ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■4年前に関西へ帰ることも考えていた

    近年、ブレイク芸人として名高い千鳥の大悟(38)とノブ(38)。
    今では全国区の人気を誇るお笑い芸人といっても過言ではないが、ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。

    t


    2000年のデビューから関西圏で着々と実績を積み、3年目にして「M-1グランプリ」決勝に進出。
    関西圏では瞬く間に人気芸人となった。
    2012年、当時11本あった関西のレギュラー番組のほとんどを辞めて東京に進出。
    しかし、全国区のレギュラー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が打ち切りになり、また彼らいわく「東京の現場では妙に緊張する」といった症状も災いし、鳴かず飛ばず状態に。
    すべてを捨てて東京進出したが、つまずいた彼らの状況は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「帰ろか…千鳥」(2014年9月放送)という企画として特集されたほどだった。

    そんな千鳥だったが、上京して5年ほどで徐々に東京でも頭角を現し、やがてブレイク。
    2月に発売されたカルチャー誌「Quick Japan」で表紙を飾るだけでなく60ページもの特集が組まれたことで、業界では「千鳥が売れた」との認識が決定的となった。
    今ではレギュラー番組を多数抱え、ゴールデン番組でMCを務めることも珍しくなくなってきたが、この状況に2人はまだ満足してない様子だ。
    9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、「僕らにはまだ出番が全然回ってこない。
    チュートさん、ブラマヨさん、フットさん、バナナマンさんとか40代もいっぱいいますから」とコメント。
    石橋貴明(56)を前にして、人気芸人が多数ひしめき合う40代の先輩たちに対する脅威と焦燥感を吐露した。

    お笑い業界に詳しい放送作家はこう語る。

    「千鳥は今、『テレビマンが最も仕事をしたいお笑い芸人』と言われ、会議でも必ず名前が上がりますが、まだ成功したといえる冠番組がないため、焦っているのもちょっと頷けますね。
    ただ、抜群のワードセンスや存在感、常にコメントの瞬発力が求められるバラエティー番組での適応力など、他の芸人より頭ひとつもふたつも抜きんでてますから、今後さらにブレイクするのは間違いないでしょう。
    吉本興業サイドも、久々に現れた“第二のダウンタウン”として、猛プッシュしてますよ」

    つづく


    AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00000031-sasahi-ent


    所長見解:ダウンタウンではないな・・・

    【【人気芸人】第二のダウンタウンがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中田敦彦がレギュラーを次々と降板、ウラにある“干され疑惑”を本人に直撃!

    「今年3月に『ビビット』(TBS系)、9月には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と、次々と番組から卒業。これは、あの事件で干されたんじゃないかというウワサで持ち切りですよ」(スポーツ紙記者)

    “武勇伝”や“パーフェクトヒューマン”など、沈んでは何度もはい上がってきたお笑いコンビのオリエンタルラジオ。
    その勢いを牽引してきたのが、“あっちゃん”こと中田敦彦だ。

    「相方の藤森慎吾さんの“チャラ男”キャラを確立させたのも彼のアドバイスだと言われています。藤森さんはブレイクのきっかけを作ってくれた中田さんに感謝していますが、最近はふたりの間にはすきま風が吹いているようですよ」(ワイドショー関係者)

    na


    ◆社内は大騒動に

    '07年には生放送中のラジオで取っ組み合いのケンカをし7分間、放送を中断させたことも。当時は若気の至りですんだが、今回は事情が事情だけに、深刻だという。

    「'17年2月に脳科学者の茂木健一郎氏とダウンタウンの松本人志さんが“笑い”で衝突し、茂木氏が生放送で松本さんに謝罪したんです。
    それに対し中田さんは4月のブログで、茂木さん支持であることを表明したうえで、 《大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました》と、名前は出さないものの、松本さんのことを批判したのです」(前出・スポーツ紙記者)

    吉本興業内では“絶対的地位”にあり、同じ事務所の大先輩にケンカを売ったことで、社内は大騒動になった。

    「中田さんは昨年5月のラジオで“幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている”と明かしました。
    でも、彼はガンとして謝罪を拒否し続けたそうです。
    そんな頑なな態度に藤森さんは、“なにやってくれてるんだ”という気持ちでしょう。
    相方と違い、彼はすぐに松本さんへ謝りに行ったそうですよ」(構成作家)

    そんなことがあったせいか、長くやってきた2本のレギュラー番組からの卒業は、何らかの圧力で“干された”という印象を持たれたのだろう。

    「松本さんが直接言うことはないでしょうが、周りのスタッフなどが忖度する可能性は十分あるでしょう。
    中田さんはお笑い芸人としてだけでなく、音楽やファッションのプロデュース業にも力を入れていることをブログやラジオで明かしています。
    となれば、芸人として活躍したい藤森さんとは方向性の違いが決定的で、コンビ解散もあるかも」(芸能レポーター)

    そこで、生放送のラジオに出演前の中田に話を聞いた。

    ─オリラジ解散という話も出ているようですが?

    「全然、全然」

    ─プロデュース業のほうに専念するつもりですか?

    「専念でなく、両方しますよ」

    ─番組卒業が続いたのは、松本さんの一件で干されたわけじゃないと?

    「干されたってことじゃない。仕事を整理したんです」

    ─ブログで藤森さんがRADIOFISHの活動を負担に感じていることを明かしていますが、これはコンビ不仲が原因なのでは?

    「(笑顔で)また取材をしに来てください」


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    http://www.jprime.jp/articles/-/13506


    所長見解:干されたね・・・

    【【降板続出】オリラジ・中田敦彦の干され疑惑問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    知ってる奴1人もおらんやろ

    r


    所長見解:菅ちゃん・・・

    【【検証】ロザン宇治原の相方は関西以外で知名度がゼロ説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「東に石橋あり」とその名をとどろかせてきた「とんねるず」の石橋貴明が、その落日を迎えようとしている。
    かつては吉本興業を中心とする関西芸人を敵視していたものの、もはや“ご威光”をなくした今では、仇敵にも必死でヨイショする始末なのだ。

    t


    フジテレビ系で放送していた「とんねるずのみなさんのおかげでした」終了から半年余り。
    現在、唯一の冠番組として「石橋貴明のたいむとんねる」(以下「たいむとんねる」)が放送されているものの、視聴率も3%台に低迷している石橋貴明(56)。
    かつて視聴率男だった栄光ぶりは、もう微塵も感じられない。

    放送作家によれば、「9月10日放送の『たいむとんねる』では、ゲスト出演した後輩芸人の千鳥のノブが『お笑い番組をやりましょう』と切り出したものの、タカさんは『俺はやりたいんだけどねぇ‥‥』と言って、口を濁してしまった。
    続けて『でももうあれでしょ。自分らでやれるでしょう?』と力ない言葉が出てしまった。
    これまで素人いじりで強気の発言がタカさんの持ち味でしたが、イケイケ時代の全盛期のとんねるずとはほど遠い発言でしたね」

    だが、石橋自身は水面下で新たなる冠番組の制作に向けて虎視眈々と営業活動を始めているという。
    放送作家が続ける。

    「とにかく、取材や打ち合わせで会う番組のスタッフや編集者などに対して『とにかく暇なのよ。何か仕事ない?』と自虐的なギャグを飛ばしているんです。
    なにしろ相手は超大物タレントですからネタだと思って苦笑していますが、タカさん本人はいたって本気。
    しかも、これまではまったく相手にしなかった吉本の後輩芸人に対しても『仕事紹介してよ』と泣きついているほどです」

    実際、先に挙げた「たいむとんねる」でも、千鳥の大悟が石橋と初共演後に六本木で酒席を共にしたエピソードを披露。
    大悟が「わしらの吉本の先輩でシャンパン飲む人おらんじゃん。
    芸人がシャンパン飲んでいるから『東京やなぁ~』って思って」と盛り上げたかと思えば、
    「刺し盛りも豪華で、日本中の魚がおった」と、そのリッチぶりについても先輩芸人と比較。
    そのうえで大悟は「まじめにお笑いの話ができた」と舞台裏を明かすのだった。

    さるバラエティー番組スタッフが明かす。

    「当然、後輩芸人との話の中心はお笑いやバラエティーについてがほとんど。
    タカさんは、民放の地上波がコンプライアンスや放送コードの問題でなかなか新規の番組が難しいと考えています。
    そこでBSやCS放送、インターネットテレビに活路を見いだしているんです。
    8月にAbemaTVに初登場して4時間の特別番組を制作したのも、その流れの一環ですよ」

    さらには御多分に漏れず、ひな壇芸人が人畜無害の発言に終始する地上波バラエティーでは、石橋にもう生き残れる余地はない。
    “仇敵”への土下座外交も辞さない構えで就活に懸命なのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531136/


    所長見解:たしかにね・・・

    【【とんねるず】石橋貴明「仕事くれ」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウーマン村本、テレビ出演の手取りはいまも「1万から2万ぐらい」

    w


    明石家さんまのモノマネで知られるタレントのほいけんたが27日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0・12)の“有名人ジャンル別!ギャラ事情SP”に出演。
    地声を披露したところ、意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイスだったため、共演者全員から驚きの声があがっていた。

    ほいと言えば、“さんまのモノマネ”でブレイクし、再現VTRなどで引っ張りだことなっている。
    さんま以外のモノマネもすることから、MCのネプチューンの名倉潤が「ホンマの声、どれですか?」と質問すると、しゃがれた“さんま声”で「ホンマの声は…」と言ったあとに「普通の声はこういう声なんですよね」と話したが、地声は意外にもナレーターのクリス・ペプラー似の低音ボイス。

    次長課長・河本準一や歌手の華原朋美らは「え~!」「すご~い!」「マジで~!?」と驚き、思わず立ち上がってしまうほど。
    するとほいは「みなさんこんばんは。クリス・ペプラーです」と、今度はクリスのモノマネをし、再度、共演者を驚かせていた。

    また本題のギャラ事情も、営業は1本15万円前後、テレビの再現VTRは数万円と告白。するとウーマンラッシュアワーの村本大輔は「うう~」とうなり始めた。
    自身の手取り額は、会社に差し引かれると「1万から2万ぐらい。これマジですよ」とカミングアウト。
    河本は番組のプロデューサーに「本当ですか?」と確認すると、自主規制音で消されたが、具体的な金額が発表された。
    かなり会社に引かれている事実を知った村本は「すっご!」と驚いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000033-dal-ent


    所長見解:そんなもんでしょ・・・

    【【暴露】ウーマン村本氏のテレビのギャラがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ