぼった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000033-sanspo-ent


    所長見解:アル中かね・・・

    【【飲酒ひき逃げ事件】吉澤ひとみの夫「毎日キッチンで酒を飲んでいた」←これwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ