吉岡里帆

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    男性から大人気の女優・吉岡里帆。

    女性アンチが絶賛増殖中だが、その中には「代表作はどんぎつねだけ」と揶揄する声も。

    しかし、このままでは本当に吉岡の女優人生の代表作が「どんぎつね」になりかねない。

    2016年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』や日本テレビ4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』、17年1月期のTBSドラマ『カルテット』の脇役でブレークした吉岡だが、“主演級”の女優になってからは結果を残せていない。

    昨年はプライムタイムで2本も主演ドラマを務めたものの、視聴率は一度も二ケタに乗らずの惨敗だった。

    ヒロインを務めた映画もひどい。

    昨年10月公開『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に至っては、映画ランキングで公開初週からトップ10圏外の大爆死。

    とにかく吉岡にとって、18年は散々な年であった。

    そんな中で、可能性が見えたのが「どんぎつね」なのである。

    d


    ごんぎつねは悲しいがどんぎつねは可愛い

    「日清『どん兵衛』のCMで吉岡がキツネのコスプレをしている姿“どんぎつね”が男性から大人気。
    写真集まで発売され、『かわい過ぎる!』『吉岡里帆は嫌いだけど、これは正直かわいい…』などと、ファンにもアンチにも衝撃を与えていました」(芸能記者)

    コスプレキャラが大人気というのは、女優としては複雑な気もするが、意外にも吉岡本人はノリノリなのだという。

    「吉岡は1月7日にインスタグラムで、『ハッ!呼ばれた気がする! 2019年も参上致します。#年明けもどん兵衛』とつづりながら、“どんぎつね”写真を公開。
    また、吉岡はかなり前から、自身のインスタのアイコンを“どんぎつね”にしていて、進んで猛プッシュをかけているのです」(同・記者)

    本人の“どんぎつね”プッシュには、アンチから、

    《本人ノリノリだね。どんぎつねカワイイカワイイって言ってもらえるから味を占めてる感じ》

    《インスタの自分のアイコンがどんぎつねなのが無理。 謙虚なふりして自分大好きがダダ漏れw》

    などと非難の声も上がっているが、ファンや一般層には「とてつもなくかわいい」「世界最強の癒やし」と絶賛の声が。

    このままでは「代表作・どんぎつね」が現実味を帯びてくるが、本人もファンも望んでいるのだから、これはこれでアリなのだろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-71992/

    所長見解:かわいいな・・・

    【【人気女優】吉岡里帆「代表作・どんぎつね」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    顧客とのトラブルや弟子へのパワハラが報じられている花田優一(23)。

    『ミヤネ屋』(読売テレビ)、『グッディ!』、『バイキング』(いずれもフジテレビ系)など、ワイドショーに相次いで登場している。

    本誌は、女優・吉岡里帆(25)の弟・Tさん(23)が優一に弟子入りしたものの、“パワハラ被害”により3カ月で退職してしまったことを報じた。

    優一は靴作りを教えるどころか、Tさんにクレーム処理を押しつけていたのだ。

    しかし、『グッディ』の直撃取材でこの件を問われた優一は「お相手があることなので……」と口をつぐみ、その他の番組でも言及を避けた。

    Tさんは調理師学校を卒業し、京都市内のフレンチレストランで働いていた。

    吉岡も弟のシェフ修行を応援しており、Instagramに次のように綴っている。

    《料理が余りにも美味しいことに感動し、何より沢山の人と出会って急成長している弟に感動しました》(’16年7月19日)

    だが、Tさんは’18年9月に上京し優一に弟子入り。

    優一を紹介したのは吉岡だというが、Tさんが靴職人を目指すことに吉岡は反対していたという。

    それでも、最終的に吉岡が弟子入りを許し、Tさんを優一に預けたのはなぜだったのか。

    「’17年4月放映の『チカラウタ』(日本テレビ系)での共演で仲良くなった2人は『ゆうちゃん』『りほちゃん』と呼び合う親友になったそうです。
    女優として活躍し、アートにも造詣が深い吉岡さんは、優一が語る創作論に共鳴する部分があったようです」(芸能関係者)

    ’17年11月、優一は吉岡のラジオ番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(J-WAVE)にゲスト出演。

    靴職人の流儀を熱弁していた。

    h


    優一は「100円のお皿でも、大好きだったおばあちゃんやもう会えない恋人からもらったものだったら、絶対100万円のお皿より価値がある」「その価値、魂を宿さなきゃいけないのが職人の仕事」と、職人としての矜持を語る。

    吉岡は「なんでそんな大事なことをその年齢で気づいているんですか?」と感心した様子を見せた。

    また、イタリアでは黙々と作業する師匠の技を見て学ぶ日々で「修行は孤独だった」と語る優一。

    「僕は創作意欲の一番の栄養は、孤独かなと思ってます」との優一の発言に吉岡は「わかる~! わかるよ!」と激しく同意。

    「独りで向き合っている時間こそが仕事につながると思う」と、優一の考え方に深い共感を示していた。

    だが、優一は弟子入りしたのではなく、その“師匠”が講師を務める専門学校に通っていただけ。

    吉岡が「いいものを残すために孤独と闘っている花田優一という一人の職人に、私はとても心動かされます」と感動したエピソードは、“嘘まみれ”だったようだ。

    TさんのSNSを見ると、花田優一のほかに靴の有名ブランドや靴磨き職人など数十におよぶ靴関係のアカウントをフォローしている。

    靴職人を目指そうとしたTさんの熱意の一端が伺える。

    吉岡との対談で「自分に嘘つかない、1個でも嘘ついてたら答えって見つからない」と語っていた優一。

    吉岡、そして弟のTさんについた嘘を、このままなかったことにするつもりだろうか――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15852428/
    女性自身


    所長見解:さすがやね・・・

    【【狙ってた?】花田優一氏、吉岡里帆に職人魂を熱弁した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末から年明けまで、とにかくマスコミを騒がせていたのは花田優一(23)といえるかもしれない。

    自身の不倫・離婚騒動だけでなく、靴職人として信用問題に関わる納期遅れによる返金対応に追われるなどの報道もある中、年末の21日と22日の2日間にわたり、都内のギャラリーで、描き溜めていた絵を販売する個展を開催。

    同時に2019年度の靴の注文も受け付け、その様子はテレビ局も張り付き、わざわざ中継を入れる番組もあったほどだ。

    h


    優一のだらしなさに気づく

    「この2日間で約300万円の売り上げがあったようですが、客のほとんどは両親の関係筋。
    盛況というほど一般のお客さんはいなくて、来場は友人や知り合いばかりでした。
    絵を買う人や注文をする人のほとんどが、ご祝儀注文ですからお客とは言い難いです」(ワイドショースタッフ)

    昨年9月には、結婚している立場でいながら女性との交際が報じられたが、それについてはこう釈明。

    「食事に行っただけでも写真を撮られることもある。
    自分の一挙手一投足を取り上げていただけることには感謝しています」

    そして今年に入り、吉岡里帆(25)の実弟を弟子にしていたものの、わずか3か月で逃げ出されるほどの職場環境だったことがあらたに判明している。

    「優一が注文された仕事をほとんどしないで、飲み歩いていることを暴露されていましたが、実は吉岡里帆のことを狙っていたから弟を弟子にした、という話があるんです。
    もともと2人は面識があった。
    優一が吉岡の相談に乗るような感じで急接近したがうまくいかず、弟をきっかけに吉岡と会うセッティングをさせようとしていたらしいんです」というのは元貴乃花部屋の後援会関係者。

    最初は何も知らずに上京し、はしゃいでいた吉岡の弟も、次第に優一のだらしなさや、いい加減さに気がつきうんざりしていたという。

    さらに続ける。

    「とにかく優一は女性にだらしない。
    写真誌で撮られた女性は彼がよく通っていた銀座のクラブの女の子ですよ。
    離婚していないのに飲み屋の子に手を出すし、あわよくばタレントまで、というわけです。
    それを見ていた弟子である吉岡の弟は呆れて逃げ出したということです」

    自分で払うと言っていた700万円の新車のローンだってあるはずだ。

    弟子への給料を払うほど売り上げも期待できないのに、その飲食代はどうやって捻出していたのだろううか。

    銀座でのツケが溜まっての個展か、それともやっぱり景子ママか!?


    http://news.livedoor.com/article/detail/15839081/
    週刊女性PRIME


    所長見解:そうやね・・・

    【【靴職人】花田優一氏、顧客だけでなく弟子も離れていく理由がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「花田優一氏の不誠実な対応を思い出すと本当に腹が立ちます」と語るのは、40代の男性・Aさん。

    Aさんが靴職人でタレントの花田優一(23)に製作を依頼したのは’17年春。

    だが結局、Aさんが完成した靴を受け取ることはなかった。

    昨年12月24日には『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が花田優一のインタビューを報じている。

    商品が送られてこない、料金の返却を求めても応じないなど、靴製作を巡る顧客とのトラブルも報じられてきたが、優一は次のように説明した。

    「靴の製作には時間がかかるもの。
    (顧客には)1人1人対応しています。
    説明不足だったお客様には自分からお電話をしたり、直接伺ってご説明したりしています」

    誠実ぶりをアピールし、トラブル報道を否定した優一だったが、前出のAさんは言う。

    「花田氏の会社に料金を振り込んでから1年後のことでした。
    私は地方に住んでいるのですが、靴が出来上がったという連絡があり、東京のホテルに呼び出されたのです。
    でも急に花田氏から『父(元貴乃花親方)が倒れて、看病しているので今日は会えない』という電話があり……。
    その後、何度かメールや電話をしたのですが、なかなか折り返しもなく、つながったと思ったら、『(連絡を)忘れていました』と言われました」

    実はAさんのような“被害者”は、靴をオーダーした人たちばかりではない。

    優一に弟子入りした若者も、彼から“被害”を受けていたのだ。

    優一の知人は言う。

    「’18年9月にTさんという男性が弟子になったとき、彼は周囲に自慢していたのです。
    『吉岡里帆ちゃんの弟も、俺の弟子になったからね』と」

    y


    そう、弟子・Tさん(23)は人気女優・吉岡里帆(25)の実弟だった。

    吉岡は京都出身。

    もともと弟・Tさんも京都市内にあるフレンチレストランで働いていた。

    吉岡も弟のシェフ修行を応援しており、店を訪れたときの写真をインスタグラムで紹介している。

    だがTさんは突如、上京を決意。

    吉岡家の知人は言う。

    「東京で大活躍している里帆さんの姿を見て、Tくんも自分の力を東京で試してみたいと、考えるようになったようです。
    Tくんを花田優一さんに紹介したのは里帆さんだと聞いています。
    ただ里帆さんはTくんが靴職人を目指すことには反対していました」

    大きな希望を胸に抱いて上京したTさん。

    だが彼を待っていたのは悪夢の日々だった。

    「優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです」(前出・優一の知人)

    前出のAさんは言う。

    「靴も完成せず、返金を求めると花田氏と連絡がとれなくなりました。
    困っていた私に代わりに電話をくれるようになったのがTさんでした」

    奇妙な話だが、返金を求めるAさんと、真面目に対応を続けるTさんは連絡を取り合っているうちに、少しずつ信頼関係を築いていったという。

    「次第にTさんは花田氏に弟子入りしたことを後悔するようになっていました。
    私にも『師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない』『お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない』などと話すようになったのです。
    飲み歩いていて工房に帰ってこない花田氏を深夜まで待っていなくてはいけないこともあったそうです」

    Aさんは弟子を辞めるように勧めたという。

    するとTさんは苦しげにこう語ったのだ。

    「師匠がやっていることは、詐欺と言われても仕方がない。
    でもここで逃げたら、私も“共犯”になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

    孤軍奮闘を続けていたTさんだが、結局、弟子入りから3カ月ほどで靴職人の道を断念。

    そして、弟の苦悩の日々を知った吉岡は号泣したという。

    12月29日、本誌はTさんへの指導について、優一を直撃取材した。

    微笑みを浮かべていた彼だが、Tさんの名前を出すと、とたんにムッとした表情に……。

    「あ~、もう辞めているしね。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」

    ――親交がある吉岡里帆さんの弟さんですよね?

    「……先方もいるお話ですので。私がお話しすることはないです」

    それだけ言い残すと、車に乗り込み、走り去っていった。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1699027/ 


    所長見解:どっちもどっちやね・・・

    【【靴職人へ】吉岡里帆の弟が花田優一に弟子入りした結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆、口ぽかん&白目SHOTに大反響「凄い寝顔」「新年初笑い」

    2019年5月31日(金)公開の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」に、玉森裕太、染谷将太と共に出演することが決定している女優の吉岡里帆が、1月1日に自身のオフィシャルInstagramを更新。

    口ぽかん、目も半開きの無防備な寝姿を公開し注目を集めている。


    「明けましておめでとうございます。
    昨年も応援の言葉、作品への感想、おはようやおやすみ、(ハートマーク)や(顔文字)、沢山の愛情たっぷりのメッセージありがとうございました。」と新年のあいさつと感謝がつづられた今回の投稿では、車中で爆睡する吉岡の姿が写し出されている。

    クッションにもたれかかって眠る吉岡の表情は、口が開き、目も半開き状態。

    しかもよく見ると白目をむいているかのようにも見て取れる。

    吉岡自身もハッシュタグで「初夢」「深い眠りにつく」「新年」「白目で寝る人」「口も開きっぱなし」と自虐コメント。


    そんな愛らしい姿にネット上では

    「開けまして、おめでとうございます」
    「可愛い~~ッ」
    「無防備な寝顔が最高にかわいいですね」
    「口開けて寝ても可愛いりほちゃん」
    「凄い寝顔」
    「赤ちゃんみたいな寝顔だ~かわいい」
    「なんですかこの最高の癒し写真(笑)」
    「新年初笑い~」

    などコメントが殺到した。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    [riho_yoshioka]
    no title

    https://news.walkerplus.com/article/174192/


    所長見解:あざといな・・・

    【【インスタ】吉岡里帆の凄い寝顔がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ