ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    卒業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月11日(火)放送の「ロンドンハーツ」(毎週火曜夜11:20-0:20ほか、テレビ朝日系)に、元AKB48のメンバー25人が出演。

    「もう一度芸能界で一花咲かせたい!」と願う彼女たちが、非公認運動会で競い合う。

    華々しくAKB48を卒業して、今なお活躍する元メンバーの陰で、全くテレビに出られず、世間から忘れられた人たちがいるのも事実。

    11日の同番組では、そんな元AKB48のメンバー25人に“再浮上”のきっかけを与えるべく、熱いバトルを展開する。

    b


    種目は「50m走」「上体反らし」「水中息止め」だが、成績上位者かアピール上手な人が次の種目に進出するサバイバル形式となる。

    総合優勝はもちろん、最後の種目にまで勝ち上がろうと全員が必死のアピール合戦を繰り広げる。

    現在は女優として活動しているが、卒業後はオイルのエステで働いているとカミングアウトしたメンバーも。

    田村淳から「鼠蹊(そけい)部は?」の質問に「やります、やります」と即答してしまい、以降はマッサージでいじられキャラに。

    また、AKB48に入ってすぐセンターの曲をもらい、連ドラの主演も務めたという元メンバーは、次世代のエースとして期待されていたものの、「『ある理由』で辞めたらこうなりました」とのこと。

    やめて7、8kgも太ったそうだが、その“ある理由”とは…。

    さらに「私、〇〇してます。現在も」とカミングアウトし、全員が騒然となったメンバーも。

    そのカミングアウトとは何なのか、全ては「元AKBだらけの非公認運動会」で明らかになる。


    浦野一美、大江朝美、戸島花、平嶋夏海、今井優、大堀恵、小林香菜、松原夏海、片山陽加、田名部生来、中田ちさと、内田眞由美、小原春香、前田亜美、松井咲子、永尾まりや、
    小嶋菜月、森川彩香、岡田彩花、西野未姫、橋本耀、前田美月、飯野雅、大和田南那、近藤萌恵里

    https://thetv.jp/news/detail/192789/

    お待ちかね! 胸元ざっくりの服装で上体反らしも
    http://wws.tv-asahi.co.jp/londonhearts/next/1207/edc3770ca62abad4a5eef5e2b46e623a.jpg

    所長見解:ほとんど・・・

    【【あの人は今】世間から忘れられた「元AKB48メンバー」25人が大運動会ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NGTメンバー、山口真帆を批判? 

    真偽不明の「インスタスクショ」が拡散


    アイドルグループ「NGT48」を卒業した山口真帆さん(23)に対し、同グループのメンバーが批判ともとれる投稿をしたスクリーンショットが拡散している。

    真偽は不明ながら、ファンの間で物議を醸している。


    n


    ■「あまりにも軽率すぎる」

    拡散されたスクリーンショットには、左上にNGTチームNIII元キャプテンの加藤美南さん(20)のインスタグラムIDが記されている。

    画像を見ると、インスタグラムの24時間で消える「ストーリー」機能を使った投稿のようで、個室のような場所にあるテレビ画面が映されている。

    投稿は動画形式とみられ、ネット上では35秒、50秒時点の2種類のスクリーンショットが拡散されている。

    テレビでは、2019年5月18日に行われた山口さんの卒業公演を紹介しており、投稿には「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」とショックを受けた顔文字とともにコメントが書き込まれている。

    テレビ画面には「(午後)2時35分」との時間表示とともに「NGT48 山口真帆 "最後のステージ"」とのテロップがある。

    J-CASTニュース編集部で確認すると、5月20日の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の放送だとみられる。

    加藤さんのインスタグラムでは現在、同様の投稿は確認できないが、本人によるものと判断したファンの間では「何でこういうことを言えるのかね?」「あまりにも軽率すぎる」と衝撃が走った。

    一方、仮に事実だとしても、チャンネルを変えて欲しいのは「悲しい気持ちになるから」と解釈する人や、スクリーンショットはねつ造の可能性があると警鐘を鳴らす人もいる。



    拡散された2種類のスクリーンショット

    画像①


    J-CASTニュース 
    https://www.j-cast.com/2019/05/20357891.html 

    所長見解:もうあれやね・・・

    【【これはヤバい】NGTメンバー、山口真帆を批判の「インスタスクショ」が拡散の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関ジャニ∞錦戸亮の“退所報道”以降、ジャニーズ事務所のアイドルの造反の動きは沈静化したかにみえる。

    しかし、水面下ではまだ火種がくすぶり続けているようだ。

    「TOKIO」山口達也の退所、関ジャニ∞渋谷すばるのグループ脱退、タッキー&翼のユニット解散、そして「嵐」の活動休止宣言……。

    これだけで十分に衝撃的なのに、まだ“続き”がありそうなのだ。

    そのひとつとしてウワサされているのが「Hey!Say!JUMP」のメンバー・中島裕翔(25)の“グループ脱退”の動きだ。

    n


    「Hey!――」は今から12年前の2007年9月に結成された。

    その中で圧倒的な存在感を放ってきたのが中島だ。

    事務所内での評価も高く、“ポスト岡田准一”“ポスト木村拓哉”の呼び声も高い。

    昨年は連続ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で織田裕二の相棒役を務め、そのひとつ前のクールでは松本潤主演のドラマ「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で特別ゲストとして出演した。

    そんな中島は数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしているという。

    にわかに信じがたいウワサではあるが、あえて中島の“脱退説”に立って見れば「なるほど、そうかもしれない」と思えるようなこともある。

    「Hey!――」は12年前の結成時メンバーだった森本龍太郎が未成年喫煙を原因にグループを脱退し、その後、事務所も退所した。

    同じく岡本圭人も海外留学を理由に18年9月から芸能活動を休止している。

    正当な理由があれば、中島が脱退したとしても決して不思議ではない。

    前出の俳優仲間とは別の周辺人物からは、中島について、さらにこんな話も漏れてきた。

    「中島はグループとしての音楽活動には早い段階から見切りをつけていたようです。
    彼にとってショックだったのは、“センターは裕翔!”と指名されてグループ活動をスタートしたのに、途中から丁寧な説明もなしにセンターを山田涼介に取って代わられたことだといいます」

    さらには16年4月に20歳年上の女優・吉田羊が中島を自宅に連れ込んだ“7連泊愛”が報じられことも中島にとって痛手となった。

    その後、2人は関係を解消したとされているが、あれから3年が経った今年に入っても、“結婚強行か”と報じるメディアもあった。

    “20歳差交際”の報道がいまだに尾を引いているのは間違いない。

    恐らく、中島と事務所との間にも目には見えない“シコリ”が残っているはずだ。

    「Hey!――」は今月22日にグループにとっては24枚目のCD「Lucky―Unlucky/Oh! my darling」を発売する。

    そして間もなく、中島は事務所と9月の契約更改に向けて話し合いを行う。

    中島は“自分の希望が受け入れてもらえないなら退所も考えている”と友人たちに漏らしているようだが、果たしてどんな話し合いが行われるのか。

    中島の動向から、しばらく目が離せない。


    画像▼
    https://hungerfordroad.com/wp-content/uploads/2018/12/181205-901.jpg

    https://jmania.jp/wp-content/uploads/2016/09/heysaynakajima_l.jpg


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/253719


    所長見解:もうね・・・

    【【ジャニーズ問題】「Hey!Say!JUMP」中島裕翔が脱退の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NGT48山口真帆、卒業発表「このグループに変わってほしかった」【コメント全文】

    新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48のチームGが21日、NGT48劇場で『逆上がり』千秋楽公演を迎え、暴行被害を受けた山口真帆(23)が101日ぶりに公演に出演。
    アンコールで歌い終わると、グループからの卒業を発表した。

    s


    山口が読み上げたコメント全文は以下の通り。
    --------------------------------

    私、山口真帆はNGT48を卒業します。
    今日はちゃんと紙に書いてきたので、皆さんへ今まで黙っていた思いを言いたいと思います。

    私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。
    だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした。

    事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

    目をそらしてはいけない問題に対して、「そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない」というのが、このグループの答えでした。
    だけど、この環境を変えなければまた同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことはほんの僅かなことでした。

    私には人の命より大切なものがなにか分かりません。
    大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています。

    そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、(長谷川)玲奈と、(菅原)りこと、もふ(村雲颯香)でした。
    みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。
    今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません。
    ファンの皆様には、本当に申し訳ないと思っております。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000353-oric-ent


    動画①


    NGT48 「山口真帆」卒業 20190421

    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    所長見解:闇やね・・・
    【【事件被害者】山口真帆さん、NGT48を卒業させられた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月13日に「 週刊文春デジタル 」が報じた 欅坂46のイジメ事件 で、元メンバー・今泉佑唯(20)の脱退理由が他の複数メンバーからのイジメにあり、主犯格は、同グループの中心メンバー・平手友梨奈(17)を崇拝するA子~E子の5人だったことが波紋を広げている。

    k


    今泉が昨年11月にグループを卒業する際、卒業セレモニーを兼ねた握手会が開催されたが、
    メンバーが卒業する際にプレゼントされるのが通例だという花や手紙は今泉には贈呈されなかった。

    メンバー全員と集まったファンたちで撮った集合写真のみが、今泉への卒業の記念品となった。

    今泉の近親者はこう証言する。

    「撮影の際、A子はなかなか写ろうとせず、B子は佑唯と距離を取り、鬼の形相でカメラを睨み付けているのです」

    イジメが始まった当初から、今泉は運営会社「Seed & Flower」代表の今野義雄氏に相談をしていた。

    にもかかわらず、今野氏はなかなか対応にあたらなかった。

    4月15日、今野氏を電話で直撃したが、「広報を通してください」の一点張り。

    質問状を送ったが期日までに回答はなかった。

    4月18日(木)発売の「週刊文春」では、根本的なイジメの問題には目を向けず、卒業を涙の美談に仕立て上げることを当の今泉にも強要した、運営の問題体質などについて詳報している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190417-00011523-bunshun-ent

    【写真】問題の卒業記念集合写真
    https://bunshun.jp/articles/photo/11523?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink&pn=2

    所長見解:わかりづらい・・・

    【【これはひどい】 元欅坂・今泉佑唯イジメ事件 主犯格グループが睨み付ける「卒業写真」 がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ