内村光良

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    激震は止まらない。
    日本テレビ系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のラオスロケで発覚した“やらせ疑惑”をめぐり、メーンMCのお笑いタレント、内村光良(54)が激高しているというのだ。
    このままだと、番組降板どころか、日テレと絶縁すらしかねない事態だという。

    q


    タレント、宮川大輔(46)が出演する人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコーナーで起きた“やらせ疑惑”。
    ラオスの「橋祭り」は番組が作った架空の祭りだったと「週刊文春」が報じたのだ。

    これに対し、日本テレビは8日、情報・制作局長名でコメントを出し、「企画は現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」とやらせ疑惑を否定した。

    しかし民放関係者は「報道で今回の“やらせ疑惑”を知った内村さんは、宮川が週刊誌記者の直撃取材を受けるなどの影響が出ていることもあり、かなり怒っているといいます。
    愛想をつかして降板の可能性も取り沙汰されています」とささやく。

    「バラエティーとはいえ、“やらせ疑惑”はスポンサーや出演者のイメージダウンにもつながりかねない。
    各局にMCレギュラーを持ち、CMも増えている内村さんにとっては、迷惑な話でしょう」というのだ。

    内村は、昨年のNHK紅白歌合戦で総合司会を務めるなど、国民的な人気を得ているとされる。
    現在、日テレだけでも「イッテQ」に加え「スクール革命!」や「THE突破ファイル」と3本のレギュラーを抱えているが、いまや内村は各局から引く手あまたの状況となっている。

    「日テレ以外の局は、次のレギュラー出演をめぐって順番待ちの状況です。
    かつて局アナだった徳永有美アナとの不倫騒動で出禁になっているというテレビ朝日ですら、その人気を無視できなくなっている。
    徳永アナを『報道ステーション』にキャスターとして復帰させたのも、夫である内村を取り込もうという狙いがあるからです」とスポーツ紙記者。

    そしてこう続ける。

    「内村が『イッテQ』を降板するとなると、影響はそれだけではとどまらず、日テレの番組すべてを降りることになるでしょう。
    つまりは絶縁状態になります。
    それでも、他の局からオファーは絶えませんから、内村サイドとしてはそんなに痛くはないわけです」

    “視聴率男”の去就はテレビ業界の勢力図すら大きく変えかねない。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/181110/ent1811109149-n1.html


    所長見解:知ってたでしょ・・・

    【【ヤラセQ】 内村光良が激怒問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今、お笑い界で事実上の年収ナンバーワン芸人と言われているのが『ウッチャンナンチャン』の内村光良(54)だ。
    あの、明石家さんまや所ジョージ、ビートたけし、揚げ句はダウンタウンをも収入面で抜き去ったと、もっぱらの評判なのだ。

    t


    「現在、レギュラー番組は『内村さまぁ~ず』、『痛快TV スカッとジャパン』、『スクール革命!』、『世界の果てまでイッテQ!』の4本。
    これに、『うわっ!ダマされた大賞、『笑神様は突然に…』、『LIFE!~人生に捧げるコント~』などの特番が加わるんです」(制作会社プロデューサー)

    さらに、この10月からはゴールデン&プライム帯で新たに2本のレギュラー番組がプラスされたという。
    「1本は日本テレビの『THE突破ファイル』。
    もう1本が、テレビ東京の『そろそろ にちようチャップリン』。
    不況と言われるテレビ界で、これほどレギュラーが増える例はあまりないですよ」(芸能プロ関係者)

    レギュラー本数だけを比較した場合、“坂上忍やマツコ・デラックス、有吉弘行には及ばないのでは…”と言った声が聞えてきそうだが、「本数は負けているが、テレビは芸歴がモノをいう世界。
    単純に本数だけでは比較できないんです。
    しょせんマツコや有吉、坂上が頑張ったところで内村の足元にも及ばない。
    坂上に関しては、子役からのキャリアはあるが、問われるのはバラエティー界の芸歴です。
    この点でいえば、坂上は有吉よりもキャリアがない」(放送作家)

    「有吉やマツコ、坂上のギャラは、どんなに高くても200万円~には達しない。
    それに対して内村は1本300万円~。
    この出演料は、安いと言われる日テレやテレ東も支払っている。
    ちなみに、フジは400万円~。
    特番は、この金額の2~3倍。
    単純計算で、内村の年収は5億円を楽々超えるんです」(制作会社プロデューサー)
    さらに、内村のもとには、レギュラー番組がないテレビ朝日やTBSからもオファーが舞い込んでいる。

    内村の快進撃ぶりに、税務署も興味を示しているというから、ほどほどに。

    https://wjn.jp/article/detail/9305428/


    所長見解:すごいな・・・

    【【ウッチャン】それほど面白いわけでもない内村光良の年収がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「徳永さんは打ち合わせでも積極的に意見を出しています。
    『特に二児の母として子育てに関わるニュースはしっかりと伝えていきたい』と話しています。
    当面はキャスターとしてニュースを伝えますが、本人は現場取材にも意欲的です」(テレビ朝日関係者)

    t


    10月1日、徳永有美(43)アナが『報道ステーション』(テレビ朝日系)でキャスター復帰を果たした。
    内村光良(54)との不倫関係が報じられ、その後結婚し05年にテレビ朝日を退社した徳永。
    13年ぶりの古巣復帰を後押ししたのは、同局の早河洋(74)会長兼CEOだった。

    「ブランクの長い徳永さんを起用することに対して懐疑的な声も現場からは聞こえています。
    ただ、早河会長は局アナ時代から徳永さんを可愛がっていました。
    今回も会長の鶴の一声で最終的に復帰が決定したそうです」(前出・テレビ朝日関係者)

    実は今回の復帰に際して、テレ朝側から驚くべき好条件が徳永に提示されているという。

    「徳永さんのギャラは、1日50万円、よってひと月あたり1,100万円と言われているんです。報道キャスターとしての実績が少ないアナウンサーとしては破格です」(前出・テレビ朝日関係者)

    その裏にはテレビ朝日の“ある思惑”が――。
    それは夫・内村光良の返り咲きだ。

    「テレ朝は不倫騒動の影響で人気番組だった『内村プロデュース』を05年に終了。
    以後、13年にわたって内村さんを “出禁”状態にしてしまった。
    しかし内村さんは『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)など他局の番組でMCを務め、軒並み高視聴率を記録させてきました。
    バラエティ番組の低迷にあえぐテレ朝としては藁にもすがる思いで内村さんの力を借りたいところ。
    そうはいっても一方的に内村さんを出禁にした負い目がある。
    そこで、徳永さんをまず戻すことで、彼女に内村さんとの橋渡し役をお願いしたいという目論見もあるようです。
    すでに早河会長からも徳永さんにその話をしていると聞いています。
    早ければ来年にも内村さんの新番組を制作するそうです」(前出・テレビ朝日関係者)

    そうした“密約”についてテレビ朝日に問い合わせたところ《出演者のキャスティングなど番組の制作過程については従来お答えしていません》と回答があった。

    内村のテレ朝復帰について「そうなればみんなが嬉しいです」と一部週刊誌に語っていた徳永。
    どうやら“みんな”には複雑な思惑が絡み合っていたようだ――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15391163/


    所長見解:そうやろね・・・

    【【密約込み】徳永有美アナ、報道ステーションのギャラがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は8日、報道番組『報道ステーション』の新キャスターに徳永有美アナウンサーを起用すると発表した。
    徳永アナは2004年から05年にかけて同番組のスポーツコーナーを担当しており、約13年ぶりに復帰となる。

    今回、徳永アナ復帰もビッグニュースとなったが、それ以上に現在キャスターを務める小川彩佳アナウンサーが降板することに驚きの声が広まっている。

    「まさかの人事に、局員も驚いていますよ。
    私の周りでは『なんで徳永さんが?』と疑問ばかりです。
    小川さんと富川さんのコンビはとても評判が良かったですし、何より不倫で局を退社した徳永さんが戻ってくるとは。
    徳永さん夫である内村光良さんも今はバラエティで大活躍中ですが、徳永さんとは不倫略奪婚。
    徳永さんの仕事本格復帰で自身の過去を蒸し返されてしまうと思いますし、誰にとってもなんの得もない人事に思えるのですが」(テレ朝局員)

    p


    一方、『報ステ』を去る小川アナといえば、8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で嵐の櫻井翔との破局が報じられただけでなく、早くも櫻井が女子大生と熱愛中だとスクープされている。
    タイミング的にも、世間からは番組降板と破局を結び付けられてしまい、小川にとっては厳しい状況に置かれたといえるのかもしれない。

    前出と別のテレ朝局員は、今回の人事についてこう話す。

    「小川は報ステのサブキャスターを2011年から務めており、局アナとしてはベテランといってもいい存在です。
    なので、テレ朝上層部としても『報ステ』に新しい風を吹かせたいという気持ちがあったのだと思います」

    しかし、番組の空気を刷新するという目的であれば、何もあえて過去に不祥事でテレ朝を退社した徳永アナを起用する必要はないのではないか。

    「今、夫の内村はテレ朝とは疎遠になっていますが、徳永の『報ステ』就任でテレ朝側が内村との接近を図っているのです。
    最近、テレ朝のバラエティ番組の打ち切りが続いており、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や今では貴重なコント番組『LIFE』(NHK)が好調なのは、座長である内村のセンスが良いからですし、昨年の『NHK紅白歌合戦』の司会も評判が良かった。
    テレ朝としては、そんな内村の力を借りたいという狙いなのでしょう」(同)

    テレ朝は内村を獲得することができるのだろうか。
    (文=編集部)

    https://biz-journal.jp/i/2018/08/post_24426_entry.html


    所長見解:内P見たいな・・・

    【【報道ステーション】内村光良と不倫で退社した徳永有美アナを起用する裏事情・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「お前と俺で天下を獲ろう!」 
    そう誓ってスターへの階段を駆け上った2人はいつからか話もしないし、目も見ない。
    サンドウィッチマン、おぎやはぎ、博多華丸・大吉、オードリー……
    テレビで見ない日がない“人気芸人”たちだが、彼らに共通するのは「コンビ仲」がバツグンに良いこと。
    「現在のテレビ界において、芸人に求められるのは、とがった笑いより“好感度”。
    コンビ仲が良いと“優しい”“性格がいい”といったポジティブなイメージが抱かれやすく、好感度が高くなる。
    主婦やママ世代、ファミリー向けの番組に、コンビで起用されやすくなるんです」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

    だが、本心は偽れない。
    相方を嫌う芸人が多数、存在しているというのだ。
    芸能界「犬猿の仲コンビ」を実名暴露する。


    まずは意外なところで、ナインティナイン。

    n


    「2010年に岡村隆史が心身のバランスを崩し、仕事を5か月休んだ際、矢部浩之は一人でレギュラー番組を守り、岡村の戻ってくる場所を守りました。
    これで2人の絆は深まったはず……ですが、最近は番組内でしか会話がないようです。
    14年に、矢部が20年間以上も続けてきたラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』を辞めたいと言い、一人、番組を降板。
    以降、『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』として岡村一人での放送が続いていますが、これが、2人の関係を決定的に悪化させたというんです」(芸能記者)

    矢部が『オールナイトニッポン』を辞めた理由は、今もハッキリしないが、「13年に、元TBSアナの青木裕子と結婚し、14年に長男が生まれたのが大きな理由でしょう。
    子どもを溺愛する矢部は、子どもに合わせた生活サイクルを重視し、開始から20年目を節目に、深夜の生放送を卒業することにしたようです。
    今も独身の岡村にしたら、“勝手すぎるやろ!”が本音でしょう。
    そもそも、10年に岡村が体調を崩したのは、矢部の“岡村依存な仕事ぶり”から来るプレッシャーが原因とも言われています。岡村の怒りも理解はできます」(前同)
    現在は、番組以外では会話もなければ、目を合わすこともほとんどなく、解散説も噂され始めている。

    ウッチャンナンチャンも実は同じような状況とか。
    「今や共演は『ザ・イロモネア』(TBS系)など、数本の特番だけで、年に5回もあればいいほう。
    2人をMCに起用した番組企画を事務所に持ち込んでも、断られるといいます。
    内村は、今も『LIFE~人生に捧げるコント~』(NHK)でコントを続けているように、お笑いに底なしの愛がある。
    一方の南原の関心の対象はスポーツ、狂言など、お笑い以外のジャンル。
    コンビでいる必要性がないんです」(前同)

    コンビでの姿を見ないのは、恵俊彰と石塚英彦のホンジャマカも同様だ。
    「16年10月、『ダウンタウンなう』(TBS系)に出演した恵は“(楽屋で2人きりになる際は)間に誰か、いてくれないと”“明日から一緒に番組をっていう感じでは……”と、石塚との微妙な関係を認めていました」(テレビ誌記者)

    他方、アンジャッシュの2人には、こんな話がある。
    「渡部建が準レギュラーで出演する『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の裏番組のドラマに、相方の児嶋一哉が、渡部に黙って出演。
    また児島は、自身の結婚式に渡部を呼びませんでした。
    ただ、これらは悪気があってというより、児島の天然ボケによるところが大きいようです。しかし、そうした常識に欠ける部分に、渡部はイライラしまくり。
    番組でケンカのような言い合いになることも多い2人ですが、渡部は“本気でムカついている”と話しています」(民放局スタッフ)

    >>2に続きます

    https://taishu.jp/articles/-/60032?page=1 


    所長見解:いろいろあるわな・・・

    【【不仲】芸能界「犬猿の仲コンビ」実名暴露がコチラwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ