吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ロンドンブーツさんの復帰トークライブの前日である1月29日に、宮迫さんが公式ブログとユーチューブチャンネルを開設。
    その日に1本目の動画を投稿しました。
    内容は謝罪とユーチューバーとして活動していくことの決意表明。
    亮さんが復帰するタイミングにかぶせるような復帰には批判が集まり、昨年、亮さんと開いた謝罪会見のときと同様に“演技っぽい”“嘘くさい”という声が多かったですね」(スポーツ紙記者)

     
    雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮。

    偶然なのか、あえてなのか─闇営業問題で謹慎処分となった2人が同時期に復帰した。


    m


    宮迫のユーチューバーデビューのタイミングについて、芸能プロ関係者はこう語る。

    「亮さんのライブの30日に第2弾となる動画を公開したのは“亮と一緒に復帰した”という印象をつくりたい思惑があったそうです」(芸能プロ関係者)

     
    宮迫の第2弾動画に登場したのは人気ユーチューバーの『ヒカル』。

    総再生回数が23億、年収は数億円といわれる指折りの人気ユーチューバーだ。

    今後は、彼とどんな活動をしていくつもりなのだろう。

    ロンブー復帰会見の翌日、自宅から出てきた宮迫を直撃した。


    ─ユーチューブで復帰。世間ではまだ厳しい目もありますが……。

    「もちろんありましたけど。見てもらって、ずっとダメと言う人はダメでしょうが、そういう人にも認めてもらえるように頑張りたいです」


    ─“蛍原さんの横に戻りたい”と話していたが、何か話しましたか?

    「もちろん、電話ではちょこちょこ話しています。“進んでいくしかないよな”っていうことは言ってますよね」


    ─戻りたいということは伝えました?

    「長い付き合いなので、もう言わずもがなで。待っていてくれているんで。いちいちそういう会話もしないですね。いまは現状報告みたいなことはちょくちょくしています」


    ─ヒカルさんとの関係は?

    「もともと知り合いの知り合いで。一緒に飲みに行ったときにどうですかって」


    ─さんまさんの反応は?

    「“やっぱり動かないとな”と。“ジッとしてると腕も落ちるやろうしな”って」


    ─後押ししてくれたのでしょうか?

    「後押しというか、“かまへんよ”って」


    ─ロンブーの亮さんも会見をして復帰しました。

    「電話でちょくちょく話していたので、やるのは知っていました。元気そうな顔が見れてよかった」

     
    苦笑することもあったが、質問にしっかりと答えてくれた宮迫。

    しかし、話が吉本に及ぶと歯切れが悪くなった。

    「ちょくちょく話を聞いてもらっています」

    と、事務所との連絡について話したが、岡本社長との関係について聞くと、

    「う~ん……まぁあの……誰と会うてるということではないんですけど、何人かとは連絡をとって現状報告と今後どうなるかわからないですけど、お願いしますということは話しています」


    ─さんまさんの事務所を通し、吉本とエージェント契約を結ぶことはありますか?

    「今後もし、そういうお話ができて進んでいけばお願いしたい気持ちはありますけど、まだ話はそこまで進んでいないので、のちのち話を聞いていただければ……という感じですかね」

     
    すでに数本の動画のストックがあるという宮迫。

    後輩のキングコングの梶原雄太はユーチューバーで大成功。

    宮迫が目指すのは同じくユーチューバーのトップなのか、それとも─。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00017130-jprime-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00017130-jprime-ent&p=2

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200203-00017130-jprime-000-1-view.jpg  

    所長見解:どうなんねやろ・・・

    【【闇芸人】宮迫博之さん「蛍原徹と電話で話したこと」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “黒い交際”を理由に芸能界引退を余儀なくされた島田紳助(63)が8年半ぶりに映像メディアに出演を果たしたのは1月13日。

    歌手misonoのYouTubeチャンネルに登場し、タレント時代となんら遜色ない絶妙なトークを披露したのは周知のとおり。

    s

     
    本人は動画の中で復帰を否定しているが、「これは芸能界復帰の布石ではないか」という説が一部テレビマンの間で根強く囁かれているのだ。

    「ポイントは動画が初めてだということ。
    驚いたのは紳助のしゃべりです。
    腕はまったく衰えていない。
    通常、現場を離れるとトークのスキルはガクンと落ちるものですが、むしろ今の方が冴えている。
    まるで復帰に向けてエンジンをブンブンふかしているかのような印象を受けました」(キー局編成関係者)

     
    紳助を巡っては過去、幾度となく復帰説が報じられてきたが、今日に至るまで実現はしていない。

    「紳助の復帰話が現実味を帯びてくると決まって事件が起きたからです。
    2015年の8月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で復帰話が出た時には山口組が6代目山口組と神戸山口組の2派に分裂。
    さらに昨年の6月にも復帰話が出ると雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が中心となった闇営業問題が発覚した。
    反社との関係で芸能界を追われた紳助にはいずれも逆風になったんです」(芸能プロ関係者)

     
    果たして紳助本人は本気で芸能界復帰を考えているのか。

    「これまで紳助の復帰を後押ししていたのは紳助復帰待望論者を公言していた大崎洋・吉本興業ホールディングス株式会社会長。
    大崎会長に触発される形で行動を共にしたのが日テレの小杉社長だといわれているんです。でも実際のところ紳助は復帰についてはNOともYESとも言っていない。
    『考えさせて』と言ったまま復帰をうながす関係者には答えを保留にしているといわれています」(事情通)


    ▼写真
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/268/385/e824c64d160d697e909f6f29faf79b3020200130135423142.jpg
    所長見解:おもろいやん・・・

    【【復帰へ】島田紳助さん、貯金は50億円の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    あのベテラン女芸人の悪評が鳴りやまない――。

    昨年後半頃から、人気お笑いタレント・友近によるマネージャーへのパワハラ疑惑が相次いで報じられている。

    たとえば昨年12月23日付「FRIDAY DIGITAL」記事によれば、事態を問題視した所属事務所の吉本興業は友近に対し、パワハラをやめなければ専属エージェント契約に切り替え、営業やマネージャーの雇用を友近自身が行うかたちにすると通告したという。

    いったい友近と吉本の間で、何が起きているのか。

    「過去10年間で20人ほどマネージャーが交代したという報道も出ていますが、概ね事実です。
    私が知っているだけでも、友近のキツイ言動が原因で精神的ダメージを負って会社を辞めた人間は、3人はいます。
    吉本としては、稼ぎ頭のひとりでもある友近には事務所に残ってほしいという思いがある一方で、せっかくお金と時間をかけて採用・教育した社員を次々と友近に“潰される”のも困る。
    そのため、もう『少し態度を改めてくれないか』と友近にお願いしているものの、友近は『私は悪くない』という考えで、平行線のままという状況です」(吉本関係者)


    では、友近の言動は実際にパワハラといえるものなのだろうか。

    「友近が指示したことを、彼女が100%満足できるかたちでマネージャーがやっていなかったり、マネージャーを介してテレビ番組のスタッフ側とやりとりしていたものの行き違いが生じたり、というありがちなミスを、友近は許せない。
    友近の舞台に花を出したり、贈り物か何かを送ってくれたタレントの名前を、直近の仕事でそのタレントと共演するにもかかわらず友近に伝えなかったことに怒る、というケースもあります。

    意外に思われるかもしれませんが、実は吉本の芸人はかなりの大御所でも、マネージャーに対して日常的にきつく怒ったりするような人は少なく、ミスしても『何してんねん』でおしまいという場合が多い。
    ましてやパワハラでマネージャーが交代するというケースは、友近以外では聞いたことがありません。

    友近は、細かいミスに対しても一つひとつ執拗に叱り、説教をして、ときにはそのマネージャーの上司に直接クレームを入れることもあります。
    こういうタイプは女優に多く、最近では多くの人気女優を抱える某老舗芸能事務所でも、そうした境遇に耐えられずに次々と社員が辞めてしまうことが問題になっているほどです。
    その意味では友近は“女優タイプ”といえるでしょう。芸人には珍しいですよ」(吉本関係者)


    h


    時代錯誤の“芸人感”
     
    一方、友近に理解を示す声も聞かれる。

    「友近は理由がないのに怒るわけではなく、言っていることが間違っているわけではない。
    ただ、若いマネージャーが一回りも、ときに二回り近く年上の友近に、細かいことでもネチネチ怒られれば、精神が参ってしまうのも当然でしょう。
    友近の『芸人は24時間、仕事のことを考えて、朝も夜も働いているんだから、マネージャーもそうすべき』という考え方は理解はできますが、今の世の中では通用しませんよ」(吉本関係者)

     
    では今後、契約解除など吉本側が強硬な姿勢を見せる可能性はあるのだろうか。

    「さすがにそこまで手荒い手段に出るとは考えにくいですが、このままだと本当にマネージャーのなり手がいなくなってしまう。
    “友近のパワハラはキツイ”とマネージャーの間で恐れられているのは事実ですが、マネージャーも会社員なので、会社から“やれ”と言われれば断れない。
    ただ、ここまで問題が表面化すると、社員が“嫌だ”と言っている仕事を無理やり押し付けると、今度は吉本が社員にパワハラをすることになってしまう……。

    やはりエージェント契約みたいなかたちで、友近が自分で付き人というかマネージャー的な人物を雇って、吉本はスケジュール管理や仕事の依頼の窓口だけをするというのが、一番いいのかもしれませんね」(吉本関係者)

     
    友近が改心する日はくるのだろうか。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137207.html

    所長見解:時代がな・・・
    【【人気女芸人】友近さん、パワハラでマネージャー大量辞任も改心する気なしの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「舞台袖から怒鳴り声がして、ただでさえ本番直前でみんな緊張してるのにあの人がマネジャーを罵倒する姿を見てみんな萎縮してしまったんです。
    そんな状況で舞台に上がって笑いが取れるはずもありません。
    若手女芸人にとって数少ない登竜門をつぶされたことを、みんな今でも恨んでますよ」

     
    こう憤るのは、とある若手女芸人。

    2017年、初めて開催された女芸人№1決定戦「THE W」での出来事だ。

    若手があの人と苦虫を噛み潰しているのは、今、マネジャーに対する数々のパワハラ行為を暴露され、窮地に立つ友近のことだ。

    この大会で、友近は舞台に上がる寸前にマネジャーが用意するべき小道具が準備されていないことを知り、激怒。

    1回戦を辞退したのだ。


    t


    ■「虚栄心の塊」

    友近の怒りももっともだが、周囲を萎縮させるほど罵倒するのもどうなのだろうか。

    パワハラ騒動は2年も前から噂になっていたようだ。

    なぜ、友近はこうなってしまったのか。

    芸能関係者が語る。

    「友近さんが一躍有名になったのは、当時恋人だったなだぎ武さんと作った『ビバリーヒルズ高校白書』のパロディー。
    コントは2人で作ったというが、以前からディラン・マッケイの吹き替えモノマネをしており、R―1ぐらんぷりでも優勝して有名だった、なだぎさんのおかげ。
    恋人の友近さんはバーターで有名になったというのが世間の見方だった。
    これがプライドの高い友近さんは許せなかった。

    なだぎさんと破局し、水谷千重子という大御所歌手設定のキャラをつくったのも、とにかく自分を大きく見せることでバカにしてきた人たちを見返したかったから。
    虚栄心の塊みたいな人で、スタッフ受けも最悪ですよ」

     
    次々とマネジャーは逃げ出し「裸の女王サマ」となってしまった友近。

    このままではテレビから干される日も遠くない。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/267486 

    所長見解:そうなんやね・・・

    【【パワハラ騒動】人気女芸人・友近がテレビから消える模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダウンタウン松本人志(56)が28日放送のフジテレビ系「ワイドナショー2019年末SP」(土曜後6・30)に出演。

    闇営業問題について言及した。

     
    今年、芸能界で大きな騒動に発展した闇営業問題。

    松本は改めて騒動について振り返り「当然、この何カ月で解決するような問題ではないですし」とコメント。

    「『松本 動きます』というツイートに対しても、色々辛らつな意見もあって。
    “結局、松本はどう動いたんだ、何が変わったんや”という意見もあって。
    まあ、表立って動くことだけではない“動き”というのもあって」と苦しい胸の内を告白した。

    m

     
    ゲストの中居正広(47)が「俺もいろいろ聞いていたけど、言える範囲でどう動いていたのか教えてほしい。
    テレビ見ている人も知りたいと思う。
    松本さんは見えないところで動いていて。
    ここまで一言も話していない格好良さもあると思うけど、教えてほしい」と松本に質問。

    すると、松本は「家にタイガーマスクの覆面があって。
    それを使って謹慎芸人にお金を渡しに…。
    やっぱり毎月、毎月は大変なのよ。
    でも、松本で言ったら困るでしょ。
    といって、誰のお金かもわからないのはいけないでしょ。
    なので、ちょうどタイガーマスクで」と明かし、スタジオを驚かせた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000176-spnannex-ent

    所長見解:なんかな・・・
    【【衝撃告白】「松本、動きます」←何した?】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ