千原ジュニア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月8日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、若槻千夏が千原ジュニアとの「ご近所トラブル」で引っ越したことを明かした。

     
    東京都渋谷区に住む若槻だが、住んだマンションが偶然、千原ジュニアと一緒だった。

    当時、大きめのアメリカ車に乗っていた若槻は、駐車場も隣り。

    そして、駐車する際、若槻の車がかなり後方まで下がらないと、ジュニアの車がスムーズに出られないような位置関係だったという。

     
    若槻はエレベーターなどで千原と会うたび、「もうちょっと後ろ下がってくれたら助かるわ」と言われることになり、「それがストレスで引っ越しました」と明かした。


    g

     
    ジュニアは、2011年7月7日放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)で、若槻とたまたま同じマンションに住んでいたときに、付き合っていると勘違いされて、週刊誌に追いかけられたことがあると語っていた。

     
    セキュリティのしっかりした物件を求めるため、一緒になることが多い芸能人。

    そこでは知られざるご近所付き合いがあるのだ。

    所長見解:そうなんか・・・

    【【不仲】若槻千夏、千原ジュニアとの「ご近所トラブル」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア(45)が7日放送の関西テレビ「おかべろ」(午後2・27~)に出演。

    ナインティナイン・岡村隆史(49)と約30年間共演NGとなっていた理由を語った。

     
    2人はジュニアが吉本総合芸能学院(NSC)8期、岡村が9期と、ほぼ同じながら、「会うの3回目くらい、仕事も2回目くらい」(ジュニア)だという。

    この日から2代目店長に就任した「NON STYLE」石田明(39)から「共演NGですよね?」と聞かれた岡村は「NGちゃうよ。NGじゃないけど、オレがずっとびびってんねん」と明かした。

    k

     
    デビュー当時、ジュニアは“ジャックナイフ”と呼ばれており、映像を見た岡村も「見てて怖くなってくる。劇場に来るときもサングラスかけてマフィアみたいに…」と回想したが、“共演NG”となった発端は芸人たちがよく集まるレゲエのクラブでの出来事だった。

    2階にいた岡村が、1階のフロアでぶち切れるジュニアを目撃。

    「こんな人あかん、かかわったらあかん、と思った」と明かした。

    だが、ジュニアは「それは2階から見た映像」とし、実際はジュニアと共に来店していたメッセンジャー・黒田有(49)が、フロアにいた女性から「何かおもろいことやって」と言われ尻を見せたものの「全然面白くない」と言われてキレ、その女性の連れの男性ともみ合いになったのを止めようとしたと説明。

    「全部黒田が悪い」と説明した。

     
    だが、それを知らない岡村はその“事件”後ラジオで「ジュニアさん怖い人ってのがあるから、『ジュニアさん、あかんわ…』」と言ってしまったと告白。

    それを聞いたリスナーが、今度はジュニアのラジオ番組にその内容を投稿。

    「ジュニアさんがぼそっと『しばいたる』と言わはった」。

    それから、本当に会うとしばかれると思い、逃げ続けたと明かした。

    これに関しては岡村は「ほんまオレが悪い」と謝罪していた。

     
    その後も、ジュニアが岡村と一緒にいた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)にあいさつした時に、岡村が深々をお辞儀していたのを泥酔していたため気が付かず「オマエ、おかしないか?」と言うなど誤解が誤解を呼んで、この日に至ったと語った。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00000216-spnannex-ent

    所長見解:ややこしな・・・


    【【芸人】岡村隆史と千原ジュニア、共演NGの理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫「行列」降板へ 代役は千原ジュニア 闇営業に不倫騒動…テレビ復帰自体絶望的
     
    t


    2014年12月に大規模詐欺グループの忘年会に出席して金銭を受け取っていたことが発覚し、所属の吉本興業から24日に謹慎処分を下された、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、レギュラー出演していた日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、後9・00)を降板する方向であることが29日、分かった。

    宮迫は現在、週替わりのMCも担当しており、代役は同じ吉本芸人の千原ジュニア(45)が務める見込みだ。

    無期限の謹慎処分が下されていた宮迫に、さらなる“ペナルティー”が追加された。

    一部の関係者によると、宮迫は金銭の授受について当初「受け取っていない」と虚偽の回答をしていたことで、イメージが大きく悪化。

    過去にも不倫騒動を起こしていたこともあり、「テレビ復帰自体が絶望的」という状況だという。


    また「行列-」は法律を扱い、弁護士軍団が出演する番組とあり、他の番組と比較してもコンプライアンスの“ハードル”が高い。

    そのため、反社会的勢力からの金銭授受が発覚した宮迫の降板は、早々に決定したとみられる。

    宮迫の“代役”として起用濃厚なのが、同じ吉本興業所属でほぼ同期である千原ジュニア。

    歯に衣着せぬ軽妙なトークは老若男女を問わず人気があり、“格”的にも宮迫と同等。

    過去に不祥事を起こした経験もなく、今回の謹慎芸人続出の件についても、25日に出演したTBS系「ビビット」(月~金曜、前8・00)でも、宮迫らを厳しく批判するなど、自身の「潔白」をうかがわせている。

    「行列-」のMCは現在、宮迫と東野幸治(51)、フットボールアワー・後藤輝基(45)が週替わりで務めている状態。

    現時点で7月14日放送分まで収録されており、宮迫の出演場面については「可能な限り配慮」した上で放送される。

    くしくも初代MCの島田紳助さん(63)も、2011年に暴力団との交際により芸能界から引退する形で番組を降板。

    8年の時を経て、同じく反社会的勢力とのつながりが番組に多大な影響を与えてしまった。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/30/0012472452.shtml


    所長見解:打ち切り・・・
    【【闇営業問題】宮迫博之さん「行列のできる法律相談所」降板 代役がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑い芸人の千原ジュニアが、警視庁のエリート官僚を演じるという。

    1月7日にスタートする月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)にて、史上最年少の警視長刑事部長でレギュラー出演するのだが、千原ジュニアは44歳で、役の設定も40代半ばとなりそうだ。

    フジテレビが公開したキービジュアルではきっちりと七三に分けた髪型とスーツ姿が印象的。

    今回の役柄では関西弁も封じ、警察官僚らしさを演出しているようだ。

    j


    しかしその役柄に関して「いくらなんでも無理がありすぎる!」との批判も巻き起こっているという。

    週刊誌記者が指摘する。

    「別に千原ジュニアの警察官僚役が似合わないということではなく、“史上最年少の警視長刑事部長”という設定があまりに無理筋なのです。
    刑事部長は“部長”という名称ではあるものの、その地位はトップである本部長に次ぎ、一般企業なら専務や常務に相当します。
    特に東京都の警察組織である警視庁では、トップの警視総監と次席の副総監に次ぐ職位であり、階級としては“警視監”が就くことになっている。
    その警視監に40代半ばで昇進することは、警察組織の仕組みから言ってあり得ません」

    警視監への昇進は早くても49歳前後とされており、40代半ばでの昇進は非現実的だ。

    また警視庁の刑事部長では47歳での昇進例があるものの、50歳前後で着任するのが通例。

    それゆえ44歳の千原ジュニアが刑事部長というのは、あまりにも無理があるということになる。

    「ただドラマの警察描写には現実とはかけ離れたものが少なくありません。
    たとえば『相棒』(テレビ朝日系)では片桐竜次が警視庁刑事部長を演じていますが、その階級は警視長となっており、現実に反しています。
    それと同様に映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』に登場する警視庁の小田切敏郎も、警視長という設定です。
    一方で『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)では52歳の警視監が刑事部長を務めるという正しい描写になっており、その辺は脚本家が警察組織についてちゃんと調べたかどうかが影響していそうです」(前出・週刊誌記者)

    自分とは関係ないところで、ドラマのスタート前から批判を受けることになってしまった千原ジュニア。

    制作側の“不備”を自らの演技で払拭できるのか、そんなところにも注目が集まりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613916/

    所長見解:顔が怖い・・・

    【【新ドラマ】千原ジュニアが警視庁刑事部長の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バカリズム(41)が11月7日の『にけつッ!!』(読売テレビ/関西ローカル※関東での放送は後日)の中で、千原ジュニア(43)に「おかっぱの仮面をかぶった糞ヤンキー」だと暴露される一幕があった。

    「バカリズムはいつものようにニコニコの笑顔で登場したんですが、トークの中で『先輩芸人の方々から扱いづらいのでは』と相談。
    すると千原は『コイツ、ホンマのうそつき』と言い始め、『皆さん、おかっぱという仮面に騙されてるだけで、ゴリッゴリの糞ヤンキーなんです』とその素顔を暴露したんです。
    意外な事実にシーンと静まり返った客席に、バカリズムは否定もせず『育った所が血気盛んな場所だったんで、ボクもそういうところがあったというだけ』と言っていました。
    さらにケンドーコバヤシ(45)も『昔、日村さん(勇紀/45)と歩いてた時に絡んできた5、6人の高校生を黙らせた』とエピソードを披露してました」(在阪の放送作家)

    小柄な体格と笑顔と髪型からは想像もつかないニュースだが、じつはこれまでにも、バカリズムが「元ヤンキー」だという噂は根強かった。
    別の週刊誌記者は次のように解説する。

    ans-350326353


    ■武闘派野球部員で地元ヤンキーとの血みどろ喧嘩エピソードも

    「バカリズムは『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)でも何度か不良エピソードを紹介しています。
    高校は福岡の野球強豪校で”血気盛ん”で有名な学校で、友達と予防接種で病院に行った時に、割り込みをめぐって友人が他校のヤンキーとケンカを始めてしまったとか。
    バカリズムは止めに入ったが、相手に殴られて、ぶちギレてしまい、羽交い締めにする大人たちをはねのけて、鼻血が出るまで相手を殴り倒したそうです。
    ところが相手は地元で有名なヤンキーだったようで、タイマンのケンカをすることになり、レンガで後頭部を殴られる大乱闘になったと語ってます」

    バカリズムは他にも、8月16日に放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)でも「不良エピソード」の片鱗をみせ、「文化系」だと信じていた視聴者から「幻滅した」「黒バカリズムにガッカリ」と言う声が続出するなど騒然に。
    「もう笑えない」と意見までSNS上にあげられている。

    笑いは「内容」だけでなく、誰がいったかという「キャラ」が掛け合わされた総合芸能である。
    松本人志(54)が「筋肉をつけて、笑いの筋肉が落ちた」と揶揄されたように、バカリズムにとっても不良エピソードはプラスでない気がするのだが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1373869/


    所長見解:これは意外だね・・・
    【【素行不良】バカリズム、暴露された”武闘派ヤンキー”の素顔ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ