再婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「私はこれからと~っても素敵な仕事をするの。
    あなたも、素敵な仕事をしてね」。

    仕事の打ち合わせに向かう河野景子さん(54才)は、本誌・女性セブン記者の問いかけにこう言い残すと、足取り軽くその場を立ち去った。

     
    素敵という言葉を繰り返し、どこか晴れやか。

    再スタートを切った人生の行く先が、明るい証拠なのだろうか。


    k

     
    景子さんは昨年10月、23年連れ添った元貴乃花親方・花田光司氏(47才)と離婚。

    “家主”である貴乃花が家を出る形で、景子さんは都内の高級住宅街に建つ、5億円はくだらないという豪邸で暮らし続けていた。

    その生活が、夏を境に変化していた。

    「2か月ほど前に、大きなトラックが3~4台来て、荷物を運び出していました。
    最近は景子さんの姿を見かけることもないし、家に明かりもつかない。
    小さい頃にお子さんが遊んでいたバスケットゴールも撤去されて、草木も心なしか伸びている。
    近所づきあいがないかただからハッキリとはわからないけれど、引っ越したんでしょう」(近隣住民)

     
    離婚から10か月ほどでの引っ越しには、理由があったようだ。

    「貴乃花親方と景子さんには3人の子供がいます。
    長男の優一くんは社会人になっていますが、2人の娘はまだ学生。
    親権は親方ですが、生活を共にしているのは景子さんです。
    景子さんは今、美容品・健康食品のプロデュースや講演会をメインの仕事としていて、それなりに収入もあるとか。
    いつまでも元夫の家に住み続けるわけにはいかないと考え、7月頃に新居に引っ越したようです」(花田家の知人)

     
    景子さんの新居は、元の家からほど近い住宅街の一角にある。

    周囲を見下ろす高台で、閑静なエリアの高級マンションだ。

     
    今年7月、景子さんは『FRIDAY』で、妻子あるイタリア料理店オーナーシェフの男性との仲むつまじい様子が報じられた。

    「あの年齢でも変わらない美貌とスタイルですから、離婚直後から“新パートナー”の存在が噂されていました。
    実際、食事を共にする男性はいるようですよ。
    貴乃花親方の家を出たことで、再婚という話も現実味を帯びてくるかもしれません」(前出・花田家の知人)

     
    一方の貴乃花は、昨年10月に日本相撲協会を退職し、相撲を通じて子供たちに学びの機会を与えることを目指した一般社団法人貴乃花道場を立ち上げた。

    今年の10月20日には福島県猪苗代町で行われた運動会に参加するなど、地道な活動を続けている。

     
    離婚からちょうど1年となる10月中旬、景子さんに「引っ越しの理由」や「報じられた男性との近況」などを尋ねたが、「プライベートなことはお話しできません」と笑顔で返答。

    そして冒頭のように記者に“助言”して去っていった。

     
    今年6月、出席したイベントで女将さん時代を振り返り、「つらい時は笑顔で自分をごまかしていた」と話していた景子さんだが、今回の余裕すら感じられる笑顔は、本物のようだった。


    ※女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20191025_1473924.html?DETAIL

    所長見解:さすがや・・・
    【【元貴乃花妻】河野景子さん再婚説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月中旬の午前9時ごろ、大阪市内のマンションから一組の男女が仲よく出てきた。

    キャップを目深に被っている女性は、三船美佳(36)だ。

    そして隣を歩く男性は、美容室経営者の夫・Tさん(40)。

    三船が今年4月に再婚を発表して以降、初の夫婦ショットとなる。

    美容室へと出勤するTさんを送りだすため、三船はしばらく並んで歩いていく。

    その表情には、幸せに満ちた明るい笑みが浮かんでいた――。

    f


    三船は98年、16歳という若さで高橋ジョージ(60)と結婚。

    24歳も年の離れた“おしどり夫婦”として、注目を集めていた。

    そんな結婚生活に陰りが見えたのが、13年12月。

    三船は長女(14)と母を連れて大阪へ逃亡し、別居生活がスタートしたのだ。

    「15年1月にそうした夫婦の亀裂が発覚すると、3月に離婚裁判が勃発。
    原因は高橋さんの“モラハラ”と報じられ、話題を呼びました。
    裁判は泥沼化しましたが、1年後の16年3月に離婚が成立。
    長女の親権は、三船さんが獲得することになりました」(芸能関係者)

    母娘と2人きりで生きていく。

    そう決意した三船の前に現れたのが、Tさんだった。

    「当初は戸惑う気持ちもあったそうです。
    背中を押したのは、三船さんの娘さんでした。
    娘さんは三船さんと高橋さんとの離婚騒動を近くで見てきました。
    高橋さんとは会いたくないと言っていると報じられたこともありましたが、そんな彼女がTさんには心を許したのです。
    それが決め手となり、三船さんは再婚を決断したのです」
    (前出・芸能関係者)

    そんな彼女が選んだ新居は意外なところだった。

    「三船さんが住んでいるのは、大阪市内でも下町といっていい場所。
    セレブが住むような高級住宅街ではなく、古い戸建てやアパートが立ち並ぶ庶民的なエリアです。
    住んでいるマンションもごくごく普通。
    新築ではありますが、ファミリータイプの3LDKで家賃は月15万円ほどでしょう」(不動産関係者)

    高橋と結婚していたころ、三船は“合計3億円”ともいわれる豪邸に住んでいた。

    直撃の際に高橋が乗っていたのも、高級輸入車。

    誰もがうらやむほどの“セレブ生活”だった。

    「大阪に引っ越した後も、三船さんが娘と暮らしていたのは超高級マンション。
    ファミリータイプだと家賃40万円ほどで、浴室にはミストサウナも完備。
    コンシェルジュサービスまであるという、ホテル並みの豪華さでした」(前出・芸能関係者)

    そうしたころと比べると、かなり質素な生活。

    だが彼女は心から幸せそうだという。

    笑顔の裏には再婚した夫・Tさんの影響があった。

    Tさんの知人は言う。

    「彼は著名人を担当するようなカリスマ美容師ではなく、いわゆる“町の美容師さん”。
    Tさんはもともとついていたお客さんを大切にし、古くなったお店も自分で直す。
    人柄もよく、いつも笑顔であいさつする。
    そうした姿勢が評判となり、『あのお店はいいよ』という声が増えてきています。
    三船さんは、そうした堅実でまじめな彼のことが大好きなんです。
    だからこそ新居もあえて普通の賃貸マンションがいいとTさんに伝えたそうです」

    実際、Tさんと暮らし始めたことで三船は変わったようだ。

    近所の住民はこう語る。

    「三船さんを近くにある大衆的なスーパーでよくお見かけします。
    芸能人なのに気取って顔を隠したりせず、普通に買い物をしていますね。
    それに芸能人って、高級なジムに通っているイメージがあるじゃないですか。
    でも彼女は普通の主婦と同じように、近所をジョギングしています。
    だから『あの子、本当に質素だしいいコよね』と噂しているんですよ」

    “モラハラ夫”から逃亡して5年、笑顔を取り戻した三船。

    長女や夫・Tさんとの“ささやかな暮らし”が、彼女にとってなによりの“宝物”となっているようだ。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00010002-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/06/mifune_mika_1_line_tw.jpg

    所長見解:ジョージ・・・

    【【再婚】三船美佳さん、新居の家賃がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    MALIA.、4度の離婚で長女から厳しいツッコミ「結婚、早すぎたんじゃないの?」

    昨年8月に第4子となる三男を出産したMALIA.さん(36)。

    4児の母とは思えぬゴージャスな美貌で、モデルやタレントとして引っぱりだこの存在だ。

    今年4月には10歳年下のモデルと4度目の離婚を発表。

    過去にはJリーガーや有名格闘家と結婚、離婚を繰り返した恋多き女性でもある。

    m


    恋愛の延長線上には必ず結婚がゴールにある

    シングルマザーが再婚すれば祝福をするが、“ママの恋愛”には厳しい世の中。

    それでも彼女は、「だって、恋愛の延長線上には必ず結婚がゴールにある。
    好きになった人と恋愛して、プロポーズをされたなら、断る理由は見つからないでしょ」と、キッパリ。

    回数は別として、実は意外にも古風な結婚観を持っているのだ。

    プロポーズ自体、人生で何度もない経験では……と思うのは凡人の証。

    幼いころからモテ人生を歩む彼女が「プロポーズされた回数」は、なんと数十回にものぼるという。

    4度の結婚は、彼女がちゃんと好きになって、恋愛をして“YES!”と応じた回数にすぎない。

    「小さいころから王子様と出会い、好きになって、結婚してハッピーエンド……というディズニープリンセスの話が大好きだった。
    そんな刷り込みのせいか、やっぱり恋愛と結婚は切り離すことができないの。」 

    https://www.jprime.jp/articles/-/15332
    ▼画像
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/f/620/img_af2e0c1139d5568da053adc89d4279d6727892.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/-/img_077079736c322a44c2cb3109a2d8b7d01497471.jpg


    所長見解:まだあるね・・・

    【【恒例】MALIAさん、4回目の離婚成立の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の元横綱・若乃花でタレントの花田虎上氏(48)と2007年に離婚したタレント・花田美恵子(50)が3日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。

    昨年12月に13歳年下の経営者と再婚したが、なおも“花田”姓を名乗っている理由について明かした。

    h


    夫とは、週末だけ一緒に過ごす「週末婚を継続している」と明かした花田。

    「何年も長く一緒にいると相手のことを大事に思えなかったり、小さなことでイラっとすることが多い」と言い、「週に1回だと“その日があるから平日頑張れる”みたいなメリハリがある」と独自のライフスタイルを語った。

    この考えについては「夫も同じように思っている」そうで「“ああ会いたいな”と思うぐらい新鮮ですごく良い」と語った。


    再婚後もなお“花田”の姓を名乗っている理由については「仕事していた時の名前が花田だったので、今回も花田という形で今も活動している」。

    「よく聞かれるけど、前の夫も今の夫も全然肩書にはこだわらない。
    そういうことを気にしない人同士なので」とし、自身も「全く深く考えたことがない」という。

    あくまでも仕事上での名前だといい、「ゆくゆくは(夫の姓と)同じになりたい」と語った。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/03/kiji/20190603s00041000168000c.html

    所長見解:あれでしょ・・・

    【【衝撃事実】花田美恵子さん、現在も花田姓を名乗る理由「前の夫も今の夫も…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)にVTRで出演。

    昨年7月に結婚した夫で整体師・国光吟(あきら)氏同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    麻耶さんは2017年6月に最愛の妹・麻央さんが34歳の若さでこの世を去った直後から、義弟の市川海老蔵との再婚報道などが続き、「心がボロボロになった」と打ち明けた。

    z


    麻央さんが亡くなった直後に、ピンク色のバッグを持ち、手を挙げている1枚の写真がメディアに掲載され「“悲しんでいない”“後釜狙ってる”“再婚説”に結びついていきました」と麻耶さん。

    街を歩いていても、知らない人に「再婚は進んでる?」などと声をかけられたという。

    さらに、麻央さんの娘の麗禾ちゃん、息子の勸玄君を幼稚園に送り迎えすると「“母親気取り”って(言われ)」。

    2人の舞台を観に行くと、実際に観客らに「よく来れますね」「(2人は)あなたのことを必要としてませんよ」などと言われたという。

    「どんどん心がボロボロになって…。
    妹の亡くなった直後ですよ。
    そこからずーーっと(海老蔵との)再婚のことを言われ…、
    姪っ子、甥っ子と離れろ、と言われ…
    私は、最愛の妹を亡くし、そのように書かれ……、
    本当に…、こう言うことを言ってはいけないけれど、死にたくて仕方がありませんでした。
    本当に死にたかった」と怒りと涙で声を震わせた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000164-dal-ent

    所長見解:たしかに・・・

    【【衝撃告白】小林麻耶さん、海老蔵との「再婚説」の真相がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ