共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。
    ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。
    普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

    10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。
    番組の冒頭で、総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。
    「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。
    それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

    さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。
    こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

    「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。
    “イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。
    そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

    y


    そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

    「2人は、91年の映画『就職戦線異状なし』で初共演しました。
    同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんはつねに織田さんに対して先輩風を吹かせていたといいます。
    織田さんにしてみれば、それ以降は共演もなくプライベートでも接点がないのに、そこまで馴れ馴れしくされるのが理解できなかったのでしょう」(映画関係者)

    それにしても、坂上はどうしてこんな“不躾な態度”を取ってしまったのだろうか。

    「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。
    織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。
    ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

    実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。
    今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来27年ぶりに鈴木保奈美(52)との再共演が実現。
    同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。
    坂上は特番でも、織田に「(鈴木と)久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが――。

    「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。
    特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。
    それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。
    制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(前出・フジテレビ関係者)

    呼び捨て&東ラブイジリと“タブー連発”の坂上に、ついに織田からの“絶縁通告”が――。

    「収録後、織田さんは『約束が違う!』と怒っていたそうです。
    後日、所属事務所から局に『今後は坂上さんとの共演を控えたい』との連絡があったと聞きました」(前出・番組関係者)

    織田の所属事務所といえば、08年に「芸人・山本高広(43)のモノマネがパブリシティ権の侵害にあたる」という主旨の“抗議文書”をテレビ各局に送っていたことが当時騒動になった。
    だが、今回の“共演NG”について織田の所属事務所に確認すると「そのような事実はまったくございません」の一点張り。
    坂上の所属事務所は「何も聞いておりません」との回答だった。
    とはいえ、『バイキング』に加え新番組『坂上どうぶつ王国』もスタートした“功労者”である坂上にフジは“共演NG”を伝えづらいとの指摘もある。

    「そもそもの通例として、フジは坂上さんサイドにわざわざ“共演NG”の通告はしませんよ。
    制作段階でバッティングを避ければいいだけの話ですから。
    しかし、他局にも“2人が共演NGになった”という情報はすでに共有されているようです」(他局の制作関係者)

    俳優から名MCとなった坂上だが、“旧友”織田への仕切りは“異状あり”だった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent


    所長見解:坂上らしいね・・・

    【【激怒】織田裕二、坂上忍に絶縁通告の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9日放送の日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』で、中居正広と香取慎吾が予期せぬ共演を果たしたとして話題を広げている。

    この日は「なぜあの凶悪事件は起きたのか? 危険な食べ物&身近な大爆発!! 命の危機4時間SP」として放送した同番組。

    今年3月の生放送中に、番組公式ツイッターのフォロワー数が30万件を超えたら視聴者宅に“お泊り”する企画を実施しており、今回の放送で、中居と笑福亭鶴瓶が“お泊り”ロケする様子を放映した。

    2人が泊まった家の当選者は27歳の女性。
    「雲の上の存在」と話すなど中居の大ファンで、中居の大好物という“生姜焼き”を自らふるまった。
    ダイニングテーブルで一人、生姜焼きを食べる中居は「完璧だよ! お店のみたい!」と絶賛し、女性は口元を手で押さえて感激した。

    何気ない心温まるひとコマだったが、ネット上では大きな盛り上がりを見せた。
    それは、中居が食べている画面後ろ側の棚に、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人による「新しい地図」の卓上カレンダーが置かれていたからだ。

    香取が一人で登場している9月のページが出されており、このことがネット上のSMAPファンを感激させ、ツイッター上には様々な声が投稿された。

    n


    ファンからは

    「慎吾と中居くんが同じ画面に映ってる~」
    「ついに中居君と慎吾ちゃんが共演」
    「9月なら慎吾さんがグラビア」
    「中居くん越しのカレンダー慎吾に大興奮」

    などと、予期せぬ2人のコラボレーションに感動する声が相次いで寄せられた。

    さらに、中居ファンの女性に対しても、

    「神過ぎる対応 キュンキュンする」
    「NAKAMAなのか 何もかも完璧だわ」
    「とっても素敵な女性だった」
    「本当にありがとう」

    などと感謝を寄せるファンも見られ、ネット上で話題を広げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010002-musicv-ent


    所長見解:共演・・・

    【【元SMAP】ついに中居正広と香取慎吾の共演が実現ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    井上真央 来年1月に嵐・松本潤と「10年愛」電撃結婚&引退へ

    m


    井上真央が、来年1月に、嵐・松本潤と電撃結婚する方向で調整が始まったという。

    今年1月、一部週刊誌の報道で、破局寸前ともみられていたが、そのわだかまりは解消したようだ。

    「井上は感受性が豊かで、東日本大震災でもショックを受け、数年間大きな仕事ができなかったとされているほど。結婚後は普通の主婦になりたいというのが本音でしょう」(女性誌記者)

    https://wjn.jp/sp/article/detail/1202401/ 


    所長見解:別れたんやないの・・・

    【【ようやくゴールへ】井上真央、松本潤と電撃結婚で来年引退の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    24日に公開された『検察側の罪人』は、今月の№1注目邦画だ。
    これまで共演の機会がなかった元SMAPの木村拓哉と嵐・二宮和也が、“未知との遭遇”をはたしたことが大きな話題。
    メディアをジャックして、PRにいそしんだ。
    木村は、“主人公”のエリート検察官を演じた。
    二宮は、彼と対立する若き検察官役。
    主軸はあくまでも、ジャニーズ事務所の大先輩、木村にある。

    そもそも、87年に入所した木村は、今年が役者デビューちょうど30周年にあたる。
    ドラマデビューは、ジャニーズと昵懇だったテレビ東京系列の連ドラ『あぶない少年III』(88年)。
    同年にSMAPが結成されている。
    91年に『Can't Stop!! -LOVING-』で歌手デビュー。
    96年に森且行(現在はオートレーサー)が脱退するまでのおよそ8年間、SMAPは6人グループだったのだ。

    木村が「キムタク」と呼ばれ、SMAPが日本のトップアイドルに上りつめるまでには、数えきれないほどの辛酸を舐めている。
    オーディションの不合格も数知れない。
    あの国民的学園ドラマもしかりだ。

    「『3年B組金八先生』(TBS系)のオーディションに、木村さんは落ちているんです。
    88年にレギュラー放映された第3シリーズ。
    皮肉なことに、同じSMAPでは森くん、先輩でのちにV6となる長野博さんは合格。
    難関を突破して、生徒役の座を射止めています」(スポーツ新聞の芸能記者)

    この年、木村とともに不合格となったのは、“盟友”中居正広。
    中居にとって、長野は事務所の先輩だが、高校の同級生でもある木村、森は後輩。
    木村以上に、中居の心中は複雑だったに違いない。

    ちなみに、このシリーズには俳優・浅野忠信も出演している。
    武田鉄矢演じる金八先生が受け持つクラスの一員ながらも、主人公となる回はなし。
    生徒名はあったものの、セリフもほぼない脇役だった。

    t


    “金八トライアングル”だった木村、浅野、武田は、17年1月期のTBS系日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』で、夢の再会に至っている。
    同作で木村は当然、ピンで主人公。初の外科医師を演じた。
    対する浅野は、日本屈指の脳神経外科医。
    2人は幼なじみで、木村の元カノ(竹内結子)が浅野の現在の妻という複雑な間柄にあった。
    そして武田は、第5話のゲストキャスト。
    心臓外科の権威である医師を熱演した。
    スタッフの意図か、武田は浅野の「恩師」という立場にあった。

    木村が16歳のときに押された不合格者という烙印。
    番手で浅野を上回り、武田をゲストとして招き入れることができた昨年。
    29年越しでリベンジできたか……。

    https://npn.co.jp/article/detail/01323086/


    所長見解:そうなんだ・・・

    【【衝撃過去】キムタクが浅野忠信に負けていた模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    織田裕二、月9ドラマ「スーツ」で心配される鈴木保奈美とのガチ喧嘩!

    織田裕二が、10月からの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で主演を務めることが発表された。
    同ドラマは、織田と鈴木保奈美の共演に大きな注目が集まっている。

    y


    「織田と鈴木が共演するのは、1991年に放送された月9ドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりとなります。
    『SUITS/スーツ』は、アメリカのドラマが原作の大手弁護士事務所を舞台にした作品。
    恋愛ドラマではありませんが共演の話題性は抜群のため、フジは高視聴率を期待しているようです」(テレビ誌記者)

    しかしそんな中、8月22日発売の「週刊新潮」は、織田が今回の共演が話題になることに対し、激怒していると報じた。
    記事によると織田は、一時結婚で産休していた鈴木と、「踊る大捜査線」(フジテレビ系)などのヒットを飛ばし続けてきた自分が同列に扱われることが気に入らなかったとのこと。
    その結果、フジが気を使って、報道関係者に送られたドラマの発表案内からは鈴木の名前が外されていたという。
    そのため、現場での2人の関係が心配されている。

    「作品にのめり込むタイプである織田は、現場のスタッフや共演者にかなり厳しく接することで知られています。
    過去、香取慎吾がドラマで共演した際は、織田から『お前さあ!』と強い口調で演技のダメ出しをされたと告白していますし、一部週刊誌では、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で共演した柳葉敏郎との不仲説も話題に。
    現場で演技のダメ出ししてくる織田に、柳葉が『お前1人の映画じゃない!』とブチギレたという噂もあります。
    それだけに今回、新潮の報道が事実であれば、何かのキッカケで鈴木と大喧嘩に発展する可能性もあるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

    はたして織田と鈴木は、最終回まで揉め事なく撮影を続けることができるだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-110875/


    所長見解:わからんでもない・・・

    【【月9ドラマ】織田裕二が鈴木保奈美と同列の扱いに激怒した結果・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ