司会者

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    遺志は相葉が継ぐ! 

    新型コロナウイルス肺炎により死去した志村けんさん(享年70)は31日、都内で荼毘(だび)に付され、生まれ故郷の東京・東村山市の実家に、遺骨となって無言の帰宅をした。

    悲しみはいまだ広がり続けるが、志村さんの遺志を受け継ぐため、前向きな動きも出てきた。

    冠番組「天才!志村どうぶつ園」(土曜午後7時、日本テレビ系)が番組名を変えず、共演していた嵐・相葉雅紀(37)を新司会者に据え、そのまま続行するという。


    b


    志村さんは毎週放送のレギュラー番組として、自身の冠番組「志村どうぶつ園」と「志村でナイト」(フジテレビ系)を持ち、特別番組として「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」(ともにフジ系)にも力を注いできた。

     
    志村さんは「8時だョ!全員集合」(TBS系、1969~85年)、「ドリフ大爆笑」(フジ系、77年から不定期)でザ・ドリフターズの一員として活躍後も、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBS系、86~92年)などでコントで笑いを届けてきた。

    その流れは「バカ殿」「だいじょうぶだぁ」まで続いていた。

     
    一方で異色だったのが2004年にスタートした「志村どうぶつ園」だった。

    「いまや珍しくないですが、トーク番組のゲスト以外ではカツラが定番だった志村さんが、文字通り動物好きの素顔を見せる番組として、画期的だった」(テレビ関係者)

     
    自ら進んでロケにも出向き、多くの動物との触れ合いも名物となった。

     
    同番組を見て育った若い世代は、志村さんをコメディアンよりも、同番組の「園長」として認識している人も多い。

    そんな番組だけに、志村さん急死後の存続を心配する声も上がっていたが、日テレはある方針を決めたという。

    「番組は継続される。
    レギュラー出演中の相葉雅紀が総合MCに昇格し、山瀬まみとともに進行する。
    番組のタイトルは志村さんに敬意を示すため、そのまま変えない。
    GW(ゴールデンウイーク)には、志村さんがパンくん(チンパンジー)などと繰り広げた珍道中をまとめた追悼スペシャル番組も放送予定です」(日テレ関係者)

     
    番組を引き継ぐ相葉もジャニーズ事務所を通じて「志村さんにゆっくりお休みして頂ける様に、少しでも前を向こうと思います」と追悼コメントを出しており、志村さんの遺志を守る思いは熱い。
     
    さらに毎年恒例、8月の「24時間テレビ」でも相葉を番組の先頭に立たせ、志村さんの特別コーナーを制作し放送する予定だとも。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1799634/

    所長見解:ええよ・・・

    【【新園長へ】嵐・相葉雅紀「志村どうぶつ園は続ける」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐の年内活動休止や相次ぐ所属タレントの退所に続き、抜群のトーク力で人気司会者の地位を不動にしている中居まで抜け、ジャニーズはどうなるのか。

    ただ、スターぞろいだけに、業界関係者は「後継者は数多くいる」と声をそろえる。

    m


    テレビ関係者は“ポスト中居”の条件として、

    〔1〕高い認知度
    〔2〕アイドルのイメージにとらわれない明るいぶっちゃけトーク
    〔3〕芸能界の大御所から若手まで幅広く対応できる人柄と経験値

    -などをあげた。


    後輩では嵐の櫻井翔(38)やKAT-TUNの亀梨和也(33)、中丸雄一(36)ら人材は豊富だが、〔1〕~〔3〕すべての条件を備えるのは、バラエティーやスポーツ番組などで活躍する関ジャニ∞の村上信五(38)という見方が多い。

    「ポスト中居」は現時点では、村上が最有力か。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200222/joh20022205010005-n1.html 



    所長見解:どうやろ・・・

    【【速報】「ポスト中居」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

    みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。

    キー局関係者が話す。

    「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。
    現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。
    たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2から3億円減らせ”との指令が出ているといいます。
    CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」


    昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。

    「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。
    テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

    となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

    k

    制作会社関係者は話す。

    「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。
    アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。全滅です」


    また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

    「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。
    それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。
    結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾?』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者)


    さらに、お笑いビッグ3のビートたけし(73)も今春、“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

    「『名医とつながる! たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系)も、3月で終了するといいます。
    たけしさんは昨年、所属事務所を移籍した際、各局にギャラアップを要求し、ひんしゅくを買ったそうです。
    それも番組終了の一因なのでは……」(前同)


    “ビッグ3”の一角をも吹き飛ばすテレビ界の大不況。

    もはや誰にも止められそうにない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2187348/
    日刊大衆
    所長見解:しかたない・・・

    【【悲報】テレビ番組のクビ切りリスト流出がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

    みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。


    キー局関係者が話す。

    「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。
    現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。
    たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2~3億円減らせ”との指令がているといいます。
    CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」


    m


    昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。


    「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。
    テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

    となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

    制作会社関係者は話す。

    「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。
    アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。
    全滅です」


    また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

    「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。
    それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。
    結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾~』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者)


    お笑い“ビッグ3”もビートたけしも“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

    この続きは現在発売中の『週刊大衆』2月17日号で。


    https://taishu.jp/articles/-/72127?page=1

    所長見解:そらな・・・

    【【悲報】大物芸能人のリストラリストがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(東京・NHKホール)で3年連続総合司会という大役を任された内村光良(55)だったが、その姿も今回で見納めになるかもしれない。

    k


    2017年は“平成の歌姫”こと安室奈美恵の紅白引退を見事にエスコートする司会ぶり。

    18年は“究極の大トリ”として登場したサザンオールスターズの桑田佳祐と松任谷由実の奇跡の共演による“胸騒ぎの腰つき”のコラボを生実況するなど、司会者としてレベルの高さを見せつけた。

    だが、19年は本紙客員編集長のビートたけしや竹内まりやといった大物目玉歌手はいたが、過去2回のような濃い絡みはなく、司会者としての腕を披露する場面は限られた。

    それでも内村は乃木坂46、欅坂46、日向坂46の“坂道3グループ”合同による「シンクロニシティ」にパフォーマーとして出演。

    本番2日前の会見で「依頼が来たときは邪魔にならないかと思ったけど、ファンの方にも失礼がないようにちゃんと100の力で踊ろうと思います」と決意表明し、さらに「振り付けは昼間に家族が出払ったあとに1人で練習してます」と明かしていた。


    ただ、今回の紅白は結果が伴わず。

    テレビ関係者は「演出が視聴率40%の大台を超えた18年の二番煎じで、視聴者に飽きられていたというのが業界内の見方。
    内村さんを生かす演出もコント以外ではできていなかったし、せっかくの生歌番組なのにVTRが多すぎて生のワクワク感を伝えられていなかった」と振り返る。

    本番前には「今年に限っては司会者としてすごく緊張感がある」と厳しい結果を予測していたかのような発言をしていた内村。

    それが現実となった今、4年連続の総合司会は遠のいてしまったかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000027-tospoweb-ent

    所長見解:しゃあない・・・
    【【悲報】紅白歌合戦の総合司会・内村光良氏、降板の模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ