ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    出産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの矢口真里(36)がお宮参りをしたことを報告した。


    2018年3月に再婚し、8月9日に第一子長男を出産していた矢口。

    出産以降、子共の様子などもたびたびつづっているが、そんな中、15日にブログを更新し、「お宮参りへ」というタイトルのエントリーを投稿。


    「昨日は家族でお宮参りに行ってきました」とつづり、着物姿で息子を抱っこしている写真を披露した。



    矢口は息子が着ている祝い着について、「旦那さんが31年前にお宮参りで着ていた物で、おかあさんが持ってきてくれました」と明かし、それを見て夫も嬉しそうだったとのこと。


    「私はその姿を見てさらに嬉しい気持ちになりました」とコメントし、「両家のお父さんお母さん一日ありがとうございました」と感謝も記していた。



    o



    しかし、このブログについてネットからは、

    「前夫の気持ちとか考えないの?ひっそりやればいいのに」

    「幸せなのはいいけどあれだけ元旦那を傷つけて、よくのうのうと写真アップできるね」


    「お宮参りなどのセレモニーをするのはいいけど、過去、自分がどんな騒ぎを起こしたか考えれば、公にしない方がいいと思う」

    といった声が集まってしまっていた。



    13年に不倫が発覚してからすでに6年が経過しているものの、いまだ印象は強い。

    それだけにツッコミが集まってしまっていた。



    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/2007310/

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】矢口真里さん、子どものお宮参りを報告した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「モーニング娘。」の辻希美(32)が5日までに自身のインスタグラムを更新。

    フォロワーからの質問に答える形で出産や結婚への思いを明かした。

     
    辻はストーリー機能を更新し、フォロワーからの質問に回答。

    「5人目も考えていますか?」との質問に対し「この質問凄い多いw」とした上で「5人目…今すぐではないですが…授かれるなら欲しいです」と率直な思いを明かした。


    t



    以下引用元より一部抜粋 全文と画像はこちら 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000088-sph-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【朗報】辻希美さん(32)5人目を妊娠・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の北川弘美(38)が29日、公式ブログを更新し、22日に出産を報告した第2子が、両親が二重まぶたであるにも関わらず一重まぶたであることを打ち明けている。


    h

     
    北川は「二重の親から一重?」と題した投稿で、「顔の浮腫みがとれ、落ち着いてきました。兄弟だけどあまり似てないかなー。しかも一重だ」と、新生児が一重まぶたであることを報告。

    添えられた写真の顔の部分は大きなハートマークで隠されているが、そこからのぞくまぶたは確かに一重だ。

     
    「私も夫も二重まぶたなんですが、何回見ても一重。そんな事ってあるのかな?」と不思議がり、「でももう少ししたらまた顔つきも変わるかもね」と考えている。

     
    北川は2016年に一般男性と結婚し、2018年5月に第1子を出産している。


    ▼写真
    https://i.daily.jp/gossip/2019/08/29/Images/f_12651752.jpg


    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/29/0012651751.shtml 

    所長見解:あれやな・・・

    【【悲報】美人女優の子供が一重まぶたの結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月22日、女優でモデルの佐々木希が『ハリー・ウィンストン新宿店』のオープニングセレモニーに登場した。

     
    この日、佐々木は肩が大きく開いたセクシーなタイトドレスに総額4億4,000万円もするジュエリーを身にまとって登場。

    会場からはため息が聞こえ、佐々木の美しさに魅了されたようだ。

     
    この姿は佐々木のインスタグラムでも公開され、リプライにはファンから「ママとは思えない」「美しい」という声が殺到。

    ファンも魅了されたよう。

    だが、その一方で、ネットでは佐々木の容姿の激変に驚く声が多く上がっていたのだ。


    「ドレスがタイトだったせいもありますが、ネットでは『太った?』という声が多く上がっていましたね。
    また、顔にもライトがガンガン当たってルため、顔が真っ白に。
    それゆえ、『上沼恵美子みたい!』と揶揄する声もありました。
    まあ、でも、佐々木さんも一児のママですからね。
    産んでこの体型であれば、キレイですし、ライトの当たりすぎで膨張して見えたのかも」(イベントライター)
     
    体調面もあるだろうし、一概に「太った」とはいえないだけに、物議となっているよう。


    s

     
    しかし、「そりゃ、太りますよ!」とある芸能ライターは、こう断言する。

    「昔は結構手料理をインスタに公開し、体型維持を頑張っていましたが、最近は夫の渡部建さんから離れたいのか、外で遊び外食の写真ばかりですからね。
    そりゃ太りますよ。
    それに、渡部さんのモラハラがすごいとのウワサもあり、そのストレスから暴飲暴食に走ってしまっているのでしょう」

     
    世間を驚かせた佐々木の激変ぶり。

    原因はやっぱり渡部にあるのかも!?


    画像がコチラ


    https://entamega.com/22157

    所長見解:渡部め・・・

    【【悲報】佐々木希が激太りで「上沼恵美子」化の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ある意味フシギな“力”を持つお人である。

    お騒がせな過去は数知れず。

    それでもこの20年、芸能界でしぶとく生きてきた。

    今度は齢44で「未婚の母」となる試練を迎えたが、それでも幸せそうなのは、なぜ? 


    「予定日は8月下旬。男の子って聞いていますよ」と言うのは、華原の知人女性である。

    5月に突然「妊娠6カ月」を発表。

    ここ数年、ロクな話題がなかっただけに久々のグッドニュース……と思ったのも束の間、これにもすぐにケチがついたのはご存じの通り。

    肝心のお相手を「外資系企業勤務の一般男性」としか紹介せず、入籍の予定についても一切言及がなかったものだから、「不倫」の2文字が芸能メディアに躍ったのである。

    先の知人が言う。

    「事情があるようでお相手とは籍を入れてませんし、その予定もないみたいですね。
    母親願望が強く、常々“結婚しなくてもいいから子どもがほしい”と言っていた。
    それがそのまま現実になっちゃった感じかな」


    t


    ● セレブ御用達

    シングルマザーと聞けば、現在の日本では、陰のあるイメージが強いけれど、「いやいや朋ちゃん、元気いっぱいですよ」と言うのは、長年のファンの一人である。

    華原は会員だけが見られるブログを開設しているが、

    「毎日のように『妊婦日記』をアップしています。
    それを見ると“保育園の見学に行きました”というのはまだしも“学資保険の相談に行きました”とか“もし将来、芸能界に入りたいって言ったら、坂上忍さんの俳優スクールに通わせたい”などと、気の早い話まで書いているんです」


    時折、彼女が前もって用意したベビー用品の写真もアップされているそうで、「写っているのはバーバリーのベビー服だったり、DockATot(ドッカトット)のベッドだったりと、さすが朋ちゃん、良いもの使うんだなって」(同)

    DockATotとは、スウェーデンのメーカーで「セレブ御用達」だとか。

    準備万端、というところである。

    「朋ちゃんには実家がばっちりサポートについています。
    一人親だからって何の心配も要らないんですよ」とは、先の知人。

    「お母さんが毎日のように面倒を見に行っているそうですし、何よりあの一家は、お金、持っていますしね」

     
    華原は千葉県内の鉄工所オーナーのお嬢様として生まれた。

    この会社は彼女の次兄が継いでいる。

    また、長兄は老人ホーム事業に携わり、12施設を経営する“やり手”だし、長弟も健康食品会社の社長で、3社合わせて年商は60億超! 

    「朋ちゃんと子どもの面倒くらい、どうにでもなる」(同)というワケなのだ。

    「薬物依存、自殺未遂など、いろいろなスキャンダルがありましたが、いつも最後は親兄弟が物心両面で支え、再起不能、とはならずに乗り切ってきた」(芸能ジャーナリストの佐々木博之氏)

    持つべきものは――。

    「小室ファミリー」は墜ちても、こっちの“ファミリー”は盤石、である。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00578140-shincho-ent

    所長見解:よかったやん・・・

    【【衝撃】華原朋美が「未婚の母」を決断した理由がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ