吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お約束ネタでも笑ってくれない...

    y

    所長見解:ベタやからな・・・

    【【悲報】関東人さん「吉本新喜劇」を見てもあまり笑わない問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    二人の「闇営業芸人」の明暗は、ハッキリと分かれた。

    ロンブー・田村亮(48)は1月30日に相方の田村淳(46)とともに復帰会見を開き、記者から温かい拍手で迎えられるなど、すっかり許された印象。

    一方の宮迫博之(49)は1月29日に突如としてユーチューバーデビューして世間を驚かせたものの、テレビ復帰の目処はまったく立っていない。


    m


    反社組織のパーティに参加し、ギャラをもらったのは同じなのに、なぜこうも差が出てしまったのか。

    二人の〝元〟所属先である吉本興業は、彼らとどうかかわっていくつもりなのか。

    本誌は吉本のドン・大﨑洋会長(66)を自宅前で直撃。

    約40分にわたり取材に応じた。



    ―亮さんと宮迫さんについてお伺いしたい。

    「ええよ。よかったー、おネエちゃんと一緒に帰ってこなくて(笑)」


    ―亮さんは、淳さんと一緒に設立した個人事務所に所属し、吉本とはエージェント契約ということになっています。

    「俺が勝手に思ってるだけやけど、最初はエージェント契約でも、すぐに吉本とのマネジメント契約に戻るんちゃう? そうなってくれたら、すごく嬉しいよ」


    ―亮さんのテレビ復帰は、いつ頃になりそうですか。

    「具体的な話はわからんけど、吉本として放送各局にお詫びに行って、それとともに亮君の復帰についてもお話をさせてもらうやろうね。
    2月中旬くらいから(各局に)行くんちゃうかな」


    ―宮迫さんのユーチューバーデビューについては。

    「知り合いからメールで聞いたな。でも、見ようとは思わない。ああ、そうなんだって感じやね。上手くいけばええなとは思うよ」


    はっきりした言葉こそなかったが、大﨑会長との会話の端々から伝わってきたのは、宮迫と亮、二人に対する吉本としての温度差だ。


    2月7日発売の『FRIDAY』最新号では、宮迫の契約問題についてより詳細に報じている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00000003-friday-ent


    約40分にわたり取材に応じた大﨑会長。「世間の空気は会社として感じていかなきゃいけない」と語った

    画像がコチラ 

    所長見解:あかんやろね・・・
    【【これは怖い】吉本興業・大﨑会長の答えがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    反社会的勢力の会合に所属事務所を通さずに参加したという一連の”闇営業“問題で、昨年6月から芸能活動を休止していた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。


    宮迫は、1月29日にYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を開設し、謝罪動画を投稿。

    「自分を待つ番組スタッフや相方の元に戻りたい」と思いを語った。

    また、翌30日には、人気YouTuberのヒカル(28)とコラボした動画を投稿し、芸能活動を再開させた。


    「宮迫は2月5日までにすでに8本の動画をアップ。
    ヒカルだけでなく、DJ社長やレペゼン地球などの大人気YouTuberとコラボしています。
    すでにチャンネル登録者数は50万人弱。
    YouTuberとしてすごい勢いでファンを増やしているといえます」(スポーツ紙記者)


    m


    しかし、宮迫のYouTuberデビューについて、芸人の中には疑問を呈する者も少なくないのだ。

    ナインティナインの岡村隆史(49)は1月31日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)の中で「YouTubeやることはいいんですけど、その順番として、まずホトちゃんと雨上がり決死隊として、何かお客さんの前からやるのがいいんじゃないのかな」と話した。

    極楽とんぼの加藤浩次(50)も、1月30日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、「亮とかがちゃんと終わって、順番を経て宮迫さん(が復帰)っていうほうが僕はいいのにな」と述べた。


    宮迫のYouTuberデビューの当日となる1月30日には、所属事務所から謹慎処分を受けていたロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)が、トークライブ「family」を開催。

    ライブ終了後、相方の田村淳(46)とともに記者会見を行い、芸能活動再開を報告した。

    「淳の尽力もあり、ロンブーの2人は関係各所に筋を通しつつ、30日のトークライブの準備を進めてきたんです。
    にもかかわらず、宮迫がタイミングを計ったようにトークライブの前日に謝罪動画を投稿し、当日にYouTuberデビュー。
    亮の復帰を歓迎する声が大きいですが、宮迫のYouTubeでの復帰については、岡村、加藤をはじめ、ダウンタウンの松本人志も苦言を呈していましたよね」(芸能記者)


    http://dailynewsonline.jp/article/2182590/
    日刊大衆

    所長見解:ちょっとな・・・

    【【悲報】宮迫博之さん、明石家さんま事務所をクビの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “闇営業問題”を受けて所属していた吉本興業から契約を解除された宮迫博之(雨上がり決死隊)が1月29日、ブログとYouTubeチャンネルを開設。

    これらを軸に活動を再開することを宣言したが、チャンネルには以下のような厳しいコメントが多数寄せられ、本格復帰へのハードルの高さが改めて感じられる結果となった。


    m


    「コメントが作り物っぽい。
    話し方や間も俺は戻れるから余裕みたいな反省の色も感じられない。
    今のお笑いにこんな人必要なのか?」

    「もう、無理です。
    半笑いな表情、顎を上に向け、マユゲを持ち上げながら話し始めるナメた態度、色々アカン」

    「戻ってこれると思ってる顔しとるなぁ」

     
    動画での宮迫の説明によれば、吉本からはいまだに契約解除されたままの状態で、現在も話し合いを続けているという。

    「吉本との関係をどうするのか整理がついていない状況だけに、業界内では『なぜ、このタイミングで?』と冷めた反応が大半です。
    宮迫と共に契約解除処分を受けた田村亮(ロンドンブーツ1号2号)がトークライブで活動を再開させたことに、焦りを感じたのでしょう。

    そもそも亮は、事務所の先輩である宮迫から“闇営業でのギャラは受け取っていないことにしよう”と言われて、それに従った結果、いわば宮迫の道連れになるかたちで事務所をクビになった。
    それにもかかわらず、宮迫は自分だけ大御所の明石家さんまに泣きつき、さんまの個人事務所預かりというかたちに落ち着いたんです」(テレビ局関係者)

     
    亮は相方・田村淳が設立した株式会社LONDONBOOTSに所属し、吉本とは専属エージェント契約を結んだことで、復帰への道筋が敷かれた。

    「宮迫は焦ったのだと思いますよ。
    亮の復帰のタイミングを逃したら、自分の存在が世間から忘れられてしまう。
    それを一番恐れているのではないでしょうか。
    本人は亮の復帰に便乗するつもりかもしれませんが、吉本から見たら、せっかくお膳立てした亮の復帰劇を“潰そうとしている”ようにも見えてしまいます。

    宮迫は闇営業問題で吉本からの聞き取り調査で嘘をついた上に、吉本幹部を名指しで批判したこともあり、吉本の怒りを買ってしまった。
    間に入ったさんまも、今の大崎会長や岡本社長とはあまり親交がないんですよ。
    岡本社長はさんまより年齢が下のダウンタウンのマネージャーからのし上がった人で、さんまはむしろ目の上のたんこぶのような存在。
    さんまの行動を無下にすることはありませんが、さんまの顔に免じて宮迫を許すということはなさそうです。
    いずれにしても、この吉本との話し合いが決着していないタイミングで勝手に動き出したことで、吉本を怒らせてさらに関係を悪化させてしまった。
    宮迫の今後を心配している人は多いですよ」(スポーツ紙記者)

     
    宮迫の本格復帰は遠そうだ。


    https://biz-journal.jp/2020/02/post_140308.html

    所長見解:そらそうやな・・・

    【【悲報】宮迫博之氏、勝手にYouTube開設で吉本興業激怒の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    活動の幅は広がるどころか、仕事は激減しそうな雲行きだ。

     
    昨年、吉本興業マネージャーへの“パワハラ疑惑”が問題になった友近が所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を結ぶと1月29日付きのサンケイスポーツが報じた。


    t


    専属エージェント契約は従来のマネージャーではなく、自ら雇用する代理人を通して仕事をする形式。

    現在までに、極楽とんぼの加藤浩次、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が契約を結んでいる。

    記事によると、大阪で活動していた頃の旧知の仕事関係者が代理人となり、早ければ2月にも同契約を結ぶ見込みだという。

    「友近といえば、マネージャーがこの10年間で20人近く代わっており、そのうちの2人は、吉本の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。
    友近らから『向いてないから辞めろ』といった罵詈雑言を浴びたり、説教が深夜に及んだりしたことで、担当を代えてほしいと直談判したと報じられました。
    これに対し、友近が開き直っていたため、吉本も『それなら自分でマネージャーを用意しろ』とサジを投げ、エージェント契約への移行を求めたようです」(芸能記者)

     
    しかし、ここにきて一転「解雇」の可能性も出てきたという。

    芸能関係者が耳打ちする。


    以下全文
    https://www.cyzo.com/2020/02/post_230327_entry.html 

    所長見解:ええんやない・・・

    【【パワハラ疑惑】友近さん、吉本興業から解雇される説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ