ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    吉岡里帆

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    30日に放送された女優吉岡里帆主演のTBS系のドラマ「きみが心に棲みついた」(火曜午後10時)の第3話平均視聴率が8・4%(関東地区)だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。

    16日の初回放送は平均視聴率9・4%、23日の第2話は8・5%(いずれも関東地区)だった。

    y


    原作は若い女性の間で高い人気を得ているマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんの「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)。
    自己評価が極めて低いために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が、2人の男性の間で揺れ動く様を描いた。

    同局の火曜午後10時枠では過去に「逃げるは恥だが役に立つ」「あなたのことはそれほど」などの話題のラブストーリーを放送してきた。
    吉岡里帆は連続ドラマ初主演で、桐谷健太と向井理との間で三角関係となるラブストーリーに挑戦した。

    第3話では、約束をすっぽかしただけではなく逃げ出した今日子(吉岡里帆)を吉崎(桐谷健太)はメールで問い質すが、今日子はうまく答えることができない。
    過去の非道な仕打ちがあっても、どうしても星名(向井理)とつながっていたいと願う自分の気持ちに気付いてしまう、という内容だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00110411-nksports-ent

    所長見解:最高・・・
    【【人気女優】吉岡里帆って最高ってよwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)での肌見せシーンが話題になっている吉岡里帆。
    大みそかには「第68回NHK紅白歌合戦」のゲスト審査員も務めるなど、女優として順調にステップをのぼっているところだ。
    その吉岡が公開した可愛らしさ満点の画像に対して、なぜか批判が集まっているという。

    y


    「吉岡は1月18日、ドラマの公式ツイッターにてサンドウィッチを相手に食べさせる画像をアップ。
    『彼女とデートなう。に使っていいよ』のコメントを添え、ファンから『可愛い!』『あーんしたい!』との大合唱が湧き起こりました。
    しかし女性を中心に『あざと過ぎる』との批判もあるほか、男性からも『グラドルを否定していたあなたが、いまさらアイドルの真似事ですか?』と痛烈な皮肉も飛んでいます」(芸能ライター)

    なぜそんな皮肉が寄せられてしまったのか。
    実はこの「彼女とデートなう。に使っていいよ」というセリフは、アイドルグループ「でんぱ組.inc」と「ベボガ!」を兼任する人気アイドルの鹿目凛が発明したフレーズなのである。

    17年2月18日に鹿目が「彼女と焼肉なう!」とツイートすると、これが瞬く間に人気フレーズに。
    当初はアイドル間の流行語だったが、6月に橋本環奈が使ったころから一大ブームとなり、今ではネットでの定番用語として定着している。
    ならば、吉岡がこのフレーズを使っても批判されるいわれはなさそうだが‥‥。

    「かつては水着グラビアもやっていた吉岡ですが、昨年10月にネット媒体での対談で『やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ち』と発言。
    それだけならまだしも、『ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。
    こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうな』とグラドルが消耗品にされているかのような発言をし、ファンだけではなく当のグラドルたちからも反発を受けました。
    その後、吉岡は文春オンラインで、本意でない部分の情報が拡散したとして『グラビアの仕事をさせていただいたことは今でも感謝してるし、あの時間がなかったら今の自分はない』と言い直していますが、そんな吉岡が主演ドラマで肌をさらしたり、アイドルのフレーズをツイッターで使ったりしているのですから、アイドルファンが釈然としないのは無理からぬところでしょう」(前出・芸能ライター)

    ちなみにフレーズ考案者の鹿目は1月11日に1st写真集の「ぺろりん」を発売したばかり。
    その表紙は水着で、彼女自身も水着グラビアには積極的だ。
    果たして吉岡は、自分がフレーズを拝借したアイドルも“消耗品にされる”と思っているのだろうか?

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_45028/


    所長見解:かわいいけどね・・・
    【【批判炎上】吉岡里帆の「デートなう。に使っていいよ」画像に批判続出ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の吉岡里帆にとって連続ドラマ初主演作「きみが心に棲みついた」(TBS系)が1月16日、スタートした。
    初回の平均視聴率は9.4%とまずまずの滑り出し。
    と言いたいところだが、視聴者からは厳しい意見が多く上がっている。

    no title


    番組への感想を抜粋すると

    「人生で初めて気持ちの悪いドラマに出会いました」
    「見ていて不愉快」
    「心がどんよりした」
    「胸糞悪い」
    「ダメ、吐きそう」

    など、拒否反応を示す意見が殺到。
    番組の公式サイトには「桐谷健太、向井理とともに描く三角関係ラブストーリーは《キュン》のドキドキと《ゾクッ》のドキドキが共存する新感覚ラブストーリー!」とあることから、キュンドキ恋物語を期待していた視聴者も多かったようだが、見事なまでに裏切られた形だ。

    http://asajo.jp/excerpt/44779


    所長見解:嫌われてるみたいね・・・
    【【批判殺到】吉岡里帆「きみが心に棲みついた」に不愉快の声が殺到ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    グラビアのお仕事のこと
    ―― 最初にテレビ出たのっていつですか。

    吉岡 一番最初は私、実は地元でローカルドラマに出てるんですよ。
    それは、10代の頃、事務所に入る前で。
    その2年間って、もう片っ端からなんでも色んな仕事をやっていて。
    ヘアカットモデルもするし、小劇場も出るし、インディーズ映画も出るし。
    そのひとつがインディースドラマ。
    学生たちだけで作ったドラマです。

    吉岡 KBSだったと思います。
    そこでドラマ(『ショート・ショウ』第1話「サティスファクション」)に出してもらってて。
    それがたぶん初めて電波に乗った瞬間だったと思います。

    ―― その頃は何でもやってたとおっしゃられていましたけど、事務所に入って、グラビアもやられたじゃないですか。
    その時、抵抗があったそうですね。

    y


    吉岡 グラビアの話、なんかどんどん違う方に話が拡散してて、すごく困ってるんです。
    全然言いたいことと世間で書かれてることが違っていて。
    初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに、「嫌だった」ということばっかりバーッと書かれてしまって。
    こうやって知らない間に違う情報が流れてくんだと、ほんとにショックでした。
    初めてグラビアのお仕事を頂いた時は、その瞬間は確かにやったことないし、やる予定もなかったので、動揺したんですけど、でもやっぱりやればやるほど、やりがいを感じているんです。
    担当してくださった編集部の人も、今でもずっとつながりがあって。
    昨年も一緒に仕事をして、一番の応援者でいてくださっている人たちです。

    あの時間がなかったら今の自分はない
    ―― 事務所の先輩にも、グラビアから女優という道を作った、酒井若菜さんがいらっしゃいますね。

    吉岡 朝ドラに酒井さんが出られていた時にご挨拶に行ったことがあって、そこで「頑張ってね」「応援してる」って言ってくださって、すごく嬉しかったですね。
    酒井さんの現場とかも勉強しに観に行ったこともあるんですよ。

    ――吉岡さんにとってグラビアのお仕事は、一言で言うとどんなものだったんでしょうか。

    吉岡 カメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、そこで出会った皆さんとは、切っても切れない繋がりができました。本当にかけがえのない人たち。
    グラビアの仕事をさせていただいたことは今でも感謝してるし、あの時間がなかったら今の自分はない。
    そのぐらい、やってよかった仕事だと、胸を張って言えます! 

    そして同時に、間違った情報で、関わった方やグラビアを見て応援して下さっている方達を悲しませてしまい本当に申し訳なく思っています。
    こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。
    違う意味、時には正反対に解釈されることもある。
    自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00005835-bunshun-ent&p=1


    所長見解:火消し・・・
    【【今更言訳】吉岡里帆、グラビアの仕事『嫌だった』は間違ったってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    1月11日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に吉岡里帆(25)が「もしも友達の彼女が芸能人だったら信じる? 信じない?」というコーナー出演し、言動が話題になっている。

    同コーナーは、吉岡が仕掛け人の一般男性の彼女になりすまし、その友達2人の前に現れて驚かすというもの。
    ターゲットの男性たちは終始吉岡の圧倒的可愛さに動揺してばかりで、吉岡と目が合った際には噴き出してしまうほど照れまくっていた。

    ターゲットの男性いわく、吉岡は目を見つめると見つめ返してくるそう。
    吉岡は「いやー、だって目の前にいるから。(そっぽを向きながら)こうやってたらヤバいでしょ?」と説明していたが、実際に同番組では、吉岡が話をしている相手男性をじっと見つめている様子が何度も映し出されていた。
    さらに吉岡は別室からモニターを見ていた桐谷健太から指令を受けて、『どん兵衛』のCMで自身が演じている“どんぎつね”のように、吉岡自身も照れながら手振りを付け「コンッ」と鳴いてみせていた。

    y


    今回の吉岡のような振る舞いを、半端な可愛さの女優やアイドルがしようものなら集中砲火を受けて大炎上必至だろう。
    しかし吉岡の飛び抜けた可愛さに嫉妬しても無意味。
    事実、SNSなどでは

    「女の私でも吉岡里帆には惚れる。あざといんだけど可愛さ認めざるを得ない……」
    「悔しいけど吉岡里帆ちゃん見てニヤニヤ止まらんかった(女だけども)」
    「女のあたしでも胸きゅん連発」

    と好意的な反応が多い。



    吉岡の仕草は番組のスタッフからも大好評のようで、2017年7月には同番組の「世にも奇妙な心霊タクシー」というコーナーに出演して心霊ドッキリを仕掛けられていた。
    吉岡は幽霊を見ると「きゃぁー! あっ! あっ! あっ!」「ちょっと待ってください、ごめんなさい、ごめんなさい」と期待通りの女の子らしいリアクションを披露。

    その後、すぐに『モニタリング』だと気づいたものの、ネタ晴らし後にも「許さん。これは許さん」とスタッフを叱る様子がまた可愛く、スタッフは思わず照れ笑いをしていた。
    何でも、この吉岡のリアクションが可愛かったため、プロデューサーが「もう一度見たい」と悲願したことで今回の出演が決まったそうだ。

    近年ではmiwa(27)や土屋太鳳(22)の(特に男性への)態度が“あざとい”と、一般女性からネット上でバッシングが相次いでいた。
    しかし、吉岡に至っては、あざとさを感じるが「それでも可愛い」という、石原さとみ(31)的な受け入れ方をされているようだ。
    女優として評価急上昇中の吉岡だが、“新あざと可愛い女王”としても注目していきたい。

    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_60282/


    所長見解:あざとかわいい・・・
    【【人気女優】吉岡里帆が新・あざと可愛い女王ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ