俳優

    Sponsored Link



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上島竜兵さん「お酒飲んでも寝られない」と吐露…

    死去2カ月前に目撃されていた“現場で放心状態”の異変



    d


    テレビで見るままの天性のエンタティナーを思わせるエピソードが本誌の取材に多数寄せられたが、上島さんが出演したあるCMの演出を担当した映画監督によると、2カ月ほど前、上島さんは気になる様子を見せていたという。

    「撮影の合間、放心状態のようになって部屋の隅のほうでじっと目をつぶっていたんです。ヘアメイクの子が直しを入れようと近づくと、ハッとした様子で慌てて取り繕いながら、“最近寝つけなくてね、歳なのかなあ。
    お酒を飲んで寝ようとしたんだけど、なかなか寝られないんだよ”と洩らしたそうです。

    とても繊細な方だったので、いろいろなことがこたえていたのかもしれませんね」

     
    この話を裏づけるように、昨今の世相について上島さんがあれこれと思い悩んでいたことを偲ばせる別の証言もある。


    「リアクション芸人にはやりにくい時代です。
    コロナ対策を徹底すれば芸のリアルさが失われるし、“熱湯風呂”もコンプライアンスの観点からできなくなってきている。
    このご時世にダチョウ倶楽部の芸のおもしろさをどう伝えるか、上島さんは頭を悩ませていたようです。
    4月におこなわれたイベントで、アクリル板越しですが久々に“キス芸”をやれたときは、嬉しそうでしたよ」(芸能事務所関係者)


     
    本誌が初めてダチョウ倶楽部を特写した1994年の記事でも、自らの「イジられ芸」について、「いくら上手な芸人でも俺には敵わないはず」と自信を見せていた上島さん。

    しかし、コロナ禍で彼もまた生きづらさにとらわれていたのかもしれない。


     
    ところで上島さんといえば、故・志村けんさんとの交流がよく知られている。

    今年3月、本誌の「寄港めし」に登場した際も、志村さんが行きつけにし、一時は上島さんと連れ立って毎日のように通っていたという東京・麻布十番の鉄板焼き店「三と十」を訪れて、「志村さんとの間では、“おネエちゃん”の話で盛り上がるけれど、最後はいつもお笑いの話になっていた」と懐かしそうに語っていた。


    「志村さんの入院中は面会にも行けなかったので、亡くなった実感もなかったけれど、三回忌を経てようやく事実として受け入れられるようになったと上島さんは言っていました。
    志村さんが亡くなったことで、コントをやる機会もなくなってしまうと、喪失感にかられていたようですね」(前出・芸能事務所関係者)



    そんな上島さんは、前出の映画監督とくだんのCMの発表会で3月に対面した際、「上島竜兵が主演の映画ってどう?」と監督に話を持ちかけていた。

    上島さんは、もともと俳優を目指して上京し、後にお笑いに転じたという経歴の持ち主。

    監督が「ぜひ。いつならやれますか?」と逆に聞き返すと、上島さんは急に真顔になって、志村さんのことを語りはじめたという。


    「本当は、志村さんのやるはずだった、『キネマの神様』の役がやりたかったんだよな。
    俺が代わりに演じられたら、志村さんへの供養にもなったんじゃないかなって。
    ま、そんな大役を俺が演じるのは無理だろうけどね」


    そう言って寂しげに笑う上島さんを見て、「この人は本気で芝居がやりたいんだ」と思ったのだと監督は言う。

    「上島さんが本当にやりたかった仕事は、個性的な俳優だったそうです。
    遠藤憲一さんみたいな独特の味のある役者に憧れているとも言っていましたね。
    コントで売れた人ですが、役者への思いが本物だとわかり、本気で実現させようかと考えていたんですが……」


    前出のプロデューサーは、最後に上島さんと酒席をともにした昨年暮れのことを鮮明に記憶している。

    「ずっと僕のことを“重役”と呼んでいました(笑)。
    帰りのタクシーに先に乗せてくれて、振り返ると直角に頭を下げていました。
    お礼のショートメールを送ると、『また行こうね』の一文と、慣れないからか不思議な絵文字が送られてきました。
    その『また』がかなわなくなるなんて……」



    「聞いてないよォ」の気持ちで喪に服しながらも、人々の心には優しい上島さんの姿が刻まれている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/57fd193909ef6094846ddbf1015546f4c4bbbbd4
    所長見解:さみしいな・・・

    【【悲報】故・上島竜兵さん、死去2カ月前に目撃されていた現場での異変がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    y


    ΛVの撮影現場、ヤバすぎるwwww


    ▼画像
    所長見解:無理やな・・・

    【【これはヤバい】ΛVの撮影現場がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    l


    木下ほうかさん、LINEを晒される

    悲しいなぁ


    ▼画像
    https://i.imgur.com/T29ymIi.jpg

    所長見解:もうな・・・

    【【これはアカン】木下ほうかさん、LINEを晒された模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下ほうか、絶えない〝下半身めぐる目撃談〟 

    旧態依然の「役者像」が災い…

    「ハメをハズすことで役者の器も大きくなると思っていたのか」


    f


    榊英雄監督(51)に続き、「週刊文春」に複数の女性に対する性行為の強要疑惑を報じられたのが榊氏の〝盟友〟で俳優の木下ほうか(58)。

    木下は所属事務所と契約解除となり、ドラマも降板。

    自身のツイッターで謝罪した。


    しかしだらしない下半身をめぐる目撃談が絶えない。

    世話焼きな一方、旧態依然とした役者像が災いしたが、こうした被害をいかに浄化できるかに業界の未来はかかっている。


    木下の共演者はこう語る。

    「基本的には、面倒見が良くて、優しい兄貴分なんですけど、性には奔放だったかもしれません。
    共演者とはあいさつ代わりにヤるのが当然と思っていたようです。
    木下さんと共演経験のある女優と別の仕事で会ったことを報告したところ、『え、お○○こしたの!?』と唐突にツッコミを入れてきました。
    否定すると『なんだ、してないのか。つまんないよ。お前の話は聞かない』という具合でした。
    困ったことに悪気なく性的に解放的なマイペースさがあるのだと思います」とあきらめモードだ。


    また、別の映画の打ち上げで木下の近くに座った俳優はこう語る。

    「打ち上げでは、ハメを外すのが当たり前というイケイケぶりでした。
    『打ち上げで礼儀正しくしてたって、そんなの誰も見てないよ』と軽く説教されて、あおられました。
    昭和のイケイケのノリは、若手では綾野剛君が継承者かもしれませんが、〝ミニほうか〟を育てようという心意気だったようにも思います。
    ハメをハズすことで、役者としての器も大きくなると思っていたんでしょうか」


    こんな木下の姿に違和感を覚えないままであるならば、映画業界からセクハラという悪しき生態をなくすことは、まだまだ先の話になってしまう。


    ▼画像
    https://i.imgur.com/4Tbw1hY.jpg 


    https://www.zakzak.co.jp/article/20220330-HIQUPUJGTVKHJGSZOYRUMDZOVE/
    所長見解:あかんな・・・

    【【暴露】木下ほうか氏、下半身めぐる目撃談がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウィルスミスとコメディアンの件って日本人で例えると誰?


    b


    あのコメディアンってダウンタウンクラスなの?
    所長見解:どうなんやろ・・・

    【【暴行トラブル】ウィルスミスとコメディアンの件を日本人で例えた結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ