出産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の中越典子が29日、第2子となる女児を出産したことを自身のInstagramで発表した。

    中越は「このたび、11月22日に無事、第二子の元気な女の子を出産しました。母子ともに健康です」と報告し、ピンク色のおくるみに包まれた赤ちゃんとそれを優しいまなざしで見つめる自身の写真をアップ。

    そして、「澄みきった空のような娘の澄んだ瞳に、うっとりしています」と母になった喜びを綴っていた。

    そんな中越のもとには、祝福の言葉や「お疲れ様です」と中越を労う言葉が多く届いているが、中には「そういえば旦那は最近見ないな」「旦那、仕事は大丈夫?」など、夫である俳優の永井大の仕事を心配する人たちも。

    二人は2014年に結婚したが、そのあたりから永井の仕事は激減し、最近は露出の機会がめっきりと減っている。

    n


    「永井さんはスポーツ系のバラエティで火が付き、自身の体力を生かした役柄も多かったです。
    ドラマ『特命係長 只野仁』(テレビ朝日系)では筋肉美を見せつけ、『サラリーマン金太郎』(テレビ朝日系)ではスタントマンなしで格闘シーンを演じるなど、2000年代は永井さんだからこそという仕事が多くありました。
    しかし、ここ数年はテレビドラマや映画にちょこっと出るのみ。
    今年のドラマ出演はスペシャル番組やドラマの数話に出ただけです」(芸能記者)

    しかし、一時は人気俳優の名をほしいままにしていた永井が、テレビから消えてしまったのはなぜなのだろうか。

    「多くのトラブルが重なって、イメージが低下してしまったことが原因だと思います。
    12年には、実際は落札していないのに、わざと格安で人気商品を落札したように見せる詐欺サイト『ペニーオークション』の販促に加担しました。
    そして、15年には、週刊誌に金銭トラブルを抱えていることをすっぱ抜かれる始末…。
    今では永井さんの仕事を埋められるような多くの若手俳優も育ってきているので、制作側も敢えて永井さんを使おうとはしません」(前出・同)

    永井は覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優・高知東生氏と仲が良かったことでも知られ、そのことも影響を与えているようだ。

    しかし、夫婦仲は良好で、今回の出産にも立ち会ったとのこと。

    2児の父となったことで、演技にさらに深みが出ることだろう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15674138/

    所長見解:見なくなったね・・・

    【【2子出産】中越典子の夫、永井大の現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの丸岡いずみ(47)が28日、ブログを更新し、全治3カ月のやけど(火傷)を負ったことを明かした。

    m


    この日朝、あたたかい麦茶を飲もうとして、お湯をこぼしてやけどを負ったといい、長袖、長ズボンを着用していたため、「体に引っ付いちゃって大パニックに!」なったことも明かした。

    「ハサミで服を切る??違うよな~とかなんとか考えているうちにお湯がかかったところがみるみるうちに赤くなってって。。」と気が動転して手当が遅れたことも告白。
    「シャワーで両足冷やしたけど、その分、手が疎かに。。。」と両足と手にやけどを負ったことも示唆した。

    病院で診てもらったところ、先生からは「やけどはもっと早く来ないと 全治3か月ぐらいですね」と言われたといい、「ショック 私的には頑張って早く病院に駆け込んだ方なんだけどな」とがっくりきていた。

    また「最近凹むことが多いから、お祓いにでも行こうかな~」とぼやいていた。

    丸岡は19日に約3カ月ぶりにブログを更新し、続けて自身のことに触れ、「今年の夏は、私は体調管理が大変でした。
    咽頭炎からのヘルペスウイルス感染、体力が落ちて、メンタル的にも低空飛行に」なっていたことを明かしている。

    丸岡は今年1月に代理母出産で男児を授かっている。


    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000102-dal-ent


    所長見解:ヤバそう・・・

    【【うつ病危険】丸岡いずみ、全治3カ月の火傷の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優のいしだ壱成の妻・飯村貴子(19)が28日、第1子となる女児を出産した。

    d


    自身のインスタグラムで報告したもので「無事産まれました!女の子でさっちゃんってよんであげてください」と報告したもの。

    いしだは2003年に元タレントの女性と結婚し長男が誕生したが、06年に離婚。
    14年7月に一般女性と再婚したが、昨年10月に離婚。
    その直後から、飯村との交際を公言しており、今年の4月9日に3度目の結婚と飯村の妊娠を報告した。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/28/kiji/20180928s00041000241000c.html


    所長見解:最近見ないね・・・

    【【祝報】いしだ壱成&飯村貴子に「さっちゃん」誕生 ←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “炎上女優”の濱松恵(35)が執筆した自伝小説「黒い薔薇」(発売中)の内容をめぐって、一部の芸能関係者がザワついている。

    濱松は10日に都内でイベントを行い、本紙既報通り、20代のイケメンボディーメンタルコーチとの入籍と、“6股男”狩野英孝との不倫情事をオリジナルドラマ化すると発表し、同時にこの自伝小説を発売した。

    その中身は超ド級の暴露話ばかり。
    大部分が濱松が関係を持った男性芸能人との情事について描かれているものの、相手の名はさすがにイニシャル表記となっている。
    さらに、薬物を常習していると思われる男性芸能人の描写まであり、衝撃的内容に芸能関係者が注目している。

    「いくつかの話について、私も知っている内容が含まれていた。
    売名行為だよ、と濱松を突き放す人が多いが、意外とバカにできないのでは。
    特に薬物を使用するという男性芸能人の部分は、今後のキャスティングのためにも、真偽が気になるところ」(テレビ関係者)

    ほかにも「打鍵器で骨をコツコツと叩く」趣味を持つ、人気俳優との一夜が詳細に描かれていたり、海外志向の強い俳優がバイセクシュアルをカミングアウトしたとする描写もある。

    また、デビュー曲がスマッシュヒットしたという2人組ミュージシャンのうちの1人の子を出産したと明かしている部分もあり、イニシャルが解明されてしまえばファンを巻き込んで大騒動となることは間違いない。

    本の登場人物たちはみな、何事もなく過ぎ去ってほしいと願っているはずだが、いつイニシャルが実名に変わるかは、濱松だけが知るところ。
    イニシャルで書かれた芸能人は、いつ落とされるかわからない“爆弾”におびえる日が続きそうだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15205226/

    no title


    所長見解:おもしろそう・・・

    【【徹底検証】超ド級暴露話で多くの男性芸能人が戦々恐々の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    倖田來未、「工口かっこいい」から「ママかっこいい」へ

    歌手の倖田來未(35)の新アルバム「DNA」が22日に発売される。
    2月の「AND」に続く今年2枚目のアルバムで「タイトルの通り、自分のDNAを入れ込んだ1枚。
    いい意味で進化した姿、音楽を一度聴いて欲しい」という。
    “工口かっこいい”ブームを起こし、デビュー5年で日本レコード大賞を受賞したが「当時は私が倖田來未を追いかけるのに精一杯だった」とも。
    見た目で誤解を受けたり、トップであり続けることへのプレッシャーもあったというが
    「カッコいい母親、女性を目指す気持ちにぶれはない」という。
    3度の引退危機や家族の話なども聞いた。

    k


    デビューから順風に見えるキャリアも下積みがあってのもの。
    だが歌手生活の中で3度引退を考えたことがあったという。

    「20歳でデビューする前はライブハウスで深夜2時まで歌ってました。
    群馬や茨城に車でマネジャーと行っては誰もお客さんいいひんところで歌って『私、何をやってるん。
    こんなことをやるために歌手になったんじゃない』。
    私は売れてなくてもただ歌いたい人間ではなく、人に勇気を与えたいからこの世界を志したので見てもらえなければ歌う必要がないと思っていました。
    3年目に『real Emotion』が『ファイナルファンタジー』の主題歌になった時
    『あんな大きいタイアップで売れない歌手は見たことない』と言われ続けて『ダメならやめる』って会社にも言っていました。
    売れないとしたら、この世の中で私の声が求められていないのだなと、引退も覚悟していました」

    ―2回目は。

    「ラジオで不適切な発言をした時ですね。
    面白いトークをやりたいと思っている中で、ボキャブラリーと知恵のなさで、自分の意図としいひん所で人を傷つけました。
    自分は歌詞に言葉をのせてやっている仕事なのに、それはあり得ないんじゃないかなと思って謹慎しました。
    毎日ずっと家で泣き通しで…。
    人もぶわーっと離れていって、あの時ほど死にたいと思った時はなかったです。
    ただ復帰したのはあそこに悪意は一つもなかったということで、悪気があったら倖田來未やめてます。
    それ以来一気にテレビで発言するのが怖くなりました。
    自分が何をいってもまた何かいわれんじゃないかと思っちゃって…」

    ―3回目は。

    「結婚して息子が生まれた時です。専業主婦になるか歌を続けるか。
    『家庭に入っていいよ」という気持ちもあった中で主人が『倖田來未として歌っているのが好きだ。
    サポートするからどっちでも好きにしていいよ』と言ってくれたので『じゃあ、わたしは歌に未練があるから歌いたい』と復帰を決めました」

    サービス精神が旺盛で本音トークが持ち味。
    歌もファッションも全てにおいてアグレッシブが彼女の生きる道。
    とことん突き詰めて欲しい。


    全文はソースで
    スポーツ報知 
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180816-OHT1T50125.html


    所長見解:あれやね・・・

    【【衝撃告白】倖田來未、3度の引退危機がコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ