ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    兄弟

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・橋本環奈が、以前から存在が話題になっていた双子の兄の写真を公開した。


    f


    ヒロイン役を務める映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』が9月6日に公開を控え、プロモーションに各メディアへと露出を増やしている橋本。
    8月30日には『A-Studio』(TBS系)に出演し、司会の笑福亭鶴瓶へこれまでの生い立ちや交友関係などのプライベートを赤裸々に明かしていった。


    橋本の素顔に迫るべく、無名子役だった橋本を起用した是枝裕和監督や、橋本をよく知る役者仲間に自ら取材を敢行していた鶴瓶。

    さらに、福岡に住む橋本の両親を訪ねた他、これまで秘密のベールに包まれていた双子の兄と7歳上の兄にも極秘取材を行った。


    ここで、2歳のときに撮られたという橋本と双子の兄の2ショット画像が流れたのだが、そこには橋本顔負けの大きな瞳をした中性的な男の子が。

    わずか2歳ながら容姿が整っていることが明らかで、ネット上には兄妹そろったレベルの高さに驚愕する声が上がっていた。


    画像①
    https://myjitsu.jp/archives/93578 



    所長見解:そらイケメンやろ・・・

    【【検証画像】橋本環奈の双子の兄がイケメン過ぎる件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    なんで洗濯は俺がしなきゃいけないの?

    所長見解:仕方ない・・・


    【【悲報】姉(26)と一緒に暮らしてる弟だけど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、高嶋政宏さん(53)と高嶋政伸さん(52)との関係がうまくいっていないのです。
    以前は共演もありましたが、いまでは“兄弟で”という出演オファーがあっても、2人とも頑として受け付けません。
    また2人は同じ芸能事務所に所属していますが、仕事関係者たちも事務所やテレビ局などでニアミスしないよう細心の配慮を払っている状態です」(政宏を昔から知る芸能関係者)

    k


    政宏・政伸兄弟が共演に応じていたのは6年前の’13年までだった。

    テレビ局関係者はこう語る。

    「’13年1月には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に兄弟で出演しています。
    さらに6月放映のスペシャル番組『カスぺ! 独占密着 真実の高島ファミリー』(同局)では、父・高島忠夫さん(88)を母・寿美花代さん(87)が“老老介護”する様子なども公開。
    息子たち2人は実家を訪れ、歓談していました。
    しかしそれ以来、兄弟の共演はプッツリと途絶えました」


    『カスぺ!』以降、忠夫も寿美も公の場に姿を見せていない。

    夫婦は東京都内にある閑静な住宅地で生活しているが、2人の姿はまったくといっていいほど目撃されておらず、定期的に医師が、そしてヘルパーたちが交代で家を出入りするばかりだという。

    「この数年ほど政伸さんのインタビューでは兄・政宏さんに関する質問がNG、また逆に政宏さんの取材では弟・政伸さんの話題がNGとなっています。
    そのように兄弟間に“断層”が生じたのはご両親の体調が悪化し、姿を見せなくなった時期とも一致しています。
    2人ともすでに80代、老親の介護問題が兄弟間の距離を広げたのでしょうか……」(前出・テレビ局関係者)

    当人たちは、この家族問題をどうとらえているのか? 

    まず5月上旬、帰宅してきた政伸を直撃した。

    ――お忙しいところ申し訳ございません。お兄様の政宏さんと確執があって、いまはご兄弟での共演がNGという状態が続いていると聞いていますが?

    「(兄弟確執に関しては)僕はそんなことはないと思いますよ」


    ――ご両親の介護問題で意見の食い違いがあったりはしないのでしょうか?

    「介護については家族間で話し合っています。兄の意見にはすべて従って、分担しています」


    ――この6年ほどは、ご兄弟での共演はありませんよね?

    「それは(私の意向ではなく)単純に事務所の方針だと思います」

    兄弟間の確執は否定したものの、共演NG状態にあることは認めた政伸。

    “兄は外交的だが、弟は内向的”“豪快な兄に対して、弟は繊細”など、高島家の兄弟は真逆のキャラクターでも知られている。

    本誌の直撃に対して驚くほど淡々と応じた弟に対し、兄・政宏は“苦悩”を隠さなかった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16562523/
    女性自身

    所長見解:そうなんや・・・
    【【悲報】高嶋兄弟、共演NG説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの花田虎上(48)が10日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。

    MC上沼恵美子(64)の猛攻撃にタジタジになるシーンが見られた。

    上沼から「お兄ちゃん(花田)と貴乃花(光司氏)仲良くなってんねんて」と振られ、キョトンとした表情を見せる花田。

    状況を理解したのか、すかさず「(弟からは)連絡ないですよ!」と否定した。

    上沼は「ずっと仲悪いまま?」と聞き返すと「話してないです。番組を通して、ああいう風に(和解の気持ちを)言われて、それからは話してないです」と動きがまったくないことを明かした。

    放送時の段階では、某テレビ番組で貴乃花氏が“絶縁状態にある母や兄と和解する気持ちがあるか?”と問われ「ハイ」と即答。

    そんな流れもあって、雪解けムードが高まっていた。

    しかし花田はおろか、母でタレントの藤田紀子(71)にも連絡はなし。

    さらに“親子・兄弟の出会いの番組をやるのでは?”とも噂されていたが、それも実現していなかった。

    s


    上沼は「弟さんはそんな(和解の)気があるんじゃないのかな?
    離婚もされて、1人になって、やっぱり身内やな、血のつながりやらって思ってるん違いますか?」と花田に尋ねると「それは聞いてます」と返答。

    ただ、弟からアクションがあったとしても、即和解というわけにもいかないようで、それまで絶縁状態にあっただけに「からまった糸があるんで、自分の中で整理出来たらいいんですけど」と言葉を濁した。

    それでも、争いごとにはしたくないと考える花田。

    「そしたら許したったらよろしいやんか!」と上沼が詰め寄ると、「ハイ…」と苦笑いを見せた。

    上沼は「弟さんもズッコいな。
    奥さんと離婚して、ひとりぼっちになって。
    仕事は相撲の事やりたい言っても、現実って難しいですやんか。
    そんな中で、やっぱり身内やなって思って、お兄ちゃんて言いたいんやけども…
    これまでのこと考えたら言えないなっていう、1本通った妙なプライドみたいなものがあるんですよね」と持論を展開した。

    続けて上沼は「(弟さんは)お兄ちゃんからの電話を待ってるって感じが、私はしてならない」と花田からのアクションを期待。

    しかし、花田は困惑気味に「一方的にブン殴られてたのに仲良くしようぜって言われても…。
    ずっと、ディフェンスしてたのに、ちょっと待ってってなるのが本心なので」と説明。

    上沼は「そこを何とか!」と歌舞伎のパフォーマンスで笑いを誘った。

    上沼はさらに「私に免じて電話してやってくださいよ」と頭を下げると、スタジオには大きな拍手が。

    「このご兄弟は仲良くあって欲しい。
    平成の大横綱同士やから。
    弟さんて“ヤンチャさん”なんよ。
    相撲しか知らなかったん。
    ちょっと忘れ物してきてんねん。
    そういうところをお兄ちゃんが包んであげたらどうですか?」と上沼が畳みかけると、花田は「すみません…」と返答に困る姿を見せた。

    花田は「まずは母と仲良くなってもらいたいんで」と上沼の矛先を母へと向けると、上沼は「母はアカン!」と強く否定。

    「母はええ人なんですけどね。自分のことばっか考えてはる」とブッちゃけた。

    最後は「うちは6つ年上の姉がいるけど、なんもしてくれへんわ」と自身の姉をイジりつつ、お兄ちゃん・花田の次なるアクションに期待を寄せていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16440640/

    所長見解:無理なん・・・


    【【和解へ】花田虎上、弟・貴乃花との現在の状況がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先週から一緒に住んでるんだけど
    四六時中絡んでくるしLINEも異常にくる
    メンヘラなのか?


    l

    所長見解:いいな・・・

    【【理想の展開】親父が再婚してOLの姉が出来た結果www 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ