ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:北川景子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の北川景子が6日、生放送中のTBS系恒例、秋の新ドラマや人気バラエティー・情報番組の出演者が集結する『オールスター感謝祭’18秋』に生出演。
    4人で4分間まばたきしないというチャレンジを1人で成功させ、有村架純や戸田恵梨香らを驚かせた。

    俳優力チャレンジとして、北川、有村、戸田、安田顕の4人で「4分間まばたきをしない」という挑戦が行われた。
    トップバッターに選出された北川はドライアイの不安をのぞかせながら、スタジオ中央のステージへ。
    何度か、まばたきをした後にチャレンジをスタートさせた。

    no title


    30秒、1分と時間は経過していき、しだいに会場はどよめき始める。
    3分を経過した頃で北川の目がうるみ出したが、最後はスタジオ一体のカウントダウンで4分達成の瞬間を迎えた。
    祝福の嵐の中、4分ぶりにまばたきをすると北川の目には涙が。
    コンタクトが飛び出してしまうほどの俳優魂を見せた北川は「どこまで行けるんだろうって自分でも思って」とあっけらかん。

    そして「途中で次の方に渡した方が…とずっとそればっかり考えていました」と、まだまだ余裕があったようで司会の今田耕司は「そんなバラエティー的なことまで?」と目を丸くしていた。
    有村は「すばらし過ぎました」と驚き、戸田も「尊敬しています」と最敬礼。
    4分間、生放送の画面を独占した北川は「こんなふうに4分間も電波を使っていいのかと」と偉業達成も腰は低いままだった。

    その後、北川は黒縁のメガネをかけて出演を続けた。

    ▼動画
    https://i.imgur.com/N9eYVU0.gif

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000338-oric-ent


    所長見解:美人だな・・・

    【【放送事故】オールスター感謝祭で北川景子がちょっとやらかすwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先ごろ、ネット上で発表された最新の美女ランクが話題になっている。
    ストリーミング動画サービスを展開している放送会社が調査した《美人だと思う女優》ランクで、1位・北川景子、2位・石原さとみ、3位・新垣結衣がトップ3だ。

    「北川、石原、ガッキーは最近の美女ランクの定番。
    誰が1位になってもおかしくないし、誰が3位でも不思議はない。
    この結果は、どこのランキングでもほとんど同じです」(アイドルライター)

    上位に続いて4位が綾瀬はるか、5位が深田恭子という順番。

    「綾瀬の4位はちょっとないなという感じ。もう完全に旬が過ぎている。
    深キョンに関しても確かにキレイですが、男性誌でやや終わり気味の人。
    美形なのは間違いないにしても7位、8位がせいぜいでしょう」(同・ライター)

    6位が桐谷美玲、同じく6位が広瀬すず。
    2人並んでいるためか、7位は空位で名前がない。

    「もし1位の得票が10人いたら、全員1位でランクになりません。
    この手のランキングは、ざっくりと全体に対して何番目かが示されれば十分なので、同一順位に複数いたら次位は単純にその次の順位とすればいいと思うのですけどね」(同)

    k


    ■ 当たり前だがみんな美人

    その“飛んで”8位が米倉涼子。

    「米倉は確かにキレイですけれども、ちょっとキツイ顔でクセ顔。
    43歳という年齢を考えると8位はやや上過ぎる感じもします。
    ギリギリ10位に入るかどうかでしょう」(芸能雑誌編集者)

    9位も2人が並び、佐々木希と土屋太鳳。
    というわけで10位も空位だ。

    「佐々木も土屋もキレイですが、それなら長澤まさみはどうした、菜々緒は、武井咲は、沢尻エリカは…となりますよね。
    橋本環奈や有村架純も入っていません。
    つい最近、別のところで発表された“かわいい10代アイドル”ランクでは、橋本は広瀬より上でした。
    広瀬が出ているのに橋本がいない。
    7位と10位が空位になっているのには、きっちり1位~10位を表示せずにボンヤリとさせ、ランクインしていない女優のファンに配慮しようとしたのかもしれません」(同・編集者)

    自分の好きな女優が圏外だとしても、あまり気にする必要はなさそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/63239


    所長見解:好みだろ・・・

    【【美人だと思う女優ベスト10】「あの女優」が入らない理由がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    北川は一部週刊誌に「父親は三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2」と報じられたばかり。
    同社の関係者がその事実を明かして、それを裏付けるように、大阪に住む北川の祖母も
    「2年前の景子の結婚式で息子(北川の父親)からもらった名刺には(三菱重工の)『防衛』と『宇宙』という言葉があった。
    それまでは神戸造船所の配属で、ずっと潜水艦を作る仕事をしていた」とコメントしていたものだ。
    さらに北川は現在、三菱重工グループの空調機のCMに出演していることも、父親が同社幹部であることを裏付ける要素だと指摘されている。

    「DAIGOと結婚した時点で、北川はきちんとした家柄のお嬢さんだろうと言われていましたからね。
    DAIGOは、母方の祖父が第74代内閣総理大臣の竹下登で、金丸信や小沢一郎とも親戚関係にあるわけですからね。
    ただし、ネット上では、この報道を受けて、北川がお嬢さまだったことを驚く声より『お嬢さま育ちだったのに、何であんなに食べ方が汚いの?』と驚く声のほうが目立っているようです。

    北川は2008年8月21日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の『食わず嫌い王決定戦』コーナーで、リスのように大きく頬をふくらませてモグモグ口を動かしたり、口の中に食べ物が入った状態でMCの石橋貴明としゃべったり、白目をむいて口の中に食べ物を押し込んだりしたことで、視聴者には『育ちが悪そう』という強烈な記憶を残していたんです。
    その後は食べ方の改良を試みたようで、今年6月26日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で綾野剛とともにどら焼きやカレーライスを食べるシーンでは、ちょっとホオをふくらませる程度でしたが…」(テレビ誌ライター)

    美女に美しくない食べ方をされると、ギャップ萌えすることも事実だが、親の顔が見てみたくなるのも当然。
    本人の口から今回のお嬢様報道について真相が聞いてみたいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1519202/
    アサ芸プラス

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=yr8VPvCdloY


    とんねるず食わず嫌い 北川景子 VS 唐沢寿明


    所長見解:かわいいよね・・・

    【【閲覧注意】北川景子「あの黒歴史」がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    そのルックスの美しさゆえに悪いように受け取られてしまったようだ。

    北川景子が9月3日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。
    最近流行りの写真加工についての疑問をぶつけるも、世の女子たちを敵に回してしまったようだ。

    番組ではこの日のゲストである北川と、欅坂46の平手友梨奈の人となりを紹介するコーナーで、「SNSをやってないんですけど、時代に乗り切れてない感じがしちゃうのが悲しい」と、SNSをやっていないことを前置きしたうえで流行りに乗れていないことに虚しさを覚えていると説明。
    さらに「(写真に)ブタ鼻や、うさぎの耳を(加工して)つけたりしているのを見ると、何とも言えない気持ちになる」と、流行りの写真加工についても理解できないと本音を打ち明けていた。

    これを聞き、番組MCのくりぃむしちゅー上田晋也から「クソつまんねぇなってこと?」と、発言の意図を確認されると、北川は「何でしょうね、世代じゃないんですかね」「それの目的がわからない」と、あくまで自分が世間の流行りに乗れていないことを強調した。

    ただ、この発言を聞いた一部の女性たちからは

    「そりゃ、あなたは美人だから加工する必要ないもんね」
    「よくわからないけど、イラっとした」
    「私は写真加工なんて必要ないって言ってるように聞こえる」

    など、批判的な意見も上がっていた。

    「流行りに乗っかって遊び心で写真加工アプリを楽しんでいる人もいれば、自分をどうにか可愛く見せたいという気持ちで写真を加工して、それをSNSのプロフィール画像にしている人もいるなど、写真加工を利用する人の熱量は様々です。
    写真加工をするのがデフォルトという後者の人たちからすれば、誰もが認める美女である北川からそのような意見を言われると遠回しにケナされているように感じてしまったようですね。
    北川であれば写真を加工してまで自身を可愛くみせる必要もないでしょうからね」(エンタメ誌ライター)

    逆に北川の今回の発言でスカッとしたという人も多いようだが、あまりSNS女子を刺激しない方がいいのでは?

    no title

    https://www.asagei.com/excerpt/111879


    所長見解:そらね・・・

    【【批判殺到】北川景子「写真加工が理解できない」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    彼女の夫の言葉を借りれば、「KMSS」な話題ということになろうか――。
    2016年、歌手でタレントのDAIGO(40)と結婚した女優の北川景子(32)。
    睦まじき夫婦仲について伝わってくることはあっても、なぜか彼女の父親の職業は伏せられてきた。
    以下は北川の実父に関する、DAI語で言うところの「興味津々」(KMSS)なお話。

    美貌を売りにし、アイドル的な要素を持つ女優は、結婚を機に人気が落ちるリスクを孕(はら)むが、北川に関しては無縁のようで、今夏も話題を振りまき、売れっ子ぶりを発揮している。
    ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏とまだ交際段階であるのに猛批判に晒されている剛力彩芽は、大いに北川に学びたいところだろう。

    ともあれ、DAIGOと入籍し、私生活のミステリアスさを失っても芸能界の第一線で活躍を続ける北川だが、そんな彼女にもまだ「謎」が残されていて、ある芸能記者曰く、

    「北川の父親が何者なのか、よく分からないんですよね」

    確かにこれまで北川は、「父親の躾が厳しかった」と言及したことがある程度で、それ以外に実父に関して語った形跡はない。
    いやが上にも「KMSS」感が高まるところなのである。

    k


    究極の「親孝行」

    「北川さんのお父さんは、三菱重工の幹部なんです。
    それが、彼女が父親について語ろうとしない原因なのかもしれません」

    こう声を潜めるのは、同社の関係者だ。

    より具体的に言うと、

    「彼は現在、三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2。
    戦闘機や戦車を開発・製造し、自衛隊に納める、いわば日本の防衛産業のトップシークレットを握る立場にあるんです。
    いずれは、同部門のトップになると見られています。
    こうした父親の仕事柄もあって、北川さんはお父さんについて喋りたがらないのではないでしょうか」

    なるほど、北川にとって父親の職業は「機密」に値するということのようだ。
    しかし無論、我が国の防衛産業の中枢を担うことは決して恥ずべきことではなく、むしろ誇らしいことではないか。

    そこで、大阪府で暮らす北川の祖母に尋ねると、

    「息子(北川の父親)はもともと口数が少なくて、景子のことも全然話してくれないんですが、部署が変わるたびに名刺はくれます。
    2年前の景子の結婚式の時にも名刺を渡されて、そこには確かに(三菱重工の)『防衛』と、あと『宇宙』って言葉もありました。
    それまでは神戸造船所の配属で、ずっと潜水艦を作る仕事をしていたんですよ」

    こう語った上で、

    「景子の結婚式に出られて本当に嬉しかった。
    白無垢もドレスも綺麗でね。
    今、私は体が悪くて、ひとりで遠出はとてもできないから、もう曾孫ができても会いには行けないでしょう。
    でも、景子とDAIGOさんが曾孫を連れて会いにきてくれるようなことがあれば夢のようですね」

    と、期待に胸を膨らませるのだった。

    なお北川は現在、三菱重工グループの空調機のCMに出演している。
    これぞ究極の「親孝行」であろう。
    父親は防衛産業のエリート街道を歩み、娘も公私ともに順調。
    再びDAI語を借用すれば、北川家は今まさに「JS」、すなわち……。

    人生って素晴らしい? 


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00547870-shincho-ent


    所長見解:SY・・・

    【【疑惑暴露】北川景子が一度も語らない「父の職業」がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ