司会者

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居クン、土曜のお昼の顔になる 冠ニュース番組初挑戦「イチから学ぶ」

    俳優の中居正広(46)の新たな冠番組として、4月からテレビ朝日・ABC系「中居正広のニュースな会」(土・正午)がスタートすることが10日、分かった。

    これまでバラエティーやスポーツなど様々なジャンルでMCを務めてきた中居が、自身の冠番組で初のニュース番組に挑戦。

    お茶の間と同じ目線でニュースを掘り下げていく新感覚のニュースショーで、中居が土曜のお昼の顔になる。

    中居が視聴者とともにニュースと向き合う。

    n


    コンセプトは、老若男女どんな方にもわかりやすいニュースショー。

    政治、社会、スポーツなどあらゆるジャンルのエキスパートたちをスタジオに招き、話題の最新ニュースに「ニュースな会」の“主催者”中居が素朴なギモンをぶつけ、初歩から理解を深めていく。

    スタイルとしては、番組冒頭で1週間に起こった出来事を振り返り、ランキング形式で紹介。

    その中から気になったキーワードをピックアップし、基礎から解説していく。

    少々分かりにくいニュースも中居とともに親しみやすく学べる、土曜のランチタイムの知的な1時間となりそうだ。

    ニュースを解説する有識者やゲストも多彩だ。

    “会員”には、お笑い芸人の劇団ひとり(42)、社会科学者の古市憲寿氏(34)らが集結し、好奇心旺盛な面々が集結。

    解説員には元NHK解説委員のジャーナリスト・柳沢秀夫氏(65)の出演を予定している。

    中居の卓越したMC力と出演者との化学反応も見どころだ。


    3月に同局系「中居正広の身になる図書館」が終了し、4月から新境地に挑むことになった中居。

    「僕はニュースに関しては無知なところもありますので、背伸びすることなく、身の丈に合った番組にしたいなと思っています。
    分からないとは素直に分からないと言い、イチから学ぶつもりで取り組んでいきたいと思います!」と、お茶の間目線で新鮮なニュース番組を届けることを誓った。


    新番組で土曜の昼のニュース番組に挑戦する中居正広
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190322-00000001-dal-000-1-view.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000001-dal-ent

    所長見解:やめないんだな・・・

    【【報道挑戦】中居正広の新しい番組がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    24


    2020年末で活動休止する嵐が、今夏の日本テレビ系「24時間テレビ42」(8月24、25日放送)のメインパーソナリティーを務めることが16日、分かった。

    この日放送された同局系「嵐にしやがれ」(土曜、後9・00)のエンディングで発表された。

    嵐がメインパーソナリティーを務めるのは2013年以来、6年ぶり5回目。

    嵐は24時間テレビと共に成長を重ねてきた。

    デビュー5周年だった04年に初めてメインを務め、08、12、13年と大役を経験している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000133-dal-ent 

    所長見解:そうなるね・・・

    【【毎年恒例】今年の24時間テレビのメインパーソナリティーがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今回の安藤キャスターの池江選手への配慮に欠けた発言に対して、局には謝罪や訂正を求める電話やメールが相次ぎました。
    クレームはふだんの3~4倍で、社内でも目立っていました」(フジ関係者)


    フジテレビの顔・安藤優子(60)が放った、競泳・池江璃花子選手(18)に対しての発言が物議をかもしている。

    問題の発言があったのは、2月12日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)の生放送中。

    白血病を発症した池江選手に対して「かわいらしさとすべてを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います」と、笑顔をのぞかせる場面もあったことから“不謹慎”とたちまちネットは大炎上。

    実際、フジテレビに批判の声が次々と届いていた。

    g


    安藤の発言が問題視されるケースはこの数年、増えてきていたと、前出のフジ関係者。

    「一昨年の9月、斉藤由貴さんの不倫報道の際、『大人の恋っていうのは許されないんですかね?』と発言。
    《不倫していた人が偉そうにコメントするな》などとクレームがありました。
    昨年8月も人気グループ・Perfumeについて『すんごい昔の人でしょ?』と明らかに間違えてしまいファンから非難の声が。
    昨夏の『週刊文春』で『嫌いなアナウンサーランキング2位』に入るなど、安藤さんの“上から目線”に特に彼女と同世代の女性視聴者からの支持が得られず『グッディ!』は視聴率的に苦戦しています」

    番組関係者によれば、4年間“相方”を務める高橋克実(57)や三田友梨佳アナ(31)が度重なる安藤の問題発言にフォローを入れて軌道修正を図ってきたという。

    「そもそも、番組立ち上げから安藤さんの夫がプロデューサーとして関わっていましたから、当初から彼女に面と向かって意見できる人は誰もいませんでした。
    制作側もSNSなどメディアが多様化するなかで“炎上発言”を繰り返す安藤さんをコントロールできないジレンマに悩まされてきました」

    ところが、今年に入って安藤への風向きが変わり始めたという。

    「安藤さんは今年1月に2回、2月には3回、番組を体調不良で欠席しています。
    1月の復帰の際には『鬼の霍乱』(※極めて健康な人が珍しく病気になるという意味)、2月の復帰時には『寄る年波には勝てない』と話していました。
    安藤さんは還暦を迎えました。
    病気を理由に番組を休むことがほとんどなかったため、局内でも、体の負担が大きい“帯番組のキャスター”を続けるのは厳しいのでは、という声が出てきています」

    制作関係者はこう語る。

    「春の改編では安藤キャスターは続投しますが、平成最後に伴い、今年は報道番組全体で大きな“リニューアル”を行います。
    早ければ安藤キャスターが夏の改編で降板する話が上がっています」

    今回の池江選手への不適切発言を安藤本人はどう受け止めているのか。

    番組復帰した22日の朝、本誌は出勤前の安藤を直撃した。


    ――体調はいかがでしょうか。

    「ありがとうございます。やっとよくなりました」

    ――池江選手への発言が不謹慎だと大きな批判を受けています。

    「うーん、それについてはコメントしません。ごめんなさい」

    ――池江選手への発言について、謝罪のお気持ちは?

    「ああ、そうですね。確かにそれは……」

    ――改めて白血病と闘っている池江選手にひと言いただけるとすると、どんな言葉になりますか。

    「すみません、私は本当に、他意はなかったんです。ただ本当に池江さんには良くなっていただきたい、そう思っていただけなので……」

    ――『グッディ!』は今回のこともあって急遽お休みを?

    「いえいえ本当に、ちょっと風邪で。それでお休みさせていただいただけなんです」

    ――風邪が治ってよかったです。

    「(少しだけ笑顔を見せながら)ありがとうございます。本当に池江さんにはよくなっていただきたいと……。ごめんなさい、もう時間なので、すみません」

    最後にそう言い残し、タクシーで走り去った。

    フジテレビ広報部にも、今回の批判の声について聞いた。

    「視聴者の皆さまからの貴重なご意見は常に番組づくりの参考にさせていただいております」

    また今夏の安藤キャスター交代説や番組終了について聞くと「番組編成の詳細についてはお答えしておりません」との回答だった。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190226-00010002-jisin-ent&p=1

    所長見解:まあね・・・

    【【問題発言】安藤優子キャスター『直撃LIVEグッディ!』降板危機の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月4日放送の『バイキング』(フジテレビ系)の中で、俳優の新井浩文容疑者(40)逮捕のニュースを受けてコメントしたお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの吉田敬(45)に対して、司会の坂上忍(51)が声を荒らげる場面があった。

    番組では、強制性交の疑いで逮捕された新井容疑者のニュースが特集され、新井容疑者のツイッターの投稿「犯罪者やらせたら日本一、クズ男やらせたら日本一。。。」(原文ママ)などを取り上げた。

    今回の事件について、坂上からコメントを求められた吉田は「ほんまにやってしもうてどうすんねんていう……まあ、ほんまにやったらダメですよね」と、ふだんならお笑いセンス抜群のコメントをする吉田らしくない遠慮がちなコメントをした。

    すると、坂上は「今日は、みんな歯切れ悪いって言うか……。ダメなもんはダメなんだよ! 簡単に言ったらバカなんだよ! 40(歳)にもなって“何やってんだコイツ”って話なんだよ! じゃないの? それを同業者が言わないでどうすんの! 守り合ったってしょうがないんだよ」と声を荒らげた。

    これに、吉田は「守っているつもりなんか全然ないです。(新井容疑者の犯罪は)ダメです。だからダメです」と応じるも、坂上は「それで終わっちゃうのは吉田じゃないでしょ? その後もっと続くでしょ、いつも」と厳しいツッコミを入れた。

    「坂上が吉田に対して声を荒らげたのは、番組を盛り上げるための、坂上なりの演出です。
    ただ、彼と共演する芸能人たちは、坂上の厳しいツッコミを本気で怖がっています。
    昨年9月25日に、『バイキング』火曜日レギュラーだった小籔千豊(45)が番組を卒業しましたが、小籔は以前出演したAbemaTVの生放送で、“(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。
    心が折れるときがある”と語っており、鋭いコメントに定評のある小籔をもってしても、坂上との共演はストレスだったということが分かります」(放送作家)

    g


    坂上といえば、昨年10月1日に放送されたスペシャル番組『FNS 番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)の司会を務めた際、ゲストの織田裕二(51)に対して「皆さん! フジテレビに織田裕二が帰ってきましたよ!」と冷やかし、さらに大物俳優の織田を「織田!」と呼び捨てにして、イジっていたことで視聴者から非難が殺到したことも記憶に新しい。

    「あの“織田イジり”の影響が大きいのか、今、複数の俳優系芸能事務所関係者から、“坂上と自分の事務所のタレントは共演させたくない”という声が噴出しているんです。
    それは、ドラマの宣伝などがある際でもそうらしく、坂上が司会を務める番組は今、キャスティングに相当苦労していて、スタッフも頭を抱えているそうです。
    その結果、『バイキング』や『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)などの番組も、徐々に視聴率が落ちてきているといい、坂上に対する風当たりはだんだん強くなってきているようです」(前出の放送作家)

    “フジテレビのお昼の顔”として定着した坂上だが、あまりに辛口過ぎるツッコミのせいで、今後も共演NGが増えていくのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1687710/?page=2
    日刊大衆

    所長見解:そうやね・・・
    【【人気司会者】坂上忍がそろそろ終了の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの萩本欽一(77)と元SMAPの香取慎吾(42)が司会を務める日本テレビ「欽ちゃん&香取慎吾の第96回全日本仮装大賞」(後7・00)が2日に放送され、香取が昨年2月3日に放送された同番組以来1年ぶりに地上波の全国放送に登場。

    インターネットには、テレビで久々に見る香取の姿と2年連続での“スマステ風オープニング”に歓喜するファンのコメントが相次いだ。

    k


    香取は冒頭に生出演して番組をナビゲート。

    大好きな東京タワーが見える場所で画面に登場すると「皆さん、こんばんは、香取慎吾です。2月2日、土曜日。現在ここ汐留の天候は晴れ。気温の方は9度!…となっております。東京タワー…すごいキレイ。きょう2月2日からですね、僕が東京タワーの60周年記念のために描いた東京タワーの絵がね、3月の8日まで東京タワーに飾られてるんで、皆さん、是非遊びに行ってくださ~い!」と元気な声と笑顔で呼びかけた。

    これは香取自らが司会を務め、2017年9月に終了したテレビ朝日「SmaSTATION!!」(スマステ)のオープニングを思わせるトークで、香取は昨年の番組冒頭でも「皆さん、こんばんは。香取慎吾です。2月3日、土曜日。現在ここ汐留の天候は曇り。気温の方は5度。恵方巻、食べましたか?」と、生放送だったスマステで長年してきたのと同じトークで番組スタートを告げていたが、2年連続での“スマステ風オープニング”となった。

    ツイッター上には

    「今回もスマステ風オープニングにテンションあがった」
    「めっちゃスマステ」
    「生の慎吾!しかもスマステ風!」

    とスマステを懐かしみながらのコメントが続出。

    「地上波で久しぶりの香取慎吾」
    「地上波で慎吾ちゃんひっさびさ見る~!」
    「この日を待ってたよ」
    「TVでみれて涙が出てくる」

    と香取の地上波登場に興奮、歓喜、涙する声が相次いだ。

    「仮装大賞」は1979年から不定期で放送されてきた名物特番で、香取は2002年から司会を担当している。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/02/kiji/20190202s00041000322000c.html


    所長見解:いいよね・・・

    【【仮装大賞】 香取慎吾が1年ぶりに全国地上波に登場した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ