共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)の8日放送分に松本人志(56)が出演。

    番組内で松本が「共演NG」を明かした。


    m


    上沼から「苦手な人、絶対に共演NGはいないのですか」というきわどい質問が飛ぶと、松本は「基本的はないようにしています。
    いるんですよ、どっかには。
    それをスタッフに言うには恥ずかしいんですよ」と明かした。


    さらに「唯一あるとするならば…」と前置きし「昔、肉体関係があった人ですよね」と話すと、上沼は大爆笑し、すかさず「1人、知ってますけど、あとは…」と突っ込むと、松本はタジタジ。

    上沼は「女はまったく大丈夫。気にするのは男です」と持論を展開し、「とくに女優さんは大丈夫です」。

    この言葉に敏感に反応した松本は「完全に1人、分かってますね」と白旗をあげた。

    さらに松本は「この人にだけは勝てない」という人物を告白。

    「鶴瓶さんですね。
    あのなんて言うんですか、僕はずっと“鶴瓶最強説”と思っていて、あの人は全部、手のひらで転がして、こっちは勝ったような気になる。
    でも、よく考えてみたら負けていた」と明かした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11080905-nksports-ent

    所長見解:あれね・・・

    【【衝撃告白】松本人志さんの共演NGがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ダウンタウン松本人志(56)が8日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」(後7・00)にゲスト出演した。

    MCの上沼恵美子(64)が松本に直接オファーして実現。

    上沼は「共演NG」タレントについて語った。

    k

     
    ゲストの話題になり、松本が上沼に「ゲストは選んでるんですか」と尋ねた。

    上沼は「私は選んでないです」と即答。

    松本がさらに「この人はダメとか」とスタッフに告げるのかを尋ねた。

    上沼は「言います」とここでも即答。

    松本は笑って応じ、「けっこう、いるんですか?」と質問を重ねた。

     
    上沼は「リストを出してきます」とテレビ局側が意見を求めてくることを述べ、リストを見るしぐさをして「あかん。OK。ダメ」と指ではじくしぐさ。

    「こんな感じです」と述べた。

     
    松本が「まあまあいるんですね」と苦笑いで応じた。

    上沼は「います。20人…25人くらい」と答えた。

    松本が「減ることはないですもんね」と、やむを得ないと返すと、上沼は「その中で別格で死んで欲しいと思う人が2人くらい」と明かして爆笑に。

     
    松本が「ダメですよ」と笑うと、上沼も「そんなことは分かってます」と応じた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000109-dal-ent

    所長見解:誰やろ・・・

    【【大胆告白】上沼恵美子さんの共演NG「25人くらい」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    国民的ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の名子役としてブレークした俳優のえなりかずきが、同ドラマから“永久追放の危機”に瀕している。

    同番組の脚本家・橋田壽賀子氏が、去る10月3日発売の『週刊文春』にて、えなりが同ドラマ主演の泉ピン子と共演NGを出したことを暴露し、「そういう申し出すること自体、私は頭に来るのよ」などと、えなりへの怒りをあらわにしているのだ。


    w


    ただ、えなりが共演NGにした理由は、ピン子による“イジメ”が原因だというから穏やかではない。

    「ピン子さんの共演者イジメは、NHKの朝ドラ『おしん』でブレークしたころから有名でした。
    渡鬼でもえなり君に対して厳しく当たったり、収録の合間に肩を揉ませるなどを強要していましたからね」(出演者のマネジャー)

     
    イジメに遭ったのは、えなりだけではない。

    「えなり君のマネジャーの母親に当たり散らしたり、立場上、断れないことをいいことに、自分が所有するシャネルを安く買わせたりしています。
    それを見て育ったえなり君が、ピン子さんに嫌悪感を示すのは当然でしょう」(元事務所関係者)

     
    一方、ピン子はイジメを否定しているという。

    「橋田さんがピン子さんに聞いたら“イジメた覚えは全くない”と答えたようです。
    ピン子さんは上の人に取り入るのはうまいですからね。
    橋田さんはピン子さんの言うことを鵜呑みにしてしまったようです」(元ドラマスタッフ)

     
    2人の共演シーンは、2015年の渡鬼特番を最後になくなっている。

    「今年の9月に放送された特番では、えなりは大阪に出張しているという設定で、出演すらしていません。
    渡鬼では、以前もレギュラーの役者さんが急に出演しなくなることや、ドラマ内で死亡扱いになっていたケースがありました。
    橋田さんは『私は嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりします』と言っていたので、同じケースではないかと思われます」(同・スタッフ)

     
    えなりが復活することを願うばかりだが…。


    https://npn.co.jp/article/detail/76769340/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【渡鬼】脚本家・橋田壽賀子氏が激怒「えなりかずき永久追放」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉主演の「グランメゾン東京」(TBS系)が20日からスタートする。

    k


    TBS関係者が明かす。

    「動画配信の『Paravi 』 では、このドラマの放送を記念し、木村の過去に主演した『ビューティフルライフ』(00年)、『GOOD LUCK!!』(03年)、『MR.BRAIN』(09年)、『A LIFE』(17年)などを配信を始め話題づくりに余念がありません」

    天才パイロット、天才外科医などに続く木村の役どころは天才シェフ役だ。

    「白いコック衣装はかつてのビストロスマップを連想させるだけに往年ファンにとっては歓迎されるハズ。
    連ドラとしては異例の豪華パリロケを敢行し、初回2時間放送。
    主題歌はクリスマスシーズン鉄板の山下達郎とキムタクにドロを塗らないための全方策がほどこされている」(前出・関係者)


    TBSでは過去にキムタクがまさかのアンドロイド役を演じ、あわや視聴率ひとケタ寸前となった失敗があるだけに二の徹は踏めない状況なのだという。


    「毎回、キムタク主演ドラマで悩ましいのが相手役の女優です。
    平成の視聴率男のキムタクでも近年は数字が悩みの種で失敗すると共演女優がその元凶と言われてしまう。
    低視聴率女優の汚名を擦り付けられることを嫌ってキムタクと共演をNGとする女優は増えているんです。
    前回の『A LIFE』では最後まで女優が決まらず、ギャラを吊り上げたうえでようやく竹内結子に決まったが、今回はふさわしい相手役が最後まで決まらず、年上ながら『華麗なる一族』(07年)で共演した鈴木京香に決まったようです」(前出・関係者)


    限られた材料でどう調理するか。

    天才シェフの腕のみせどころだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17227595/

    所長見解:鈴木京香・・・

    【【悲報】木村拓哉、新ドラマ共演女優が「五十路女優」になった理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の石田ゆり子(49)が、明石家さんま(64)に「共演NG」を突きつけた! 

    さんまの「セクハラ大魔王」ぶりに、嫌悪すら抱いているというのだ。

    「石田は、以前からさんまを苦手としています。
    ズバズバ聞いてくる物言いと、弾丸スピードの喋りが彼女のペースを崩すのか、長いこと共演依頼を断ってきたというのです。
    しかし先日、その禁を破って共演したところ、絶望的に嫌いになったようです」(芸能記者)


    y


    彼女は9月13日、バラエティー番組『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)にゲスト出演。

    さんまは石田のほか、広瀬すず(21)らに放ったトーク内容は、それこそ「セクハラ大魔王」そのものだったという。

    「最近のさんまは“お笑い老害”とも揶揄されているほど、トーク内容も過激さがエスカレートする一方。
    芸能界だけでなく、女性視聴者からもデリカシーがないと言われています」(同)


    事実、女性不人気を証明するデータもある。

    情報マガジン『日経エンタテインメント!』の8月号では「好きな芸人 嫌いな芸人 2019」ランキングを発表。

    それによると、さんまは「嫌いな芸人」で1位だった。

    「番組では、すずに『結婚しよう』と冗談めかしながら口説きましたが、あれは本音ですよ。
    すずも『ちょっと…』と言いながら、だいぶ引いていましたね」(テレビ雑誌編集者)


    ただ、この日の本命はやはり石田だった。

    石田は同番組に17年前に出演しているが、それ以降、ピタリと出ていなかった。

    「前にも男性関係を速射砲のように聞かれ、石田が気分を害したのが疎遠になった理由のようです。
    ところが今回、再び出演したものの、前よりもヒドかったため、今後は共演NGを決めたそうです」(同)

    とにかく、石田とのトークは最悪だったと評判。


    独身の石田に対し、

    「おいくつ…」

    「一度も結婚なさらず…」

    「妹さんは結婚されてますよね」
    「なぜこんなキレイな人を独りぼっちにさせたんでしょう」

    と、暴言放題だったのだ。

    「普通の会社だったらクビですよ。
    一説には、カトパンこと加藤綾子(34)にフラれたために石田を狙うも、脈がなさそうなのでネチネチと口撃したとも囁かれています。
    石田がショックを受けたのは、間違いないです」(芸能プロ関係者)


    60歳で芸能界引退を公言したさんまだが、異性交遊も潮時か?


    http://dailynewsonline.jp/article/2030114/

    所長見解:いつもどおりやん・・・
    【【衝撃告白】石田ゆり子が共演NGの芸能人がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ