医者

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なぜ「日本は二週間後に○○になる」は全て外れたのか →日本、欧米の3ヶ月先を進んで対策してた

    n


    この1週間、ドイツの新型コロナウイルス対策チームからクラスター対策――それも日本と同じ理論的背景を持った――の重要性を指摘する声が相次いで報じられるようになった。

    ドイツ新型コロナ対策チームの中心人物の一人、ウイルス学者のクリスティアン・ドロステン氏は、この数日スーパースプレッダーの存在に着目した見解を出している。

    この発言の背景になっているのは、スーパースプレッダーについて論じた最近のいくつかの研究である。

    これらの研究については、Science誌のドイツ特派員からの報告にまとまっている。



    その中の一つ、スイスの研究チームによる数理疫学的な研究では、新型コロナウイルスは大量の二次感染を起こす少数の人と二次感染を起こさない多数の人に分かれ(dispersion parameter (k)が小さい)、インフルエンザとは異なる伝播様式なのではないかとしている。

    ロンドン大学衛生熱帯医学大学院(London School of Hygiene & Tropical Medicine; LSHTM)の研究チームは、Rが1.4-12、kが0.04-0.2(95%信頼区間)と、SARSに近い推定値を出す一方、香港の研究グループは、元祖SARSほどは少数のスーパースプレッダーに依存しておらず、よりインフルエンザに近いのではないかと報告している。


    総じて、元祖SARS並みか、またはそれとインフルエンザの中間程度という推定となっている。

    これは日本の対策チーム(専門家会議の公式発表や高山先生)が2月に出した見解と同様である。


    日本の専門家会議が当初出したデータが、世界中の様々な研究グループで追認されているというのが現状であろう。



    クラスター対策を理解している方にはおなじみと思うが、少数のスーパースプレッダーがいることが分かったとして、それを事前に見つけることができれば感染を封じ込めることができるが、その条件の特定は容易ではない。

    この条件の特定と予防策へのフィードバックこそがクラスター対策の鍵であり、単なる接触追跡と異なるところである。


    この条件の特定についても、海外の研究グループが取り組みつつある。

    ロンドン大学衛生熱帯医学大学院(LSHTM)のチームによるクラスター発生報告のレビュー(査読中)では、クラスターの多くが室内環境で発生しているとしている。


    これはいわゆる「三密対策」の原型となった西浦氏の論文と同じ見解である



    https://note.com/kyslog/n/n658e17e8500b

    所長見解:やるやん・・・

    【【コロナ禍】なぜ「日本は二週間後に○○になる」は全て外れたのか → 日本、欧米の3ヶ月先を進んで対策してた模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬としての承認が期待される「アビガン」の臨床研究で、明確な有効性が示されなかったと、共同通信が複数の関係者の話として伝えた。

    b

      
    藤田医大を中心に多施設共同で実施された臨床研究に関し、今月中旬に厚生労働省に報告された中間解析結果で、ウイルスの減少率に明確な差が出なかったという。

    研究は今後も続けることが決まったと共同は報じた。


    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-19/QALBUEDWRGG001

    所長見解:あかんか・・・

    【【悲報】日本最後の希望・アビガンさん効かない・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コロおじ、日本のコロナ収束に怒り爆発!

    こいつら結局何が目的なんだよ


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:もうな・・・


    【【悲報】日本のコロナウイルス終息に不機嫌な人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    進藤さん(WHOシニアアドバイザー)

    「日本は早くから患者が発生したがずっと低く抑え込んできた。
    理由は世界的な感染症の専門家が陣頭指揮をとってきたこと、そして国民の高い衛生意識と感染症に対する理解。
    圧倒的に死亡が少ない日本は、世界からジャパニーズ・ミラクルと考えられている」


    「日本はSARSやMARSの大激震を味わっていない。
    人口も人の移動も多く、世代によってはトップからの声がなかなか届かないことも。
    緊急事態宣言によるショック療法が国民に行き渡った。
    『検査の遅れ』という指摘は間違っていると私たちは思っている。
    日本の戦略的検査を高く評価している。」


    https://twitter.com/xAegvg0JipIY0hD/status/1259707769357086720
    ※動画あり


    NHKスペシャル「新型コロナウイルス 出口戦略は」
    https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2020051032800
    27:28~


    j


    アナウンサー

    「今日はスイスジュネーブから、WHOのシニアアドバイザー進藤奈邦子さんとも中継が繋がっています。
    進藤さん、検査体制が不十分などの理由で日本の対応の遅れを指摘する声もありますけれども、世界的に見て、日本のここまでの対策、どうご覧になっていますか」


    進藤医師

    「日本では相当早くから患者さんが発生したにも関わらず、非常に低いレベルでずっと抑え込んで来ていて、こういう現象は世界的に見るとほぼ奇跡と見られていたわけです。
    この理由は私として考えますのは、日本にはやはり世界から仰ぎ見られるような感染症の専門家がいらっしゃって、その方達が陣頭指揮を執ってこられたこと。
    それがまず一つ成功の理由だと考えていますし、それから国民の高い衛生意識、そして感染症に対する理解。
    これは毎年のインフルエンザを通してもよくわかってきたことですけれども、これがきちんとしていたことが、理由ではないかと考えています。
    で、こんなに素晴らしい日本の対策なんですが、先程死亡者を見て頂いたところでもわかると思いますけれども、欧米諸国に比べて圧倒的に日本では死亡が少ないと。
    これはインフルエンザのパンデミックでも見られたことなんですけど、世界からはジャパニーズミラクルみたいに考えられています。
    (略)
    ただこの『検査の遅れ』というのは私達は間違っていると思っていまして、日本の戦略的検査は高く評価しています」

    所長見解:そやね・・・
    【【朗報】WHO医師さん「日本の対策は世界的に見て奇跡。高名な専門家が陣頭指揮。国民の高い衛生意識。戦略的検査」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

    この日の番組には「PCR検査数の抑制は日本の恥」と批判して話題の山梨大の島田眞路学長がリモート出演。

    厚労省と文科省の縦割り縄張り争いを脱却して全国の大学を利用してPCR検査を拡充するという持論を展開した。


    k


    これに対し、リモート出演した元国会議員でタレントの杉村太蔵氏(40)は「一つ学長の話として素人として困惑しているのはですね」と話し出すと、「アメリカなどPCR検査をたくさんやった国は死者数も多い。
    先生は『日本の恥だ』とおっしゃいますけど、日本はPCR検査数は少ないですけど、亡くなる方を本当に少なく抑えてますよね。
    ここは日本はすごく良くやっているなと思ったんですが?」と質問した。

    これに対し、島田学長は「それは厚労省や専門家委員会の方々、PCR(検査数)を少なくしてきた方々のご意見です」とピシャリ。

    「アメリカやヨーロッパの国々は日本の何十倍もPCR検査やってます。
    シンガポールや台湾、香港、感染数をきちんと抑えつつある国もちゃんとPCRやって、抑えてきてます。
    日本だけですよ。
    こんな少なくて途上国並なのは」と続けた。


    さらに杉村氏に「死者数が少ないって、おっしゃってますけど、どんなデータを見て、おっしゃっているんですか?」と逆質問。

    「PCRやらなきゃ、患者さんを同定できてないんですよ。
    コロナ以外の肺炎で亡くなった方、ごまんといらっしゃると思います。
    これ、コロナ肺炎で亡くなっていても、そうでないと、カウントから除外されてますよね。PCRが少ないと元々、コロナと診断してない(死者だ)から少なくなって当たり前なんです」と指摘した。

    これに対し、杉村氏が「専門家会議ではコロナで亡くなった方とそれ以外の肺炎などの方は明確にCT検査などで分かるという解説をしてますが?」と聞くと、島田学長は「分かるはずないじゃないですか。
    検査しないでどうやって分かるんですか!」と、やや声を荒げていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/296247c3a2b72154e491a14a9a9356b1f42fc251

    所長見解:キレキレやな・・・
    【【晴恵に続け】新キャラのケンサーズが爆誕の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ