卒業

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所長見解:内部やん・・・
    【【流出】欅坂46さん、半年前にボロボロの内情をリークされていた件wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平手友梨奈「欅坂46」電撃脱退の真相 孤立呼んだ前代未聞の衝撃事件


    人気アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈(18)が23日、グループから電撃脱退した。

    デビューシングルから最新シングルまでの8作すべてでセンターを務めてきた絶対的エースが、なぜ卒業ではなく脱退なのか? 

    取材を進めていくうちに判明したのは、強すぎるこだわりが招いた前代未聞のある“事件”だ。

    以来、孤独な存在となった平手は、自ら「卒業」ではなく、あえて「脱退」を選んだという。

    その出来事とはいったい――。

     
    人気グループに衝撃が走った。

    23日午後9時前、公式サイトで平手のグループからの脱退が電撃発表された。

    また、織田奈那、鈴本美愉の2人が卒業し、佐藤詩織が活動休止することも併せて発表となった。

     
    平手はその後、同日放送のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)に出演。

    脱退について「先ほど、ホームページで発表がありましたが、欅坂46を離れることになりました」と報告。

    さらに「今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話させていただこうと思います」と脱退の理由を明らかにはしなかった。

     
    欅坂46は2015年に結成され、翌16年4月に1stシングル「サイレントマジョリティー」でデビュー。

    その年にNHK紅白歌合戦に初出場し、昨年末には4年連続4回目の出場を果たした。

     
    昨年9月には初の東京ドーム公演を成功させ、グループ全盛期といえる今、突然のエースの“脱退”。

    関係者によれば「平手本人の希望」だという。

    「脱退は卒業よりもマイナスに取られがちな言葉。
    平手自身がグループに迷惑をかけていると責任を感じたからこそ、この言葉にこだわったのでしょう。
    グループが全盛期を迎える中で、シングルは昨年2月からほぼ1年間もリリースなし。
    平手はこれまで心身ともに浮き沈みがあり、たびたび休養に入らざるを得なかった。
    センターに平手を据えるシングルの制作は、前に進むことができなかった」(芸能プロ関係者)


    乃木坂46、日向坂46と違って、欅坂46は“笑わないアイドルグループ”として世間に認知され、メッセージ性が強い歌詞、激しいパフォーマンスを披露。

    唯一無二の魅力で熱狂的なファンを獲得していった。

    その楽曲を最も体現していたのがセンター・平手だ。

    「それはまるで自分が楽曲に乗り移ってるかのよう。
    平手もこだわりが強く、特に昨年の紅白で披露した代表曲『不協和音』では、全身全霊を込めてパフォーマンスするため、歌うと心身の調子を崩してしまうほどで、しばらく“禁曲”となっていました」(前同)

     
    憑依体質といわれることからも“表現者”としての資質は高く、ある芸能プロ幹部は「将来は大女優になる可能性を秘めている」と指摘する。

    しかし、いつしか孤独な存在に…。

    ある日、こんな“事件”があったという。

    「欅坂46のイメージを誰よりも大切にしていた平手は、ある撮影現場でのセットや全体のイメージが自分が考えていたのと違ったため、『これでは欅坂46のイメージが壊れてしまう』などと訴え、一旦、流れてしまうことがあった。
    そこには他のメンバーも大勢いましたが、あっけにとられていましたよ。
    もちろんスタッフも頭を抱えていました。
    大人の言いなりになることが多い未成年アイドルのなかでは、前代未聞の行動です。
    そんな平手の強いこだわりを理解するメンバーがいる一方、乃木坂46のようなアイドル
    を目指していた者もいて、グループは一枚岩ではなかった」(広告代理店関係者)

     
    秋元康総合プロデューサーにさえ一歩も引かず、意見を戦わせることもあったという。(以下略)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17711271/


    平手友梨奈(18)

    no title

    所長見解:そうやったんや・・・
    【【脱退】欅坂46・平手友梨奈さん(18)「このセットでは欅坂46のイメージが壊れる」← 撮影中止にwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月23日、欅坂46の平手友梨奈(18)がグループを脱退することが公式サイトで発表された。

    同じくメンバーの織田奈那(21)と鈴本美愉(22)も卒業することが明かされているが、理由や時期については明言されていなかった。

    圧倒的な表現力とパフォーマンスでファンから“てち”の愛称で親しまれていた平手。

    それだけにTwitterではファンも悲喜こもごも。

    《突然過ぎて上手く言葉にできないけど、お疲れ様でした。
    最年少で全シングルセンター 理不尽に叩かれることもあって絶対辛かったと思うのにそれでもステージに立ち続けてくれてありがとう。
    支えてくれてありがとう、てちがいたから頑張ろうって思えてたよ てちには感謝しかないよ》

    《てちもん、もっと見たかった、、、、じわじわつらい、、、、、、、つらい、、、》


    突然の脱退発表となった平手。

    しかし、本誌は彼女の“異変”を目撃していた。

    k


    それは昨年の大晦日に開催された『第70回NHK紅白歌合戦』のリハーサルでのこと。

    18年の紅白はケガにより欠場し、2年ぶりの出場となった平手。

    他のメンバーより少し遅れて舞台に登場したが、その顔には憔悴の色が浮かんでいた。

    披露する「不協和音」のフォーメーションやダンスの確認も、笑顔を見せることなく疲れ切った表情で淡々と進めていく。

    メンバーから立ち位置を指摘され、「こっちか……」と力なく漏らす場面も。


    さらにファンにはおなじみの決め台詞「僕は嫌だ!」も普段の鬼気迫る力強さはなく、か細い声で発していた。

    そんな満身創痍な平手を目撃した記者席からは「大丈夫なのか……?」「休ませたほうがいいのでは?」といった声が飛び交い、騒然としていた。


    果たして平手は今、何を思っているのだろうか――。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17708764/
    女性自身

    所長見解:もうね・・・

    【【脱退発表】欅坂46・平手友梨奈が紅白で見せていた異変がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    乃木坂46の顔白石麻衣が卒業発表「活動は残り数か月」


    人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(27)がグループから卒業することが7日、発表された。

    日程は未定だが、3月25日発売が決定した25thシングル(タイトル未定)の活動終了をもって卒業する。

    n

     
    公式サイトでは「白石麻衣ですが、3月25日(水)に発売となる25thシングルの活動をもちまして、乃木坂46から卒業することになりました。
    正式な卒業の日程等は、決まり次第お知らせさせていただきます」と報告。

    「乃木坂46での活動は残り数か月となりますが、引き続き白石麻衣の応援のほど、よろしくお願い致します」とした。


    https://www.oricon.co.jp/news/2152652/amp/ 

    所長見解:ついにか・・・

    【【悲報】乃木坂46終了の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『乃木坂46』の白石麻衣(27)が、ついに近くの卒業をしないことを決めたという。

    その理由は『AKB48』の柏木由紀(28)の発言だ。

    柏木は11月、音楽番組で『30歳までメンバーとして活動します』と決意表明。

    さらに『私はAKBとアイドルが大好きなので、30歳までAKBを卒業しません』と当面辞める気がないことをダメ押し宣言したのだ。

    「これは宣言した柏木の勝ち。
    というのは彼女、AKBが好き、30歳までやる、というダブルの仕掛けを作った。
    つまりAKBが好きだから30歳は通過点とも取れます。
    30歳で辞めるとも言っていないし、そのままいることは可能」(AKBライター)

    s


    これに歯ぎしりしているのが乃木坂の白石だ。

    白石も心ひそかにAKBグループの最年長をねらっているとされてきた。

    「歴代の最年長は小嶋陽菜の29歳の誕生日までとなっています。
    柏木はあと7か月で29歳。
    白石は1年8か月で29歳。
    普通、追う相手が動向見て決めるはず。
    でも白石は、柏木を追って進退を決める余裕はないんです」(前出・AKBライター)

    というのも白石は25歳のときに各種バラエティ番組で「卒業を考えています」と意味深発言。

    近い将来、卒業をすると考えられてきた。

    しかし、最近は卒業話どころか、在籍に対して封印。

    まったく展望が読めない。


    「柏木に30歳までいると宣言され、白石は『柏木のヤツ~』と激怒したそう。
    柏木は今後、のんびりと30歳過ぎまで活動できる。
    一方25歳のときに卒業宣言して批判を集めている白石は“居にくい”のです」(前出・AKBライター)


    しかし、そんな不利な白石に、本サイトは「新情報」を入手。

    白石は「彼女がいるなら、私も辞めないから」「31歳までいる!」と豪語したというのだ。

    このところ、白石は卒業に関してはダンマリ。

    なにもいわず残ることが得策だからです。

    でも白石は柏木の『30歳までやる』発言に怒りメラメラ。

    『柏木を1日でも抜く』と息巻いています。


    年長の柏木は、白石が諦めるまでいればいい。

    “30歳発言”は、1歳下の白石にはプレッシャー。

    でも、仮に柏木が卒業を発表した場合、その日より白石が1日長くいればAKBグループの記録として残る。

    白石は『柏木を抜くまで辞めない』 『セクシー写真見せても粘る』と堂々の挑戦状を叩きつけてきたのです」(乃木坂ライター)


    それにしても若さが売り物のアイドルは、なぜ高年齢にこだわるかのか。

    「小嶋を見れば一目瞭然。
    いまでもAKB最年長記録で名前は残っているし、『レジェンド・小嶋』の冠までついています。
    結局、記録は作った者が勝ち。
    スポーツ記録と同じです。
    柏木と白石も超人気者だし、絶対小嶋を抜き名前を残したい」(前出・乃木坂ライター)


    https://k-knuckles.jp/1/9463/2/ 

    所長見解:もうええよな・・・
    【【不仲】乃木坂・白石麻衣がAKB・柏木由紀に激怒の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ