ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    加藤浩次

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月13日放送の『スッキリ』で、水卜麻美アナウンサー(32)が突然、泣き始め、MCの加藤浩次(50)らを驚かせる場面があった。

    この日は“HARUNAまとめ”のコーナーに、歌手の森山直太朗(43)がスタジオに登場。

    これまでの活躍がVTRで紹介され、2003年のヒット曲である『さくら(独唱)』が、同局のドラマ『同期のサクラ』の主題歌に『さくら(二〇一九)』として、新たにアレンジされて使われていることが伝えられた。


    ここで『同期のサクラ』で主演を務める高畑充希(27)の、「自分の出ているドラマなんですけど、“僕らは~”ってきた瞬間、泣いちゃう。
    直太朗さんの声って性別を超えてるっていうか、神様みたい」というコメントが紹介された。

    その後、森山と加藤らでトークが繰り広げられ、生歌が披露されたところ、歌の途中で水卜アナが何度も涙をぬぐう仕草が映し出された。

    m


    歌が終わり、加藤が泣いていたことを指摘すると、水卜アナは「やばい……ごめんなさい……人生の節目節目を思い出す曲ですね。
    それこそ学生のときからずっと……大事なときに必ず聞く歌じゃないですか。
    卒業式とか」とコメント。

    さらに加藤が「どういう涙だったんですか?」と問うと、水卜アナはティッシュで涙をふきながら「なんか……いろんな良い人と出会って生きてきたなって感じ」「友達とか同期とか……」と答え、出演者たちは思わず笑い声をあげていた。


    そんな水卜アナに対し、森山は「本当に、こんなに素直に感情を表現していただけて、本当にうれしいです。ありがとうございます。本当に」と感謝の言葉を述べた。

    これに水卜アナが「こんなにすてきな歌をここで、目の前で届けてくださって本当に感謝しています。ありがとうございました」と返すと、近藤春菜に(36)に促されるまま、森山と握手を交わしていた。


    その後、番組は“クイズッス”のコーナーに移ったが、加藤の水卜アナいじりは止まらず。

    「“さくら並木の道の上で”の、(歌詞の)2行目でもう(泣いてた)」とツッコまれ、水卜アナは「やめてよ」と恥ずかしがった。

    さらに加藤が「なにかあったか?」「涙腺弱ってる?」と聞くと、水卜アナは「そうなのかもしれないです」と、弱々しい声で答えていた。


    http://dailynewsonline.jp/article/2077794/

    所長見解:そうなんや・・・
    【【放送事故】水卜麻美アナ、生放送で大号泣の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤浩次『スッキリ』降板話が再燃!エージェント契約も関係か?


    2019年を代表する芸能ニュースといえば、芸能人の薬物逮捕やジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏の逝去とともに、お笑い芸人の闇営業問題が挙げられる。

     
    7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が謝罪会見を行い、さらに所属事務所が会見を行った。

     
    これを受け、極楽とんぼの加藤浩次(50)は自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の中で、「経営陣が変わらなければ事務所を辞める」と宣言。

    その後、加藤と会社側でたびたび会談が行われ、10月1日、加藤は所属事務所と「エージェント契約」を結んだことが明らかになった。

    「加藤さんは男気があり、曲がったことが大嫌い。
    事務所に対しても悪いことは悪いと批判を緩めることがありません。
    闇営業問題で“加藤の乱”を起こしたときには、事務所批判を繰り返したため、『スッキリ』が打ち切りになるのではないか、という報道も出ました。
    しかし、10月の改編期も乗り越え、さらに来春以降も番組は継続することは決まっているそうです。
    ただここにきて、加藤さんだけ来春で番組を降板するのではないかと、ささやかれ出したんです……」(お笑い関係者)


    s

     
    来春、加藤だけが『スッキリ』から抜けることはありえるのだろうか? 

    日本テレビ関係者は話す。

    「まず、『スッキリ』自体が来春で打ち切りになることはないでしょう。
    というのも、番組ではすでに東京五輪取材チームなどを組んで、準備を進めている。
    だから、少なくとも五輪終了までは現体制で番組は継続していく見込みです。
    また、“加藤の乱”についても、現場としてはそれほど深刻にはとらえていないといいます。

    ただ、加藤さん本人は、想像以上の反響に驚いたようで、“ずいぶん大きなことになってしまった”と感じていたみたいです。
    それでも、自分の意見をしっかり言える加藤さんは、人望もあり、現場スタッフは、“加藤浩次の『スッキリ』”というように考えているといいます。
    だから、加藤さんが降板するときは『スッキリ』が終わるとき、というような気持ちで働いているといいます。
    また、ハリセンボンの近藤春菜(36)をMCに推薦し、現在の体制を作ったのも加藤さんです。

    “加藤の乱”で番組を私物化したことへの責任を取って、または一連の騒動や事務所との交渉による心労、新たに結んだエージェント契約で事務所との関係性が変わってきたことなどで、加藤さん側から降板を申し出る可能性もゼロではないでしょうが、そうなった場合でも『スッキリ』にかかわる人はみな、加藤さんを引き留めると思いますよ」

     
    10月29日の『スッキリ』では、京都市がお笑いコンビ・ミキの昴生(33)と亜生(31)に、ツイッターへのPR投稿1回につき50万円、計100万円を支払っていたことを取り上げた。

    加藤は「ミキがかわいそうだよ。
    ミキがやった感じになっているけど、事務所から依頼された仕事でしょ? 
    マネジャーないしが『#PR』を忘れないでくださいって会社が言うべきじゃない? 
    ミキに仕事をやらしてるんだから。
    それは落ち度があると思う」と、この日も舌鋒鈍ることなく、事務所側に問題があるとコメントした。

     
    曲がったことは許さない、男気あふれる加藤は今、どのような気持ちで『スッキリ』に対峙しているのだろうか?


    https://taishu.jp/articles/-/?page=1

    所長見解:徐々にやろ・・・


    【【悲報】加藤浩次「スッキリ」降板説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが2日、分かった。

    加藤はすでに、同社との「共同確認書」へのサインも済ませており、事実上の残留を選択。

    7月には、自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜、前8・00)で、退社の覚悟を示して岡本昭彦社長(53)ら経営陣の刷新を求めていたが、最終的には“元サヤ”で決着する形となった。


    k


    吉本興業を揺るがす騒ぎとなっていた“加藤の乱”が、静かに完全終息を迎えていた。

    加藤は10月1日付で、同社の専属エージェント契約を締結した。

    今後の仕事に関しては、従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通じての交渉が可能になる。

    だが、関係者によると、一部の“直営業”は認められる形となったが、当面は従来通り、吉本興業を通して仕事を行うという。

     
    エージェント契約を締結するには、前段階として、同社との間で「共同確認書」を締結する必要があり、加藤もすでに締結済み。

    確認書は吉本興業との専属契約を前提としており、実質的な吉本興業への残留を決めた形となった。

     
    加藤は7月22日に「スッキリ」で、「今の社長、会長体制が続くのならオレは吉本興業を辞める」と爆弾発言。

    雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。

    翌23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行ったが、結論は先送りとなった。

     
    8月には「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明。

    「現状の仕事は吉本というエージェントを通して、やる。
    他の仕事は他のエージェントを通す」とし、「残留」という表現は否定していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000004-dal-ent


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191003-00000004-dal-000-3-view.jpg

    所長見解:なんやねん・・・

    【【加藤の乱】極楽とんぼ・加藤浩次さん、吉本興業を辞め・・・・・・ない。 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビの厳しい対応に吉本興業が大揺れだ。

    なんと当面の間、情報番組に限定する形で吉本芸人の“使用自粛”についての話し合いがもたれたというのだ。

    ターゲットとなったのは吉本興業の加藤浩次(50)とハリセンボンの近藤春菜(36)、さらに山里亮太(42)がナレーションを務める「スッキリ」だという。


    「きっかけは反社会的勢力相手の闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動です。
    加藤が番組の意向を無視し、『取締役が変わらなかったら会社を辞める』と吉本興業に迫り世間を騒がせた。
    さらに春菜も加藤に便乗する形でこの問題をあおりまくった。
    視聴率は2桁に達したが、騒動が収束するとこれまでの平均視聴率よりも数字が取れなくなってしまったんです」(局関係者)


    s


    ■“加藤の乱”の後始末

    慌てた日テレサイドは、MCである加藤や近藤の言動を改めて振り返ると共に視聴者のリアクションの変化について徹底解析を実施。

    結果、浮かび上がってきたのは2人に対する“キャスター不適格”という視聴者の厳しい見方だ。


    「加藤による吉本現経営陣への批判は、公共の電波を使ったゴネ得だと見られていたんです。
    当初は威勢がよかったものの、吉本が“経営アドバイザリー委員会”を設置し、従来のマネジメント契約だけでなく『専属エージェント契約』も選択できると発表すると、加藤は自らが提案した案が採用されたため吉本に残留すると番組で表明。
    結局、“加藤の乱”はお家騒動に便乗した自分の権利主張だと視聴者には見えた。
    要は2人に情報番組のキャスターとしての資質はないとされてしまった」(前出の局関係者)


    一方、天の声を務める山里は……。

    「山里の場合はキャラクターに難があるようです。
    最近、女優の蒼井優と結婚してからというもの天狗になってしまったようで、番組スタッフとの軋轢が絶えません。
    今回の加藤の問題に便乗する形でリストラ案が出てきたんです」(前出の局関係者)

     
    現在、日テレ上層部は安易にお笑い芸人を朝の情報番組キャスターに起用したことを反省し始めているという。

    「報道色が濃い、情報番組のキャスターに芸人をキャスティングしているのは日テレだけなんです。
    今回の騒動を受け、特に吉本芸人を報道系の情報番組に出さない方針を取るべく、調整が始まるようです」(事情通)

     
    その第一歩が「スッキリ」だというのだ。

    しかし今後は、ココリコの田中直樹が出ている「ZIP!」も俎上に載せるという。

    「『ヒルナンデス!』は完全なバラエティー番組のため当面は問題にならないようです」(別の関係者)

     
    吉本の食えない芸人を救うべく起こした“加藤の乱”だが、皮肉にも芸人の食いぶちを潰すことになりそうだ。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000011-nkgendai-ent

    所長見解:干されるか・・・

    【【悲報】加藤の乱の失敗で「スッキリ」出演芸人、全員リストラの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビ「24時間テレビ42」(24、25日放送)で、24時間駅伝チャリティーランナーとして完走した同局の水卜麻美アナウンサー(32)が26日、レギュラー出演する同局系情報番組「スッキリ」(午前8時)に生出演し、番組内で角煮4個入りの鶏白湯ラーメンが振る舞われた。


    前日に42・195キロを完走した水卜アナ。

    ご褒美として、「らーめん まる玉」の「塩味鶏白湯らーめん角煮入り 水卜SP」が生放送中に作られた。

    通常は角煮2個のところを4個入り、という説明に水卜アナは爆笑。

    「何カ月ぶりだろう、ラーメン」とつぶやきながら麺をひとすすりすると、満面の笑みで絞り出すように「おいしい」と一言。

    MCの極楽とんぼ加藤浩次(50)から「泣けて来た?思い出した?ラーメンのおいしさ」と突っ込まれた水卜アナは「久しぶりだな~、ありがとうな~。ちょっと絞って軽くしてやりたいと思っていたから、ラーメンランチ、数カ月ご無沙汰してたな~」とラーメンに話しかけるように食べた。

    角煮も食べると「トロトロじゃん」と恍惚(こうこつ)の表情に。

    水卜アナが「優しくしてもらってありがとうございます」と言うと、加藤が「今日だけですよ」とオチを付けた。


    m


    完走後に「カツ丼を食べたい」と話していたハリセンボン近藤春菜(36)には、高級焼き肉店「生粋」から、牛一頭500グラムしか取れないシャトーブリアンを使った、1万円の常連限定カツ丼が振る舞われた。

    水卜アナはその後、24時間駅伝について「走っている最中も走った後も、皆様からの優しさを本当に感じて、何てすてきな世の中なんだろうと思えた時間でした。
    本当にありがとうございました」と感謝。

    春菜は「皆さん、応援もいろいろありがとうございました。
    皆さん、できないことはない!やってみよう!これです」と叫んだ。


    水卜アナはチャリティーランナーの第3走者として42・195キロ、春菜は第1走者として32・195キロを走った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-08260309-nksports-ent

    所長見解:そっちね・・・
    【【衝撃告白】水卜アナ「ご無沙汰」の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ