共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    来年1月にTBS系の日曜21時枠のドラマで主演することが内定している木村拓哉(45)のヒロイン選考が、案の定、難航しているという。
    人気女優にオファーをしては、ことごとく断られるのが最近のキムタクの恒例行事となっているが、今回のキャスティングは、いつも以上に行き詰まっているらしい。

    この数カ月間に相手役として名前が挙がったのは、柴咲コウ、満島ひかり、波瑠、高畑充希、石原さとみ、綾瀬はるか……。
    最近、女優業を始めたばかりの加藤綾子の名前まで取り沙汰された。
    かつて“視聴率男”と呼ばれたキムタクだが、すっかり嫌われてしまっているのだ。
    理由を探ると、「あの男に関わると面倒くさい」という声が現場から聞こえてきた。

    過去にドラマで2度の共演歴がある柴咲にまで、他のスケジュールと重複することを理由に断られたというから、深刻な状況がうかがえる。

    柴咲に近い関係者がこう言う。

    「2013年放送の前作『安堂ロイド』(TBS系)は初回の視聴率が19%を超えたにもかかわらず、最終的に平均で12%台にまで落ち込んでしまった。
    これについて木村は、まるで共演者が悪かったような口ぶりだったそうです。
    責任をなすりつけられた形になった柴咲側としては、たまったものじゃありません。
    木村との共演を避けるのは当然だし、ささやかな抵抗かもしれません」

    r


    ■「芝居ができない役者さんじゃ……」

    今年3月に前所属事務所から独立した満島はもっと辛辣だ。
    最近、満島と接触を持ったTBS関係者によると、「大体、木村さんって、芝居ができない役者さんじゃないですか……」とあからさまに共演を避けたがっていたという。
    4年前にトヨタのCMで共演して一緒にダンスまで踊った女優にここまでダメ出しされたら、木村も立つ瀬がないだろう。

    木村の主演ドラマといえば、必ず事前にリストアップされるのが綾瀬はるかだ。
    7年前に「南極大陸」(TBS系)で共演して以来、木村のお気に入りとなったためだが、事務所同士の交渉直前に横ヤリが入って、話が宙に浮いてしまったという。

    「局側は綾瀬のスケジュールを水面下で押さえていたのに、共演が流れてしまったのは、誰あろう木村の妻・工藤静香が“待った”をかけたためといわれています。
    静香は木村が後輩の綾瀬を役者として可愛がっていることをどこかで知り、そのことを快く思っていないようです」(TBS関係者)

    すべてが木村のせいとも思えないが、フラれまくりの状況になっている。
    取材によると、今のところ相手役になってくれそうな女優は、今年「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)で共演したばかりの菜々緒くらいしかいない。
    “消去法”でヒロインに選ばれたとしても、菜々緒も複雑な心境ではないか。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/234324/3

    所長見解:嫁か・・・

    【【超絶難航】木村拓哉ドラマのヒロイン選びの結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    かなしいなあ

    no title

    no title

    no title


    所長見解:どっちもいいやん・・・

    【【公開処刑】橋本環奈さん、桜井日奈子と初共演した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の安室奈美恵(40)が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に出演することが22日、分かった。
    この日放送の最後に予告編で発表された。放送は来週29日。

    この日の本編が終わると「次週、イッテQ!史上最大のサプライズ」とナレーションとテロップ。
    イモトアヤコ(32)が大ファンの安室の台湾公演へ。
    「安室奈美恵と2ショット撮影を狙う」という番組側の指令に、イモトは「バカ野郎」。
    その後「それは、安室ちゃんと2ショットを狙う――パパラッチロケのはずだった」という意味深なナレーションとテロップが流れた。

    そして「あなたのファンになれて、本当に私は幸せでしたって心から思いました。ありがとう、安室ちゃん。25年間、ありがとうございました、本当に」とイモトの声に、安室が涙を流す1ショットが重なった。

    no title


    「次週、完全公開」とあおり、イモトの背後に安室が控える映像に「ええ?」というスタジオ観覧の声が…。
    最後は「次週 イモト感動の台湾ツアー 最愛の安室ちゃんと2Sを狙う」のテロップが表示された。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/22/kiji/20180722s00041000386000c.html


    所長見解:おもしろそう・・・

    【【イモト共演へ】安室奈美恵「イッテQ」出演がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんまが企画・プロデュースしたドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(Netflix)に、元SMAPの木村拓哉が出演していることがわかった。
    同ドラマで木村は、若き日のさんまの先輩芸人役を務めているという。

    「ジミー大西の半生を描いた『Jimmy』は当初、さんま役を小出恵介が務めていましたが、昨年、未成年女性との飲酒疑惑が報じられ、芸能活動を休止。
    ドラマは急きょ、撮り直しとなり、代役には玉山鉄二が起用されました。
    当時、ラジオでさんまが、木村から『代役、オレやりましょうか?』と言われたという話を披露していましたから、その関係で今回の出演することになったのかもしれません」(テレビ誌記者)
    木村はさんまを“オジキ”と呼ぶほど慕っているため、ドラマの撮り直しというピンチに、今回は手を差し伸べたのかもしれない。

    そんな木村と絆を深める一方、さんまと距離を置いていると思われるのが中居正広である。
    「7月14日に放送された音楽番組『音楽の日2018』(TBS系)にて、さんまと大竹しのぶがデュエット曲を披露しました。
    しかしなぜかその時だけ、司会を務める中居の姿が消える事態が発生。
    そのため歌唱中、さんまが『中居、呼んでこい!』と吠える一幕がありました。

    s

    この2人といえば、16年の『27時間テレビ』内の『さんま・中居の今夜も眠れない』(フジテレビ系)にて、さんまが中居にSMAP解散に関する質問を繰り返したことで、ジャニーズ事務所が激怒したと一部が報道。
    以後、この番組は打ち切りとなっています。
    さんまとトークさせることで、ブラック体質が明るみになることを恐れた事務所が、絶対的な共演NGの状況を作っている可能性があるとも一部では囁かれています」(芸能記者)

    さんまと中居がテレビで共演する姿は、もう2度と見られないのだろうか。

    https://www.asagei.com/excerpt/108594


    所長見解:木村派・・・

    【【冷戦勃発】明石家さんまと中居正広が共演NGの裏事情がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の沢尻エリカが16日放送のテレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP」に出演。11年前の出演映画の舞台あいさつでの“「別に…」騒動”を起こす直前に出演した番組での共演者たちに謝罪した。

    沢尻はヒロイン役を務める19日スタートの同局系ドラマ「ハゲタカ」の番宣で、同ドラマに主演の綾野剛らと出演。

    11年前、騒動を起こす直前、生放送番組「ラジかるッ」(日本テレビ系)で共演し遺恨を残した、タレントの中山秀征、お笑いコンビ・タカアンドトシと初めて揃って再会した。

    番組を振り返り、トシは「この並び、けっこう緊張してるんです」と告白し、沢尻は「そうですよね」と苦笑い。
    中山が「ちょうど同じメンバー…」と切り出すと、沢尻は「なんかデジャヴみたい」と苦笑した。

    同番組では、不機嫌モード全開の沢尻が3人をすっかりたじろがせたが、中山は「でも面白いですよね、こうやってまたお会いできて話ができるって」としみじみ。

    綾野が「エリカが全面的に悪かったです」とその場をまとめると、沢尻は「すいませんでした」と改めて頭を下げた。
    「当時、“エリカ様”と呼ばれていたことからも分かるように、沢尻はすっかり“天狗”になっていて、『触ったらケガをする』ぐらいとんがっていた。
    ところが、今やまったく別人。
    あの騒動で批判され、どん底にたたき落とされたことですっかり変わってしまった」(日テレ関係者)

    過去の共演者と“和解”した沢尻だが、実は、当時の所属事務所のタレントたちとはいまだに共演NGのようだ。

    j


    「騒動を起こした映画は『クローズドノート』だったが、当時の事務所の先輩・竹内結子と共演。
    いまだに竹内はあの時のことを根に持っている。
    さらに、沢尻の前夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏が、一部メディアで所属事務所社長から沢尻がセクハラを受けていたことを告白。
    そんな経緯から、古巣の事務所とは共演NGのまま」(芸能記者)

    とはいうものの、沢尻の“改心”に周囲も安堵しているはずだ。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/72564558/ 


    所長見解:丸くなったな・・・

    【【別に騒動】沢尻エリカ、竹内結子と共演NGの理由・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ