ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    卒業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。

    今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた。

    今泉の実兄が証言する。

    「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。
    ただ、その平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人が問題だった。
    妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)

    イジメの主犯格はA子~E子の5人。

    今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。

    同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。

    今泉は親友にLINEで相談をしていたが、イジメが顕著になったのはファーストアルバムで今泉がソロ曲を与えられてからだった(2017年7月リリース「真っ白なものは汚したくなる」)。

    体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。

    ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。

    「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。
    『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。
    シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。
    ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」(同前)

    今泉は自殺を考えることもあったという。

    心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された。

    結果、今泉は卒業を決意。

    だが、運営側はイジメの事実隠蔽に血道を上げ、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたという。

    「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。
    佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者)

    4月9日、今泉本人を直撃したところ、「イジメがあった?」との質問に「すみません」を繰り返し、言葉少なに立ち去った。

    イジメは別の人気メンバーにも波及するなど、”第2のNGT事件”の様相を呈している。

    i


    4月8日、グループの実質的な運営トップである秋元康氏を直撃した。

    ――欅坂でイジメがあった?

    秋元「いや、それは聞いてないです」

    ――聞いていない?

    秋元「はい」

    欅坂運営や今泉の所属事務所に取材を申し込んだが、期日までに回答は得られなかった。

    グループ内の危うい人間関係や、臭いものに蓋をするような運営の対応、5人のメンバーによるイジメの陰湿な手口などは「 週刊文春デジタル 」の オリジナル記事 で詳報する。

    今泉や秋元氏の直撃取材の模様を収めた関連動画も公開する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00011490-bunshun-ent

    所長見解:あるんやろね・・・
    【【自殺未遂】欅坂46・今泉佑唯の卒業はメンバーの陰湿すぎるイジメの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今月いっぱいで『HKT48』を卒業する指原莉乃が、『AKB48』として『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。

    最新曲『ジワるDAYS』を披露したが、視聴者はその歌唱力にズッコケてしまった。

    同曲は3月13日に発売されたシングルで、指原にとっては48グループ最後の作品となる記念作。

    タイプAと劇場版のジャケットには指原1人が掲載され、ミュージックビデオの背景には、指原がこれまで着用した衣装の数々が飾られている。

    歌詞は新たな旅立ちや別れが歌われた卒業ソングで、シングルはどこまでも指原の卒業を祝う作品に。

    この日の「Mステ」も過去映像やトークで華々しい卒業を演出したが、指原は鼻を詰まらせたようなかすれ声でトークを繰り広げていく。

    s


    鼻声で音程を外しまくり視聴者ズッコケ

    番組後半にはいよいよ楽曲披露へと入り、バックにはミュージックビデオ同様に指原の歴代衣装がズラリ。

    花道を飾る準備が万端の中、歌い出しは指原のソロで始まったが、何やら高音のパートを出しづらそうな歌い方をしている。

    続くAメロも指原のソロパートで始まるのだが、指原は音程を細かく上下させる不安定さを見せ、声は若干かすれている上に声量が足りない〝ウィスパーボイス〟に。

    記念すべき舞台で思わぬ醜態をさらしてしまい、ネット上には、

    《指原の歌ヘタくそ過ぎて心臓止まるかと思った》
    《最初のソロ声出てないじゃん》
    《キー合ってないんじゃないの?》
    《指原の歌初めて今聞いたけどこんな下手なの?www》
    《指原顔も気になるけど歌もヘッタやな(笑)》
    《Mステの指原が歌ヘタ過ぎて笑った》
    《最後で失敗できないんだからいつもみたいに口パク音声流してもらえばいいのに…》

    などといった声が続出した。

    ある時期を境に「鼻が明らかに高くなった」と疑惑が向けられた指原だが、最後の「Mステ」も鼻声にやられるとは何とも皮肉である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1759222/

    所長見解:そんなもんやん・・・
    【【検証動画】指原莉乃の「生歌」がヘタ過ぎて放送事故www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月末に卒業するHKT48指原莉乃が、ツインテール姿の自身のショットを公開。

    「公演がなくなったらさすがにすることもないかな。笑」などとコメントすると、ファンから「元気出た!」などと反響が寄せられた。

    s


    3月31日に自身のツイッターを更新した指原。

    「ツインテール」と書き出し、「公演がなくなったらさすがにすることもないかな。笑 みくりんがたくさん褒めてくれました」と続けた。

    あわせて画像をアップしている指原。

    コメントのとおり茶色の髪が両サイドで束ねられたツインテールになっている。

    ピースサインを作ったショットや、ややぶれているが笑顔のショット。

    HKT48田中美久との2ショットもある。

    このショットにファンから続々と反響が挙がり、公開からわずか1時間ほどで「いいね」の数は1万2千件を突破。

    田中も指原のツイートに返信し、「本当に可愛い!! 胸が苦しくなる 可愛すぎて反則」と絶賛した。

    ファンは

    「ツインテール可愛すぎて倒れそう!」
    「可愛すぎ 元気出た!」
    「莉乃ちゃんのツインテールは本当にかわいい。世界で一番かわいい。マジで」

    などと称賛し、なかには

    「ツインテールももう見納めか…」
    「今後もツインテールしてほしいなぁ~」

    と惜しむ声も見られる。


    指原はまた、「AKBの特別公演と、最後の劇場も発表されました! 楽しみです」ともコメントしている。

    同日、指原の卒業公演の日程が発表され、4月9日には東京・秋葉原のAKB劇場において、異例ともなる午前0時にスタートすることを発表。

    同13日午後5時からは福岡市のパピヨン24ガスホールで卒業公演をおこなう。


    ファンは

    「卒業公演も決まっていよいよほんとにさみしいな」
    「最終公演、何としてでも行きたい」
    「最後の公演だけでも行きたいなー。。当たりますように」

    などのツイートを寄せている。


    指原莉乃がツインテールショット公開

    画像①
     
    HKT48田中美久と指原莉乃

    画像②


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00010009-musicv-ent 

    所長見解:卒業か・・・

    【【永久保存】HKT48・指原莉乃、現役最後の○○姿がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ・乃木坂46の卒業ラッシュが止まらない。

    今年に入り2月に衛藤美彩が卒業を発表すると、今月は伊藤かりんが22日、斉藤優里が25日、立て続けに卒業を発表した。

    衛藤は本日31日の全国握手会をもって乃木坂46としての活動を終える。

    昨年は西野七瀬、川後陽菜、能條愛未、若月佑美、相楽伊織、斎藤ちはる、生駒里奈、川村真洋の8名が卒業した。

    s


    国民的人気グループにも関わらず、卒業が続くのはなぜか? 

    詳しい人物が語る。

    アイドルとの関りも深い音楽プロデューサーの田辺恵二氏は、「考えられるのはアイドルとしての『セカンド・キャリア』という問題です」と話す。

    「これは2つあって、深川麻衣さんのように中心メンバーではなかった人たちが卒業後に活躍する姿を見て可能性を感じ、芸能界でやっていけるという実例を見ての卒業。
    もう1つは、引退して人生をやり直すなら早いほうがいい、と考えての卒業です」。

    いずれにしても、大人数グループの中の一人として埋もれてしまうなら…という危惧が根底にあると思われる。

    斉藤優里は卒業の理由について、自身のブログで、「25歳という節目になる年齢で 自分の人生を考えたりする機会が多くなり、そしてグループの将来を思った時に 私が後輩に見せられるものは全て出し切ったかなと感じ決断しました」と説明している。

    都内で複数のアイドルグループに長年携わってきた男性プロデューサーは、最近のアイドル界の全般的傾向として、自分でキャリアの節目を設定するアイドルが増えたと指摘する。

    「ソロアイドル主流の頃は、プロダクションが少数のアイドルにお金や時間、人員(スタッフ)といったコストを集中的にかけて売り出す。
    売れた者がスターになり、アイドルと呼ばれた。
    狭き門ではありましたが、いったん世間に名前が出ればやめることはなかなか考えにくかったんです。
    マネージャーはじめスタッフもつきっきりですから、余計なことを考える暇さえなかった。
    ですがグループアイドル主流になってからは、裾野が広がったのは良いとしても、アイドルになる側にも『このグループでの活動はこの辺でいいか』と、割り切りが出てきたんですよね。
    乃木坂46の卒業ラッシュも、こうした芸能界の変化と無縁ではないと感じています」。

    ほかには、絶対人数の多いグループアイドルならではの難しさもあるという。

    「グループ内での人間関係も無視できません。
    単純に仲が良い、悪い、ということだけではなく、やはり活動しているうちに売れ方にも差が出てしまう。
    アイドル界も、いまや“格差社会”です。
    自分はプロダクションに推されていない、と感じるメンバーは『このまま歳をとったら行く場所がなくなる』と焦りを感じるでしょう」。

    さらに、ごく最近の傾向として芸能エンターテインメントの世界を目指す人たちの変化を感じるという声もある。

    スポーツ紙の芸能担当デスクが話す。

    「先日、専門学校の関係者と話す機会がありましたが、今年の新入生は表舞台を目指す学生の人数が減り、スタッフを目指す学生のほうがあふれている、と言うんです。
    音楽やエンタメは好きだけど、今から頑張ってもあこがれの俳優や歌手と同じ表舞台に立つのは無理そうだと。
    だけど、自分が好きな環境では働きたいと。
    アイドル活動そのものに対する流れが変わってくる中、グループへの帰属意識も希薄になるのは仕方ないことでは」。

    乃木坂46のような人気グループから卒業生が続々と出るというのは、ひょっとしたら芸能界自体が新時代を迎えているということなのかもしれない

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00063757-crankinn-ent

    所長見解:そんなに辞めるんだ・・・

    【【人気アイドルグループ】乃木坂46、卒業者続出の深刻過ぎる理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『乃木坂46』の西野七瀬に〝前途多難〟説が浮上している。

    彼女は昨年9月にグループからの卒業を発表し、去る2月のコンサートで乃木坂としての全活動を終えたばかり。

    しかし、大成しないとされる『AKB48』卒業組と同じ〝ニオい〟が漂っているとの見方をされているのだ。

    n


    「AKBは〝会いに行けるアイドル〟をコンセプトに専用劇場を持ち、親近感を売り物に結成されました。
    一方、乃木坂もそれほど方向性は変わらないのですが、専用の劇場はなし。
    またAKBグループに対して圧倒的に人数が少なく、美女度は上ということになっています。
    〝選抜総選挙〟には出ないので、必ずしも人気やビジュアルが乃木坂が優位とは言えませんけど」(アイドルライター)

    ただAKB出身が成功しないというのは、もはや定説化している。

    「前田敦子、篠田麻理子、板野友美……しかりです。
    いずれも〝元AKB〟の冠で何とかやっている感じでしょう。
    大看板だった大島優子など、一昨年から昨年まで米国留学。
    10月に帰国会見を行ったのですが、取材陣から『まだいたんだ』の失笑が出る始末でした」(同・ライター)

    もっとも例外もいる。

    AKB時代には目立つ存在ではなかったが、卒業後に大躍進。

    AKB出身で断トツの売れっ子といわれる川栄李奈だ。

    彼女は数多くのCMの他、話題のドラマに何本も出演している。

    「川栄に関しては事務所の力だけではなく、現場からの〝推し〟がやたら強いという話があります。
    AKB選抜総選挙での最高が16位だったことを考えると、ほとんど奇跡的な売れ方ですね」(AKBライター)


    ルックスもトークも微妙な西野

    昨年5月、乃木坂のエース格だった生駒里奈が卒業したが、ソロになってからの活動はパッとしない。

    卒業したばかりの七瀬に関しても、やはり芳しい話は聞こえてこない。

    「生駒もそうですが、西野もビジュアルに関しては賛否両論が激しい。
    彼女は女性ファッション誌の専属モデルというのも売り物でしたが、かと言ってスタイルが抜群というわけでもない。
    考えようによっては、近寄れないような美女でないのがいいのかもしれません。
    それこそ親近感の湧くアイドルです」(同・ライター)

    西野は今年1月よりガールズトーク番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)にMCで出演中。

    「しゃべりはお世辞にもうまくない。
    とにかく語彙、表現力がなくて、ただのお姉さん。
    番組にはフリーアナの田中みな実、変な日本語の滝沢カレンが共演していますが、元アナウンサーのみな実は当然として、あのカレンと比べてもしゃべりが心もとない。
    4月からは日本テレビのドラマに出ますが、これは企画が秋元康氏です。
    何だか先が見えた感じですね」(同)

    乃木坂出身も大成しないのか!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1727914/

    所長見解:そうやね・・・
    【【これはヤバい】西野七瀬に早くも乃木坂卒業失敗説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ