号泣

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月13日放送の『スッキリ』で、水卜麻美アナウンサー(32)が突然、泣き始め、MCの加藤浩次(50)らを驚かせる場面があった。

    この日は“HARUNAまとめ”のコーナーに、歌手の森山直太朗(43)がスタジオに登場。

    これまでの活躍がVTRで紹介され、2003年のヒット曲である『さくら(独唱)』が、同局のドラマ『同期のサクラ』の主題歌に『さくら(二〇一九)』として、新たにアレンジされて使われていることが伝えられた。


    ここで『同期のサクラ』で主演を務める高畑充希(27)の、「自分の出ているドラマなんですけど、“僕らは~”ってきた瞬間、泣いちゃう。
    直太朗さんの声って性別を超えてるっていうか、神様みたい」というコメントが紹介された。

    その後、森山と加藤らでトークが繰り広げられ、生歌が披露されたところ、歌の途中で水卜アナが何度も涙をぬぐう仕草が映し出された。

    m


    歌が終わり、加藤が泣いていたことを指摘すると、水卜アナは「やばい……ごめんなさい……人生の節目節目を思い出す曲ですね。
    それこそ学生のときからずっと……大事なときに必ず聞く歌じゃないですか。
    卒業式とか」とコメント。

    さらに加藤が「どういう涙だったんですか?」と問うと、水卜アナはティッシュで涙をふきながら「なんか……いろんな良い人と出会って生きてきたなって感じ」「友達とか同期とか……」と答え、出演者たちは思わず笑い声をあげていた。


    そんな水卜アナに対し、森山は「本当に、こんなに素直に感情を表現していただけて、本当にうれしいです。ありがとうございます。本当に」と感謝の言葉を述べた。

    これに水卜アナが「こんなにすてきな歌をここで、目の前で届けてくださって本当に感謝しています。ありがとうございました」と返すと、近藤春菜に(36)に促されるまま、森山と握手を交わしていた。


    その後、番組は“クイズッス”のコーナーに移ったが、加藤の水卜アナいじりは止まらず。

    「“さくら並木の道の上で”の、(歌詞の)2行目でもう(泣いてた)」とツッコまれ、水卜アナは「やめてよ」と恥ずかしがった。

    さらに加藤が「なにかあったか?」「涙腺弱ってる?」と聞くと、水卜アナは「そうなのかもしれないです」と、弱々しい声で答えていた。


    http://dailynewsonline.jp/article/2077794/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【放送事故】水卜麻美アナ、生放送で大号泣の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    画像 フジテレビ ミライモンスター

    no title

    no title


    矢作萌夏(17歳)の彼氏流出

    no title

    所長見解:早い・・・
    【【悲報】彼氏と交際流出のAKB期待の新エース・矢作萌夏さん、速攻で号泣卒業ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    涙出てないけど?


    n


    所長見解:そうなん・・・
    【【悲報】キャンプ場小1女児行方不明の母親、泣いてない件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    世界三大号泣アニメって、AIR、CLANNAD、あの花、君嘘、そらメソでいいの?

    OK?

    所長見解:見てみよかな・・・

    【【これは泣ける】世界三大号泣アニメがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本ハム・斎藤佑が号泣 甲子園Vのチームメートへ思いあふれる 進路をTVで紹介

    日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が3日、TBS系「消えた天才」に出演し、号泣した。

    2006年に夏の甲子園初優勝したときのチームメートを思い、「(チームメート)それぞれ活躍していると聞いているので、恥じないプレーをしたい」とその瞳から大粒の涙を流した。

    s


    斎藤は背番号1をつけていた早稲田実業は、2006年夏の甲子園決勝戦で現ヤンキースの田中将大投手がエースを務めていた駒大苫小牧と対戦。

    延長十五回を戦うも、引き分け再試合となり、翌日の再戦では、早実が4-3で逃げ切り、初優勝を果たした。

    ハンカチ王子として注目され、進学した早大から日本ハムにドラフト1位で入団した斎藤だけがプロ入り。

    番組では決勝を戦った当時の早実メンバーの現在を追った。

    斎藤は一緒に高校日本代表に選手され、早大野球部に進んだ5番の船橋悠左翼手を回想。

    「センスマン。一緒にプロに入りたかった」と振り返った。

    しかし、船橋さんからは1年生の冬に「野球部を辞めようと思うと言われた。
    必至で引き留めたが、1年の終わりに辞めた。
    すごくショックだった。
    一緒にやりたいと強く思っていただけに、自分が止められなかった悔しさが…」と振り返ると、斎藤のほおに涙が流れた。

    現在、転職支援会社の代表取締役を務めている船橋さんは、「野球部での4年間を想像したときに、とてもじゃないけど、ドラフトで指名される選手ではないと自分の実力を感じたので辞めた。
    プロになりたかったが実力が足りないと」と野球から離れた理由を明かした。

    さらに斎藤が涙を流しているシーンをVTRで見せられると、「斎藤が泣いているのは甲子園で優勝した時ぐらい。
    きっとどうでもいい人なら涙は流さない。
    そこまで思ってくれていたという気持ちですね。
    あの甲子園での優勝は今すごく熱くなれている。
    その熱い気持ちで経営ができている」と振り返った。

    番組でほかの斎藤のチームメートの現在を紹介。

    4番でキャプテンの後藤貴司遊撃手は、斎藤とともに早大野球部へ。

    社会人に進むも、2015年に引退し、現在は日本製紙で営業マンとして働いている。

    当時の甲子園1位タイの8犠打を記録した2番の小柳竜巳三塁手は早大進学も野球部には入らず、現在は大手広告代理店・博報堂に勤務。

    「野球以外に好きなものができると思っていたが、野球以上のものはなく、もう一度野球に戻りたいなと。
    2020年に東京五輪があり、スポーツイベントに関わりたい」と奮闘している。

    ほかでは1番の川西啓介中堅手は電通、3番の檜垣皓次朗一塁手は、三井住友海上、7番の内藤浩嵩二塁手は、住友商事、斎藤の女房役を務めた8番・白川英聖捕手は早大野球部から会社員となっていることが明かされた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000101-dal-base


    所長見解:みんなすごいね・・・

    【【半価値王子】日本ハムの斎藤佑樹投手が号泣した模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ