ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    共演

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月22日に放送された『A-Studio』(TBS系)に出演した俳優の堤真一(55)が、会うと緊張してしまう大物俳優の名前を明かした。

    t


    同番組は、MCの笑福亭鶴瓶(67)が旬な芸能人たちの素顔に迫っていくトークバラエティ。

    今回は現在上映中の映画『決算!忠臣蔵』で主演を務める堤が、映画の舞台裏やプライベートのエピソードなどを明かした。

    映画についての話題から鶴瓶は、堤が過去に真田広之(59)の付き人をしていたことに触れた。

     
    堤が付き人をしていたのは21歳頃で、ちょうど真田が佐藤浩市(58)と映画で共演していたときで、真田だけでなく佐藤にも付き人のように世話になったと語り、今でも2人には頭が上がらず緊張してしまうと続けた。

    「2人とも大好きなんですけど、たぶん一緒に芝居したらなんもできないです」
    「どんな役やっても付き人みたいな顔してる」と笑った。

     
    真田と佐藤との共演NGを告白した堤に、視聴者からは

    「あの堤真一がいまだに真田広之と佐藤浩市を畏れ、共演できないとは」

    「はたから見ると、みんな同世代なんだけど」

    「なんか強そうな2人だから、付き人してなくても絶対に緊張しちゃいそう!」

    「真田広之の付き人に堤真一とか……かっこよすぎやろ」

    といった反響があった。

     
    真田と佐藤に関するエピソードは、過去にも何度か語っている堤。

    11月12日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で人気コーナー“アポなし旅”に出演した際も、MCのヒロミ(54)から佐藤を交えての食事に誘われた堤は、「それはいい」と断固拒否。

    この反応に他の出演者がとまどうと、ヒロミは「浩市さんが堤くんにものすごい厳しい」と2人の関係性を明かしていた。

     
    それでもいつか3人の共演が見てみたい!


    https://taishu.jp/articles/-/70478?page=1

    所長見解:そうなんや・・・

    【【衝撃告白】俳優・堤真一、絶対に共演したくない有名俳優がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    星野源、“どんぎつね”との激カワ2ショット

    no title

    no title


    歌手で俳優の星野源(38歳)が11月11日、自身のInstagramで、“どんぎつね”とのツーショットを披露している。

    日清食品「どん兵衛」のCM「どんぎつね」シリーズで、女優の吉岡里帆(26歳)と共演している星野。

    この日はそのCMのオフショットとして、「どんぎつねさんと」と、2人でポーズを決めたショットを投稿した。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.narinari.com/Nd/20191157084.html  

    所長見解:星野め・・・
    【【衝撃画像】星野源とどんぎつねwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上沼恵美子(64)が司会を務めるカンテレのバラエティー「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時=関西ローカル)の8日放送分に松本人志(56)が出演。

    番組内で松本が「共演NG」を明かした。


    m


    上沼から「苦手な人、絶対に共演NGはいないのですか」というきわどい質問が飛ぶと、松本は「基本的はないようにしています。
    いるんですよ、どっかには。
    それをスタッフに言うには恥ずかしいんですよ」と明かした。


    さらに「唯一あるとするならば…」と前置きし「昔、肉体関係があった人ですよね」と話すと、上沼は大爆笑し、すかさず「1人、知ってますけど、あとは…」と突っ込むと、松本はタジタジ。

    上沼は「女はまったく大丈夫。気にするのは男です」と持論を展開し、「とくに女優さんは大丈夫です」。

    この言葉に敏感に反応した松本は「完全に1人、分かってますね」と白旗をあげた。

    さらに松本は「この人にだけは勝てない」という人物を告白。

    「鶴瓶さんですね。
    あのなんて言うんですか、僕はずっと“鶴瓶最強説”と思っていて、あの人は全部、手のひらで転がして、こっちは勝ったような気になる。
    でも、よく考えてみたら負けていた」と明かした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11080905-nksports-ent

    所長見解:あれね・・・

    【【衝撃告白】松本人志さんの共演NGがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ダウンタウン松本人志(56)が8日、カンテレ「快傑 えみちゃんねる」(後7・00)にゲスト出演した。

    MCの上沼恵美子(64)が松本に直接オファーして実現。

    上沼は「共演NG」タレントについて語った。

    k

     
    ゲストの話題になり、松本が上沼に「ゲストは選んでるんですか」と尋ねた。

    上沼は「私は選んでないです」と即答。

    松本がさらに「この人はダメとか」とスタッフに告げるのかを尋ねた。

    上沼は「言います」とここでも即答。

    松本は笑って応じ、「けっこう、いるんですか?」と質問を重ねた。

     
    上沼は「リストを出してきます」とテレビ局側が意見を求めてくることを述べ、リストを見るしぐさをして「あかん。OK。ダメ」と指ではじくしぐさ。

    「こんな感じです」と述べた。

     
    松本が「まあまあいるんですね」と苦笑いで応じた。

    上沼は「います。20人…25人くらい」と答えた。

    松本が「減ることはないですもんね」と、やむを得ないと返すと、上沼は「その中で別格で死んで欲しいと思う人が2人くらい」と明かして爆笑に。

     
    松本が「ダメですよ」と笑うと、上沼も「そんなことは分かってます」と応じた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000109-dal-ent

    所長見解:誰やろ・・・

    【【大胆告白】上沼恵美子さんの共演NG「25人くらい」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    国民的ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の名子役としてブレークした俳優のえなりかずきが、同ドラマから“永久追放の危機”に瀕している。

    同番組の脚本家・橋田壽賀子氏が、去る10月3日発売の『週刊文春』にて、えなりが同ドラマ主演の泉ピン子と共演NGを出したことを暴露し、「そういう申し出すること自体、私は頭に来るのよ」などと、えなりへの怒りをあらわにしているのだ。


    w


    ただ、えなりが共演NGにした理由は、ピン子による“イジメ”が原因だというから穏やかではない。

    「ピン子さんの共演者イジメは、NHKの朝ドラ『おしん』でブレークしたころから有名でした。
    渡鬼でもえなり君に対して厳しく当たったり、収録の合間に肩を揉ませるなどを強要していましたからね」(出演者のマネジャー)

     
    イジメに遭ったのは、えなりだけではない。

    「えなり君のマネジャーの母親に当たり散らしたり、立場上、断れないことをいいことに、自分が所有するシャネルを安く買わせたりしています。
    それを見て育ったえなり君が、ピン子さんに嫌悪感を示すのは当然でしょう」(元事務所関係者)

     
    一方、ピン子はイジメを否定しているという。

    「橋田さんがピン子さんに聞いたら“イジメた覚えは全くない”と答えたようです。
    ピン子さんは上の人に取り入るのはうまいですからね。
    橋田さんはピン子さんの言うことを鵜呑みにしてしまったようです」(元ドラマスタッフ)

     
    2人の共演シーンは、2015年の渡鬼特番を最後になくなっている。

    「今年の9月に放送された特番では、えなりは大阪に出張しているという設定で、出演すらしていません。
    渡鬼では、以前もレギュラーの役者さんが急に出演しなくなることや、ドラマ内で死亡扱いになっていたケースがありました。
    橋田さんは『私は嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりします』と言っていたので、同じケースではないかと思われます」(同・スタッフ)

     
    えなりが復活することを願うばかりだが…。


    https://npn.co.jp/article/detail/76769340/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【渡鬼】脚本家・橋田壽賀子氏が激怒「えなりかずき永久追放」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ