古市憲寿

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広、自宅公開は「100%NG」 リモート出演も拒否


    n


    中居正広が、23日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で、自宅NGを宣言する一幕があった。

     
    この日は、先週に引き続き社会学者・古市憲寿氏が自宅からリモート出演。

    中居から「(自宅からの出演は)慣れました?」と聞かれると、「本当はスタジオに行きたいです」と本音。

     
    そんな古市氏から「中居さんの家を見たかったですね。
    中居さんちのリモート」と自宅からのリモート出演をお願いされると、彼は「僕んち、NGなんです」ときっぱり拒否。

     
    古市氏が「いやいや、ちょっと見せてくださいよ」と頼み込むも、またもや「おうちは絶対見せないですね。
    その話もチラッと出たことがあったんですけど、もう、これは100%NGですね」と言い渡していた。


    https://www.rbbtoday.com/article/2020/05/23/179250.html 

    所長見解:そらな・・・

    【【これはヤバい】中居正広、自宅公開はwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルス問題を扱った情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏と医療ジャーナリストの伊藤隼也氏が、激しい口調で言い争う場面があった。

    視聴者からはツイッターで、「口論やばすぎ」といった感想が寄せられている。

    f


    ■「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し...

    2020年3月12日朝放送の「とくダネ!」は、WHOによる「パンデミック(世界的な大流行)に相当する」宣言を受け、東京五輪・パラリンピック開催の是非などの問題を取り上げた。

    開催問題について伊藤氏は、グローバルな影響や「日本人が何を共有するか」を考える必要があり、そのためには「現実のリアルなデータが出てこないといけない」として、「無理だったら撤退するのも世界のためになると思っている」と述べた。


    ここで、番組の「スペシャルキャスター」でもある古市氏が、「でも伊藤隼也さんがデータとか言っても、ちょっと何か信じられないのは、なんかインフルエンザワクチンとかにも反対してるじゃないですか」と「インフルエンザワクチン」の話を持ち出し、以降、次のような反論と再反論のやりとりが続いた。


    伊藤氏「僕はインフルエンザワクチンには反対してないです」
      
    古市氏「でも、それは...」
      
    伊藤氏「僕がこういう場でインフルエンザのワクチンに反対してるって言ったことがないので」
      
    古市氏「ツイッターで言ってましたよね?」
      
    伊藤氏「ツイッターでインフルエンザのワクチンに反対してる、とは言ってません」
      
    古市氏「効果がないってことを言ってましたよね?」
      
    伊藤氏「僕がやらないと言ってるだけです」
      
    古市氏「効果がないって言ってましたよね?」
      
    伊藤氏「効果がないとは言ってないです」
      
    古市氏「ちょっと伊藤さんの言うデータ、科学的っていうのは、ちょっと分かんないんですけど...」


    と、ここまで、新型コロナではなく「インフルエンザワクチン」に関するやりとりが繰り広げられた。

    この間、互いに相手の発言が終わるのを待つことなく、発言後半から反論・質問を始めるという、緊迫感のある展開となっていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00000012-jct-soci

    所長見解:おもろいやん・・・
    【【放送事故】古市憲寿氏と伊藤隼也氏の口喧嘩の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

    番組では、国内の感染者数が10日に60人増えて566人となった最新情報を伝えた。


    一方で増加の一因としてPCR検査者数が今月8~9日は110件だったが9日から10日に1314件と増えたことを「冷静にみないといけないです」とスタジオで伊藤利尋アナウンサーが伝えた。


    この現状にコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏は「感染者数ばっかりが問題になりますけど同時に退院者の数もすごい増えていて、今現在だけ見ているとすごく急に悪化したということではないですよね」と指摘した。


    f


    一方で小倉智昭キャスターは「伊藤君は今、検査数が増えたから人数が増えたんだろうっていう風に言ったんだけど、検査するんだって保険適用になったからって、誰でも検査できる状態じゃない。
    疑わしい人が検査しているわけでしょ? 
    疑わしい人がそれだけ増えているってことでしょ」と話すと、

    古市氏が「ただ、それでも検査数全体を増やしても陽性率は、そこまですごい高いわけじゃないですから、市中感染で町中誰でもみたいな、モーニングショーがあおっているみたいなことには多分なっていないと思うんですけど」と指摘した。


    これに小倉氏は「別にあおっているんじゃない。
    数字のトリックにごまかされちゃいけないって思っているんで」とコメントしていた。


    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-03110060-sph-soci

    所長見解:小倉さん・・・

    【【放送事故】「とくダネ!」の放送中に古市憲寿さんと小倉智昭さんが大喧嘩ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日が深夜に放送している『お願い!ランキング』(月~木 深0:50~1:20)の年末スペシャルが決定。

    23日(後11:35~深0:35※一部地域を除く)に放送される『お願い!ランキングSP』では、番組が生んだ人気企画「美食アカデミー」が復活し、スタート当初から同企画をけん引してきた川越達也シェフが3年の沈黙を破って出演。

    この3年間何していたのか? 

    復帰の理由も明かす。

    k


    「美食アカデミー」は、「企業やお店が日々研究・開発している商品やメニューは本当に美味しいのか?」を、美食家たちがそれらの商品の味や見た目、コスパなどを忖度なしでジャッジし、10点満点で採点。

    “本当に美味しい順ランキング”を作成する企画コーナー。

     
    2009年10月にスタートして以来、数々の大手企業や有名チェーン店の商品・メニューをランク付けし、そのお店の売り上げにも大きな影響が及んだ名物企画が3年ぶりに復活。

    3年ぶりに審査員として川越シェフが帰ってくることになったのだ。

     
    自身にとって「美食アカデミー」、そして『お願い!ランキング』は「皆さんに認知してもらった番組」と川越。

    3年ぶりとなる出演はやはり緊張したそうで、「最初の立ち上がり、食べたときの感想など、どんな感じでしゃべっていたかな」と思い出しながら収録は進んでいったという。

     
    「当時はけっこうな頻度で呼んでいただいていたので慣れもありましたが、3年も空くと言葉選びも慎重になりました」と久々の収録を振り返りつつ、「でもシェフという立場ではあるので、商品の良さや、逆に“これはちょっとどうかな”というところは明確にお伝えできるように頑張りました」と手応えを語った。

     
    そんな川越を、今回MCとして迎えたのがアンジャッシュ・渡部建。

    同じく『お願い!ランキング』スタート当初、数々の人気コーナーに出演してきた渡部も感慨ひとしお。

    「3年のブランクがありますがコメント力は大丈夫ですか?」と、愛のあるツッコミも飛び出した。

     
    川越は「現在、長野に住みながら子育てをしつつ、たまにシェフを…。
    このたびレストランのプロデュースを始めました。
    そういった事業も約3年ぶりです」と近況を明かす。

    「3年間は長いようで短かったのですが、腕も舌も落ちていなければいいなあ、と思っています(笑)。
    歳をとると好みも多少変わりますし、生活も変われば好き嫌いなども変化します。
    この3年間は充電期間だったと思っていただければありがたい」と自身にエンジンをかけていた。

     
    今回、審査するのは、大手コンビニエンスチェーンの「2019絶対の自信を持つオススメ商品10品」。

    過去に何度も「美食アカデミー」に登場し、実は川越が最後に出演した回でも審査をしていたこのコンビニチェーンがオススメ商品10品を手に満を持して登場する。

    審査員は、川越のほかに、ショコラティエの斉藤美穂、パティシエの向井聡美。

     
    2019年の大ヒット商品となった「バスチー」の新作「スノーバスチー」、“映える”カップ型スイーツの「CUPKEダブルモンブラン」といったスイーツや、ビーフエキスやトマト、香草などでコクを出した「ビーフの旨味カレーパン」、3月に発売された「フランスパンのフレンチトースト」、北京飯店監修の「酢豚まん」、そして定番商品「からあげクン」の新作「超からあげクン 明太マヨネーズ味」などこん身の商品が続々。

    果たして美食家たちは、どんな商品に高評価を与え、どのような商品に辛口採点を下すのか。

     
    川越は「こういうことを長くやらせてもらっていたなぁ、とかみしめながら10品を堪能しました。
    『あいつ、ブランクあったな』と思われないよう頑張りましたし、皆さんも今回の『美食アカデミー』をご覧になって商品の参考にしていただけたら幸いです」と、コメント。

    川越シェフの辛らつかつストレートな意見や「川越スマイル」に注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000322-oric-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191217-00000322-oric-000-4-view.jpg

    所長見解:古市やん・・・

    【【朗報】川越達也シェフ、3年の沈黙を破り復活ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃が1日放送の『今夜くらべてみました 元日3時間SP』に登場。

    s


    古市憲寿、羽鳥慎一とともに博多贅沢旅の企画コーナーで、実家を購入したと告白した。

    博多のうなぎ店で盛り上がったのは、まずお金の話。

    指原に関してはしばしばお金が話題になりがちだが、自身はお金があるというよりは「今まで10年間活動してきたお金をほとんど使ってないんで貯蓄がある」とコメント。

    「欲しいものも本当にないし」「(旅)にも興味がない」。

    古市が「オーロラみたいとか?」と聞くと、「画像でいい」と回答。

    それに対して古市も「それはわかる。海外旅行行っても画像の方がよかったな」と思うと同意するシーンもあった。

    また、指原ははじめて大きな買い物として実家を買ったと告白。

    逆に「自分で大きな買い物は何?」と聞かれると、やはり「思い当たらない」。

    そして、10代で60歳から10万ずつもらえる保険に入っており「先にボンと払ってこれで10万円もらえるからいいかなって」「なるべく楽して過ごしたいなって思って貯めてるから使えないんだと思う」と自己分析した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15819980/

    所長見解:さすが・・・

    【【衝撃告白】指原莉乃が購入したすごすぎるものがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ