吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・野性爆弾が4月26日、無料インターネットテレビ局・AbemaTV「極楽とんぼのKAKERU TV」(木曜後9・00)に出演。
    コンビ内に生まれた驚がくの“格差”が遂に暴露された。

    k


    この番組はMCの加藤浩次(49)が鬼役となり、かくれんぼを展開。
    加藤に見つかった出演者は、事前に決められたお題に対し、“口パク”で答えなければならないルールとなっている。

    番組冒頭、出演者紹介でくっきー(42)に話が振られると、MCの加藤が「くーちゃん(くっきー)がゴールデン(タイムの番組)に出てくるとは思ってなかった」と、活躍ぶりに言及。
    くっきーも「自分も狙ってなかった。ただ、呼ばれるんですよね(ニヤリ)」とおどけてみせた。

    相方のロッシー(43)にも話が及んだが、「僕はヒマですよ。劇場と家で金魚にエサあげてるくらい(笑い)」と自虐的に現状を語った。

    くっきーは暴言を連発する破天荒な芸風で注目されていたが、芸術面で独特なセンスを開花させ、個展を開くまでに。
    ロッシーは「僕も絵、描いたりせなあかんのかな」と嘆き節を放つと、加藤に「くーちゃんに全部カブせていくの、面白いな」と笑われる始末。
    相方のくっきーには「(お笑いコンビ・レイザーラモンの)HG追いかける、RGみたい」とイジられていた。

    そんな野性爆弾の2人には、当然のようにコンビ格差が見え隠れする。
    顕著に現れていたのは、やはり収入面。
    MC加藤(鬼)にくっきーが捕まり、今月の月収が「320万円(口パクによる推定)」であることが暴露されると、流れでロッシーも月収を聞かれ、あっさり「35万円」と答えてしまった。

    出演者たちは「10分の1~!?」と大爆笑。
    それを見たロッシーは、同じく加藤とのコンビ格差でからかわれていた極楽とんぼ・山本圭壱(50)と抱き合い、慰めあっていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/01/kiji/20180501s00041000249000c.html

    所長見解:そうだろうね・・・
    【【人気芸人】野性爆弾くっきー、月収300万超の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    25日深夜放送の「にけつッ!!」(日本テレビ系)で、お笑い芸人のケンドーコバヤシが、吉本興業の新入社員の退職理由にあきれていた。

    k


    番組では、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが、兄で相方の千原せいじから聞いたエピソードを披露。
    親にも殴られるのが当たり前の世代だったというジュニアだが、吉本興業を退職した新入社員の退職理由が「世も末」だというのだ。

    上司が理由を確認すると、新入社員は「親にも『お前』なんて言われたことないんです!」「『お前』なんて呼ばれ方する職場、こんなところで僕は働けないです!!」と答えたそう。

    ジュニアと近い世代に産まれたケンコバは、新入社員の退職理由に「世も末やな!」とあきれる。
    ジュニアも「すごない!?」と共感を求め、さらに「正直悪い、(そんな新入社員は)吉本には向いてないわ! (社内では)『貴様』が飛び交ってんやから!」と社内環境を明かす。

    ケンコバも「(男が)弱くなったというか…」「どの業界でも、今、言ってますけどね」と続け、打たれ弱くなった若者に嘆いていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14485404/


    所長見解:しかたないよね・・・
    【【ケンコバ驚愕】吉本の新入社員の退職理由がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オリラジ中田、『ビビット』卒業 歯に衣着せぬ発言「陳謝して回りたい」


    所長見解:しかたないね・・・
    【【干物へ】オリラジ中田さん、ダウンタウン松本批判の結果wwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾として、秋元康氏と吉本興業が展開する新プロジェクト「吉本坂46」の第一次審査合格者が22日、発表された。
    エントリー数1747人から、第一次の書類審査で751人が通過。
    吉本所属の芸人、タレントは悲喜こもごもの反応を見せた。

    y


    一次合格者の中でひときわ目を引いたのが、吉本新喜劇の重鎮・坂田利夫と池乃めだか。
    坂田は76歳、めだかは74歳と高齢ながら、アイドル目指してオーディションに参加し、吉本坂へ一歩を踏み出した。

    『よしもと男前&ブサイクランキング』で2年連続「ブサイク」部門を制した稲田直樹(アインシュタイン)も通過。
    アイドル界に新風を吹かすダークホースとなるチャンスを得た。

    “ミナミの父”を自称し、なんばグランド花月で「占いどころ 服部宝観」を運営する占い師の服部宝観氏も二次審査へ。
    社会評論家・岡田斗司夫も二次審査へ駒を進めるなど、枠にとらわれない選考が目立った。

    同じ秋元氏が手がけていたNMB48の卒業生では三秋里歩(元・小谷里歩)、高野祐衣が通過。
    三秋はツイッターを更新し「吉本坂のことを知った時に、頑なに私は絶対応募しないぞ!と思っていたんですが、1年程前の鶴の一声を思い出して締め切りギリギリに応募しました」と説明。
    「ふと思い出したけどNMBの時も締め切り過ぎてから書類出したな~」と懐かしんでいた。

    また、盟友・山本彩から「おめでとう」と祝福されると「とにかく頑張る」と力強く語った。
    吉本が手がけていたアイドルグループ・ユメノカケラに所属していた水川華奈といった経験者も通過した。

    ただ、現在も活動する9人組アイドルグループ・つぼみは明暗分かれる結果に。
    「つぼみの存在を知ってもらうために」と吉本坂のオーディションを受けたが、恵梨花だけ落選。

    恵梨花はツイッターで「アイドルでエースが落ちるって! もうみんなからイジられまくるやん! 笑」としつつも「落ちたけど二次審査並びにいこうかな? 書類で落ちるってほんま他の人と変わったこと書いてないよ。みんなが二次審査受けてる間仕事ください~」と吉本所属らしく訴えた。

    お笑いタレント・たむらけんじも涙を飲んだ。
    「一次審査で落ちてました。いち早く吉本坂を転げ落ちました。坂田師匠は合格してるのに」とぼやき、ダメダメなキャラで知られるトミーズ健が通過したことに「うそやん! トミーズ健合格してる!(敬称略)」とツッコミんでいた。

    応募資格は、芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャンらよしもと所属タレント6000人が対象。
    芸歴・男女不問で、よしもと所属であれば誰でも応募ができ、ユニットの芸人でも個人としてエントリー可能となっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000366-oric-ent


    所長見解:需要ある?・・・
    【【秋元康】新プロジェクト「吉本坂46」の第一次審査合格者がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先日、ジャニーズ事務所が所属タレントの写真のネット掲載を解禁し、話題を集めている。

    「ただ、今回の解禁は記者会見など報道使用目的のみ。
    ウェブマガジンや雑誌のデジタル版での使用はNGなので、効果は限定的ですね」(テレビ誌編集者)

    一部とはいえ、ジャニーズがネット解禁に踏み切った背景には、香取慎吾(41)、草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(44)ら元『SMAP』退所組による、ネット展開の成功がある。
    これまで退所組の動きを静観していたジャニーズだが、年が変わるや、一気に対策を進め始めた。

    7


    バラエティ番組関係者によれば、春の改編前のタイミングで各局プロデューサーらに対し、「昨年、AbemaTVで放送された『72時間ホンネテレビ』に出演したタレントとの共演を避けてほしい」という旨のお願いがあったという。

    「実質的な共演NG宣言ですよ。
    各局のジャニーズ担当は慌てて出演タレント一覧をまとめています」(前出・関係者)

    たしかに『72時間ホンネテレビ』には吉本芸人が一切出ないなど、キャスティングに不自然な点が見られた。

    以下、AbemaTV関係者の弁だ。

    「ジャニーズと友好関係にある事務所幹部には事前に『番組に出演したら共演は難しいかもしれません』なる共演NGの“通達“がなされていたといいます。
    だからこそ、吉本芸人はオファーを蹴ったのではないか。
    香取ら3人は4月から月に1回、7.2時間の生放送の番組を始めることが決定しましたが、早くもキャスティングが難航しているそうです」

    テレビ局を悩ます「共演NG」。
    タレントたちがテレビなどでネタにするようになり、視聴者にも広く知られるようになったが、今回のジャニーズのように事務所単位でNGにすることは稀(まれ)だ。
    ただ、タレント単位では珍しくないという。

    「定番は元カレ、元カノ。本人たちがネタにしていない限りはマネージャーからNG指定されます。また『キャラ被(かぶ)り』もNGになることが多いですね」

    キャラ被りで共演NGになっている典型例が、女優の宮崎あおい(32)と二階堂ふみ(23)だという。

    「宮崎にソックリだと言われ過ぎて、二階堂が一方的にライバル視しているそうです。
    共演はもちろん『雑談でも宮崎あおいの名前は出さないでください』と事務所スタッフから、念を押された人もいますよ」(番組ディレクター)

    番組スタッフたちの勝手な“忖度(そんたく)“で、共演NG指定にされるケースも。

    「一時、柳原可奈子と横澤夏子がキャラ被りで共演NGだと言われていましたが、事情を知らないスタッフがオファーしたら、あっさりOKが出た(笑)。
    あと、事務所内NGも多いですね。たとえば『オスカープロモーション』の米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽は『誰が格上なのか決められない』という理由で共演NGです」(キー局編成担当者)

    共演NGなど、しがらみだらけのテレビ業界。
    復活を遂げる日は遠そうだ……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00010000-friday-ent


    所長見解:なんか大変・・・
    【【芸能事務所】テレビ局を悩ませる「共演NG」圧力ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ