ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    国民的ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の名子役としてブレークした俳優のえなりかずきが、同ドラマから“永久追放の危機”に瀕している。

    同番組の脚本家・橋田壽賀子氏が、去る10月3日発売の『週刊文春』にて、えなりが同ドラマ主演の泉ピン子と共演NGを出したことを暴露し、「そういう申し出すること自体、私は頭に来るのよ」などと、えなりへの怒りをあらわにしているのだ。


    w


    ただ、えなりが共演NGにした理由は、ピン子による“イジメ”が原因だというから穏やかではない。

    「ピン子さんの共演者イジメは、NHKの朝ドラ『おしん』でブレークしたころから有名でした。
    渡鬼でもえなり君に対して厳しく当たったり、収録の合間に肩を揉ませるなどを強要していましたからね」(出演者のマネジャー)

     
    イジメに遭ったのは、えなりだけではない。

    「えなり君のマネジャーの母親に当たり散らしたり、立場上、断れないことをいいことに、自分が所有するシャネルを安く買わせたりしています。
    それを見て育ったえなり君が、ピン子さんに嫌悪感を示すのは当然でしょう」(元事務所関係者)

     
    一方、ピン子はイジメを否定しているという。

    「橋田さんがピン子さんに聞いたら“イジメた覚えは全くない”と答えたようです。
    ピン子さんは上の人に取り入るのはうまいですからね。
    橋田さんはピン子さんの言うことを鵜呑みにしてしまったようです」(元ドラマスタッフ)

     
    2人の共演シーンは、2015年の渡鬼特番を最後になくなっている。

    「今年の9月に放送された特番では、えなりは大阪に出張しているという設定で、出演すらしていません。
    渡鬼では、以前もレギュラーの役者さんが急に出演しなくなることや、ドラマ内で死亡扱いになっていたケースがありました。
    橋田さんは『私は嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりします』と言っていたので、同じケースではないかと思われます」(同・スタッフ)

     
    えなりが復活することを願うばかりだが…。


    https://npn.co.jp/article/detail/76769340/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【渡鬼】脚本家・橋田壽賀子氏が激怒「えなりかずき永久追放」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉主演の「グランメゾン東京」(TBS系)が20日からスタートする。

    k


    TBS関係者が明かす。

    「動画配信の『Paravi 』 では、このドラマの放送を記念し、木村の過去に主演した『ビューティフルライフ』(00年)、『GOOD LUCK!!』(03年)、『MR.BRAIN』(09年)、『A LIFE』(17年)などを配信を始め話題づくりに余念がありません」

    天才パイロット、天才外科医などに続く木村の役どころは天才シェフ役だ。

    「白いコック衣装はかつてのビストロスマップを連想させるだけに往年ファンにとっては歓迎されるハズ。
    連ドラとしては異例の豪華パリロケを敢行し、初回2時間放送。
    主題歌はクリスマスシーズン鉄板の山下達郎とキムタクにドロを塗らないための全方策がほどこされている」(前出・関係者)


    TBSでは過去にキムタクがまさかのアンドロイド役を演じ、あわや視聴率ひとケタ寸前となった失敗があるだけに二の徹は踏めない状況なのだという。


    「毎回、キムタク主演ドラマで悩ましいのが相手役の女優です。
    平成の視聴率男のキムタクでも近年は数字が悩みの種で失敗すると共演女優がその元凶と言われてしまう。
    低視聴率女優の汚名を擦り付けられることを嫌ってキムタクと共演をNGとする女優は増えているんです。
    前回の『A LIFE』では最後まで女優が決まらず、ギャラを吊り上げたうえでようやく竹内結子に決まったが、今回はふさわしい相手役が最後まで決まらず、年上ながら『華麗なる一族』(07年)で共演した鈴木京香に決まったようです」(前出・関係者)


    限られた材料でどう調理するか。

    天才シェフの腕のみせどころだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17227595/

    所長見解:鈴木京香・・・

    【【悲報】木村拓哉、新ドラマ共演女優が「五十路女優」になった理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の石田ゆり子(49)が、明石家さんま(64)に「共演NG」を突きつけた! 

    さんまの「セクハラ大魔王」ぶりに、嫌悪すら抱いているというのだ。

    「石田は、以前からさんまを苦手としています。
    ズバズバ聞いてくる物言いと、弾丸スピードの喋りが彼女のペースを崩すのか、長いこと共演依頼を断ってきたというのです。
    しかし先日、その禁を破って共演したところ、絶望的に嫌いになったようです」(芸能記者)


    y


    彼女は9月13日、バラエティー番組『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)にゲスト出演。

    さんまは石田のほか、広瀬すず(21)らに放ったトーク内容は、それこそ「セクハラ大魔王」そのものだったという。

    「最近のさんまは“お笑い老害”とも揶揄されているほど、トーク内容も過激さがエスカレートする一方。
    芸能界だけでなく、女性視聴者からもデリカシーがないと言われています」(同)


    事実、女性不人気を証明するデータもある。

    情報マガジン『日経エンタテインメント!』の8月号では「好きな芸人 嫌いな芸人 2019」ランキングを発表。

    それによると、さんまは「嫌いな芸人」で1位だった。

    「番組では、すずに『結婚しよう』と冗談めかしながら口説きましたが、あれは本音ですよ。
    すずも『ちょっと…』と言いながら、だいぶ引いていましたね」(テレビ雑誌編集者)


    ただ、この日の本命はやはり石田だった。

    石田は同番組に17年前に出演しているが、それ以降、ピタリと出ていなかった。

    「前にも男性関係を速射砲のように聞かれ、石田が気分を害したのが疎遠になった理由のようです。
    ところが今回、再び出演したものの、前よりもヒドかったため、今後は共演NGを決めたそうです」(同)

    とにかく、石田とのトークは最悪だったと評判。


    独身の石田に対し、

    「おいくつ…」

    「一度も結婚なさらず…」

    「妹さんは結婚されてますよね」
    「なぜこんなキレイな人を独りぼっちにさせたんでしょう」

    と、暴言放題だったのだ。

    「普通の会社だったらクビですよ。
    一説には、カトパンこと加藤綾子(34)にフラれたために石田を狙うも、脈がなさそうなのでネチネチと口撃したとも囁かれています。
    石田がショックを受けたのは、間違いないです」(芸能プロ関係者)


    60歳で芸能界引退を公言したさんまだが、異性交遊も潮時か?


    http://dailynewsonline.jp/article/2030114/

    所長見解:いつもどおりやん・・・
    【【衝撃告白】石田ゆり子が共演NGの芸能人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「会うと発疹が出る」えなりかずきの泉ピン子“渡鬼”共演拒否 

    橋田壽賀子が真相を告白


    国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かした。


    「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる嫁姑や親子関係など家族の問題をリアルに描いてきた。

    泉ピン子は主人公の小島五月を、えなりは五月の長男・眞を演じている。

    だが、二人は2015年に放送された特番を最後に、以降は共演をしていない。

    今年9月16日に放送された特番でも、同じシーンに登場することはなかった。


    w


    橋田氏は「週刊文春」の取材に、こう語った。

    「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。
    それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。
    そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」
     
    さらに橋田氏はこう語る。

    「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。
    母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。
    アホみたいな話ですよ。
    役者がケンカしてるから、書けないって」
     

    また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。
     
    えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答した。


    小誌の取材に、泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えた。
     

    10月3日(木)発売の「週刊文春」では、“渡鬼”で何が起きていたのか、橋田氏が小誌だけに打ち明けた胸の内、えなりの母とピン子の対立、えなり家の事情などについて詳報する。


    週刊文春
    https://bunshun.jp/articles/-/14465

    橋田壽賀子氏
    https://bunshun.jp/mwimgs/d/0/1500wm/img_d008aced3c1a9ed80dd48d653acd730c235995.jpg

    2015年の特番が最後の共演に(「渡る世間は鬼ばかり」2015年2時間スペシャルより)
    https://bunshun.jp/mwimgs/a/1/1500wm/img_a1c630efa2eb9604f10aff0556e93e67188070.jpg

    所長見解:えなり・・・
    【【渡鬼】えなりかずき氏、泉ピン子との共演拒否るってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今月はじめにネットの世界を騒がせた、志村けんのネット誤爆騒動。

    自身のインスタグラムに、「志村でナイト」に出演するグラドル・高嶋香帆の肌着姿の写真をアップしてしまったのだ。


    「彼女は、現在の志村ファミリーの中心的人物。
    ファミリーの女性タレントたちは、100%が志村の好みによって選ばれていることは有名で、これはコントの演技力やタレントとしての能力よりも、タイプの女性に囲まれて気分よく仕事をすることを志村が最優先しているからに他なりません。
    それが、彼女たちがバカ殿の“喜び組”と呼ばれる所以です。
    高嶋は、いまもっとも寵愛を受けている一人ですよ」(放送作家)


    番組や舞台の打ち上げは、マネジャー不在で行われるのがお約束で、そこでは終始目じりを下げ、鼻の下を伸ばした志村のやりたい放題が繰り広げられているという噂もある。


    s


    そんな志村の「喜び組」-他にはどんなメンバーがいるのだろうか。

    「筆頭は、バカ殿の腰元役として、もっとも古株になった磯山さやかです。
    もはやお局といってもいい存在で、いまや、新しく腰元にキャスティングされた女性タレントが志村の次に挨拶に行くようにと、華子や野呂佳代など中堅腰元が礼儀を教えています。

    また、足立梨花も志村のお気に入りの一人。
    豊かなバスト好きの志村が小さい胸の足立を気に入った理由については、酒の席でのリアクションの良さともっぱら。

    さらに、かつてのみひろのポジションには麻美ゆまが座っており、恵比寿マスカッツを牽引してきた彼女の芸達者ぶりを志村は絶賛し、舞台『志村魂』への起用が続いています。

    加えて、Iカップグラドルの天木じゅんあたりも、気分次第で呼び出せる一人。
    “身体100点、顔0点”がキャッチフレーズの野々宮ミカも可愛がっているようです」(芸能記者)

    https://www.asagei.com/excerpt/133738

    所長見解:ええな・・・

    【【流出】志村けん(69)の「喜び組」名簿がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ