ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「10月スタートの『月9』で織田裕二さんが10年ぶりに主役を演じます。
    その共演者が、鈴木保奈美さん。
    伝説の『東ラブ』以来、27年ぶりの“夢の共演”となります」(テレビ局関係者)

    t


    91年、「月曜の夜は街からOLが消える」ほどの社会現象になった『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。
    織田裕二(50)演じる“カンチ”と鈴木保奈美(51)が演じる“リカ”による恋愛絵巻の最終回は視聴率32.3%を記録。
    あれから27年の再会。
    当然、『東ラブ』の続編かと思いきや……。

    「米国の人気ドラマ『SUITS』のリメイクで、舞台を日本に移した弁護士ものです。
    織田さんが演じるのは、手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする敏腕弁護士。
    鈴木さんは、織田さんの働く法律事務所の所長役といわれており、彼に強い信頼を寄せている役だそうです」(前出・テレビ局関係者)

    16年、柴門ふみがカンチやリカらの25年後を描いた『東ラブ』の続編漫画の連載を始めた際も、ファンは織田と鈴木による続編のドラマ化を熱望していたが――。

    「結果的に『東ラブ』は大ヒットしましたが、じつは織田さんは主役の“第一候補”ではありませんでした。
    のちに織田さんは“原作と脚本が自分のイメージと異なり、そのギャップを最後まで埋められなかった”ことも告白しています。
    織田さんにとって『東ラブ』は、世間の評価と相反して、苦い記憶が残ったままなんです。何度か続編や鈴木さんとの共演が浮上しても乗り気にはなれませんでした」(ドラマ関係者)

    その彼が、なぜ変心を?

    「『月9』視聴率が低迷するフジの上層部は“2人の共演は日本中の話題になる”と説得を続けました。
    40代で結婚し、1児の父親となった織田さんも、あまりのフジの熱意に押され、“50歳の転機”として熟慮。
    “成長した自分を、『東ラブ』的な恋愛ものとは違う作品で、鈴木さんにもう一度見てもらえれば……”と“苦渋の決断”をしたそうです」(前出・ドラマ関係者)

    27年後の“カンチ&リカ”は、舞台を法廷に変え、どんなドラマを繰り広げてくれるのだろうか。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00010002-jisin-ent


    所長見解:いまさら・・・

    【【東京ラブストーリー】織田裕二 鈴木保奈美と再び月9ドラマ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂口健太郎「吉岡里帆はすごく熱を持ったマシュマロ」

    y


    カンテレ・フジテレビ系火曜9時連続ドラマでバトンタッチセレモニーがおこなわれ、『シグナル』に主演する坂口健太郎のもとに、新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』主演の吉岡里帆が訪問した。

    過去にも連続ドラマで共演したことのある2人。
    今回はお互いに主演という立場で対面となり、それぞれの印象について吉岡は「坂口さんは、クールなんだけど同時にすごくやさしい方」とコメント。
    一方、坂口は「前作では、作品や役や物語についてすごく深く話しましたよね。だから吉岡さんの印象は『すごく熱を持ったマシュマロ』」と表現。
    京都出身の吉岡はすかさず「溶けてるやん!(笑)」と関西弁でツッコんだ。

    そして、坂口にはオムライス、吉岡にはとんかつと、それぞれの役柄が好きな食べ物が贈られ、おいしそうにパクリ。
    12日に最終回を迎える『シグナル』について坂口が「目が離せない最終回になっていると思うので、ぜひ一緒に健人と悩んで事件を解決していきましょう」と呼びかけた。
    新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は17日スタート。

    https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2018/06/08/0011336231.shtml


    所長見解:おいおい・・・

    【【意味深】吉岡里帆はすごく熱を持ったマシュマロ ←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAP世界へ 東京パラ五輪でブルーノ・マーズと競演計画

    t


    ジャニーズ事務所を退社した元SMAPの香取慎吾(41)と草彅剛(43)のユニット“SingTuyo”(しんつよ)が絶好調だ。
    4月30日に配信スタートした「KISS is mylife.」は、5月14日付オリコン週間デジタルシングルランキングで初登場1位を獲得した。

    「稲垣吾郎(44)を含め、元SMAPの3人はメジャーレーベルのワーナーミュージックと契約しました。
    国内のほとんどのレコード会社がジャニーズ事務所を辞めたタレントとは契約したがらない中、外資系レーベルとはいえ、ワーナーにすんなりと決まったのは少し驚きでした」(スポーツ紙芸能デスク)

    これまで、赤西仁(33)や田口淳之介(32)、田原俊彦(57)といった、“元ジャニーズ”の受け皿は、やはり外資系のユニバーサルミュージックと相場が決まっていた。

    「2001年からTOKIOがユニバーサルと契約していましたが、“売れない”という外資系らしいシビアな一言で、08年に契約打ち切りになったのです。
    それに対し、ジャニーズ側は大激怒。
    それ以降、没交渉状態だったのです」(レコード会社関係者)

    だからこそ、元ジャニーズのタレントは“駆け込み寺”のようにユニバーサルと契約してきた経緯がある。
    もっとも、このままではまずいと思ったのか、つい最近、ジャニーズ側は手を打った。
    ジャニーズから4年ぶりにデビューする「King&Prince」の第1弾は5月23日にユニバーサルからリリースされる。
    事務所イチ押しのグループのデビュー曲がヒットするのは確実だ。


    ■海外アーティストにとってはステータス

    こうした動きを察知したのか、今回、元SMAPの3人が契約したのはワーナーだった。

    「ワーナーとは山下智久が契約しており、ジャニーズ側には“忖度”が働くという計算があったはずです。
    ところが、元SMAPとあっさり手を組んだため、驚いているはずです」(芸能ジャーナリストの浅見麟氏)

    ワーナーにはSMAPが所属していたレコード会社ビクターエンタテインメントから担当者が移籍した。
    プロモーションに力を入れる背景には、大いなる野望が秘められているという。

    「ワーナーが元SMAPの3人を迎え入れたのは、20年に行われる東京パラ五輪を見越してのことといわれています。
    解散後、初めて3人がファンの前で歌ったのも、パラスポーツのイベントでした。
    それくらい、彼らと東京パラ五輪の距離は近い。
    ワーナーは東京パラ五輪に世界的に活躍する自前の契約歌手を送り込んで“競演”させる準備をしているといわれています」(前出のレコード会社関係者)

    東京パラ五輪で元SMAPと超スター歌手のコラボ計画が水面下で進んでいるとすれば、驚くばかりだ。

    「過去にマイケル・ジャクソンがノーギャラでもいいからシドニーパラ五輪に出演したがっていたのは有名な話です。
    チャリティー精神が強い海外のアーティストにとって、パラ五輪の出演はステータスなのです。
    ワーナーの看板歌手であり、親日家でもあるエド・シーランや、グラミー賞を独占したブルーノ・マーズと元SMAP3人のコラボは十分にあり得る話です」(前出の浅見麟氏)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    ブルーノ・マーズとのコラボも夢じゃない(C)ロイター=共同
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/229455


    所長見解:どうなるかね・・・

    【【衝撃情報】元SMAP世界へ  ブルーノ・マーズと競演計画 ←これwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    錦戸亮が瑛太にボコボコに殴られた午前2時 現場写真入手&ふたりを直撃

    4月13日、恵比寿の会員制ラウンジ『S』を訪れた瑛太を直撃。
    楽しげな様子だったが、錦戸の名前を出すと表情が一変した。 

    n


    4月10日の午前2時すぎ。
    東京・恵比寿にある会員制の高級ラウンジ『S』。
    本誌はこの店で、あるトラブルが発生したという情報をキャッチし、店の前に駆けつけた。午前2時半頃、店から一人で姿を現したのは、俳優の瑛太(35)。
    店員に見送られ、憮然とした様子でタクシーに乗り込んでいった。
    約10分後、数名の男性と出てきたのは、『関ジャニ∞』の錦戸亮(33)だ。

    FRIDAYが4月27日号で報じたように、渋谷すばる(36)がジャニーズ事務所を退所することが決定。
    4月15日に関ジャニのメンバーたちが都内のホテルで会見を開いたのはご存じの通りだ。
    会見で錦戸も「本当に自分がやりたいことを見つけたすばる君の決断を尊重したい」とコメントしていた。
    渋谷の脱退をめぐり、関ジャニ、そしてジャニーズ事務所が大揺れしていた中、ある重大事件が起きていたのだ。

    目撃者の一人が話す。

    「10日の午前0時すぎ、瑛太さんと錦戸さんがSにやってきたんです。
    他にも仕事相手のような男性が数名いました。
    瑛太さんは最近このお店がお気に入りらしく、よく来ているようです。
    この日は、かなり会が盛り上がっていて、瑛太さんはテキーラやイエーガーなどのお酒をグイグイ飲んでいました。
    二人ともかなり酔っ払っていましたね」

    瑛太と錦戸は、’08年にドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)で共演して以来、親交を深めたという。
    現在は、NHK大河ドラマ『西郷どん』にも揃って出演している。 
    そんな二人が訪れたSは、会員制のラウンジで、料金は一人約2万~3万円。
    深夜2時が近づいた頃、事件は起きた。

    「錦戸さんも相当酔っ払い、関西弁でホストが一気飲みをするときの“コール”のマネをするなど、かなりハシャいでいました。
    そして、錦戸さんが中指を立て、『FUCK』のポーズを見せつけながら、瑛太さんをからかい始めたのです。
    すると、瑛太さんの表情がサーッと変わった。
    次の瞬間、いきなり瑛太さんが錦戸さんを拳で殴りつけたんです。
    そして、床に倒れ込んだ錦戸さんの上に馬乗りになり、殴り続けた。
    2発や3発ではありませんでした。
    錦戸さんは『やめてください! やめてください!』と抵抗していた。
    あまりに突然の出来事に、同席していた人たちも驚いて固まっていました」(同前)

    後日、再び『S』を訪問した瑛太を直撃した。

    ――『S』に10日に行かれたとき、錦戸さんもご一緒でしたよね?

    「……なんですか、それ」

    錦戸の名前を出しただけで、瑛太の表情が変わり、数秒間黙りこんだ。

    大河ドラマのメインキャストという重責のプレッシャーで感情が爆発したのだろうか。
    過度にハシャいだ錦戸には、グループ解散の危機という多大なストレスがあったのも間違いない。 
    (以下ソース参照)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010000-friday-ent 


    所長見解:ケンカかな・・・
    【【暴力沙汰】錦戸亮が瑛太にフルボッコされたってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉×二宮和也『検察側の罪人』 アラーキー撮り下ろしポスター解禁

    俳優の木村拓哉と嵐の二宮和也が出演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督 8月24日公開)のポスターが9日、解禁された。
    「一線を、越える。」というコピーと共に、今回初共演となった2人を、“アラーキー”の愛称で知られる日本写真界の鬼才・荒木経惟氏が撮り下ろした。
    13日より劇場に掲出される。

    荒木氏といえば、日本の写真界のみならず、世界中の写真家に多大なるを影響を与えてきた日本のトップ写真家。
    世間的にはヌード写真家としてのイメージが強いが、スナップや風景、ポートレートまで多面性に富み、77歳を超えた今もなお、写真集を精力的に出版、写真展を開催し続け、勢いを増し続けている。

    映画ポスターを手掛けるのは、『M』(2007年)以来11年ぶり。
    打ち合わせの場では、木村と二宮の2人を撮るうえで、荒木氏が「年齢を重ねてきた男の“顔”を撮りたい」と提案。
    これまでにも市井の人々から数々の俳優まで、途方もない数の“男の顔”を撮影してきた荒木氏は、15年4月には写真展『荒木経惟写真展「男―アラーキーの裸ノ顔―』を開催し、坂東三津五郎、王貞治、赤塚不二夫、忌野清志郎、ビートたけしといった面々の計207人もの“男の顔”を展示。
    当時のインタビューでは「写真は顔だ、顔が一番頂点」「向かい合って真剣勝負をして、その瞬間を撮る」と語っている。

    さらに、2人が演じる検事が対立していくという筋書き上、製作陣は2人を別々に撮影することを思い描いていたが、荒木氏から「2人を同時に撮影したい」とさらなる提案があった。「そこに2人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る」「お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る」という狙いがあり、9月3日に映画本編の撮影が終了する間際、奇跡的に空いたスケジュールを抑えて、その直前の9月1日に都内のスタジオにて撮影が行われた。

    荒木氏自ら照明を調整し、自身も動きながら、寄り、引きと2人の“顔”を切り取るベストな画角を模索しつつ、撮影は進んでいった。
    作品さながらの心地よい緊張感と共に2人の表情を引き出し、フィルムカメラのシャッター音が30分弱鳴り響き続け、撮影は終了した。

    特報映像も初解禁され、音楽はほぼ皆無のなか、せりふと芝居のみで鬼気迫るぶつかり合いが描かる。
    30秒という短い時間ながら、それぞれの人物像、そして対立していく様を切り取った、緊張感がみなぎる映像となっている。


    荒木経惟氏が撮り下ろした映画『検察側の罪人』ポスター (C)2018 TOHO/JStorm

    no title

    ■映画『検察側の罪人』特報映像 
    https://www.youtube.com/watch?v=4apNRNDHUlk



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000312-oric-ent


    所長見解:歳だね・・・
    【【嵐×SMAP】木村拓哉×二宮和也の映画ポスターがコチラwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ