倒産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <赤字60億円の「RIZAP」>3人の大物経営者にも逃げられ、もはや打つ手なし? 

    今年の3月期決算で、2年連続となる赤字を計上したRIZAP(ライザップ)グループ。

    2年半で60社以上ものM&Aを繰り返してきたツケが回ってきたようだ。

    グループ経営再建のために招聘した3人の大物経営者は次々辞任した。

    いったい何が起きているのか。


    k

     
    RIZAPグループの2019年3月期決算は、純損益が193億円の赤字だった。

    今年3月期も60億円の赤字と低迷は続いている。

    さらに、2021年3月期の業績予想は未定というのだ。


     
    瀬戸健社長がRIZAPグループの前身である「健康コーポレーション」を立ち上げたのは2003年。

    当時は、豆乳クッキーダイエットを販売する会社だった。

    12年からボディメイク事業を始め、16年に社名を「RIZAP」に変更、積極的なM&Aを行って事業規模を急拡大させた。

    16年に20社ほどだった子会社は、18年末には85社まで増えた。


    「昨年の3月期決算で193億円の赤字を計上した時、瀬戸社長は株主総会で2020年3月期も赤字になったら社長を辞めると明言していました。
    ところが、今年3月期決算で60億の赤字になったのに、退任については口を閉ざしています。
    どうするつもりでしょうか」
    と解説するのは、ビジネス評論家の山田修氏である。

    同氏は外資系企業4社、日本企業2社の社長を務めたキャリアを持つ。


    「RIZAPは、今年3月期決算の赤字は新型コロナの影響があったと説明していますが、グループ企業全体を調べてみると、ボディメイキングの事業は、19年3月期の売上が413億円。20年3月期は売上が401億円と、業績は決して悪くないのです。

    では、何が足を引っ張っているかというと、80社以上もある子会社です。
    子会社のうち、MRKホールディングス、HAPiNS、ジーンズメイト、イデアインターナショナル、ワンダーコーポレーションなど、上場している子会社は業績が回復しています。
    残りの未上場の子会社70数社の多くが赤字で、回復が難しいと見られています」


     
    事業を急拡大したことが、アダとなったようだ。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4291af7eab61f8ab43c4bb5b96da6dbca8ea95e

    所長見解:ヤバいやん・・・

    【【コロナ禍】「ライザップ」かなりヤバい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月10日に約44億円の負債を抱えて破産した大手接骨院チェーンMJG。

    2011年創業の同社は接骨院、整体院を全国に展開。

    骨盤矯正などを売りに2019年末までに178店舗を展開する業界最大手として急成長を遂げていた。


    現在、各店舗のドアには「新型コロナウイルスの感染拡大による営業中止」と貼り紙がされるなど、“コロナ破産”にもうつるが、同社では以前からトラブルが続出していた。

    元社員が明かす。

    「新規出店のなかには不採算店が多く、資金繰りが厳しかった。
    2019年11月にはダイエットプログラムの効果に根拠がないと、埼玉県から景品表示法違反の是正勧告を受け、銀行の融資もストップしました」


    財務状況の悪化に拍車をかけたのは同社の木﨑優太社長(33)の金銭感覚だ。

    「とにかく派手好きなんです。
    日焼けした肌を高級スーツで包み、口癖は『社員に夢を見させたい』。
    2019年の報酬は約2億5000万円ですが、キャバクラで800万円を1日で使い、社長室経費扱いにしていたこともあった」(同前)


    社長の浪費のなかでも目立つのが、AKB元メンバーの板野友美(28)との“密接な関係”だ。


    t


    2019年度のイメージキャラクターに板野を起用したのだが――。

    「木﨑社長は飲み会などで『板野には年間数千万払っている』と豪語していました。
    さらに板野さんの母親が社長を務める会社が横浜市内のMJG整体院のオーナーとなっています。
    この店舗は、社長案件となっており、他のフランチャイズ店舗よりも優遇されていた。
    2000万円弱かかる初期費用のほか、広告費用も免除され、赤字補填もする。
    経営リスクはほとんどゼロです。
    板野さんの妹でグラビアアイドルの成美さん(24)もMJGの従業員として登録されており、給料が支払われていました」(同前)

    不可解なことに、経営が悪化する中でも、MJGによる板野家への支援は続けられた。

    「MJGが社用車としてリースしていた高級車『ポルシェ・マカン』を19年11月から、板野さんの専用車として供与していたのです。
    最低でも700万円以上する車です。
    同月末には、受付スタッフ全員を事実上のリストラ処分にしていたので、余裕のある状況ではなかったはずですけど……」(同前)


    板野の所属事務所は、「週刊文春」の取材に次のように回答した。

    「何度かポルシェをお借りしていたのは事実です。
    仕事上の関係です。
    報酬や契約、母親の業務についてはお答えできません」


    https://bunshun.jp/articles/-/37380

    所長見解:そうなんや・・・

    【【これは怪しい】「44億円破産」した社長さん、元AKB・板野友美にポルシェ供与の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」で、芸能界も“激震”、いやそれ以上の壊滅的な状況に追い込まれている。

    まず、出演者が次々に感染を発表して関係各方面に大きな影響が出ている。

    s


    森三中の黒沢かずこ(41)、俳優の小宮璃央(17)、脚本家のクドカンこと宮藤官九郎(49)、ケツメイシのRyoji(45)。

    また福岡のローカルタレントのゴリけん(46)もそうだ。


    以前、彼は東京で活動していたので覚えている人も多いだろうが、そのゴリけんがやはりコロナ感染が明らかになり、と同時に彼が出演していた生放送番組を休止した。

    彼が出演する曜日ではなかったが、最近も出演したばかりで、司会者や共演者だけでなく、スタッフにも濃厚接触者が多くいると判断したからだ。

    スタジオに出演者がいるということは、その人にピンマイクをつける音声スタッフやメーク担当など、すぐそばで作業する人が多くいる。

    ほとんどの番組で数十人のスタッフが存在し、「閉鎖された」スタジオで多数の人が話をする。

    いわゆる「3密」状態が本番前から続く。

    バラエティーや情報番組などは出演者の席を広く空けて座るなど「見た目」では感染防止の対策を行っているが、出演者だけでなく、スタッフにひとりでも感染者が出ると、その場にいたほとんどが濃厚接触者になってしまう。

    つまり、「綱渡り」の放送という危機的状況にあり、各局で出演者とスタッフを減らしている。

    その中で報道と情報番組は続けるが、ドラマやバラエティーなどは放送を延期し、その間は再放送でつなぎ始めている。

    舞台やライブは軒並み中止や延期となり、タレントはおろか、スタッフも生活面で厳しい。

    西田敏行が理事長の「日本俳優連合」の調べでは、回答者の8割が「蓄えを切り崩している」「借金をする」と答えた。

    その上、その後の仕事がどうなるのか、先が見えないのもキツイ。

    今はまだ、収録済みのバラエティーなどテレビの番組は普段とあまり変わらないと感じるかもしれないが、時間が経つと、報道番組と再放送だけになる可能性が現実味を帯びてくる。


    この緊急事態が3カ月続くか、半年になるか……

    テレビ制作会社の倒産や外部スタッフの失業は避けられない。

    芸能界は一部のゆとりのあるタレント以外、にっちもさっちもいかないことになってしまう。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/271716

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【悲報】芸能界、壊滅へ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    v

    ソシャゲ

    所長見解:そやな・・・

    【【朗報】新型コロナウイルスのノーダメ業界がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ステーキけん」の元運営 MFS(旧:エムグラント・フードサービス)が事業停止、破産へ
     
    (株)MFS<旧:(株)エムグラント・フードサービス、TDB企業コード:989429669、資本金5000万円、東京都渋谷区道玄坂2-10-10、代表井戸実氏>は、2月28日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。

    自己破産申請の準備に入った。

    s

     
    当社は2006年(平成18年)9月に設立。

    郊外の居抜き物件を活用し「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」を主体としたレストランの直営・FC事業を展開。

    2007年(14店)、2008年(11店)、2009年(34店)と推移していた新規オープン店舗数(直営およびFC)は、2010年(111店)、2011年(88店)に急増。

    またこの間、2010年4月から(株)フードデザインが展開していたステーキ・ハンバーグ・カレー専門店「ふらんす亭」(約80店)の運営を受託(その後、2012年9月に井戸実氏個人でフードデザインの全株式を取得)し、同年5月からは新ブランドの「とんかつ&サラダバー よしかつ」を出店。

    ピーク時の店舗数は約260店を超え、2012年3月期には年売上高約225億9600万円を計上していた。
    https://news.livedoor.com/article/detail/17888403/



    所長見解:あかんかったんか・・・
    【【悲報】「ステーキけん」の元運営会社が事業停止、破産ってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ