ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    司会者

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそかに放送される第70回「NHK紅白歌合戦」。


    k


    今年の紅組司会は、連続テレビ小説「なつぞら」がヒットした広瀬すず(21)を2年連続で起用する案が最有力だ。

     
    白組は嵐の起用が濃厚。

    5人全員で務める可能性もある。

    「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)や「くりぃむしちゅー」の有田哲平(48)らも名前が挙がる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000150-spnannex-ent

    所長見解:やろね・・・
    【【予想通り】今年の「紅白歌合戦」の司会者はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の織田裕二がフリーの中井美穂アナウンサーとともに、9月27日から生中継されるTBS系「世界陸上 ドーハ」のMCを務める。

     
    2人は1997年のアテネ大会以来、22年、12大会連続でコンビを組んでMCを務めている。

    今回の開催地は、カタールの首都ドーハとあって、スローガンには「史上最も熱い戦い」と掲げられている。


    y

     
    織田といえば、これまで「世界陸上」において、「地球に生まれてよかったー!」など数々の名言を放って来た。

     
    「ヒートアップする織田を中井が冷静にたしなめ、絶妙なバランスで進行。
    抜群のコンビネーションがゆえに、22年もコンビを組み続けて来た。
    しかし、このところの数大会、織田は以前に比べて“熱量”が下がってしまっている」(TBS関係者)

     
    そうなってしまったのは、TBSに対する“外圧”が原因だったというのだ。

     
    「13年のモスクワ大会でもはしゃぎ過ぎたことから、日本陸上競技連盟から水面下で、TBSに番組内容改善の要請があった。
    そのため、織田サイドは15年の北京大会に難色を示していたが、結局、続投が決まった」(同)

     
    結局、今回も続投することになったが、続投しているのには、それなりの理由があるというのだ。

     
    「スタッフとの団結が強く、飲み会ではスタッフと円陣を組んで、織田が歌う『世界陸上』のテーマ『All my treasures』を熱唱するほどだとか。
    織田は来年の東京五輪の陸上でのキャスターを狙っているようで、そういう思惑もあってキャスターを続けているようだが、おそらく、史上最も“熱量”の低い中継になってしまいそうだ」(芸能記者)

     
    どうやら、今回も名言が生まれることはなさそうだ。


    https://npn.co.jp/article/detail/35195043/
    所長見解:おもろいのにな・・・

    【【悲報】織田裕二さん、世界陸上ではしゃぐなと怒られた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来たる8月22日に75歳の誕生日を迎え、れっきとした〝後期高齢者〟に突入するタレント・みのもんた。

    年齢のせいか近年では衰えも目立っているが、MCを務める『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の最新回では、特に視聴者からの不安が続出した。


    8月15日、みのはいつものように「ケンミンショー」に出演し、共同MCの久本雅美と共に番組をサポート。

    しかし、テンポ良くスタジオを回すのはもっぱら久本の役割で、みのはほとんど言葉を発さなかった。

    みのは久本の横でリアクションを取っていたが、それも腕を組みながらにこやかな顔を浮かべ、時たま小さく頷いてくばかり。

    また、加齢のせいか動き自体もスローで、痩せて筋の見えた肌や深くなったシワも相まって〝おじいちゃん〟といったオーラを強烈に放っていた。


    スタジオで石川県のご当地グルメ「金沢カレー」を試食する場面でも、みのはゆっくりとした動作と、あまり綺麗とは言えない食べ方でカレーを口に。

    コメントこそ「柔らかい!」「めちゃうまいよ」と元気よく発していたが、その姿は〝高齢者〟そのものといった印象だった。


    m


    時代を築いた名司会者も〝ただのおじいちゃん〟に…


    覇気がなく口数が少ない上、話を聞いているのかさえ不安になる〝ボーッとした〟シーンもかなり多く見せていたみの。

    その姿から往年の名司会者の面影は全く感じられなくなっており、ネット上にも


    《久しぶりにテレビでみのもんた見たけど、ガリガリで何もしゃべらないんだけど…》

    《目虚ろやし腕組んで笑いも頷きもしてへん。大丈夫かな?》

    《無理してテレビ出なくても… ご高齢でしょうに…》

    《みのもんた覇気がない》

    《みのもんた、すげぇおじいちゃんやん、、、》

    《加齢のせいか司会はおろかリアクションとコメントもまともに出来ないみのもんた》

    と心配の声が多く寄せられた。


    かつては「1週間で最も多く生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録にも認定され、〝生涯現役〟と豪語していたみの。

    しかし、さすがに歳には勝てなかったようで、その〝幕引き〟は徐々に迫っているように感じられる。


    https://myjitsu.jp/archives/92094

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2016/05/mino_monta-20160530165822.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【これは心配】みのもんたがもうヤバい件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「宮迫と亮の謝罪会見で、改めて再燃した芸人の“闇営業”問題。
    まだまだ収束の気配は見せません。
    しかし、彼らよりもはるかにヤバい、反社会的勢力(以下、反社)とのつながりを持った芸能プロダクションがあるんです……」(芸能プロ関係者)


    y


    7月20日午後、反社の忘年会に参加し、金銭を授受したという“闇営業”で所属事務所から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、無期限謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が、都内で謝罪会見を行った。

    この会見を受け、22日には会社側も会見を開き、経緯と見解について説明。

    「2人の処分を撤回する」という発言もあり、展開は予断を許さない。

    所属事務所は、会見で“コンプライアンスの徹底”を改めて明言しました。

    また、これまで以上の反社排除など、社員を含めた共同確認書を取り交わすことを明らかにしました。

    一般企業だけでなく芸能プロダクションも現在は、反社の排除を徹底することを掲げるのが当たり前です。

    しかし、そんなご時世にあって「あそこはヤバい」と関係者が眉をひそめる事務所があるという。

    「反社と太いパイプがあり、反社のイベントに所属タレントを派遣参加したりし、バリバリ闇営業をしている芸能プロダクションというのが『X』なんです。
    反社は、事前のチェックで大手プロダクションでは門前払い。
    そのため、今回名前が挙がっている『X』のような、それほど大きくないプロダクションに依頼をするそうです。
    『X』はそれで依頼を受けまくっていたところ、反社の世界で顔が売れたんだとか。
    だから、また次から次へとオファーが来る。

    『X』にはテレビやラジオで活躍する大物司会者も所属。
    ここ最近になって事務所の規模を拡大していて、若手注目女優や大物女優、お笑い芸人など、さまざまな芸能人が所属しています。
    あまりの急拡大に関係者の間では“なぜあそこまで拡大するのか。
    あの事務所はいろいろとヤバいことを抱えているのではないか”と、最近よく耳にするようになりました」(前出の芸能プロ関係者)


    『X』に所属するタレントたちは今、今回の闇営業騒動をどういう思いで見ているのだろうか……!?


    https://taishu.jp/articles/-/67246?page=1
    所長見解:どこやろね・・・

    【【これはヤバい】大物司会者所属の芸能プロダクションが反社闇営業ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「BPOに『やらせ』と認定されたことで、番組のイメージダウンは避けられない。
    7月7日配信の『東スポWeb』によると、内村は『自分がタレントとして芸人としてまた、
    一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで降板する』と発言していたといいます。

    また、ANZEN漫才・みやぞんやバービーが番組ロケで大けがをしたことにも不満を漏らしていたそうで、番組サイドはやらせ演出や体当たりロケについての改善策を提示して、信頼回復に努めているようですが……」(テレビ関係者)


    q


    「内村はすでに降板の意向を示していて、後任として同じ事務所の出川哲朗をプッシュしていると聞きます。
    出川のほうには断る理由はなく、『紅白の司会も狙う』と息巻いているとか。
    彼は『イッテQ』では番組初期から100回以上の体を張ったロケに挑んできており、内村と共に番組の顔役の一人。
    6月30日の放送では『出川哲朗 およそ100回アワード』と題して、これまでの“出川史”を振り返る企画も放送され、大反響となっています。
    出川は腰に爆弾を抱えており、55歳とあって肉体的にもロケがきつくなっていますから、MC転向は渡りに舟でしょう」

    https://www.cyzo.com/2019/07/post_210125_entry.html

    所長見解:ないな・・・

    【【悲報】内村光良さん、「イッテQ」降板。 後任がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ