ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    偏向番組

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)の「風をよむ」コーナーで、番組が「炎上商法とメディア」を糾弾するシーンがあり、物議を醸した。


    s


    番組では戦時中、朝日新聞などが大本営の指示を受けたことや、部数獲得のため戦意を高揚するための過激な報道をしていたなどと取り上げ。

    その上で、「憎悪や差別を煽る意見や出来事が目につく今、改めてメディアの姿勢が問われています」と問題提起する。


    大宅映子氏はこの件について、

    「我々の方もどんどん偏った自分の好きな情報にばっかり突っ込んでいってしまうと、そのギスギスした形になりますよね。
    私たちが偏った情報に行ってしまってる結果、昔もっと広く深く常識とか教養とかっていうものを持ってたのに、それがすごく薄くなってる。
    フェイクかフェイクじゃないかみたいな判断力もお陰で薄れてしまうっていう。
    悪いサイクルに入ってしまってるんじゃないかなっていう気がします」

    と、自己批判とも取れる発言を行う。

    これを聞いた関口宏は、

    「ネットの力ってのも大きかったかな。
    名前を出さずに勝手なことが言える“メディア”ができちゃった」

    と、自己批判精神を持つことはなく、ネット批判を口にする。


    TBSの松原耕二氏は、

    「真実は小さな声で語られると思うんですね。
    空虚なことこそ声高にみんな語りたがるし、過激な言葉が必要になってくる。
    だから一人一人が、そういう声高な言葉、語りそして過激な言葉を疑ってかかること。
    そして何より我々メディアの人間こそが、過激な人間を使いたくなったり、声高に語りたくなったら、それいかんぞと。
    そこを戒めるべきだと思いますね」

    と炎上商法について、メディア側の観点から警鐘を鳴らした。


    『サンデーモーニング』出演者による、論説鮮やかな「炎上商法とメディア」に対する批判だったが、ネットの反応は冷ややか。

    「いつも安倍政権の悪口を言っていませんか?」「偏っているのはあなたたちですよね?」と同番組の報道姿勢について批判が飛ぶ。


    さらに、

    「先週過激な言葉で韓国を擁護した人はだれでしたっけ」
    「過激な韓国擁護、露骨な安倍政権批判をする人を隔週で使っていますよね」
    「日本アメリカ悪、中韓賛美の姿勢を持つ出演者はOKなのですか?」
    「日本への過激批判はOK、中韓はNGですか?」

    と、『サンデーモーニング』出演者についても批判が。


    そして、「『サンデーモーニング』こそが炎上商法をしている」という声が、ネットユーザーから上がることになった。


    『サンデーモーニング』については、賛否両論あるものの、一部のネットユーザーから特定出演者の発言や思想について「偏っている」と批判の声もあり、出演者の発言がネット上で猛批判を受けることが少なくない。

    それを売りとしているとの声もあり、そのように感じている人がいることは、紛れもない事実だ。

    炎上商法の張本人とも言われる『サンデーモーニング』による炎上商法とメディア批判。

    説得力がないと言われても致し方ないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1998816/

    所長見解:おもろいよね・・・
    【【おまいう】人気番組「サンデーモーニング」がまさかのメディア批判ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    何で安倍総理には名前表示が無いんだ?

    悪意に感じる!!

    #ひるおび

    https://twitter.com/asunimukai/status/1166198238795292672?s=03

    画像
    no title

    所長見解:ほんまや・・・
    【【証拠あり】TBS「ひるおび」の悪意ある偏向放送がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ジャーナリストの池上彰さん(68)が司会をするフジテレビ系番組「池上彰スペシャル!」で、ゲストの小中学生約70人の少なくとも20人以上は子役タレントと分かり、ネット上で論議になっている。

    子役とはいえタレントを集めたのなら、それを知らせるべきだったとの批判も多い。
    J-CASTニュースは、フジテレビに、それらの疑問を尋ねた。

    no title


    ■2つの小中学校の協力とだけ表示

    「大人は決して口に出せない...奇想天外なギモン」。
    2018年9月7日夜放送の番組では、こんなテロップを掲げて、「日本とアメリカの大問題」を特集した。

    池上さんは、スタジオに集まった小中学生を前に、「子供ってね、『王様は裸だ』って言えるんだよね。忖度しないでね、厳しい質問が出てくるんじゃないか」と期待たっぷり。
    まず、子供から募ったギモンとして、「日本はアメリカのご機嫌取りばかりに見えるのはなぜ?」というテーマを取り上げた。

    このギモンを出した小6の出演者は、「トランプさんが校長先生で、安倍さんがなんか担任の先生みたい」と理由を述べ、日本に対して、「忖度ばっかりしているんじゃなくて、なんかちゃんと意見を言った方がアメリカも気持ちが分かる」と意見を述べた。

    質問を募ると、小中学生らから即座にたくさんの手が上がり、当てられるとマイクを持ってすらすらと話す。
    こうした様子に、池上さんは、子供は怖いもの知らずだなどと感心していた。

    番組最後のクレジット表示では、「協力」先として、2つの小中学校名が挙げられていた。

    ところが、放送後に、出演者の中には、芸能プロ所属の子役タレントもいたとして、疑問や批判の声が上がるようになった。


    ■「台本は一切ない」

    さらに、いくつもの芸能プロが、所属タレントの番組出演をホームページなどで告知していたことが分かった。
    J-CASTニュースが調べたところでは、少なくとも出演者計20人が子役タレントだった。

    しかし、番組のクレジットには、こうした芸能プロの名前はなかった。

    これに対し、ツイッター上などでは、なぜ小中学生とだけ紹介したのかといった疑問が出て、「一般の小中学生に思わせる印象操作にならないのか」「台本的な仕込みのヤラセがあるようにも思えて不快だ」といった内容の意見が相次いでいる。

    疑問や批判は子役タレントにも向かっているようで、出演を告知した芸能プロのツイートが削除されたり、タレントのツイッターアカウントが一時非公開になったりもしている。

    もっとも、「素人の子供ばかり集めて番組なんて簡単に成立しない」「子役の仕込みなんて昔からある」などと番組に理解を示す声もあった。

    フジテレビの企業広報室は9月11日、芸能プロについての取材には答えず、ネット上の批判や疑問に対してこう説明した。

    「出演している小中学生は、自ら抱いた疑問について質問し、自分の言葉で意見を述べています。台本に基づいて演じたということは一切ございません」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000014-jct-soci


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【やらせ疑惑】池上彰氏番組「小中学生とだけ紹介」←子役タレント20人以上の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5日、テレビ朝日が『報道ステーション』の放送時間を「10月から5分間拡大する」と発表した。

    h


    これは、都内で行われたテレビ朝日の10月改編説明会で発表されたもので、月曜日から木曜日までの放送時間が21時54分から23時15分までと5分拡大することになった。
    既報の通り、小川彩佳アナは降板となり、富川悠太アナに加え、元テレビ朝日アナウンサーで内村光良夫人の徳永有美が新たに担当。
    2人MCとして新たなスタートを切る。

    そして、金曜日については時間据え置きで、竹内由恵・小木逸平両アナがMCを担当する。
    5分拡大の意図について赤津一彦編成部長は、「原点である中学生でもわかるニュースに立ち返る」と説明。
    また、「スポーツ番組の視聴率が高くなっている」とし、拡大した時間をスポーツに充てる意向を示した。

    富川・徳永体制に加え、5分拡大とかなり「力」を入れた感じの『報道ステーション』だが、ネットユーザーの反応は厳しい。

    大阪地震発生時には、ブロック塀が崩れ下敷きになって死亡した小学生女児の同級生に「どんな気持ち?」とインタビューしたうえ、最終的に安倍政権への批判につなげ炎上。

    そして、9月の台風21号被害の際にも、テレビ朝日報道局を名乗るTwitterアカウントが被害動画をアップロードする個人ユーザーに「フォローしてDMしてほしい」と片っ端からリプライを飛ばし、不快感を示すネットユーザーが続出している。

    さらに、体操女子のパワハラ問題では、渦中の宮川紗江選手に対し、テレビ朝日所属のコメンテーターが一方的に日本体操協会の意を汲んだと思われるような「攻撃」を行うなど、その放送内容が何かと「偏っている」と批判を受けている状況だ。

    そのような状況下での「5分拡大」に、一部ネットユーザーからは「意味がわからない」「まずその報道姿勢を改めるべきだ」「むしろ規模を縮小するべきだ」と、怒りの声が上がっている。

    『報道ステーション』は、久米宏が長年担当した『ニュースステーション』の後継番組で、テレビ朝日系列の看板番組。
    しかし昨今は、インターネットの普及とともに、与党のみを批判する報道姿勢が「偏向」していると指摘されているほか、災害時の被災者感情を無視した取材方法も批判されている。

    リニューアルは主に「スポーツに力を入れるため」とのことだが、その報道姿勢や取材方法についても考えを改める必要があるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1516632/


    所長見解:小川アナ・・・

    【【偏向番組】新『報道ステーション』の放送枠が拡大ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の関口宏(74)が4日、インフルエンザのため、司会を務めるTBS系の情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)を欠席した。
    代役を務めた同局の松原耕二キャスターによると、関口が病気で欠席するのは番組スタート以来初めてだという。

    s


    冒頭、松原キャスターが関口とサブキャスターの伊藤友里(30)の欠席を報告。
    番組は1987年10月にスタートしたが、「この番組もう30年続いているんですが、関口さんが病気するのは初めて?」と橋谷能理子サブキャスターに振ると、橋谷は「そうなんです」と応じた。

    松原キャスターは自らが代理で番組の進行役を務めると報告し、「いつも通り最後まで見ていただければと思います」とあいさつした。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000082-spnannex-ent


    所長見解:喝だな・・・
    【【超絶悲報】関口宏「サンデーモーニング」を欠席ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ