出産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年10月、演出家のコウカズヤ氏と“授かり再婚”した元SPEEDの上原多香子(36)。


    年末に無事出産してママになった上原は、2月のある昼下がり、赤ちゃんを抱え、都内にある高級百貨店のベビー用品売り場にいた。

    彼女が売り場で熱心に見ていたもの。

    それはベビーカーだった。

    b


    居合わせた客が証言する。 


    「さすがは高級百貨店なので、STOKKE(ストッケ)やbugaboo(バガブー)などのヨーロッパのラグジュアリーブランドの10万円近くするベビーカーがズラリ。 
    ドリンクホルダーやレインカバーなどのオプションを付ければ15万円を超えるものもあります。 
    上原さんは、フランスのブランドBABYZENyoyo+(ベビーゼンヨーヨープラス)やドイツのブランドcybex(サイベックス)にお子さんを試乗させていました。 
    どちらも高いモデルは10万円近くするブランド。
    芸能人はお金があるな、って思いました」 



    ※画像がコチラ


    セレブベビーカーを物色していたが、上原の暮らし向きは決して楽ではないようだ。

    2017年8月、女性セブンは、上原の前夫でヒップホップグループ『ET-KING』のTENNさん(享年35)の自死は、上原の不倫に一因があったとする遺族の証言を報じた。


    上原は沈黙を続けるが、仕事は激減。

    月200万円以上はあったとされる収入はほぼゼロに。

    高級マンションから引っ越し、築30年とも言われるアパートで暮らしているという。



    「昨年3月には2時間ドラマ『浅見光彦シリーズ』(フジテレビ系)にヒロインとして出演しましたが、視聴者からの評判はよくなかったと聞きます。
    こんな状況だからなかなか上原にオファーが出せません。
    ネットではいまもアンチが多いようで、SPEED時代からのファンとしては少し同情しちゃいますね」(テレビ局関係者)



    子育てで多忙な毎日を送る上原だが、ベビーカーを選ぶ表情は明るかったという。


    「上原さんは何台ものベビーカーに子供を乗せていました。
    長時間吟味していたようですが、納得がいかなかったのか、その日は買わなかったようでした」(前出の居合わせた客)

    上原が再び芸能界で輝く日は、いつになるのだろうか。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16099676/
    NEWSポストセブン

    所長見解:もう無理でしょ・・・
    【【あの人は今】元SPEED・上原多香子さん、セレブなベビーカーを物色の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆「妥協してまで結婚したくない!」そう思う?思わない?

    【回答】
    思う:72%
    思わない:28%

    k


    「結婚は生涯共にすることになるので、本当にこの人って思った人じゃないとしたくないです」(25歳/事務)

    「1人でも充分楽しいし、無理して妥協してまで結婚したいと思わない」(26歳/製造)

    「小さな妥協は良いですが、一番妥協したくない部分にまで妥協するくらいなら結婚したくはないです」(32歳/小売り)

    「こんな男と結婚なのかと思うと、自分の一生がむなしくなっちゃいますから」(34歳/サービス)

    https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_DokujoStyle_31721/

    所長見解:まあね・・・

    【【少子化問題】 72%の女性が「妥協してまで結婚したくない」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    赤ちゃんは可愛いものですが、誰でも他人の赤ちゃんを見て喜ぶとは限りません。

    はてな匿名ダイアリーには12月下旬、「友人の赤ちゃんに会いに行くのが面倒臭い」と書いて注目を集めたエントリーがありました。

    投稿者は30代の女性で、同年代の友人が出産ラッシュ。

    「ぜひ赤ちゃんに会いに来て~!」と言われるものの、「どうも足が向かない」と明かします。

    妊娠前はそれなりに仲の良い友人たちでしたが、貴重な休日をそれで奪われるのは億劫な様子です。

    「そもそも赤ちゃんに会いに行ったら 『カワイイ~!』とか言わないといけないのが面倒。ぶっちゃけ親友の赤ちゃんを見ても感情が『無』。ただただ面倒だ」

    と本音を吐きだしていました。

    k


    「気持ちはわかる。赤ちゃん=可愛い前提で言われるの困る」

    子持ち筆者にとってはどんな赤ちゃんでも可愛いですし、子どもがいる友人とはお互いお祝いがてら喜んで会いに行ったので、こうした意見は新鮮でした。

    「喜んで」と思っていたのは私だけだったのか?と、軽めのショックもありつつです。

    この投稿には300近くブックマークがつき、賛否が分かれました。

    意外と多くの人が「わかる」と共感を寄せています。

    「気持ちはわかる。赤ちゃん=可愛い前提で言われるの困る」
    「赤ちゃんが苦手な人にとって、好意的な反応を長時間強制されるこのイベントはなかなか辛いのよな」

    「赤ちゃんは可愛い」に一種の同調圧力のようなものを感じて、辛い人が多いようです。

    そういえば、社会学者の古市憲寿氏はパンダの赤ちゃんを「可愛くない」と言って批判を浴びていました。

    いつでも正直に生きるには、メンタルが強くないといけません。


    「動けないからうちに来て会話して、の婉曲話法だよ」という指摘

    否定的な声が多い一方で、産後の友人を思いやるコメントもたくさんありました。

    「赤ん坊見に来て、は動けないからうちに来て会話して話聞いて、の婉曲話法だよ。
    気づいてないかもしれないけど、会いに行ったならお友達は相当助けられたと思うよ」

    と諭す人も。

    ようするに、「赤ちゃんを見に来て」は、「私に会いに来て欲しい」という求めだ、という意見です。

    確かに、生後1~2カ月の赤ちゃんは首が座っておらず、おむつの取り換えや授乳も頻繁で、外出は難しくなります。

    睡眠不足で赤ん坊と家に籠りきりの日々は、確実にストレスが溜まるもの。

    筆者も友人が家に来てくれたときは、大人と話ができるだけで有難く、楽しくて仕方ありませんでした。

    しかし、「それならそれで素直にそう言えばいいのに」というのが、独身者や子どものいない・作らない人の心情です。

    「(赤ちゃんに)会いに来て~って誘い方は独身にはキツイのだよ…幸せマウントされるの目に見えてるのだもん」というコメントもあったように、招いた友人にそんなつもりは無くても、人によっては複雑な感情が湧くこともあります。

    以前、NHKの『あさイチ』で「女の友情」を特集していたとき、出産で関係がおかしくなった例がいくつも紹介されていました。

    子どもがいて専業主婦と、社会でバリバリ働く人との間には、どこかに隔たりが生じてしまいます。

    それでもその友人を大事にしたいなら、縁遠い時期はあっても関係は続くもの。

    そんなに面倒なら、「環境が変われば付き合いが無くなる相手」なのかもしれません。

    無理して行くことも、気に病む必要もないでしょう。

    https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-10382/


    所長見解:たしかに・・・

    【【共感多数】「友人の赤ちゃんに会いに行くのが面倒臭い」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    突然の現役引退を宣言し、日本中を驚かせた“霊長類最強女子”吉田沙保里(36)。

    1月10日に開いた引退会見でも「女性としての幸せを絶対に掴みたい」と語るなど、かねてから結婚や出産への強い憧れを口にしていた。

    だが世界のトップとして活躍し続ける吉田にとって、出産は高いハードル。

    『婦人公論』16年3月8日号のインタビューでもこう語っている。

    「結婚はもちろんしたい。
    ただ、子どもができたら、競技生活は続けないでしょうね。
    私は家族をもったら、そっちに専念したいほうなので」


    現役続行か出産か――。

    その狭間で揺れ続けた吉田。

    だが、そんな彼女の気持ちを縛りつける人物がいた。

    大学時代から吉田を指導してきた栄和人氏(58)だ。

    s


    実は“親友”澤穂希(40)との対談で、吉田はこんなことを明かしていたのだ。

    「たしかにレスリングは今しかできないし、恋愛は後でもできる。
    でも、できたら彼氏が欲しい(笑)。
    栄監督も私がロンドン五輪までに結婚したいって言ったら、してもいいって言うし……。
    ただ、子供はダメだって」(『スポルティーバ』09年2月号)

    「子供は産むな!」という恩師に課せられた“呪縛”。

    パワハラ以外の何ものでもない命令だが、吉田はかたくなに守り続けた。

    そして昨年、栄氏による伊調馨選手(34)らへのパワハラ騒動が発覚。

    吉田は苦悩した。

    だが同時にそのことは、彼女を解放するきっかけにもなっていた。


    「栄さんがパワハラ問題で激しく批判された際も吉田さんは、沈黙を貫きました。
    引退会見では『世界で活躍できる選手に育ててくれたのは栄監督だと思っています。
    感謝の気持ちでいっぱいです』と告白。
    それほど吉田さんは、栄さんのことを尊敬していました。
    実は、リオ五輪のときに引退を決めていたそうです。
    年齢や持病の喘息のこともあり、肉体的には限界を迎えていました。
    それでも東京オリンピックを目指したのは『支え続けてくれた栄監督のためにも、もう少し頑張ってみよう』という思いがどこかにあったといいます。
    そんな矢先に、栄さんが協会の強化本部長を辞任した。
    そこで肩の荷が下りたのでしょう。
    彼女は『もう自分のために生きてもいいのかな』と考え、引退を決断する決め手になったそうです」(前出・レスリング協会関係者)

    長い時を経て“十字架”をおろした吉田。

    新たなる幸せを求め、彼女は再び歩み始める――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010000-jisin-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【レスリング】栄監督、吉田沙保里に「子供は産むな」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気ドラマ『相棒season17』(テレビ朝日系)の元日スペシャルで、女優復帰を果たした仲間由紀恵(39)。

    12月中旬、本誌はそんな彼女の“産後初ショット”をキャッチした。

    お昼ごろにマネージャーらしき男性と都心の複合ビルを訪れた仲間。

    仕事の打ち合わせに来たのだろう。

    コーヒーを片手に颯爽と歩く彼女は、今年6月に双子を出産したばかりとは思えないほどスタイル抜群だった。

    「スピード復帰を目指して、食事制限や自宅でできるトレーニングを続けてきたといいます。
    間食を控え、お腹が空いたときは、白湯を飲んで我慢していたとか。
    半身浴にもハマっていましたね」(仲間の知人)

    そんな産後ダイエットを支えていたのが、夫の田中哲司(52)だという。

    「17年に発覚した不倫騒動で、田中さんの仕事は激減。
    最近になってやっと映画や舞台の仕事が入るようになってきたみたいです。
    自分の不祥事を許してくれた仲間さんに頭があがらないようで、田中さんは家事・育児を積極的にサポート。
    料理上手な田中さんが晩ご飯を担当したり、赤ちゃんをお風呂に入れたりと、至れり尽くせりだそうです」(舞台関係者)

    先日行われた『相棒』のロケでも、仲間は家族円満ぶりを垣間見せていたという。

    「仲間さんは久しぶりに再会した共演者から『赤ちゃんの名前は?』『写真見せて!』と質問攻めにあい、顔をほころばせていました。
    ダイエットのためか仲間さんはロケ弁や差し入れには手を付けず、持参したお弁当を食べていました。
    現場では『旦那さんの手作り!?』と話題になっていました」(ドラマ関係者)

    産後復帰大成功は“禊のダイエット弁当”のおかげ!?


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00010001-jisin-ent

    no title


    所長見解:痩せたね・・・

    【【産後太り】仲間由紀恵、ダイエットの結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ