吉岡里帆

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人生、そんなにチョロくない? 
    ドラマ『カルテット』(TBS系)で小悪魔女子を演じ、「人生チョロかった?!」の名台詞で知られる吉岡里帆(24)。

    y


    『ごめん、愛してる』(TBS系)で主演に抜擢されるなど、女優としての階段を着実にのぼっている。
    しかし最近は、女性ファンを中心に「目が笑ってない」「あざとい」などと批判が増えている。
    不人気の背景には、一体何があるのか。


    ■水着グラビア「嫌だった」と告白… 今後は女優業専念か

    吉岡は近頃、女優業が安定してきたためか、“過去”についても言及するようになった。

    男性ファンから人気を博した水着グラビアについては、一部インタビューで「(グラビア仕事は)切り売りの時間だったんです。
    私は水着姿なんて絶対出したくなかった」と本音を告白。
    「嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかった」「人は、脱いだ人を『脱いでる人が芝居している』って見るんですよ。
    脱がない人のことは、はじめから『この人は芝居する人なんだ』という目で見ます」などと話した。

    今後はどうも水着グラビアを封印し、女優業に専念するようだ。
    “グラビア嫌だった”発言は、今度吉岡にどんな影響をもたらすのか。

    「例えば吉高由里子(29)は『蛇にピアス』で吉岡以上に脱いだが、“脱いでいる人”というイメージは特にない。
    かつてグラビア仕事をしていた綾瀬はるか(32)も長澤まさみ(30)も同じ。
    女優として活躍すればイメージなんていくらでも変えられる。
    それが吉岡は、あの発言で物議をかもし、かえってイメージを悪くした。
    もし長澤のように30代に入ってからセクシー路線にシフト……なんてことをしたら、間違いなくファンから辛辣な皮肉が飛ぶだろう」(報道関係者)

    すでに、吉岡に対する女性ファンの視線は冷ややかだ。
    一部では「目が笑ってない」「あざとい」「もう少し演技力磨いていただきたい」と批判が少なくない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1368760/


    所長見解:かわいいけどね・・・
    【【あざとい】吉岡里帆、女性層の支持が・・・ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の吉岡里帆が21日のInstagramに公開した猫を抱く写真が話題を呼んでいる。
    方向を見上げる表情が猫と同じで、吉岡らしいとファンの心を和ませているのだ。

    大の猫好きで「多い時で15匹くらい飼っていた」という吉岡里帆。
    『吉岡里帆 riho_yoshioka Instagram』でも猫の写真が多数投稿されている。

    これほど猫を愛する彼女がナレーションを務めたのが、NHK BSプレミアムの人気番組を映画化した『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』だ。
    公開初日の21日、都内で行われた舞台挨拶で岩合光昭氏から「猫を惹きつける声、猫が良い気持ちになってしまう声だと思います」と太鼓判を押され、「ありがとうございます!」と吉岡は大喜びだった。

    そんな彼女が、吉岡を担当するヘアメイクの愛猫・デュークを抱っこした写真をInstagramに公開した。
    最近はやっと慣れてくれ、膝の上にも乗ってくれるようになったという。

    コメント欄には

    「素敵な写真! ふたりとも同じ顔していますね」
    「どうして猫と同じ表情ができるんだろう」
    「なんか似てますね! かわいい」

    と吉岡と猫の表情が似ているとの声、そして

    「猫柄のスカートが凄く気になります」
    「スカートも猫だらけだよ~」
    「それにしても凄いスカートですね(笑)」

    と猫好きな彼女らしいスカートに注目するファンも見受けられた。

    no title

    http://japan.techinsight.jp/2017/10/miyabi10221716.html 


    所長見解:両方かわいいな・・・
    【【検証画像】吉岡里帆、抱っこした猫との表情が「なんか似てる」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の吉岡里帆さんが10月9日、猫耳ならぬきつね耳をピクピクさせる動画をInstagramで公開。
    キュートな姿がファンをメロメロにしています。
    我が家にも現れてほしい……。

    歌手で俳優の星野源さんとともに出演している「どん兵衛」のCMでおあげの妖精“どんぎつね”として、きつねに扮(ふん)した姿を披露している吉岡さん。
    公開されたヘアメイク中の動画では、耳をピクピクと動かして、最後には笑顔で「コンコンコンコーン」と破壊力抜群のかわいすぎる一言を放っています。

    この動画にファンからは「めっちゃ動くんだね!」「リアルな耳!」「CGかと思ってた」などピクピク動く耳に驚きの声があがっており、「めっちゃかわいい!」「最後の笑顔がステキ」「キュン死です」「天使かと思った」など吉岡さんのキュートな姿に心をつかまれた人の声が多数寄せられていました。

    同CMでは新しく「どんぎつねの嫉妬 篇」が公開。
    きつねうどんとライバル関係にあるたぬきそばを食べる星野さんの前にどんぎつねの吉岡さんが登場し、頬をぷくっとふくらませたかわいらしい表情を見せています。
    また、アニメ「けものフレンズ」とのコラボ動画も公開。
    吉岡さんも「ギンギツネのダンス可愛すぎかよ、ですよ」と絶賛しています。


    キツネ耳の秘密。極秘公開 [riho_yoshioka]
    https://www.instagram.com/p/BaBqZmnnpAT/

    no title

    no title


    所長見解:かわいいよね・・・

    【【メロメロ】吉岡里帆、きつね耳をピクピクさせて「コンコンコンコーン」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フィクションやフェイクという話で言うと、吉岡さんが以前おこなわれていた、グラビアの話もうかがえたらと。
    前にイラストレーターのたなかみさきさんと吉岡さんのグラビアについてお話ししたことがあって、なかでも「紐の細さがすばらしい」という話をしまして。

    y


    吉岡:紐は細いに限りますよね(笑)。

    吉澤:(笑)。

    吉岡:あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。
    だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、「本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ」という教育を受けてきたから。
    それを、全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうなと思うと、自分のその「旬すぎる時間」みたいなものがすごく辛かったです。

    吉澤:そうですよね……。

    吉岡:でもこれを言うと、ファンでいてくれる方たちはすごく怒るんですよね。
    「応援している人をバカにしてる」という手紙をいただいたこともあります。
    でも決してバカにしているわけじゃなくて、やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。
    嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです。

    私が本当に自分の好きなことだけをする人間だったらーー
    つまり、人に染まるんじゃなくて自分の色に染めたいような人間だったら、グラビアはやっていなかった。
    でも、誰かに染められたい以上は、これもやらなければと思ったんです。
    だから、自分で選んだという自信はあります。
    同時に、「私は最初にこういうハンデを抱えるんだ」というのもお芝居をしていくうえでの覚悟に繋がりましたし。

    吉澤:ハンデと言うと?

    吉岡:人は、脱いだ人を「脱いでる人が芝居している」って見るんですよ。
    脱がない人のことは、はじめから「この人は芝居する人なんだ」という目で見ます。
    その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります。
    でも、時間が経って、それがよかったと言ってくれる人がいるのは、やっぱりすごく嬉しい。今となっては、グラビアは本当にやってよかったです。

    吉澤:すごく素敵な話。

    吉岡:グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛いんですよ……! 
    スタイリストさんが素敵だって思った布でつくっていて、ゴムとかが入っていないんです。

    吉澤:そうなんだ、完全にフィクションなんだね。

    吉岡:市販の水着はちゃんと伸びるし守ってくれるけど、私が着ていたグラビア用の水着は、人に見てもらうための水着だったから、ゴムが入っていないどころか、革紐や伸びない布でできることもあって。
    皮膚に食い込むくらいぐっと縛るから、次の日も跡が残っているんですよ。
    食い込ませることでお肉がちょっと盛り上がって、それが色気になるという。

    たんに「服を脱いだ」のではなく、文字通り、身体や人生をかけた物語をつくりあげて提示しているわけですね。

    吉岡:だから、週刊誌を見るときに本当に考えてほしいのは、写真に写っている子たちは、一世一代の賭けをしているということ。
    消耗品になることを前提に脱いでいることも含め、いろんなことを思いながら、そこで笑顔でいるんだよっていうのをわかってほしいなと思います。

    https://sheishere.jp/interview/201710-yoshizawayoshioka/3/


    所長見解:もうやらないのかな・・・
    【【水着拒否】吉岡里帆「水着姿なんて絶対出したくなかったが夢をつかむため抗えなかった」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の吉岡里帆さんが出演するニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」の新CMが1日、公開された。
    吉岡さんは新CMで、パジャマ姿で寝転ぶ姿や、キュートな歌声を披露している。
    2日から放送。

    新CMは「朝1分のニュースが人生を変える」シリーズの「色々な新聞篇」、「バス篇」の2パターン。
    「色々な新聞篇」では、パジャマ姿でベッドに寝転んだ吉岡さんが、「もう起きなさい!」と声をかけられ、目をこすりながらスマホを手にし「今いろんな新聞のニュースチェックしてるの」と答える、という内容。
    「バス篇」では、メガネ姿でバス通勤中の吉岡さんが、スマホを見ながら「朝1分のニュースが人生を変える、って言うけど…」と同CMのCMソングを口ずさむ様子が映し出される。

    撮影で早朝から元気に現場入りしたという吉岡さんは、監督とともにせりふの言い回しなどを試行錯誤しながら、懸命に演じていたという。
    また、普段からスマートニュースを使っているといい、撮影の合間に普段の使い方やおすすめのチャンネルについて熱く語っていたという。

    「朝1分のニュースが人生を変える」シリーズにはこのほかに「英語」篇、「朝1分」篇、「昼1分」篇もあり、それぞれYouTubeのSmartNews公式アカウントで順次公開される。

    https://mantan-web.jp/article/20170901dog00m200020000c.html

    no title

    動画https://youtu.be/I7-1aFmBUMM



    所長見解:かわいいよね・・・
    【【これはかわいい】吉岡里帆、新CMでベッドでゴロゴロってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ