号泣

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫さん、志村けん死去でガチ泣き動画投稿……感動したと話題に

    no title

    no title

    no title

    所長見解:あかんやん・・・

    【【訃報】宮迫博之さん、号泣動画を投稿した模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 2020/03/30(月) 10:38:22.00

    新型コロナウイルスに感染したタレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日に亡くなったことが30日、分かった。

    70歳だった。

    志村さんは今月23日に陽性と判明。

    東京都内の病院で懸命の治療を受けたが、力尽きた。

    このニュースは各局、速報で流しており、突然のことに番組MCらは言葉を失った。


    日本テレビ系「スッキリ」では、クイズッス途中で速報流れ、ニューを知った近藤春菜は号泣。

    志村と番組共演をしており「すみません、なんとか戻ってきてくれると思って居たのに…まだお礼も何もできていないのに…受け止められなくて。すみません」と泣きじゃくった。


    h


    CMが明けても涙は止まらず、「自分たちが気をつけることで自分を守るんじゃなくて、ほかの方を守る意識を持たないと、終息しない。
    本当に志村さんは人に与えたことがたくさんあって、最後の最後までいろんなことを与えてくれて。
    心にとめて無駄にしてはいけません。
    今は信じられなくて…」と言葉を絞り出した。


    TBSでは「グッとラック!」芸能コーナーで速報を取りあげた。

    立川志らくは「ちょっと言葉を失ってしまいます…」と絶句した後「今回亡くなった方、日本でたくさんいらっしゃる、どの命も平等だから」と前置きした後「こんな事があっていいのか。
    芸能界にとって、お茶の間のファンにとってこんな事起きていいのかというほどの衝撃。
    残念すぎる」と沈痛な面持ちだった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000039-dal-ent

    所長見解:悲しい・・・

    【【訃報】志村けんさん死去 生放送中の近藤春菜号泣の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「私のせいで……。力不足で番組を引っ張れなくてごめんなさい」

     
    昨年12月末、東京・青山のアイビーホールで行なわれた情報番組「あさチャン!」(TBS系)の大忘年会。

    和気あいあいとした空気を一変させたのはメインキャスター夏目三久(35)のスピーチだった。


    忘年会に参加したTBS社員が語る。

    「会場には100人以上の番組関係者が集まり、立食形式でにぎやかに会は進んでいました。ところが、1年を振り返るVTRなどを見た後に挨拶に立った夏目さんが突然、涙を流して視聴率の低迷を詫びたのです。
    しゃくり上げるような嗚咽(おえつ)が響き渡り、にぎやかだった会場が水を打ったように静まり返っていました」

     
    周囲のスタッフから「泣かないで」、「頑張って、夏目さん」と激励の声が上がったという。

    n


    夏目が泣きたくなるのも無理はない。

    「あさチャン!」の視聴率は目下、2~3%台を推移。

    14年3月にスタートして以来、テレビ東京をのぞく民放の同時間帯最下位に甘んじ、一向に上昇の兆しが見えないのだ。


    「ライバルの『めざましテレビ』(フジテレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)、『ZIP!』(日本テレビ系)が8~10%台で鎬(しのぎ)を削る中、勝負の土俵にも上がれずにいる。
    今年1月から放送時間が約30分短縮され、出演者やスタッフがリニューアルされましたが、数字は微動だにしていません」(TBS関係者)

     
    昨年11月の定例会見で、TBSの佐々木卓社長は「あさチャン!」を含むノンプライム帯の厳しい現状に触れ、「より多くのファミリーを意識して見ていただきたいと体質改善している」と話したが、局内には諦念が漂い始めている。


    「今年の2月に入ってすぐ有能なプロデューサーが番組から外されたことも現場の士気を下げる一因に。
    代わりに戻ってきたのが、かつて元局アナの宇垣美里に降板を一方的に伝え、彼女を激怒させたプロデューサー。
    スタッフはいつリストラされるのかとビクビクしている」(同前)

     
    もっとも「あさチャン!」の打ち切りが取り沙汰されるのは初めてではない。

    「むしろ結果を出さずに6年近く続けられたことの方が奇跡。
    実は、その裏には平成最大のヒットドラマ『半沢直樹』の影響があったのです」(別の社員)

     
    今年4月期にTBS系で続編が放送されることが決まっている「半沢直樹」。

     
    13年のシリーズ第1作では、最終回の視聴率が42%を超え、決めゼリフの「倍返しだ!」はその年の流行語大賞にも選ばれた。

    夏目は、主演の堺雅人と同じ田辺エージェンシーの所属タレントだ。

    「『半沢』の劇中にポスターのモデルとして登場したこともある。
    堺に続編の出演を交渉し続けていたTBSに夏目を降ろす選択肢はなかった。
    TBSと夏目の契約は、6年目を終える来年3月あたりで番組が終了する可能性が高い」(同前)

     
    16年に「週刊文春」の取材に、夏目の父はこう語っていた。

    「早く(仕事を)やめた方がいい。
    親としてはあまりチャラチャラした世界にはいない方がいいかなと思っています」

    所長見解:見ないよな・・・
    【【悲報】夏目三久さん、大号泣の悲しすぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月13日発売の「週刊文春」で、昨年末の忘年会で号泣していたことが報じられた、フリーアナウンサーの夏目三久。


    記事によれば、都内で行われた、自身がメインキャスターを務める「あさチャン!」(TBS系)の大忘年会で、1年を振り返るVTRなどを観た後に挨拶に立った夏目が、涙を流しながら番組の視聴率低迷を詫びたのだという。

    「その泣き方も尋常ではなかったようで、忘年会に参加した社員によれば“しゃくり上げるような嗚咽が響き渡り”といった号泣状態だったとのこと。
    確かに『あさチャン!』の低迷は著しく、いい時でも視聴率は3%そこそこで、今年1月からは放送時間が30分短縮され“いつ打ち切りになってもおかしくない”と方々で報じられている。
    文春では、それでもやめない理由を、夏目と同じ事務所の堺雅人が主演のドラマ『半沢直樹』の続編が今年4月期に放送されることが影響していると指摘しています」(芸能記者)

    そのため来年の3月あたりまで「あさチャン!」を引っ張るとも伝えているのだが、夏目にしてみれば完全に生殺し状態。

    そうした鬱屈した気持ちも、忘年会の涙に込められていたのだろう。

    g

    「ただし夏目は、日本テレビ時代の09年に当時の彼氏との衝撃のペアショットが写真誌に掲載され、結果的に退社に追い込まれた際、救ってくれたのが現在の事務所。
    一部スポーツ紙が報じたものの訂正した有吉弘行との“熱愛”も、本当は事実だったのではないかとの噂もいまだに根強く、二度目のスキャンダルは絶対NGと、過剰なまでに守られ続けている。
    それだけに、現在の苦境も致し方ないといったところでは」(前出・芸能記者)


    昨秋には、「あさチャン!」で登場した姿の“激太り”も視聴者の間で話題となった夏目。

    しばらくは不安定な心情の日々が続きそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2196001/

    所長見解:有吉・・・
    【【スクープ】夏目三久が「忘年会で大号泣」の笑えない理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <テニス:国別対抗戦フェド杯予選・日本-スペイン>◇7日◇スペイン・ムルシア◇シングルス2試合


    世界10位の大坂なおみ(22=日清食品)が、まさかの敗戦だ。

    同78位のサラ・ソリベストルモ(スペイン)に、最後はコート上で泣きながら0-6、3-6のわずか77分でストレートで敗れた。

    日本はエースが相手のNO・2に敗れる最悪の滑り出しとなった。

    対戦は2日間でシングルス4試合、ダブルス1試合の計5試合を戦い、3戦先勝方式だ。

    n


    長い間眠っていた大坂の涙が、またもやコート上で流れ出た。

    0-6、3-5で突然、コート上で泣きだした。

    ベンチに返ろうとする大坂を、土橋登志久代表監督が苦笑いでなだめる始末。

    この1年ほど封印されていた精神的な弱さが、大事な一戦であらわになった。


    苦手の赤土。

    全豪までのハードコートから練習期間の短さ。

    相手の粘り強い守備。

    しかし、それ以前の問題だった。

    なぜか気持ちがわいてこない。

    自分を盛り上げる気力もない。

    全豪3回戦で敗れた時と同様に、ガッツポーズを繰り出すこともほとんどなく、大坂が沈んだ。


    全豪の前哨戦ブリスベン国際で、「今年はすべての試合に全力投球する」と誓った。

    「大舞台に強いと言われているけど、小さな大会でも気持ちを切らさない」。

    その言葉どおり、同大会では準決勝で敗れたが、すべての試合に気迫あふれる試合で戦った。


    しかし、なぜか突然、このようなプレーに陥る。

    全豪3回戦も同じだった。

    「どうしてだか分からない」。

    東京五輪の出場条件だけはクリアしたが、ほとばしる勝利への貪欲は全く消え、そこにはつらさと悲しさだけが満ちていた。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-02071165-nksports-spo


    写真
    https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202002060001093-w500_2.jpg

    所長見解:メンタルね・・・

    【【悲報】テニス・大坂なおみさん、泣き出して完敗ってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ