別居

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの上沼恵美子(63才)が、結婚41年目となる夫と別居状態にあることが明らかになった。

    7月中旬の週末。
    大阪市内から車で40分ほどの高級住宅地にある約100坪、3階建ての豪邸は雨戸をすべて閉め切り、ひっそりしていた。
    午前11時、宅配便の配達員がこの家を訪れると、ひとりの女性が玄関に姿を現して荷物を受け取る。
    その後、女性はペットホテルから帰ってきた愛犬を玄関で迎えた。

    翌日の午後、うだるような暑さの中を女性は帽子を深めにかぶり、サングラスとマスクで顔を覆って外出した。
    彼女が家を出ると、がらんとした豪邸を静寂が包んだ。
    この女性が上沼。
    今、この豪邸に彼女以外の住人はいない。

    上沼は17才の時に姉・万里とともに漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビュー。
    1977年に関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(71才)と結婚すると芸能界をスッパリと引退した。

    だが翌年、「専業主婦は耐えられない」と本名で芸能界に復帰すると、歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、“西の女帝”として数多くの冠番組を獲得。
    1994年から、2年連続でNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めるなど、関西では誰もが知る名司会者となった。

    「恵美子さんは売れっ子になってからも毎朝、自分の仕事に出る前に家事をこなして真平さんを送り出していました。
    真平さんはいわゆる“昭和のお父さん”で家事はすべて妻任せ。
    恵美子さんは忙しい日々を過ごしながらも、“本業は主婦”という思いで亭主関白な夫に尽くしていました」(上沼の知人)

    家庭を第一にする上沼だが、テレビでは家族にモノ申すことが多かった。

    「以前は姑についてのネタが“鉄板”で、『22才で出産した頃、赤ちゃんの夜泣きで姑から散々イヤミを言われて地獄だった』とよく話していました。
    近年は夫への愚痴が多く、『結婚生活がしんどい』、『遠回しに別居を申し出たら夫に怒られた』などと打ち明けていました。もちろん冗談めかしてでしたが…」
    (在阪テレビ局社員)

    だがこれはテレビ用のネタではない。
    冒頭のシーンのように、上沼の“ひとり暮らし”はすでに始まっていたのだ。

    k


    ◆夫の定年を機に関係が変わった

    仕事と家庭を両立していた上沼にとって大きな転機となったのは2008年だった。
    この年、関西テレビの関連会社の社長に就任したばかりの真平さんは、その地位を捨て定年退職の道を選んだ。
    夫の突然のリタイアは上沼にとって青天の霹靂だった。

    「定年後の真平さんはゴルフやウクレレなどの趣味に熱中していきました。
    一方、家にずっといても家事は一切やらない。
    恵美子さんが風邪をひいた時、『熱があるみたいやから、早めに寝る』と言ったら真平さんは『そしたら晩ご飯はどないなる?』と返したほど。
    そんな毎日に、恵美子さんは『夫婦の生活がストレスや』とボヤくようになりました」(前出・上沼の知人)

    夫の定年から数年経つと上沼の体調は悪化した。
    2013年8月には自律神経失調症を患ったことを明かし、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院した。
    いずれもストレスによってかかりやすくなる病気である。

    2015年12月には上沼を支え続けた最愛の母を亡くし、深い喪失感に襲われた。
    この時も夫の言動が強いストレスになったようだ。
    当時の状況について、上沼は女性誌でこう語っている。

    《母を失ったとき、素敵なご夫婦なら、「夫が支えてくれました」と言うんでしょうね。
    けど、うちの人は全然でした。
    私が悲しんでいても、何も思わない。
    若い頃は、「恵美子、大丈夫か?」と夫が包んでくれるのだろうと想像していましたが、何もしてくれません》(『婦人公論』2016年5月24日号)

    今年3月、上沼はMCを務める『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で衝撃の告白をした。8年前から目まいがひどく、カウンセリングを受けると医師から「夫源病」と診断されたというのだ。
    耳慣れない病気について、名付け親である循環器専門医の石蔵文信医師が解説する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00000020-pseven-ent&p=2

    続く

    所長見解:そうやったんや・・・

    【【関西女帝】上沼恵美子、深刻すぎる病状がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年10月に乗用車で人身事故を起こして謹慎中のお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(40)が夫人と別居していることが7日、分かった。
    関係者は「今は一緒に住んでいないと聞いています。事故のこともあって奥さんと溝ができたようです」と説明した。
    フジテレビのバラエティー番組で振り付けを担当していたダンス講師の夫人と2011年に結婚。2人の間には長女がいる。

    t


    堤下は事故の影響と別居によるストレスで精神的にかなり落ち込んでいる様子。
    知人は「堤下さんは奥さんとの関係修復を図りたいようで悩んでいます。
    人目につかないよう真夜中にサウナで汗を流すことが唯一の楽しみだと言っていました」と説明。
    サウナ通いが趣味の堤下が関東近郊の店舗に通う姿が度々目撃されている。

    堤下は昨年6月に睡眠導入剤などを服用して意識がもうろうとした状態で車を運転。
    電柱に衝突する事故により道交法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで同9月に書類送検され、11月に罰金30万円の略式命令を受けた。
    10月にはゴミ収集車に衝突する人身事故を起こし、自動車運転処罰法(過失傷害)の疑いで取り調べを受け、無期限の謹慎処分となった。
    6月の事故での謝罪会見では「妻からはだいぶ叱られた。しっかりとうそなくしゃべってこいと言われた」と話していたが、半年たたずに2度目のトラブルを起こしたことになる。

    関係者によると、現在、事故の被害者と示談に向けて話し合いを進めており、「警察の尿検査では睡眠導入剤を含め薬物に関する反応は出なかった」という。
    刑事処分を待って復帰の時期などを検討するとみられる。

    堤下は周囲に「車に乗るのもこりごり。奥さんも運転しないし、車を売ろうと思う」と反省を口にしている。
    事故により引き起こされた、離婚につながりかねない別居という“人生の危機”。
    乗り越えることができるか注目される。

    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20180108_0003/


    所長見解:散々だね・・・
    【【事故謹慎】インパルス堤下 妻と別居ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮根アナ 家族と別居?

    日本テレビ系の「情報ライブ ミヤネ屋」のMCとして知られている、フリーの宮根誠司アナが、来年4月から妻子と別居生活を送ることになったことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

    m


    宮根アナといえば、先月、同番組を降板し、フジテレビ系の新番組の司会に就く予定であることが一部で報じられたが、報道直後の同番組で真っ向から否定。
    “東京進出”の話が立ち消えになっていた。

    しかし、同誌によると、娘が都内の有名私立小学校をお受験し、見事に合格。
    それに伴い、来年4月からは、妻子が東京で生活。
    同番組の生放送で日テレの系列局・読売テレビに“出勤”しなければならないため、妻子と別居することになるという。

    12年1月、宮根アナは“隠し子”の存在が報じられたが、その際、妻は宮根を許したのだとか。
    以後、妻にはまったく頭があがらなくなってしまったそうで、東京の小学校へ入れることを希望する妻の願いをかなえたというのだ。

    それにより、今後は、公私ともに関西から東京へ“拠点”を移す可能性も浮上しているというのだが…。

    「フジへの“移籍話”はなかったが、『ミヤネ屋』の視聴率は苦戦しているだけに、もう数年もすれば、宮根アナの“商品価値”がダウンしてしまう。
    宮根アナは自分の“売り時”をしっかり計算しているはずなので、そのうち大きな決断があるのでは」(芸能記者)

    そもそも、“隠し子”発覚以来、宮根アナに対する“逆風”もあるのだとか。

    「自分のことを棚に上げて、不倫問題をしたり顔で語っているのはいかがなものか、という声が局内ではあがっている。
    自分がスキャンダルのネタになってしまっただけに、報道番組への“適性”は低い」(日テレ関係者)

    娘の教育費のためにも、これからガンガン稼がなければいけないのだが…。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-37167/ 



    所長見解:別にいいんじゃないの・・・
    【【ミヤネ屋】宮根アナ 家族と別居ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「以前は、ワンちゃんを散歩させている岡田さんをよく見かけたんですが、この半年くらい、お見かけしないんです」(近所の住人)

    情報番組『PON!』(日本テレビ系)のMCとしても活躍中の『ますだおかだ』岡田圭右(48)。
    「閉店ガラガラ!」の決めギャグは、知名度もバツグンだ。
    長女の岡田結実(17)までもが大ブレークして一躍、人気タレントに成長した岡田。
    長男の岡田隆之介(19)も大手事務所に所属して俳優活動を本格化している。

    じつは一家を支えてきた妻・岡田祐佳(45)も、95年に岡田と結婚するまでは漫才コンビ『‐4℃』として活動していた。
    2人はもともと同じ事務所に所属していた同期のお笑い芸人。
    “職場結婚”後は、祐佳夫人は2児の子育てもあり、主婦業に専念してきた。
    だが結実のブレークで昨年から“母娘共演”のオファーが殺到。
    祐佳夫人も芸能界復帰を果たしている。

    いまや、家族4人全員が芸能人となった岡田家。
    さぞ順風満帆そのものと思いきや、最近、岡田が自宅から姿を消したという――。

    8月下旬の平日の朝、この日は岡田が出演する『PON!』の生放送がある日。
    だがこの朝、一家が住む都内の一軒家から岡田が姿を現すことはなかった。
    かわりにこの日、岡田が生放送を終えて帰って行ったのは、ベイエリアに立つ高級マンション。
    やはり、家族とは別居しているようだ。
    翌日、愛車の真っ赤なスポーツカーで、マンションから出て来た岡田を直撃した。

    d


    ――岡田さん、女性自身です。半年ほど前から、家を出てご家族と別居されていると聞いています。

    運転席の窓を開けた岡田は、そう聞かれると一瞬天を仰いだように見えた。
    だが、すぐに気を取り直す。

    「ワオッ!バレましたか!……あの……なんで、バレてしまったんでしょうか」

    持ちギャグで明るく応じながらも、別居の事実を認めた岡田。
    別居の理由については、こう明かす。

    「これは、夫婦間のややこしい話なんですよ。
    子供も大きくなって、お互いにこれまでの人生を振り返り、それぞれ自分の人生や老後のことを考えたときに、温度差がありました。 
    昔から夫婦喧嘩はありましたが、それは『喧嘩するほど仲がいい』という、仲睦まじい喧嘩だったんですよ。
    それが、子供たちが大きくなるにつれ、喧嘩の種類が変わってきました。
    娘も息子も芸能界に入っているので、子供たちの前でそんな夫婦喧嘩を見せるわけにはいきません」

    祐佳夫人は今年4月、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した際、結婚後も芸能界に未練があったことを告白している。
    岡田本人に、妻の芸能界復帰について本音を聞いてみた。

    「そのことで、話し合いがエキサイトして喧嘩になってしまうんですよね。
    私たちは、いろいろと状況が変わりました。
    娘がこんなにブレークするとは考えていませんでしたしね。
    今後の人生の考え方で、夫婦に摩擦が生じたのだと思います」

    岡田本人に“夫婦の今後”を聞くと複雑な表情を見せた。

    ――離婚するとなっても、お子さんが成人された後?

    「そうですね。子供たちがいちばん大事ですから……。
    先のことは、子供たちが大人になって家を出てから考えます。
    でもまあ、この先どうなるか、きちんと話し合って、よい方向に進めばいいなとは思っています」

    夫婦生活も「閉店ガラガラ!」となってしまうのか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170829-00010002-jisin-ent


    所長見解:真面目なんだね・・・
    【【閉店ガラガラか?】ますだおかだ岡田圭右 、妻と別居ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    都内の閑静な住宅街の一角に佇む、レンガ調の一戸建て。
    黒い重厚な鉄製の門の奥には、手入れされた木々が生い茂る中庭が広がっている。
    敷地面積は約180坪、土地建物合わせて6億円ともいわれるその豪邸は、南果歩(53才)と渡辺謙(57才)夫婦の自宅だ。
    だが、ハリウッドで最も成功した日本人俳優が暮らすのにふさわしい瀟洒な邸宅は今、ほとんどの窓のシャッターが閉め切られたまま。
    そして──。

    w


    発端は3月末の『週刊文春』の報道だった。
    渡辺とジュエリーデザイナー・A子さん(36才)がニューヨークで密会する姿が写真付きでスクープされたのだ。
    ふたりの交際期間は3年近くに及ぶという。

    「報道後、謙さんは果歩さんにいきさつを包み隠さず話したそうです。
    ただ、果歩さんのショックはかなりのものでした。
    浮気や遊びと言い訳できるレベルではなく『本気不倫』でしたから。
    しかも昨年、乳がんの手術を受け闘病中の果歩さんに、謙さんは寄り添う姿を見せていたにもかかわらず…ですから。
    果歩さんは3か月近く経った今も全然心の整理がついていないみたいです。
    ふと考えてしまい、気づいたら何時間も過ぎているというようなことがあるそうです」(芸能関係者)

    冒頭の自宅は、2015年末に建てられたばかりの新築で南の母親も同居していた。
    しかし、そこから渡辺の姿は忽然と消えていた。

    「あれだけの不倫が報じられて、義理のお母さんと一つ屋根の下っていうのは正直つらいでしょう。
    仕事のかねあいもあるんでしょうが、謙さんは今はホテル住まいを続けているんです」(渡辺の知人)

    5月下旬、ふたりの新居から数箱の段ボールが運び出されていた。
    南は在宅していたが外には出て来ず、女性の関係者が荷物をタクシーに積み込む。
    そして警戒した様子で回り道を繰り返しながら走り去って行った。

    「生活に必要なものが段ボールに詰められて、謙さんに届けられたようです。
    果歩さんとしては謙さんの身の回りのものをたたき出してやりたいような気分にもなるでしょう」(前出・芸能関係者)

    つづく

    週刊ポスト
    http://www.news-postseven.com/archives/20170614_564161.html

    【【ラストサムライ】渡辺謙、不倫報道で6億円自宅から荷物たたき出されるってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ