偏向

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    報ステ富川アナ、「中国を刺激することになる」と発言し炎上
    “どこの国のアナウンサー?”の声も

    5日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、MCの富川悠太アナウンサーが尖閣諸島で領海侵犯を続ける中国を擁護するような発言を行い、炎上している。

    t


    番組では政府が防衛計画の大綱を見直す意向を示し、その中で「護衛艦『いずも』の甲板を改修し、多用途運用護衛艦とする方針であることを紹介。

    番組は「事実上の空母化」と何度も繰り返し、「(空母化に伴い)垂直に着陸できる戦闘機F35BとF35Aを計100機購入する」と報道する。

    そして、小野寺五典前防衛相に「事実上の空母化ではないか」と女性記者が質問。

    同氏は「多用途で使える護衛艦という議論なので空母という範疇にはあたらない」とコメント。

    続けて女性記者は自民党の中谷元(げん)元防衛相には「専守防衛に反する」などと質問をぶつける。

    これに対し、中谷元防衛相は、「南西の島が不当に上陸された場合に、奪回したり阻止する意味においては、その作戦が可能な態勢というのは取っておかねばならない」と至極当然と思える回答を行った。

    しかし、『報道ステーション』は野党の声として、国民民主党玉木雄一郎代表が「他国を攻撃できる能力を持つことになれば専守防衛という防衛の基本的な考え方を逸脱する可能性がある。説明を求めたい」と話す様子を放送。

    そして、小野寺前防衛相が「空母化ではない」と否定しているにもかかわらず、「事実上の空母化」と決めつけ、議論を進める。

    スタジオではテレビ朝日の解説員を登場させ、「北の脅威を理由にこれ(防衛力)を整備したかったのではないか」と問題視。

    さらに、機密情報に近い「いずも」の能力やステルス戦闘機F35Bの能力を大々的に紹介。

    そして、解説員は「空母という定義はないが、周辺国は空母と思うだろう」として、「空母化である」と断言した。

    次に富川アナは尖閣諸島周辺の地図が書かれたフリップを見ながら、
    「じつは昨日ですね、中国海警局の船4隻が尖閣諸島の近くを航行していたそうなんですね。
    例えばこういうことがあったとき、那覇からだと尖閣諸島まで単純計算すると20分くらいかかるんですって」

    と状況を説明。そして、

    「これを空母化した『いずも』を尖閣諸島の近くに置いておけば、20分と言わずすぐに対応できるんじゃないかと。
    たた僕思うんですけども、尖閣諸島のすぐ近くにに空母がずっと待機していると中国を刺激することになりませんか?」

    と、意味不明な発言を行う。

    これにはテレビ朝日の記者が「日本は尖閣諸島を守る側の立場ですので、刺激することにはならないと思います」と一瞬で完全論破。

    左寄りの記者も富川アナの発言は、「中国側の物の見方」と感じた様子。

    その後、徳永有美キャスターが「なぜ事実上の空母にたどり着かなきゃいけないのか」と政府批判に話を軌道修正。

    そして、「空母という言葉を使わないのはおかしい」と政府批判を繰り返した。

    そこに「尖閣諸島を防衛しなければならない」という視点は、全く入っていなかった。

    富川アナの「尖閣諸島に事実上の空母を置くと中国を刺激する」発言に、ネットユーザーは大激怒。

    「どこの国のアナウンサーなんだ」
    「尖閣諸島は日本の領土だと思っていない」
    「日本人とは思えない発言」

    と非難轟々。
    さらに、

    「中国が日本を刺激している」
    「中国に対する対抗措置」
    「そもそも中国の船が尖閣諸島に来ることが問題。なぜそこを問題視しないのか」

    などと、冷静にツッコミを入れるユーザーも多かった。

    尖閣諸島は日本の固有の領土であり、中国が領海や領空侵犯を続けている現状で、防衛力を強化することは当然のことだろう。

    それについて「中国を刺激する」と中国政府を慮るような発言を行うことについては、日本国民から怒りの声が出るのは当然だ。

    専守防衛を逸脱するのではないかという声も1つの意見ではあり尊重されるべきだが、「尖閣諸島に中国の船が侵入している」という事実をひた隠しにして議論を進めるのは、放送法に定められた「放送の中立性」を逸脱していると言わざるを得ない。

    富川アナと『報道ステーション』スタッフは、ネット上に溢れる「批判の声」に耳を傾けるべきだろう。

    https://wjn.jp/article/detail/1612827/

    所長見解:富川・・・

    【【炎上中】報道ステーション・富川アナ「中国を刺激することになる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年11月7日、「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。
    「おっさんずラブ」「首相案件」「もぐもぐタイム」など30語だ。

    だがツイッター上ではさっそく「○○がないからやり直し」と、ノミネートに異議を唱える意見が相次いでいる。


    「平成最後の○○」「男山根」...

    J-CASTトレンド記者が11月7日から8日にかけての流行語に関するツイートを見たところ、追加してほしいとして挙がっていたのは、「平成最後の〇〇」と、日本ボクシング連盟の前会長、山根明氏の発言が多かった印象だ。

    「平成最後の○○」は2019年5月から新年号に変わるのを踏まえて、夏ごろからネットニュースの見出しなどでよく見かけるワードだ。

    また今夏に助成金流用問題などで世間を騒がせた山根氏の発言から、「男山根」「歴史の男」といったワードも目立った。
    なおこの騒動に関連するワードとしては「奈良判定」が、実際にノミネートされている。

    なおスポーツの不祥事では、日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、当時の監督が選手に言ったのではないかと疑いが出ている「やらなきゃ意味ないよ」というセリフも、多くの人が挙げていた。


    サッカーや野球関連のワードも

    今年6~7月は、サッカーワールドカップが大いに盛り上がった。
    またプロ野球・日本シリーズが終わったばかりということもあり、サッカーや野球関連の流行語の投稿も多かった。

    サッカーファンは、既にノミネートされている「(大迫)半端ないって」に賛同する声の一方で、5月にスペインの名門チーム「バルセロナ」から、Jリーグ・J1「ヴィッセル神戸」へ電撃移籍したアンドレス・イニエスタ選手が話題を集めたとして、「イニエスタ」を推す意見も多い。

    野球ファンからは、福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手の強肩を表す「甲斐キャノン」と、FA(フリーエーエジェント)権行使を表明した選手が会見でこぞって使う「他球団の評価を聞いてみたい」を挙げる人が目立った。

    そのほか、「あきらめたら試合終了」「安室の女」「安室奈美恵」「裏口入学」「紀州のドン・ファン」「ヒプマイ(ヒプノシスマイク)」「Vtuber」「変態仮装行列」「山口メンバー」も複数人が挙げていた。

    y


    2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞ならびにトップ10は、12月3日に発表される。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15567274/


    所長見解:偏ってるよね・・・

    【【やり直し】2018年流行語大賞候補に入ってないアレがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂上忍は一体どういうつもりで司会者をやっているのか。
    視聴者が不快に感じるほど偏っていると苦情が相次いでいる。

    坂上忍はまず「麻生大臣が辞任しなければ喜ぶのはマスコミだけ。
    余計な一言が多いからマスコミサービスみたいなものだよ」と皮肉で発言。

    それに対してブラマヨ吉田が「でも麻生大臣は功績がある方じゃないですか。
    その功績も改めて教えてほしいなという気持ちになってるんですけど…」と麻生大臣を擁護。

    ここで坂上忍は態度を急変させて怖い顔で「それ自分で調べてください」。
    怒らせてしまったと察したブラマヨ吉田はそれ以上言い返さず、頷くのが精一杯だった。

    実はこれより前、小藪が名を伏せてある司会者の偏向っぷりを告発したことがあり、ネット上では坂上忍だという指摘が飛び交っていた。

    小藪は「反対意見を言うと司会者が露骨に態度を変えるので心が折れる」と証言し、議論にすらならないと嘆いていた。
    今回の動画もあわせて見るに、やはり坂上忍で間違いないだろう。
    他に思い当たる人がいない。

    s


    ■またこちらも紹介しておきたい。

    坂上忍「麻生大臣も(林大臣みたいに)これぐらいのこと言ってくれりゃ…」

    中条きよし「でも麻生さんも言ったじゃないですか。相手に人権はあってこっちにはないのかって。良い言葉だよ」

    坂上忍「あーそっかあ! 中条さんは麻生さん寄りでしょうね~」

    中条きよし「俺は麻生、安倍さん寄りですよ」

    坂上忍「あっはい」

    中条きよし「あの2人以外に誰がいる」

    やはり坂上忍の態度がおかしい。
    大きな影響力を誇るテレビ番組で政治を取り扱うのだからもっと中立の立場で進行すべきなのに、やっているのはあからさまな偏向報道。

    http://netgeek.biz/archives/117826


    所長見解:坂上忍だし・・・

    【【パワハラ案件】バイキングで麻生大臣を擁護したら坂上忍の態度が急変の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    週刊文春が森友文書書き換え問題にあわせて公開した記事が酷い印象操作だと炎上している。
    安倍総理を悪者にするために事実の一部を切り取り、読者を誘導している。

    こちらは福島県で小学校が再開になったタイミングで安倍総理が学校を訪れ、懇談会を開いたときの様子。
    隣の女の子が泣いており、安倍総理は困惑したような顔を浮かべている。

    そして記事では森友文書の書き換え問題や安倍晋三記念小学校に触れながら、この学校を「安倍晋三小学校」だと紹介する。
    正直、全く意味が分からないが、とにかく何とか材料を絡めて安倍総理叩きの記事をつくりたかったのだろう。

    netgeek編集部で調べたところ、全く異なる事実があることが分かった。

    首相官邸公式HP、3月10日「福島県訪問」としてアップされた写真を見てほしい。
    女の子が笑顔で写っており、そこには全く違う印象がある。
    さらに政府インターネットテレビでは動画版も確認できる。
    該当のシーンは1:01:25から。

    女の子はまず名前を言った後に、話すことをど忘れしてしまったようで、横にいる母親の顔を笑顔で見つめる。
    無言になってしまったことで周囲からは笑いが漏れ、母親は「大丈夫だから」と話すように優しく促す。
    しかし女の子はたくさんの人とカメラに囲まれて恥ずかしいのかなかなか話しだせず、ついに泣き出してしまった。

    安倍総理が復興に向けて全力を尽くすと話し、最後に女の子に向かって「お嬢さんも安心して頑張ってもらいたい」と話しかけると女の子は照れくさそうに笑う。

    「それでは懇談会を終わります」という声がかかると女の子は急に脱力して緊張が溶ける。
    母親にもたれかかったりして安倍総理は優しい言葉をかけていた。

    立ち去り際に安倍総理は手を差し出し、女の子も笑顔で握手を交わす。
    安倍総理は「頑張ったね」と言葉をかけながら頭をなでた。
    文春はこの流れの中でわざわざ女の子が泣いたシーンを大きく取り上げ、「俺だって泣きたいよ。そんな心の声が聞こえてきそうだ」「涙の政権崩壊」「安倍晋三小学校」「笑顔が戻る日は来るか」などと揶揄する。

    森友学園問題とは一切関係がない写真なのに文春は卑怯な印象操作に手を染めた。

    手法はよくある一部の切り取り。
    全体像を見せないでわざと一部だけを大々的に取り上げて見ている人を騙す。
    勝手にこんな使われ方をされたのでは女の子もたまったものではない。
    もしも自分が親なら子供を利用された気持ちになるので絶対に許せない。

    この記事ではしっかりと真実を記しておきたい。

    印象操作 画像
    no title

    事実の画像
    no title


    動画
    https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg16765.html
    http://netgeek.biz/archives/114581


    所長見解:これはやりすぎ・・・
    【【これは炎上】印象操作の週刊文春、関係ない子供までも利用した結果wwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カーリング女子で日本が韓国に勝利したにもかかわらず、悔しがっていたNHKの男性アナウンサー。
    やけに個性的で目立つネクタイが実は韓国と北朝鮮の色を模したものであることが分かった。

    no title

    no title

    no title




    前回の記事
    【炎上】NHK男性アナがどう見ても韓国応援派。
    日本の勝利をお通夜状態で悔しがる。 
    忠誠心を示しているということなのだろう。

    男性アナウンサーは赤と青、白が入ったネクタイをしており、なんだかNHKらしくない派手さといった感じ。
    このネクタイには韓国を応援している(あるいは北朝鮮も)というメッセージが込められていたのかもしれない。

    並べてみるとやはり怪しい。
    もちろんさほど珍しい色ではないため偶然ということもあるだろうが、それにしてもあの中継はおかしかった。
    女性アナウンサーが日本の勝利を喜んでいるのに対し、男性アナウンサーは首を傾げながら「いやぁ~」とため息を漏らしたり「韓国」と連呼したりと奇妙な言行が目立った。

    ネクタイについては以下のような証言も飛び交う。

    改めて調べてみると韓国、北朝鮮の人はこの青と赤、白の配色を非常に大事にしていることが分かった。

    ▼国旗にあわせて赤と青、白で文字をつくっている。

    ▼こちらも同じ。日本語よりもハングルのほうが大きい看板。

    ▼「アベ政治を許さない」の車も朝鮮カラー。ハングルが書かれている点に注目。

    もちろん個人的に日本よりも韓国・北朝鮮を応援するのは自由だ。
    だが最大の問題は日本国民から受信料を半強制的に徴収している公共放送のNHKがこのような偏向報道をしてしまったということ。

    NHKは今回の不祥事についてしっかりけじめをつけるべきだと思う。

    http://netgeek.biz/archives/112808 


    所長見解:NHK・・・
    【【偏向疑惑】韓国応援のNHKアナ、ネクタイの色が・・・ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ