加藤綾子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤綾子アナ、モノマネの餅田コシヒカリと初対面に「自分が2人、、、笑」

    フリーアナウンサーの加藤綾子(33)が16日、自身のインスタグラムを更新し、自身のモノマネをしているタレント・餅田コシヒカリ(24)との初対面を報告した。

    餅田は自身のツイッターに「松竹芸能のカトパン」と記し、テレビ番組などで加藤綾子の顔まねなどを披露している。

    2人は2019年1月11日にフジテレビ系で放送される「TEPPEN」の収録で共演。

    餅田と対面した加藤アナは「自分が2人、、、笑 テレビでいつも見ていたので会った時ドキドキしちゃった」とつづり、笑顔の2ショット写真を投稿した。


    インスタグラムより@ayako_kato.official
    no title


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181216-OHT1T50101.html


    所長見解:それほど・・・

    【【インスタ】加藤綾子アナ「自分が2人、、、笑」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    米大リーグ、ア・リーグ新人王に輝いたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、人気女子アナの取材を断ったという話がまことしやかに囁かれている。

    それが驚くことに「大谷に最も近い女子アナ」といわれるフジテレビの久慈暁子アナだというのだ。

    大谷と久慈アナの関係は、同郷にして知人。

    共通の友人までいる間柄だ。

    「今オフ、大谷のロングインタビューや特番出演を要請できるのはフジテレビだけといわれていました。
    もちろん取材や司会は久慈アナ。
    久慈アナなので大谷も断らないと考えられていた。
    でも、逆に大谷は久慈アナだから断ったというのです」(フジテレビ関係者)

    大谷の女子アナの取材は原則NGだ。

    渡米前、取材を口実に寄ってくる女子アナが無数にいたので、当時の北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督が「悪い虫(女子アナ)が寄ってきて困る」と取材規制。

    大谷も女子アナ取材を嫌がったといわれる。

    「最大の理由は、“カトパン”こと加藤綾子が私情丸出しで単独インタビューしたことだとされます。
    カトパンは目をハートにして恋愛話に持ち込んだため、そばにいた広報が止めたほどです」(スポーツ紙記者)

    しかし、久慈アナに限っては拒否することはないと考えられていた。

    「大谷は現在、芸能プロに所属していますが、久慈アナの取材を受けてしまうと、何かと2人の関係を誇張されるのを嫌がったようですね」(同・記者)

    ではフジテレビの単独取材はなくなったのか。

    ここに意外な話が浮上した。

    大谷争奪戦は続く…

    「久慈アナに代わって“ミタパン”こと三田友梨佳アナが浮上。
    青学大時代に公式野球部のマネジャーだった彼女は、専門知識が野球記者並み。
    ミタパンも大谷のファンらしく、一番手に名前が挙がっています。
    インタビュアーの本命です」(前出のフジテレビ関係者)

    しかし、意外な対抗馬も浮上。

    ナント、問題の根源であるカトパンだという。

    「カトパンは、前回の失態の汚名をそそぎたい。
    恋愛感情を抜きに大谷に正攻法で取材し、キャスターの格を上げたいようです。
    局としても大谷&カトパンなら、話題性もすごい。
    完全にミタパンと一騎打ちです」(同・関係者)

    “パン系”の争いの中、クジパンは脱落したようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612545/

    no title


    所長見解:パン・・・

    【【女子アナ争奪戦】大谷翔平「お嫁さん最有力候補」の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤綾子アナ ショートカットなって写真を投稿…フォロワー称賛「ますます綺麗」

    元フジテレビで現在はフリーの加藤綾子アナウンサー(33)が14日に更新したインスタグラムで、ショートカットにした写真を投稿した。

    長かった髪は肩にやや掛かるくらいの長さになった。

    加藤アナは「めざクラに行って来ました。本当に素敵な時間でうっとり」と投稿した。

    13日に開催されたクラシックコンサート「めざましクラシック」で音楽を堪能した様子。

    「そして髪切りました」とショートカット姿を披露した。

    写真にはフジの軽部真一アナ、永島優美アナ、永尾亜子アナの計4人で写っている。

    フォロワーからは

    「ますます綺麗になったね」
    「かわいい」
    「ショート、とても良くお似合いです 素敵」
    「髪型似合ってるよ」
    「どんどん可愛く素敵になってる」

    などと好意的な声が多く寄せられた。


    [ayako_kato.official*]

    no title

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/15/0011907671.shtml


    所長見解:ショート?・・・

    【【女子アナ】加藤綾子アナ ショートカットになった結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』(報ステ)のMC陣が一新され、2カ月以上が経過した。

    番組は女性2人のMC体制が目玉。

    フリーアナの徳永有美が月曜日から木曜日を担当し、金曜日のみ局アナの竹内由恵アナウンサーという変則体制だ。

    伝統の番組だけに大きな視聴率凋落はないものの、いまだ「ナゼ、徳永!?」という疑問は拭いきれていない。

    と、同時に“カトパン”こと加藤綾子が、いずれMCに就くというウワサが、2カ月たっても小さくなることはなかった。


    「竹内アナではなく、なぜ不倫で会社を辞めた人間が、いきなり月~木の“番組の顔”で出るのか。その真相は今も分かっていません」(テレビ雑誌編集者)

    もともと人気アナではあったが、既婚者にもかかわらず、お笑いの内村光良との不倫が発覚。

    10数年前に涙で謝罪し、徳永は自主退職した。

    「その彼女を今さらMCにして、何か得策があるのか。全く意味不明。奇をてらった人事としか言いようがありません」(同・編集者)

    徳永起用には諸説ある。

    竹内アナが、あまりに男性関係を連発するので“お灸を据える”意味での起用。

    一方、あくまでもメインターゲットは加藤で、徳永は短期のつなぎという話。

    これについては、すで一部週刊誌が『カトパン本命説』として書いている。

    k


    竹内のアイドル性は色あせず

    「報ステの人事というのは、局の社運が懸かるほどの大人事。
    過去の人でもあり不倫アナでもある徳永が、いつまでも居座る可能性は低いでしょう。
    ただ、カトパン本命説には、竹内アナが激怒したそうです。
    竹内アナとカトパンは、アナウンサースクール時代から同学年のライバル。
    竹内アナの第1志望フジテレビに受かったのがカトパンで、竹内アナにとって“カトパン”はムカつく存在なのです。
    カトパンが主催する2008年の“局アナ同期会”に竹内アナは一度も出ていないし、出る気もない。
    カトパンと顔を合わせることはイヤなのです」(同・編集者)

    竹内アナは9月まで、同局のもう1つの看板ニュース番組『スーパーJチャンネル』のMCとして活躍。

    元「ミス慶応」として入社したアイドル性は、微塵も色あせていない。

    思いの外、徳永にも「ガンバッている」という声が聞こえてはいるが、“カトパンVS竹内アナ”の方が視聴者の関心ははるかに高そうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/69780


    所長見解:いいね・・・

    【【徳永降板】報道ステーション、次期キャスターの本命がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。

    今回で15回目の調査となった<女性アナウンサー編>。

    昨年で日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが5年連続1位の“殿堂入り”。

    局アナ、フリー含め“女子アナ戦国時代”が続いているなか、ランキングを制したのは、NHKからフリーに転身した【有働由美子】アナという結果となった。


    自身初の1位にランクインしたのは、今年3月にNHKを退社した【有働由美子】アナ。

    NHK時代の『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』が好評を得て、昨年2位よりランクアップを果たした。

    フリーに転身するや、10月からは『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢され、“夜の顔”に進出。

    「視聴者と会話するニュース」というコンセプトの番組だけに、女性目線で本音を語るのが得意な有働アナは「適任」との声が。

    開始時の会見では「視聴率が悪いなら、私が視聴者とズレているということ。クビを切ってもらえる安心感がある」と、信念があるからこそのストレートな物言いできっぷの良さを見せつけた点も話題をさらった。


    2位は今回が初TOP10ランクインとなったテレビ朝日の【弘中綾香】アナ。

    2013年に入社し同年からサブMCを務めた『ミュージックステーション』を5年間担当して9月で卒業した。

    毎週タモリの横でアシスタントを務めて認知度を上げ、生放送での対応力も評価されてきた。

    また、オードリー・若林正恭のアシスタントとして出演するバラエティ『激レアさんを連れてきた。』では、前身番組『アップデート大学』と同様にビシバシと進行役を務め、時折見せる毒舌ぶりや若林とのコミカルなやりとりも支持されている。

    2010年の第8回、2011年の第9回の2年連続で1位を獲得し、昨年4位から1ランクアップした【加藤綾子】アナ。

    2016年にフリーとなり、今年はアナウンサーの仕事以外にも、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『ブラックペアン』(TBS系)などで女優としても活躍。

    今年8月にはインスタグラムアカウントも開設し、プライベートな日常も公開している。
    (続きはソースをご覧下さい)

    1位 有働由美子(↑2位)フリー
    2位 弘中綾香(初)テレビ朝日
    3位 加藤綾子(↑4位)フリー
    4位 川田裕美(初)フリー
    5位 徳島えりか(初)日本テレビ
    6位 大江麻理子(↓5位)テレビ東京
    7位 大下容子(↓3位)テレビ朝日
    8位 井上あさひ(→8位)NHK
    9位 宇垣美里(初)TBS
    10位 田中みな実(↓6位)フリー

    no title


    https://www.oricon.co.jp/special/52192/ 


    所長見解:どうだろ・・・

    【【結果発表】好きな女性アナウンサーランキングがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ