吉本興業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    脱・地上波という立ち位置ながら、快進撃を続ける香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人。

    当初、SMAP解散以降は厳しい船出が予想されていましたが、ファンの強い後押しと、また流れに身をまかせる形が功を奏したのか「業界から干されている」ようには殆ど見えません。

    それどころか、笑福亭鶴瓶師匠や古舘伊知郎など諸先輩の力添えもあって、これまでにない新しい芸能人としての在り方を証明してくれています。

    しかしそうは言え、いまだキー局から声がかからないという現実。

    何が原因なのかと考えてみると、やはり思い当たるのはジャニーズ事務所の彼らに対する妨害行為と、それに屈する姿勢の民放局及び大手芸能事務所ではないのでしょうか。

    某プロダクション関係者に、話を伺ってみました。

    「YouTubeにブログ、Instagramなど自ら近況や情報を発信するスタイルでファン離れを防いでいる彼らですが、やはりシンプルに民放局に出られないという部分では苦戦しているかと思います。

    最近は若者のテレビ離れが深刻ですけど、それでも腐ってもテレビみたいな部分はまだまだ世間的に残ってる。

    香取くんがパリで個展を開いたり草なぎくんが舞台で活躍するなど、彼ら3人はびっくりするほど多様で快挙とも言える大きな仕事を成し遂げてますが、ワイドショーで取り上げられることは皆無と言っていい。

    ジャニーズが水面下で圧力をかけているのはもちろん、事務所に残ったと中居くん、とくに木村くんへの配慮を局に求めているのは事実ですし、いわゆる〝そちら側〟を贔屓していた大手事務所は新しい地図を共演NGにして、関係者らにそう公言もしています」(芸能関係者)

    t


    その大手事務所とは一体、どこなのだろう?

    「吉本興業ですよ。
    まず、中居くんとナインティナインの関係性は、笑っていいとも時代から始まり、めちゃイケの名物企画『日本一周』へと繋がった。
    そのイメージは今でもとても強い。
    そして明石家さんまさんと木村くんはプライベートでつるむほど仲が良く、特別番組『さんタク』も不定期ながら放送中です。

    どちらの番組もフジテレビなので、ジャニーズに配慮しているのは明確。
    吉本はナイナイ以下の芸人たちが新しい地図との共演を熱望しているそうですが、事実上黙殺された状態で、それにはさんまさんが一枚絡んでると聞いてます。

    さんまさんは古い体質の方で、業界を引っ掻き回した挙句に世話になった事務所を飛び出したんだから、それなりの覚悟があってのこと。

    まだこっちに戻ってくるのは早いんとちゃうか、という考えを持たれているらしい。
    天下を取ったSMAPですし、いろんな事務所の方と仕事されてきたと思いますが、とくに共演数の多さや中居くんと木村くんと仲の良かったタレントを抱える事務所は、今後のことを踏まえ自主的に共演NGにしているともっぱらの噂です」(同上)


    昔より弱体化しつつあると業界内で囁かれる吉本興業ですが、とは言え芸人以外のタレントまで全てひっくるめると、所属タレントは6500人を超えています。

    なので、テレビ、広告媒体、イベントなど何かしら辿っていくとジャニーズに繋がることが多々あり、それが新しい地図を故意に避ける原因となっているのだと推測できます。

    また、フジテレビ社員からは、こんな興味深い話を聞くことができました。

    「いくらネット社会とは言っても、地上波に出られないタレントは致命的。
    新しい地図の3人はできれば業界人、どこの局や媒体も本音では使いたいはずなんですよ。
    大手企業のCMにも起用されてますし、音楽や舞台など実績も積んでますから。
    彼らはまだまだスターなんです。
    もちろん事務所同士のしがらみなどありますけど、キー局、とくにうちがその封印を解いてあげれば全てが解禁状態となって、なんなら中居くんとの4人での共演も夢ではないと思うんです。
    しかしそれ以前の問題というのも実はありまして、香取さんらを連れてジャニーズを出たマネージャーの飯島女史。

    まだまだ前途多難な元SMAPの三人衆。

    年内のキー局復帰は難しいかもしれない......。

    https://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_4374/


    所長見解:そうなんや・・・

    【【元SMAP】「あの事務所」の圧力 で「新しい地図」いまだに地上波出演は絶望的ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が自身のTwitterで、所属するよしもとクリエイティブエージェンシー所属の芸人を痛烈に批判し、波紋が広がっている。

    村本は9日夜、突如以下のような文章を投稿。

    「よしもとの芸人は他ジャンルに自分目線のコメントしまくるくせに自分が同じ芸人から批判されると劣化の如く(原文のまま)怒る。
    勝手な仲間、身内意識からきてる。
    村意識。
    吉本入ったからと言ってお前をリスペクトしてると勘違いしてるアホ多し」

    よしもとクリエイティブエージェンシー所属芸人は身内意識が強く、「批判されると怒る」などと批判を展開した。

    w


    さらに村本は、

    「会社は尊敬してる芸人がいるから入ったのではなく、劇場の数とか、そういう計算のほうが強い。
    それなのに入った瞬間からタバコ買いに行かされる謎。
    そもそも、お前になら勝てると思って入ったんだが」

    と、「よしもと」に入るキッカケも先輩へのあこがれではなく、劇場の数などの計算からで、「先輩に勝てると思って入った」などとし、所属芸人を痛烈に批判してみせた。

    何が彼を「批判」に向かわせたのかについては、現在のところわかっていないが、明確な「身内批判」となるだけに、物議を醸している。

    このツイートに、ネットユーザーからは

    「そのまんまお前のこと」
    「劇場の数が増えたのは先輩のおかげだろ」
    「じゃあ、やめればいい」

    と批判が噴出。

    また、

    「どうしたのこの人?」
    「情緒不安定なのでは?」
    「そんなこと言ったら干されるよ?」

    など、心配するネットユーザーもいた。


    村本はローラの辺野古工事中止署名呼びかけについて、テリー伊藤が『サンデージャポン』(TBS系)で、「この発言で降ろすスポンサーってなんなの」と批判し、それを見た高須クリニック・高須克弥院長が「僕なら降ろします」と発言したことに腹を立て、「スポンサーの頭が高い」と批判している。

    ただでさえ、Twitter上の政治的発言で地上波テレビ放送から姿を消している村本だが、テレビ業界を支えるスポンサーを批判したことは致命的で、「よしもとから解雇されるのでは」という声が上がっていた。

    そんな状況で発せられた身内批判。

    しかも、吉本の礎を築いた先輩も一緒くたに、「憧れてない」「お前に勝てる」などと放言したことは、会社に喧嘩を売っていると見られても致し方がなく、事務所から解雇を突きつけられる可能性も否定しきれないだろう。

    ちなみに同社の社長は、『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)でケツバットを宣告する藤原寛氏。

    「村本、アウト」と非情な宣告を受ける日が、来てしまうかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15852909/

    所長見解:どうすんだろ・・・

    【【炎上芸人】ウーマン村本を「解雇すべき」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔と美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の場外バトルが勃発した。

    コトの発端は、多数のCMに出演するローラが、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛ける「政治発言」をしたこと。

    この件について高須氏は25日のTwitterで「僕なら降ろします」と発言していたのだが、これに噛みついたのが村本。

    w


    同日のTwitterで

    「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。断る。仕事と思想を絡めるやつの怖さ」

    「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」

    と私見を交えて批判したのだ。


    「村本の発言を受け、高須氏も即座に反応。『スポンサーが選ぶ側です。逆はありません』と強調したことで、ネット上では議論となっています」(芸能ライター)

    とはいえ、ネット掲示板のコメントを見ると

    「村本の発言こそ、仕事と思想を絡めていてブーメラン」
    「とうとうコイツ、スポンサーに喧嘩売っちゃったね。テレビ出せないだろ」
    「対等?タレントの意向でスポンサーを降ろしたとか聞いたことない」
    「CM0本の村本が言っても説得力がない」

    とのコメントが並び、村本の劣勢は明らかだ。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201812_post_188403/


    所長見解:そらな・・・

    【【吉本解雇へ】ウーマンラッシュアワー・村本が高須クリニックを批判した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2日の「M-1グランプリ」終了後に、インスタライブで審査員の上沼恵美子(63)を批判し、騒動渦中のとろサーモン・久保田かずのぶ(39)が、6日に放送されたAbemaTV「NEWS RAP JAPAN」で披露したラップが意味深長だと、ネットで話題になっている。

    r


    番組で「自分の中の流行語大賞を発表」をテーマにラップ披露した久保田は「強い者に立ち向かうヒーロー、悪い者を打ちのめすヒーローは2次元では人気」「会社や社会の中では年長者、権力者に意見をする事は、正しいことでも罪人、悪人のように大衆に吊るし上げられ」と歌った。

    共演者から「何の話してんの?」と突っ込まれた。

    騒動渦中での放送とあってか、ネット上が反応し

    「なんでこんな時期に」
    「おとなしくしていればいいものを」

    と心配する声や、

    「言わんとしていることはわからないでもない」
    「こう言う人が1人居てもそりゃ良いんじゃないの」

    と、さまざまな意見が投稿されている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15710130/


    所長見解:すごいな・・・

    【【上沼批判問題】とろサーモンの久保田、ラップで「強い者に立ち向かう」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月15日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』の準決勝が行われ、直後の会見で決勝メンバーが発表された。

    決勝に進んだのは、ギャロップ、かまいたち、霜降り明星、ジャルジャル、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、見取り図、ゆにばーす、和牛の9組。

    彼らに敗者復活戦の勝者を加えた10組が12月2日に行われる決勝に挑むことになる。

    y


    今回の決勝メンバーの大半は関西出身の関西芸人である。

    9組18人のうち、非関西人はトム・ブラウンの2人とゆにばーすのはらの計3人のみだ。

    過去の『M-1』でも同様の傾向は見られる。

    優勝者13組のうち、関西コンビは9組を占めていて、非関西コンビはアンタッチャブル、サンドウィッチマン、パンクブーブー、トレンディエンジェルの4組だけである。

    また、昨年の大会では、決勝メンバー10組のうち、非関西コンビのカミナリ、マヂカルラブリーの2組が9位と10位に沈んだ。

    『M-1』は2010年を最後にいったん休止となり、2015年に復活している。

    2015年以降の大会では特にこのような傾向が強く、決勝メンバーに非関西人が少ないだけでなく、たとえ決勝に上がっても、その大半が下位で終わってしまう。

    『M-1』で関西芸人がここまで強いのはなぜなのか。

    その理由を一言で言うなら、漫才がもともと関西の文化だからだ。

    現代のしゃべくり漫才の創始者と言われているのは関西芸人の横山エンタツ・花菱アチャコである。

    漫才の歴史はここから始まった。

    大阪と東京それぞれで漫才は発展を遂げていったのだが、文化として深く根付いたのは大阪の方だった。

    漫才師の数が多く、質も高かった。

    センターマイクを挟んで2人の人間がボケとツッコミの応酬をするという話芸は、そもそも関西弁に適している。

    関西にはボケとツッコミの文化があり、関西弁はそれを表現するための言語である。

    漫才が関西のものであるというのはそういうことだ。

    関西弁以外で漫才を演じるときには、表現の幅が限られてしまうため、それぞれの芸人が何らかの工夫をしてそのハンディキャップを補う必要がある。

    例えば、漫才の途中で特定のシチュエーションを演じるコントに入る「漫才コント(コント漫才)」はその一例である。

    漫才をコントに近づけることで、非関西弁で漫才をする違和感を薄くすることができる。

    『M-1』で優勝しているサンドウィッチマンやパンクーブーブーは典型的な漫才コントを得意とする芸人だ。

    また、単なる言葉の応酬にとどまらない新しいシステムを発明する、というのも1つのやり方だ。

    例えば、『M-1』決勝経験のあるカミナリは、ツッコミ役の石田たくみがボケ役の竹内まなぶの頭をはたいた後、一拍の間をおいてからツッコミの言葉を叫ぶ、という技を編み出した。

    また、『M-1』で四度の決勝経験を持つハライチは、岩井勇気の放つボケフレーズに澤部佑がそのまま乗っかって、ツッコミに切り替わる前に次のボケフレーズに再び乗っかっていく、という「ノリボケ漫才」を発明した。

    このように新しいシステムを取り入れた漫才は、初めて見る人に驚きを与えて、大きな笑いを巻き起こす。

    だが、カミナリもハライチも『M-1』で優勝は果たせていない。

    システムの漫才は、言葉の応酬だけの漫才に比べると技術的には物足りないと思われてしまうからだ。

    (続きはソースをご覧下さい)

    https://dot.asahi.com/dot/2018112300022.html


    所長見解:しかたないよね・・・

    【【漫才NO.1】「M-1グランプリ」は関西芸人が強い説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ