ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    週刊文春が報じた吉本所属のお笑いコンビ・EXIT兼近大樹(28)の犯罪歴。

    2011年に売春防止法違反の容疑で北海道警に逮捕され、10万円の罰金刑を受けたというものだ。

    これ対し、吉本興業は「高度なプライバシー情報」にあたるとし、発行元の文芸春秋を民事・刑事の両方で訴える構えだ。

     
    兼近は「法律違反を美談にするつもりも肯定する気もありません」とツイッターに投稿。

    潔く罪を認めた兼近の過去を暴いた文春が悪者みたいになっているが、兼近がやったことはエグイ。

    〈20~30人、僕に連絡してくるようになって、どデカくなっちゃったんですよ。
    大元といえば大元なんじゃないですか〉と兼近は同誌の取材に認めている。


    x

     
    芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

    「百歩譲って“若気の至り”で済まされる犯罪があるとしたら、ケンカか万引くらいでしょうか。
    週刊文春を読むと兼近さんは少女を束ねて売春をあっせんする元締みたいな立場だったことが伝わってきます。
    事実だとしたら、女性視聴者やスポンサーが敬遠すると思います」

     
    テレビ東京は今後、兼近が月曜レギュラーを務める子供向け番組「おはスタ」の出演を見合わせることを発表。

    せっかくブレークしかかったのに、テレビから消える日も近そうだ。


    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000003-nkgendai-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190908-00000003-nkgendai-000-1-view.jpg

    所長見解:まあね・・・

    【【これはヤバい】美談にはならない「EXIT・兼近」の犯罪歴がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸人への闇営業仲介で6月に吉本興業から契約解除されたカラテカの入江慎也(42)が8日夜、東京・渋谷駅ハチ公広場で清掃活動を行った。

    ボランティアで清掃活動を行う「チーム渋谷888」の活動に参加。

    今回は4回目で、台風15号の影響で人通りが少ない中、黙々とゴミを拾った。


    r


    入江は1カ月前から時給1100円のハウスクリーニングのアルバイトを週7日行い、この日も清掃前に4軒訪れ、計11時間労働。

    「12年ぶりのアルバイトで芸能で稼ぐのと全然違う。勉強になる」と額の汗をぬぐった。


    自身が代表を務めていたコンサルタント会社は、社員がいなくなり、現在は一人で運営。

    芸能活動復帰については「やりたくなくはない。23年やっていたので…。ただ、今は考えていない」とした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000008-sanspo-ent


    画像①

    画像②

    所長見解:目立つよね・・・

    【【元闇営業芸人】カラテカ・入江さん、週7でバイトの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    k


    文春によると、

    ①すすきのの風俗店で店長として働く

    ②女子高生ら20~30人の売春を斡旋

    ③ホスト宅から1000万円強奪(共犯)

    ④女性客から100万円詐欺

    ⑤同級生はみんな反グレ

    ⑥東京へ高跳び


    【悲報】EXIT兼近さん、芸能界トップレベルの極悪人だったと判明
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1567641850/

    所長見解:なかなかやな・・・

    【【芸能史上最恐】EXIT兼近さん、いろいろヤバいことが次々と判明の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「バイブス、いと上がりけり~」「ポンポンポ~ン!」などとチャラい言動や派手な外見とは裏腹に、実は真面目というキャラで大ブレイクを果たした吉本興業の人気芸人「EXIT」。

    副業はベビーシッターや介護の仕事であることや、高校中退後にバイトに明け暮れ、家族を援助していたことをテレビ番組で明かすなど、見た目とは対照的な善人キャラが話題を呼んできた。

    そのボケ担当である兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    t


    兼近の地元・北海道札幌市の地元記者が解説する。

    「要は、売春の斡旋をしていたのです。
    直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。
    女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。
    当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」


    9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近を直撃すると、事実関係をあっさり認めた。

    「はいはい。そうです。簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」

    さらに安堵の表情を見せ、次のように語った。

    「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。
    絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。
    『やっと、今、言えるんだ』って! 
    吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」


    吉本興業の広報担当者はこう回答した。

    「事件の詳細については回答を差し控えさせていただきます。
    一連の闇営業騒動の際に、本人から報告を受けましたが、非常に高度なプライバシー情報であることから公言をする必要はないのではないかとアドバイスしました」


    逮捕されて、法律の大切さを知り、過去の関係を断ち切って上京したという兼近。


    9月5日(木)発売の「週刊文春」では、売春あっせん事件の詳細に加え、兼近が約20分にわたって語った自らの過去、もう一つの警察沙汰についても報じている。


    https://bunshun.jp/articles/-/13815

    所長見解:あかんやん・・・

    【【前科者】 大人気の吉本芸人「EXIT」逮捕された過去・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「騒動後の宮迫さんはこども食堂に参加するなど、精力的にボランティア活動を行っています。
    しかしそれ以外は引きこもり気味で、8キロも痩せてしまったそうです」(芸能関係者)


    振り込め詐欺グループ主催の忘年会に事務所を通さず参加した“闇営業問題”により、7月19日に所属する吉本興業から契約を解消された宮迫博之(49)。

    しかし、直後の20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と緊急会見を敢行。

    謝罪するとともに、同社の岡本社長から「お前ら全員クビにする力がある」などパワハラ発言を受けていたと涙ながらに告発していた。

    m


    あれから1カ月。

    8月19日には、謹慎中だった11人の芸人らが処分を解除されるなど、事態は徐々に沈静化の方向へ。

    しかし、その裏で宮迫は“驚きの計画”を立てているという。


    「宮迫さんは4年前から都内でたこ焼き店を経営しているのですが、今回の騒動でしばらく休業していたと聞いています。
    しかし7月から営業を再開し、宮迫さん自ら店頭に立って接客しているそうなんです。
    実業家に転身し、たこ焼き店を拡大していくのではないでしょうか」(宮迫の知人)


    8月29日の昼下がり。

    自宅から車で1時間ほどの神奈川県・横浜市内にある雑居ビルから出てきた宮迫。

    記者が彼に声をかけると、意外な答えが返ってきた。

    「暑いなかわざわざ東京からありがとうございます。
    ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。
    全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、毎日有意義に過ごしています」

    肌は真っ黒に日焼けし、健康的な見た目の宮迫。

    彼は全国からオファーが殺到する、“贖罪巡業”に専念していたのだ。


    ――実業家に転身するという噂もありますが?

    「実は、あの騒動以後もずっとお店は続けていました。
    この前はたまたま食材のことで店に顔を出しただけなんです。
    とにかく今はボランティアに力を入れたい」


    明石家さんま(64)が経営する個人事務所と契約するという報道もあったが、芸能界復帰について神妙な面持ちでこう語った。

    「さんまさんとの話は全く進んでいません。
    あと何日たったら芸能界復帰、そんなことは考えたこともありません。
    最近は全然飲みにも行けていませんが、行くつもりもないです」


    そして今の宮迫を支えていたのは、家族だった。

    「家族の存在は本当にありがたいです。
    妻は『ボランティアをちゃんと頑張って。
    謝罪じゃないけれど、今はあなたの気持ち、誠意が問われている時だから』と応援してくれていて、うれしいです」

    最後には「僕より亮を先に何とかしてあげたい。
    僕は最後の最後にもしチャンスがあればでいいので……」と語り、謹慎中の亮を気遣いながら、その場を去った宮迫。

    贖罪の先に待ち受ける運命は果たして――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010000-jisin-ent

    笑顔で記者の直撃に応える宮迫
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/09/miyasako_hiroyuki_1_line_tw.jpg 

    所長見解:もうな・・・
    【【元芸人】宮迫博之さんにオファー殺到の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ