ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    友近

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    またまた、吉本興業に激震か。

    お笑いタレント・友近のパワハラ疑惑を、8月21日発売の「週刊新潮」が報じた。


    事の発端は、友近のマネージャーが吉本興業幹部に宛てた、2通の嘆願書。

    それには〈こんなできへんやつ初めて見たわ〉〈向いてないから辞めろ〉などの友近の暴言が記されてあったという。

    また、説教は深夜に及ぶことも珍しくなく、夜中のメールに返信しないと何度も電話があり、マネージャーは疲れ果てたようだ。


    t


    同誌は友近を直撃。

    本人はマネージャーにキツく当たることがあると認めたものの、パワハラは否定。

    あくまでも仕事をうまく回すため、正義感から発言していると釈明している。

    ただ友近の言動は過去、マネージャー以外に対しても問題となっていた。


    「2017年12月19日配信の『日刊ゲンダイDIGITAL』が、友近にブーイングの声が上がっていることを伝えています。
    仕事に関しては、真面目で几帳面でストイックらしいのですが、要望が細かすぎて、少しでも段取りが違うとキレて収録やロケをやめてしまうことがあると、テレビ局のADが困り果てていたそうです。
    ADに対してもこうですから、身近にいるマネージャーにはもっと強く当たっていても不思議ではありません」(芸能記者)


    マネージャーやADだけでなく、芸能界の大御所・黒柳徹子を怒らせてしまったこともあった。

    「16年1月18日に放送されたトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に友近が出演したときのことでした。
    番組後半、友近は衣装を着替え、“芸歴50年”と称する架空のベテラン演歌歌手・水谷千重子として再登場。
    台本通りだったとはいえ、黒柳は友近が演じる架空のキャラと話すのが嫌だったのか、『面白くないものをお目にかけて皆様に申し訳ない』と言ったり、トークを続ける水谷に『もういいです』と突き放したりと拒絶状態でした。
    このときから、友近と黒柳に“共演NG”の噂が出ています」(前出・芸能記者)


    仕事熱心は大事だが、周囲ともうまくやってほしいものだ


    http://dailynewsonline.jp/article/1974740/

    所長見解:まあな・・・
    【【悲報】人気女性芸人・友近がマネージャーにパワハラの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    形勢は逆転の様相。

    今や加藤、宮迫ら反旗芸人は厳しい状況に追い込まれているというのだ。


    「そもそも経営陣は芸人など小さなコマとしか思っていない。
    番組のパッケージができていれば、たとえ芸人が不祥事を起こしても入れ替えればいいと考えている。
    あの紳助騒動後も『行列のできる法律相談所』(日テレ系)は東野、後藤、宮迫で乗り切れたと自負している」(スポーツ紙デスク)


    8年前に密接交際により芸能界を去った島田紳助(63)までがメディアを通じて宮迫へ「吉本を辞めたらアカン」と後方支援に乗り出したが、当人はどこへ行くのか。

    バラエティー番組の構成作家が打ち明ける。

    「宮迫は会見を開いた時からすでに吉本を出るハラを固めていました。
    紳助ホットラインにより、宮迫の身受け先はさんまの個人事務所。
    反社とのつながりでスポンサー離れが懸念されるが、謹慎が解ければさんまの番組に出ることができます。
    ただ、事務所を辞めるとなれば『アメトーーク!』(テレ朝系)は存続できないでしょう。一方の亮も、宮迫とは『銀座7丁目劇場』で一緒に活動した仲間で結束は固い。
    “宮迫アニキ”に追従する可能性が高い」

    r


    宮迫・亮に続き、加藤、友近まで飛び出せば、いよいよ吉本は崩壊するのだろうか!?

    「いや、事態はむしろ逆です。
    今後、経営陣は会社を非難する芸人を一斉に粛清、“皆殺し”にすることをもくろんでいるのです。
    岡本社長は懇意のメディアにネガティブ情報をリークして潰そうとしている。
    加藤とは会談続行中のはずだが、元マネージャーとの独立計画や『スッキリ』の私物化がすでに記事化された。
    友近を黙らせるためにも、『友近のパワハラでマネージャーが10人も変わっている』との情報が吉本サイドから流された。
    他でもない宮迫に関しては、真偽不明のシャブ使用疑惑の怪情報まで流されている」(構成作家)


    吉本版、非情のライセンスはすでに発動されているという。

    「会社批判をした見せしめとしてスキャンダルをまき散らせば、批判の声など根絶やしにできる。
    もちろん、うかつに追随したノブコブ吉村やハリセンボンの近藤春菜(36)にも飛び火するでしょう。
    当の2人の相方の蛍原と淳は吉本残留です。
    実は、淳は吉本にある恩義があって女絡みのイザコザをうまく処理してくれたのが岡本社長だったんです」(スポーツ紙デスク)


    所属芸人を威嚇する闇パワーが炸裂すれば、お家騒動は無事収まり、お笑い吉本帝国は無事安泰! 

    こんな黒い冗談では視聴者はひきつり笑いしかできないはずだが‥‥。

    http://dailynewsonline.jp/article/1950488/

    所長見解:そうなるやろな・・・
    【【これは怖い】吉本興業を批判した芸人たちが粛清される模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビでは、たくさんの女性お笑い芸人たちが活躍している。
    自身のコンプレックスをネタに笑いをとることも多い女性芸人だが、「意外にかわいい」といわれている女性芸人は多い。
    そこで今回は、30代~40代の男性200人に、最近活躍中の女性お笑い芸人の中で「最も美人だと思うのは誰か?」を聞いてみた。

    まず第4位だったのは、同率でイモトアヤコとお笑いコンビ、にゃんこスターのアンゴラ村長の2人。

    イモトは、人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の珍獣ハンターとして大ブレイク。
    太眉毛にセーラー服という姿で世界中を巡り、過酷なロケになりふりかまわず体を張っているが、実はサラサラの黒髪やシュッとした輪郭など、美人要素も持ち合わせている。
    ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系)や、『ウチの夫は仕事ができない』などで、女優業にも進出。
    ドラマでは、眉毛も整え、『イッテQ』のときとは違う、女性らしい姿を見せていたのが選ばれた理由かもしれない。

    にゃんこスターは2017年の『キングオブコント』(TBS系)で決勝に進出し、ブレイク。
    小柄な体型に黒髪ボブというヘアスタイルのアンゴラ村長は、美人というよりはかわいい系のルックスで注目を集めた。
    ネタのときのショートパンツをはいて縄跳びを飛んでいた姿に、ネット上では「美脚」との声も上がっており、それも高評価につながったようだ。


    第3位には、いとうあさこがランクイン。
    明るいキャラで、体を張った企画に挑戦している姿が印象的ないとう。
    実は祖父、父、兄が東大出身というインテリ一家のお嬢様育ちで、バラエティ番組での発言にも、ときおり品の良さが感じられる。


    続いて、第2位は鳥居みゆき。
    ハイテンションで手を振りながら、「ヒットエンドラーン!」と叫ぶネタでブレイクした鳥居も、最近はドラマや映画などで女優業をこなすこともある。
    鳥居は、エキセントリックな芸風で、バラエティなどのトークでも、かなり個性的な性格を披露しているが、高い鼻と大きな目の美人。
    さらに身長170センチ、手足の長いモデル体型を見れば、この順位にも納得だ。

    m


    そして第1位は、友近。
    さまざまな人物を描写する“一人コント”が持ちネタ。
    宅配ピザのおじさんや、演歌歌手の水谷千重子など、コミカルな人物を演じることが多いが、ふだんの友近は、落ち着いた雰囲気の、目鼻立ちがハッキリした美人。
    大人の女性らしい美しさが、トップに輝いた理由だろう。

    今回のアンケートでは、ネタのときのキャラと、ふだんとのギャップがある女性芸人に軍配が上がったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1522841/?page=2
    日刊大衆


    所長見解:そうかな・・・

    【【鳥居みゆきは第2位】「美人だと思う女性芸人」第1位がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、友近が、12月11日に決勝が行われる「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)の迷走ぶりを指摘した。

    t


    番組では、ゲストの友近が爆笑問題のふたりとトークを繰り広げた。
    その中で太田光が友近に「THE W」に出場するのかと質問した。すると友近は「これがね、いろいろありましてね」と、山田邦子の辞退以外にも問題があると語り始めたのだ。

    友近はまず、今テレビでネタをメインにやっている女芸人が少ないことを挙げる。
    そのため「THE W」に出る芸人は少ないだろうと予想していたそうで、実際「蓋を開けたら、やっぱり本当に出ない、誰も」「こんなに出ないか!」という状況だったとか。
    友近は主催の日本テレビ側も「ひっくり返ってると思う」と推測していた。

    「THE W」には、近年ブレークを果たしている平野ノラやブルゾンちえみは出ない。
    一方で、2日に紫綬褒章の受章が発表された宮川大助・花子の花子がトリオグループで出場するほか、大ベテランのミヤ蝶美・蝶子、そして友近自身も出場する。

    こうした状況に友近は「これだけは言わせてほしい」と力を込め、「出る人もいない」「大御所にも(出場料の)2000円を払わせる」「コンセプトもはっきり決まってない」と「THE W」を批判。
    続けて「本当の『Wの悲劇』にならんように」と薬師丸ひろ子の主演映画にかけてコメントし、爆笑問題らを大笑いさせていた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13861209/ 


    所長見解:おもしろくなさそうだよね・・・
    【【女芸人杯】友近が「女芸人No.1決定戦 THE W」の迷走を指摘ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ