吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之「念願のテレビ復帰」へ!

    さんまの強力バックアップで吉本が軟化か


    m


    元雨上がり決死隊・宮迫博之が、6月19日に都内で行われた音楽&お笑いフェス「YATSUI FESTIVAL! 2022」(以下「やついフェス」)に登場した。

     
    2019年6月の“闇営業騒動”により、同年7月に吉本興業との契約を解消され、テレビ業界から遠ざかった宮迫。

    20年1月にYouTuberデビューを果たし、今年3月1日に焼肉店「牛宮城」をオープンさせて以降は、同店関連の業務が中心になっていたとみられるが、「やついフェス」では久しぶりに芸人らしく活躍。


    焼肉店の開業を機に変わった風向き

    マスコミ関係者間では「念願のテレビ復帰も見えてきた」とささやかれているという。

    「宮迫といえば、吉本を離れた後も“テレビに出たい”とは言っていたものの、雨上がり決死隊の相方だった蛍原徹ら芸人より、ヒカルをはじめとした人気YouTuberとつるむように。昨年8月17日に吉本興業のYouTube公式チャンネルとABEMAで配信された『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』をもって、蛍原とのコンビは解消され、業界内では“テレビ復帰はいよいよ絶望的”と言われてきました。
    そもそも、同番組を『アメトーーク!』(テレビ朝日系)として地上波放送できなかった時点で、吉本側が宮迫を許していないことは明白でした」(スポーツ紙記者)

     
    そんな宮迫は今春、「牛宮城」をオープン。

    4月16日付のインスタグラムでは「お笑い怪獣が牛宮城に来てくれました」(原文ママ)と、吉本の大御所芸人・明石家さんまが来店したことを報告。

    「同月24日には、やはり吉本所属のFUJIWARAの来店も報告されるなど、『牛宮城』開店を機に、宮迫の“風向き”も変わっていった印象」(テレビプロデューサー)

     
    なお、宮迫は同月14日、YouTubeに「【芸人宮迫】20年ぶりに大舞台でコントをすることになりました」と題した動画をアップし、「やついフェス」出演を発表していた。

    フェス主催者であるエレキコミック・やついいちろう直々のオファーで歌の披露と、コントへの参加も決まっており、実際に今月19日の本番では、自身と山口智充のユニット・くずの楽曲「全てが僕の力になる!」(2004年)を歌唱したほか、ボケ連発のコントもやりきった。

     
    同フェス出演後の宮迫は「東京スポーツ」の直撃取材を受け、さんまとの良好な関係を強調しつつ、自身の芸能活動に関して「お仕事いただければ何でもします。
    しないといけないこともたくさんあるので必死に仕事くださいということでもなかったりします」と回答したというが……。


    ついにテレビ復帰の道も

    「最近はすっかり焼肉屋と化していた宮迫も、フェスのステージでは“関係者、見ていてください!”と呼びかけるなどしていたというだけに、やはり“メディア復帰したい”といった思いは抱き続けているのでしょう。
    今月15日にYouTubeで公開していた『【お仕事ください】役者から声優もこなす宮迫のポテンシャルを改めて紹介します』という動画でも、自身が吉本時代に行った俳優業や声優業を列挙し、最後は“宮迫博之にお仕事をどうぞください”とアピールしていました」(芸能プロ関係者)

     
    芸能の仕事への必死感はないと強がりながら、結局は欲しがっている様子の宮迫。

    ネット上では「好きにしたらいいけど、役者として起用してくれるような作品があるのか?」と冷めた声も多いのだが、業界内では「あり得る」という見方も。


    続き
    https://news.yahoo.co.jp/articles/556351780822a472ea223ee8a5427d0669befbe9?page=1
    所長見解:もうな・・・

    【【朗報】元雨上がり決死隊・宮迫博之氏、明石家さんまの強力バックアップでテレビ復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松本人志さん、9年程映画を制作していない


    m


    ツイッターで寒い事言って周りに介護してもらう暇あったら映画作れよ
    所長見解:もうな・・・



    【【悲報】松本人志さん、9年も映画を制作していない理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なかやまきんに君が吉本退社〝バブル〟告白 ユーチューブ収入は7000万円


    no title


    お笑いタレント・なかやまきんに君が、毎日放送「せやねん!」にVTR出演。

    吉本退社発表後の〝反響〟について語った。


    きんに君は昨年いっぱいで吉本興業から退所。

    この理由について聞かれ「凄い安心なんですよ。
    吉本興業にいさしてもらってると。
    この安心のなかやっていると、このまま同じような感じで、3年とか5年がすぎてしまうんじゃないかなっていうのが、自分の中にあったんです。
    自らの力で遠回りになるかもしれないけど、挑戦していきたいなと思いました」と真面目な口調で語った。

     
    一方、お金が理由ではないか?と勘ぐられると「僕、絶対吉本興業にいさせてもらったほうが稼げたと思う。
    お金がより儲かるからフリーになろうかなっていうのは全然ないです」ときっぱり否定。

     
    また現在の収入については「ズバリ、たむら(けんじ)の2倍!」とギャグでごまかしたが、退所発表後の反響については「驚くことに大変反響いただきまして、CM依頼とかイメージキャラクターの依頼が7〜8件来てるんです。
    この2、3日で」と〝バブル到来〟をにおわせた。

     
    かたやスタジオでは、きんに君の懐事情を〝勝手に〟試算した。

    それによると、主戦場とするユーチューブ「ザ・きんにくTV」は約143万人のチャンネル登録を誇り、総再生数は約1億7000万回。

    それによる収入は約7000万円で、活動5〜6年であることから「年収1000万以上」とはじき出した。

     
    その他にも、グッズプロデュースやアパレル、LINEスタンプなどのお笑い以外の収入源も紹介していた。


    ▼吉本を退所するなかやまきんに君
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-03959630-tospoweb-000-3-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f59b23e5221ec79b32eb15f7fe77033b289b20dd
    所長見解:すごいやん・・・

    【【これはすごい】なかやまきんに君のユーチューブ収入がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <宮迫博之>吉本に戻る気もなければ、最悪地上波に出られなくても構わない。

    それなのに「和解」とはどういうことか? 



    m


    「雨上がり決死隊」を解散した宮迫博之(51)の〝窮状〟が垣間見えた。

    今月2日、宮迫は自身のユーチューブチャンネルで「【宮迫タクシー】堤下を乗せて吉本興業本社へ向かいます」と題した動画を公開。

    これは宮迫がタクシー運転手「箱部進」に扮し、高級車・マセラティで後輩芸人の「インパルス」堤下敦を目的地まで送り届けるというもの。


     
    堤下がリクエストしたのは東京・新宿五丁目にある吉本興業本社。

    これに宮迫は「あの~、(会社の)真ん前に着けることは不可能でございます」「ご近所までということで…」と拒否。


    堤下は「いやいや、本社で会議があるんで」「何なら(一緒に)中に入って来てください」と食い下がったが、宮迫は「行けるか、ボケ!」と拒絶し、最後は本社から少し離れた新宿二丁目界隈で堤下を車内から引きずり下ろした。

    その際、宮迫は「大人の事情みたいなのもありますから」と説明していた。


     
    2019年の闇営業問題で処分された宮迫と吉本の距離は広がるばかりだ。

    宮迫は動画で「吉本に戻りたい人」と紹介してアピールした時期もあったが、同社の大崎洋会長は一部週刊誌の取材に「いや、もう戻らんでええと思うで」「辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と突き放した。

    今回の動画は宮迫と吉本の〝冷めた関係性〟が如実に表れていると言える。



    「結局、宮迫さんは吉本に戻ることは諦め、ユーチューブでやっていく決意を固めました。ただ、吉本とはできることなら和解をしたいそうで、水面下ではメッセージを送り続けています」

    そう明かすのは業界関係者だ。

    吉本に戻る気もなければ、最悪地上波に出られなくても構わない。

    それなのに「和解」とはどういうことか?


    「実は宮迫さんはユーチューブのほかに、イベント関連の仕事をもっと増やしたいそうなのです。
    イベントのギャラは拘束時間の割に良くて、コロナ前は1本100万円なんてこともザラ。ところが、イベント会社の一部は吉本興業の顔色を伺って宮迫さんにオファーを出しづらい状況にある。
    和解することでそれを解消したいようです」(同)


     
    最近、宮迫が焼き肉店を始めようとしたり、動画で〝企業案件〟の仕事を増やすと宣言しているのは、ユーチューブ1本だけでは心もとないと感じているから。

    本人としてはそこにイベント出演を組み込みたいようだ。


    「ただし、吉本サイドは和解の申し出を無視している。
    やはりトップの大崎会長が宮迫のことを快く思っていないようだ」とはワイドショー関係者。



    〝宮迫タクシー〟が吉本本社の前に堂々と停車できる日は当分先のようだ。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8bc3c821f0bd4bcc17dafed4ee291e6f391e5d2

    所長見解:もうな・・・
    【【朗報】宮迫博之さん、吉本興業と和解へ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「雨上がり決死隊」解散 

    “吉本のドン” 大﨑洋会長が語った「宮迫に頑張ってという気持ちはない」


    m


    2019年に起きた“闇営業”問題を受け、活動を休止していた宮迫博之(51)と蛍原徹(53)のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が8月17日、解散を発表。

    同日夜には「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」をYouTubeとABEMAで配信し、解散に至るまでの経緯を説明した。

    この解散を受けて、吉本興業の大﨑洋会長(68)が8月21日、「週刊文春」の電話取材に応じ、宮迫に対する現在の率直な心境について語った。



    ――雨上がり決死隊の解散についてどう思うか。

    「いやあ、うーん、コンビの2人のことだから、2人が決めることだから僕があーだこーだいうのはちょっと違う。あの2人が決めて、それでいいんじゃないですかね」


    ――宮迫さんは吉本に戻りたいと言っていたが、大﨑さんは戻ってくるなと言っていた(「FRIDAY」2021年2月26日号)。許せない部分がありましたか?

    「戻ってくるなというか、戻ってこんでいいんじゃないかとフライデーさんに言った。それはYouTuberで十分食べていけているわけだし、生活に困っているわけではないし。本人はいろんな状況の中でそれを選んだわけだから、それでいいん違うかと思う。たくさん稼いでいるみたいだから、もう吉本に戻らなくてもいいじゃん(笑)」


    ――今、コンビを解散して一人で生きていく宮迫さんに対してはどんなお気持ちですか?

    「コンビを解散するというのは2人で決めること。どちらかがイヤと言ったら、恋愛カップルでも仕方ないですよね。だからそれは、熟年夫婦にしかわからないこともいっぱいある。外部や僕なんかがあーだこーだいうのは違うと思う」


    ――宮迫さんに対して、頑張ってくれという気持ちもある?

    「それはないけどね(笑)。頑張るか頑張らないかは、本人が決めることだから。僕はもう別に関係ないし。吉本の所属している芸人さんのことを一生懸命やるだけで、吉本以外の人のことは、気を回す余裕もないから」


    ――吉本の現役芸人や、辞めた吉本の芸人が宮迫さんのYouTubeに出ることについては?

    「それはケースバイケースだし、それぞれの芸人さんとの関係もあると思うからね。一概にいいとか悪いとかはない。みんなそれぞれ大人だから」


    ―― NGということはない?

    「僕個人的にはね。会社としてはどうなのか、会議とか出てないから知らないけど。だって、出るなと言ったって出る子は出るだろうし、出てって言われてもいやっていう子は出ないし。立場を決めてコントロールできるわけでもないからね。だってみんなもう50歳とかでしょ。15歳とかだったら別だけど」


    https://bunshun.jp/articles/-/48149
    所長見解:もうな・・・

    【【宮迫終了】吉本興業会長「宮迫に頑張ってという気持ちはない」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ