北川景子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女性がなりたい顔ランキング 3位橋本環奈 2位北川景子 1位→


    b


    女性が選ぶ!なりたい顔ランキング

    北川景子、橋本環奈、石原さとみを抑えての1位は?



    それぞれがオンリーワンの個性を備える女性芸能人。

    メディアでの言動や生き方はもちろんですが、ふとした瞬間に見せる表情や、笑顔がなんとも言えず魅力的な人も多いですよね。


    そこで今回は、女性が「自分もこんな顔になりたい」と思う芸能人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。



    4位 石原さとみ、広瀬すず

    3位 橋本環奈


    2位 北川景子


    1位 ???



    https://ranking.goo.ne.jp/column/8233/
    所長見解:誰やろ・・・

    【【結果発表】女性がなりたい顔ランキング 3位橋本環奈 2位北川景子 1位がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    北川景子のこだわり「カレーには生卵が欠かせない」


    c


    女優・北川景子(35歳)が、情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。

    「カレーには生卵」と、カレーに対するこだわりについて語った。



    以前、他の番組で夫のDAIGOが「1番好きなのは妻のカレー」と語ったほど、カレーをよく作るという北川が、カレー愛を番組内でプレゼン。

    北川は、野球選手・イチローが言っていた「大事なことがある時の朝にカレーを食べるといい」という話を聞いて、「そこから結構、大事な日の朝はカレーです」と語る。



    北川が作るカレーは「普通のカレー」とのことだが、マッシュルームを入れたり「生卵が欠かせない」という。

    北川によると「(卵は)全部、割り入れちゃいます。
    私は生で、最初は入れないで普通に食べて、半分ぐらいになった時に入れる。
    ちょっと味を変えたくて」と語った。



    ▼画像
    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/202206/24/20220624044.jpg

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/202206/24/20220624041.jpg


    https://www.narinari.com/Nd/20220672680.html
    所長見解:ええけどな・・・

    【【グルメ】女優・北川景子、カレーのこだわりがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t



    北川景子に最も似てると言われた女wwww


    ▼画像
    所長見解:どうやろ・・・

    【【検証画像】北川景子に最も似ている女性がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    DAIGOに“竹下王国” 島根から熱烈出馬ラブコール

    「秒で当確」「ダメなら妻の北川景子で」の声


    s


    故・竹下登元首相の弟で、自民党の竹下亘元総務会長(74)がさる8日、次の衆院選に出馬せず、政界を引退すると表明した。

    選挙区の衆院島根2区では、後任候補選びがスタート。

    地元の自民党主流派や島根県民が最有力視しているのが、竹下元首相の孫にあたるタレントで、ミュージシャンのDAIGO(43)だ。

    出馬すれば「秒で当確」なんて声まで地元関係者から上がる、そのワケとは――。

     
    DAIGOは14年前に「竹下登の孫です」と公表しブレーク。

    人気タレントの仲間入りをした。

    出身は東京だが、10年以上前から島根で夏祭りのゲストや観光PR大使として活動。

    妻で女優の北川景子(34)と、雲南市にある祖父の墓を参るなど、積極的に島根入りし好感度を上げてきた。

     
    コロナ禍ということもあり、最近はあいにく島根を訪れる機会がない。

    だが、短期決戦を強いられる衆院選で、DAIGOの〝竹下家ブランド〟と圧倒的知名度は、地元自民党員も「喉から手が出るほど欲しい人材で、有力視している」と言うほど。


    「実は2年前の県知事選、今年4月にあった県庁所在地・松江の市長選と大きい選挙が続き、候補者が不足している。
    県知事選は自民県連が分裂し、官僚出身の候補者同士が激突し、アラフィフの丸山達也知事が当選。
    市長選でも新市長は40代となり、若さに利がある」とは地元政界関係者だ。

    すでに自民党県連は、とにかく若い世代をターゲットに候補者選びに着手。

    若手県議で擁立できないか模索しているが、まだ何も決まっていないそう。

    聞けば、知名度と若さでは、地元実業家で竹下氏に近く、「島根の(金)正恩」と呼ばれる若大将がいるが、政界進出には消極姿勢を貫いているという。

    かつて「参院のドン」と呼ばれた青木幹雄氏(87)の長男で、鳥取・島根選挙区の青木一彦参院議員(60)もいるが、「自民党県連の主流派と県知事選を巡るわだかまりが今も残る」と同関係者。

    となると、パッと出馬できるのはDAIGOぐらいしかいないといい、すでに地元から秋波を送っているという情報もある。

    ただ、永田町関係者からは「本人サイドはテレビ局との出演契約があり、出馬に難色を示している」との指摘も。

    自民党本部筋からも「選挙区ではどうなのか。来年の参院選比例区だったら考えられる」と否定的な声が漏れてきた。

    だが県民の〝DAIGO待望論〟はかなりなもの。

    8日の東スポWeb報道も影響し、あちこちで「DAIGOは本当に出るのか」とホットな話題だとか。

    また「DAIGOがダメなら妻の北川の方でも」なんて声まで出ている。

     
    島根2区は、竹下氏と共産党の向瀬慎一県西部地区委員長(50)、そして国民民主党の公認内定を得ていた女性新人候補(43)の三つ巴戦になるはずだった。

    ところが先月末、その女性候補が出雲市内の量販店で入れ歯安定剤を万引きし、公認内定の取り消し、除籍となった。

    加えて竹下氏も不出馬となれば、その後継としてDAIGOに白羽の矢が立つのは当然のなりゆきだろう。

    「共産党と一騎打ちなら、秒で当確が出る。
    DAIGOさんに『絶対勝てる!』とアピールし、背中を押すことになるだろう」と地元自民党員の鼻息も荒い。
    ただ「当初は擁立を見送っていた立憲民主党島根県連も、事態を受けて候補者擁立を目指す方針を示している」と地元政界関係者。

    〝竹下王国〟島根からのアツい〝ウィッシュ〟に、偉大なる祖父の血を引くDAIGOはどう応えるか。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210712-03409089-tospoweb-000-13-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/82866c7cf608dc7d87085ed7bef5870f4608e30f
    所長見解:ないやろ・・・

    【【衆院選】北川景子出馬説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    北川景子「なんやろな…」レアな関西弁披露も「テレビでやんのは抵抗あんねん!」


    s


    女優の北川景子(34)が16日放送の日本テレビ「ウチのガヤがすみません!SP」(後9・00)に出演。

    普段は話さない関西弁を披露する一幕があった。

     
    神戸出身の北川。

    MCのお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(46)から「関西弁は出ないですか?」と聞かれ、「関西弁出ます。家族で話していて、周りがみんな関西弁だとうつっちゃう。
    今も引っ張られないように我慢してます」と苦笑。


     
    そんな北川の関西弁なんとかを引っ張り出そうと、後藤や大阪出身のお笑いコンビ「なすなかにし」がコテコテの関西弁で話しかけるが、「ぼちぼちでんな」など普段関西人でもなかなか言わないフレーズで答えてスタジオの笑いを誘った。


     
    「しゃべろうとしたら難しいねん。ちゃうねん。なんやろな…」と苦労する中、後藤に「昔思い出したら普通にしゃべったらええねん!」と言われると、「普通にしゃべったらええねんけど、テレビでやんのは抵抗があんねん!」と思わず本音を吐露。


     
    照れながら関西弁でちょっとキレている北川の姿にスタジオからは一斉に「かわいい~」と声が漏れていた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/b50fa43363affbc52ba3e7ae226f47c9dfa70471

    所長見解:ええやん・・・

    【【放送事故】女優・北川景子「テレビでやんのは抵抗あんねん!」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ