吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月15日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』の準決勝が行われ、直後の会見で決勝メンバーが発表された。

    決勝に進んだのは、ギャロップ、かまいたち、霜降り明星、ジャルジャル、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、見取り図、ゆにばーす、和牛の9組。

    彼らに敗者復活戦の勝者を加えた10組が12月2日に行われる決勝に挑むことになる。

    y


    今回の決勝メンバーの大半は関西出身の関西芸人である。

    9組18人のうち、非関西人はトム・ブラウンの2人とゆにばーすのはらの計3人のみだ。

    過去の『M-1』でも同様の傾向は見られる。

    優勝者13組のうち、関西コンビは9組を占めていて、非関西コンビはアンタッチャブル、サンドウィッチマン、パンクブーブー、トレンディエンジェルの4組だけである。

    また、昨年の大会では、決勝メンバー10組のうち、非関西コンビのカミナリ、マヂカルラブリーの2組が9位と10位に沈んだ。

    『M-1』は2010年を最後にいったん休止となり、2015年に復活している。

    2015年以降の大会では特にこのような傾向が強く、決勝メンバーに非関西人が少ないだけでなく、たとえ決勝に上がっても、その大半が下位で終わってしまう。

    『M-1』で関西芸人がここまで強いのはなぜなのか。

    その理由を一言で言うなら、漫才がもともと関西の文化だからだ。

    現代のしゃべくり漫才の創始者と言われているのは関西芸人の横山エンタツ・花菱アチャコである。

    漫才の歴史はここから始まった。

    大阪と東京それぞれで漫才は発展を遂げていったのだが、文化として深く根付いたのは大阪の方だった。

    漫才師の数が多く、質も高かった。

    センターマイクを挟んで2人の人間がボケとツッコミの応酬をするという話芸は、そもそも関西弁に適している。

    関西にはボケとツッコミの文化があり、関西弁はそれを表現するための言語である。

    漫才が関西のものであるというのはそういうことだ。

    関西弁以外で漫才を演じるときには、表現の幅が限られてしまうため、それぞれの芸人が何らかの工夫をしてそのハンディキャップを補う必要がある。

    例えば、漫才の途中で特定のシチュエーションを演じるコントに入る「漫才コント(コント漫才)」はその一例である。

    漫才をコントに近づけることで、非関西弁で漫才をする違和感を薄くすることができる。

    『M-1』で優勝しているサンドウィッチマンやパンクーブーブーは典型的な漫才コントを得意とする芸人だ。

    また、単なる言葉の応酬にとどまらない新しいシステムを発明する、というのも1つのやり方だ。

    例えば、『M-1』決勝経験のあるカミナリは、ツッコミ役の石田たくみがボケ役の竹内まなぶの頭をはたいた後、一拍の間をおいてからツッコミの言葉を叫ぶ、という技を編み出した。

    また、『M-1』で四度の決勝経験を持つハライチは、岩井勇気の放つボケフレーズに澤部佑がそのまま乗っかって、ツッコミに切り替わる前に次のボケフレーズに再び乗っかっていく、という「ノリボケ漫才」を発明した。

    このように新しいシステムを取り入れた漫才は、初めて見る人に驚きを与えて、大きな笑いを巻き起こす。

    だが、カミナリもハライチも『M-1』で優勝は果たせていない。

    システムの漫才は、言葉の応酬だけの漫才に比べると技術的には物足りないと思われてしまうからだ。

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://dot.asahi.com/dot/2018112300022.html


    所長見解:しかたないよね・・・

    【【漫才NO.1】「M-1グランプリ」は関西芸人が強い説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)は今年、相次いでレギュラー番組を失った。
    が、そんな現実はどこ吹く風とばかりに、ビジネスに精を出している。
    それも、怪しさに満ちた……。

    n


    今年3月はTBS系の「ビビット」、9月には日テレ系「ヒルナンデス!」を降板したオリラジ中田。

    芸能記者は、彼をこう評する。

    「近ごろの中田は、自分で立ち上げたブランドのTシャツなどのネット販売にご執心です。それが宗教じみていて気持ち悪い。
    『幸福洗脳』とプリントされただけのTシャツを1万円以上で売っているのです。
    さらに、ラジオ番組で“ディープなファンだったら買えよ”とリスナー、つまりファンに購入を呼びかけました」

    結果、売れたものの、

    「中田は“先輩芸人の半年分の収入を1週間で稼いだ”と豪語して、“何様?”と反感を買いました」

    が、気にもかけず、引退を囁かれても意に介さない。

    「なにせ、中田さんはいまや“教祖様”ですからね」

    そう語る女性がいる。
    彼女は、中田が主宰する月会費1千円のオンラインサロンメンバーの関係者だ。

    「中田さんの『NKTオンラインサロン』では、メンバーだけのやりとりができます。けれど、“やっていることが怪しすぎる”“宗教みたい”といった声が続出しているのです」

    この関係者が続ける。

    「中田さんは、オリラジが中心のダンスユニット『レディオ・フィッシュ』のプロデューサー兼メンバーとしても活動しています。
    このユニットは2年前に『パーフェクトヒューマン』が大ヒット、紅白出場も果たしました。
    でもこの売り上げをほとんど吉本興業に持っていかれた。
    だから彼は、レディオ・フィッシュ関連の売り上げを会社にとられないよう、サロンをはじめたというのですが……」

    サロン内ではバーベキューなどのオフ会もあり、ライブのチケットを中田などから直接、手売りされる。

    「芸人にファンが会えるんです。舞い上がりますよね。
    彼はファン心理を利用して、10枚以上のチケットをファンに渡して周囲にさばくよう頼むのです。
    売り切った子には“もっといけそう?”と追加で売らせる。
    さらには、レディオ・フィッシュの弟分のグループのビデオ撮影なんかもやらせる。
    ギャラなどありません。
    月会費1千円を払い、働くんですよ」

    そしてオフ会にはファンに全身黒の服を着てこいと要請。
    着てくると、黒い数珠を授けるという。

    「黒ずくめの服を勧めるのも、“まず中田を信じてほしい。だから黒い服着ろって言ったら着るんです。まず、信じる”と宗教じみているし、自分を“御神体”などと呼ばせたりしてもいる。全部シャレと片づけるには気味が悪すぎます」

    狂気と正気の境目があやふやな感じがしてならない。

    吉本興業はサロン運営を容認しているというが、こんな“教祖様ビジネス”、いつまで続くのやら。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00550762-shincho-ent


    所長見解:武勇伝やね・・・

    【【迷走中】オリラジ中田の怪しい「教祖様ビジネス」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■4年前に関西へ帰ることも考えていた

    近年、ブレイク芸人として名高い千鳥の大悟(38)とノブ(38)。
    今では全国区の人気を誇るお笑い芸人といっても過言ではないが、ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。

    t


    2000年のデビューから関西圏で着々と実績を積み、3年目にして「M-1グランプリ」決勝に進出。
    関西圏では瞬く間に人気芸人となった。
    2012年、当時11本あった関西のレギュラー番組のほとんどを辞めて東京に進出。
    しかし、全国区のレギュラー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が打ち切りになり、また彼らいわく「東京の現場では妙に緊張する」といった症状も災いし、鳴かず飛ばず状態に。
    すべてを捨てて東京進出したが、つまずいた彼らの状況は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「帰ろか…千鳥」(2014年9月放送)という企画として特集されたほどだった。

    そんな千鳥だったが、上京して5年ほどで徐々に東京でも頭角を現し、やがてブレイク。
    2月に発売されたカルチャー誌「Quick Japan」で表紙を飾るだけでなく60ページもの特集が組まれたことで、業界では「千鳥が売れた」との認識が決定的となった。
    今ではレギュラー番組を多数抱え、ゴールデン番組でMCを務めることも珍しくなくなってきたが、この状況に2人はまだ満足してない様子だ。
    9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、「僕らにはまだ出番が全然回ってこない。
    チュートさん、ブラマヨさん、フットさん、バナナマンさんとか40代もいっぱいいますから」とコメント。
    石橋貴明(56)を前にして、人気芸人が多数ひしめき合う40代の先輩たちに対する脅威と焦燥感を吐露した。

    お笑い業界に詳しい放送作家はこう語る。

    「千鳥は今、『テレビマンが最も仕事をしたいお笑い芸人』と言われ、会議でも必ず名前が上がりますが、まだ成功したといえる冠番組がないため、焦っているのもちょっと頷けますね。
    ただ、抜群のワードセンスや存在感、常にコメントの瞬発力が求められるバラエティー番組での適応力など、他の芸人より頭ひとつもふたつも抜きんでてますから、今後さらにブレイクするのは間違いないでしょう。
    吉本興業サイドも、久々に現れた“第二のダウンタウン”として、猛プッシュしてますよ」

    つづく


    AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00000031-sasahi-ent


    所長見解:ダウンタウンではないな・・・

    【【人気芸人】第二のダウンタウンがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中田敦彦がレギュラーを次々と降板、ウラにある“干され疑惑”を本人に直撃!

    「今年3月に『ビビット』(TBS系)、9月には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と、次々と番組から卒業。これは、あの事件で干されたんじゃないかというウワサで持ち切りですよ」(スポーツ紙記者)

    “武勇伝”や“パーフェクトヒューマン”など、沈んでは何度もはい上がってきたお笑いコンビのオリエンタルラジオ。
    その勢いを牽引してきたのが、“あっちゃん”こと中田敦彦だ。

    「相方の藤森慎吾さんの“チャラ男”キャラを確立させたのも彼のアドバイスだと言われています。藤森さんはブレイクのきっかけを作ってくれた中田さんに感謝していますが、最近はふたりの間にはすきま風が吹いているようですよ」(ワイドショー関係者)

    na


    ◆社内は大騒動に

    '07年には生放送中のラジオで取っ組み合いのケンカをし7分間、放送を中断させたことも。当時は若気の至りですんだが、今回は事情が事情だけに、深刻だという。

    「'17年2月に脳科学者の茂木健一郎氏とダウンタウンの松本人志さんが“笑い”で衝突し、茂木氏が生放送で松本さんに謝罪したんです。
    それに対し中田さんは4月のブログで、茂木さん支持であることを表明したうえで、 《大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました》と、名前は出さないものの、松本さんのことを批判したのです」(前出・スポーツ紙記者)

    吉本興業内では“絶対的地位”にあり、同じ事務所の大先輩にケンカを売ったことで、社内は大騒動になった。

    「中田さんは昨年5月のラジオで“幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている”と明かしました。
    でも、彼はガンとして謝罪を拒否し続けたそうです。
    そんな頑なな態度に藤森さんは、“なにやってくれてるんだ”という気持ちでしょう。
    相方と違い、彼はすぐに松本さんへ謝りに行ったそうですよ」(構成作家)

    そんなことがあったせいか、長くやってきた2本のレギュラー番組からの卒業は、何らかの圧力で“干された”という印象を持たれたのだろう。

    「松本さんが直接言うことはないでしょうが、周りのスタッフなどが忖度する可能性は十分あるでしょう。
    中田さんはお笑い芸人としてだけでなく、音楽やファッションのプロデュース業にも力を入れていることをブログやラジオで明かしています。
    となれば、芸人として活躍したい藤森さんとは方向性の違いが決定的で、コンビ解散もあるかも」(芸能レポーター)

    そこで、生放送のラジオに出演前の中田に話を聞いた。

    ─オリラジ解散という話も出ているようですが?

    「全然、全然」

    ─プロデュース業のほうに専念するつもりですか?

    「専念でなく、両方しますよ」

    ─番組卒業が続いたのは、松本さんの一件で干されたわけじゃないと?

    「干されたってことじゃない。仕事を整理したんです」

    ─ブログで藤森さんがRADIOFISHの活動を負担に感じていることを明かしていますが、これはコンビ不仲が原因なのでは?

    「(笑顔で)また取材をしに来てください」


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    http://www.jprime.jp/articles/-/13506


    所長見解:干されたね・・・

    【【降板続出】オリラジ・中田敦彦の干され疑惑問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    知ってる奴1人もおらんやろ

    r


    所長見解:菅ちゃん・・・

    【【検証】ロザン宇治原の相方は関西以外で知名度がゼロ説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ