ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。
    ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。
    普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

    10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。
    番組の冒頭で、総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。
    「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。
    それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

    さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。
    こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

    「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。
    “イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。
    そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

    y


    そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

    「2人は、91年の映画『就職戦線異状なし』で初共演しました。
    同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんはつねに織田さんに対して先輩風を吹かせていたといいます。
    織田さんにしてみれば、それ以降は共演もなくプライベートでも接点がないのに、そこまで馴れ馴れしくされるのが理解できなかったのでしょう」(映画関係者)

    それにしても、坂上はどうしてこんな“不躾な態度”を取ってしまったのだろうか。

    「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。
    織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。
    ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

    実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。
    今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来27年ぶりに鈴木保奈美(52)との再共演が実現。
    同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。
    坂上は特番でも、織田に「(鈴木と)久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが――。

    「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。
    特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。
    それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。
    制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(前出・フジテレビ関係者)

    呼び捨て&東ラブイジリと“タブー連発”の坂上に、ついに織田からの“絶縁通告”が――。

    「収録後、織田さんは『約束が違う!』と怒っていたそうです。
    後日、所属事務所から局に『今後は坂上さんとの共演を控えたい』との連絡があったと聞きました」(前出・番組関係者)

    織田の所属事務所といえば、08年に「芸人・山本高広(43)のモノマネがパブリシティ権の侵害にあたる」という主旨の“抗議文書”をテレビ各局に送っていたことが当時騒動になった。
    だが、今回の“共演NG”について織田の所属事務所に確認すると「そのような事実はまったくございません」の一点張り。
    坂上の所属事務所は「何も聞いておりません」との回答だった。
    とはいえ、『バイキング』に加え新番組『坂上どうぶつ王国』もスタートした“功労者”である坂上にフジは“共演NG”を伝えづらいとの指摘もある。

    「そもそもの通例として、フジは坂上さんサイドにわざわざ“共演NG”の通告はしませんよ。
    制作段階でバッティングを避ければいいだけの話ですから。
    しかし、他局にも“2人が共演NGになった”という情報はすでに共有されているようです」(他局の制作関係者)

    俳優から名MCとなった坂上だが、“旧友”織田への仕切りは“異状あり”だった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent


    所長見解:坂上らしいね・・・

    【【激怒】織田裕二、坂上忍に絶縁通告の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手でタレントのGACKTさんが10月5日、父と仰ぐ故・緒形拳さんの没後10年にコメントを発表。
    公式Instagramを更新し、NHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)で共演した際の2ショットを公開しています。

    緒方さんとの共演が人生の大きな起点となったというGACKTさんは、「拳さんが亡くなってもう10年も経ってしまった」と2008年10月5日にこの世を去った名優を偲んだコメント。
    「早いもんだ。会いたい」と消えることのない緒方さんへの思いを明かしており、「父さんまだまだ頑張りますよ」と“父”の大きすぎる背中を思い出して気を引き締め直したようでした。

    g


    「風林火山」で上杉謙信役(GACKTさん)、宇佐美定満役(緒形さん)として共演した2人。
    GACKTさんが緒方さんを“父”と呼ぶほどに慕っているのは、その際、心を救われた経験があったからだそうで、2017年の命日に更新されたブログでは当時の思い出を回顧。
    「あの時のボクは疲弊していた。色んなプレッシャーに潰されそうにもなっていた。アンチも敵も多かった」と当時の苦境を振り返りながら、緒方さんとの交流が心の支えだったことを明かしており、「この人のために頑張ろうとココロから思えた」「あの出会いがあったからこそ、今のボクがある」など感謝とリスペクトを感じさせる言葉を残していました。

    ファンからは、「もう10年…本当に早いですね……」「もうそんなに月日が経ってしまったのですか!」など“没後10年”という事実に驚くコメントや、「拳さんもGACKTさんの事見守ってくれていると思います」「きっと拳パパが側についていてくれてますよ!」「誰より素敵な優しい笑顔の拳さんはGACKTさんの心の中で永遠に生き続けてます」など温かなメッセージが多数寄せられています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000025-it_nlab-ent


    所長見解:まあね・・・

    【【一流芸能人】GACKT「早いもんだ。会いたい」「父さんまだまだ頑張りますよ」←は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『バイキング』(フジテレビ系)など多数の番組を抱える坂上忍だが、意外にも司会の進行が下手ではないかという評判が上がっている。

    10月1日、フジテレビ系の新番組やレギュラー番組の出演者が一堂に会した特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』が生放送され、坂上は総合司会を担当した。

    s


    番組にはかつて『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で共演した織田裕二と鈴木保奈美が約27年ぶりに揃った姿を見せ、さらに中山美穂や黒木瞳らが出演するなど、豪華な顔ぶれとなった。


    坂上忍が織田裕二を呼び捨てに!

    番組ではさまざまな種類のクイズやゲームが繰り広げられたが、坂上はクイズのルールについて誤った解釈をして説明したり、女優・佐津川愛美の名前を「あいみ」ではなく「まなみ」と間違えて呼んだりするなど、打ち合わせ不足が露呈する格好になった。

    さらに同い年ということもあってか、坂上は織田を呼び捨てに。
    ツイッターでは、坂上の仕切りや織田への対応に関して、

    《織田裕二とどんだけ仲良いのか知らないけど…総合司会の立場で織田裕二だけ呼び捨てにすんの胸くそ悪い》
    《坂上忍の進行が下手なんか、番組構成が下手なんか、どっちなんこれ》
    《坂上忍は台本読んでないのかな?出演者の名前もチェックしてないのかな?クイズのルールも理解してないのかな?》
    《坂上忍の進行がグダグダで辛い》
    《司会者で偉そうにするんなら、せめて出演者の名前まちがえるなよ》

    といった不満の声が上がっている。

    かつて同局では、ドラマ出演者が集まった番組ではタモリが司会を務めることが多かった。視聴者からは「良き時代」を思い起こして懐かしみ、

    《坂上忍がMCじゃなければ見るのにな。東野幸治とかいっぱいいるのにな》
    《「いいとも」はもうなくなったけれど、中居くんが司会しても良さそうなのに》

    といった他の司会者を希望する意見が続出。

    視聴者から批判を浴びても坂上を起用し続けるのは、どんな事情があるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531635/


    所長見解:フジだからな・・・

    【【放送事故】坂上忍が織田裕二を呼び捨てした結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦と昭和の名優たちがこの数年の間に相次いで世を去るなか、彼ら“銀幕スター”と様々な作品で共演してきた梅宮辰夫(80)も映画やテレビの舞台から距離を置き始めている。

    m


    『不良番長』や『仁義なき戦い』シリーズを筆頭に、戦後の日本映画を牽引してきた梅宮だが、2011年の『明日泣く』を最後にスクリーンから離れ、今年5月のバラエティ番組以来、テレビ出演もない。
    近況について、芸能関係者が語る。

    「東京から完全に撤退してしまったんです。
    3億円ともいわれた都内の自宅を5月に売却し、奧さんのクラウディアさんと一緒に、神奈川県内の海沿いの温泉地にある別荘に生活拠点を移しています。
    たまに娘のアンナさんも来るみたいですね。
    30年以上住んだ自宅を手放すことについては、“無駄に大きな荷物を持っていても仕方ない”と話していました。
    腰痛が悪化して長い距離を歩くのは辛く、最近は歩行補助器に頼ることも多いと聞きました」

    2016年7月に十二指腸がんを患い、患部に加え胆嚢と膵臓、胃の一部を切除したことを告白。
    12時間に及ぶ手術で、術後は体重が10キロ以上も落ちたというが、それ以降は残りの人生を見つめ直す時間になったという。

    親交のある映画関係者が語る。

    「戦友ともいえる俳優仲間が次々に亡くなっていくなかで、最近の梅宮さんには“引退”の二文字が頭にちらついていたようです。
    “芸能界に未練はない”と話していました。
    自宅を手放したのと芸能活動がなくなったのが同じタイミングだったのも気になります」

    親友の松方が亡くなった時をはじめ昭和の名優が亡くなるたびに、梅宮はコメントを求められてきたが、近年は「俺自身がもう長くない」と口にしていた。

    〈僕が死んだ時に誰が取材を受けるのかと考えるとね。同時代を生きて、僕について語れる人はもういない。(中略)これだけ周りが次々に逝ってしまうと、むしろ僕だけが長生きしすぎているんじゃないかと思う〉(『新潮45』2017年6月号)

    梅宮の近況について、所属事務所はこう話した。

    「東京の自宅売却は事実です。
    もともと海の見える場所で過ごしたいという希望を持っていましたからね。
    仕事や引退については本人が決めることですが、この年になって、無理してテレビに出演する必要もないでしょう。
    いまは夫婦で静かに暮らしています」

    銀幕やテレビで“辰兄”の姿は、もう見られないのか──。


    ※週刊ポスト 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00000016-pseven-ent


    所長見解:歳だしね・・・

    【【辰兄ぃ】 梅宮、芸能界やめるってよ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もともと慶喜役には疑問を抱いていたみたいです。翔太さんはキャラクター設定について、撮影現場で監督と議論することもありました」(NHK関係者)

    NHK大河『西郷どん』で“ひー様”こと徳川慶喜役の好演が話題の、松田翔太(33)。
    しかし意外にも、翔太はこの役を演じることに納得できない部分があったというのだ。

    「7月29日に放送された第28話『勝と龍馬』では、慶喜が吉之助に“気迫負け”するシーンがありました。
    脚本では、吉之助に短刀を突きつけられ、へなへなと腰が抜けてしまう情けない慶喜が描かれています。
    でも、翔太さんとしては“国を憂い、堂々とした慶喜”が演じたかったのでしょう」(前出・NHK関係者)

    そこで駆け付けたのが、大政奉還で慶喜を追い詰める“因縁”のライバル・大久保利通役を演じる瑛太(35)だった。

    「鈴木亮平さん(35)から『翔太が役どころについて悩んでいるそうだ』と聞いて心配だったのか、自分の出番が終わっても帰らずに翔太さんの収録を見守っていたといいます」(ドラマ関係者)

    m


    しかし、そこで2人の“場外討幕戦”が勃発!

    「瑛太さんは楽屋口にいた翔太さんのもとへ飛んでいくと、問題の“情けない慶喜”のシーンについて話し合いを始めたんです。
    最初は諭すように話していた瑛太さんですが、そこは役者同士。
    演技論がヒートアップして、『俺は嫌だ!』『それは違うだろ!』といった怒号が聞こえてきたそうです。
    そのやりとりを聞いていたスタッフたちは何事かと慌てふためいていましたね」(前出・ドラマ関係者)

    この日の激しい“バトル”は30分近く続いたという。

    「急に翔太さんがフラりと現場に戻ってきて、『わかったよ、やるよ』と一言。
    瑛太さんは『この慶喜を演じられたら、役者として一気に成長する。
    このキャラでやるべきだ』と説得したそうなんです」(前出・ドラマ関係者)

    こうして翔太が演じた“悪役の慶喜”は視聴者からも高評価。
    放送直後のツイッターでは“ヒー様フィーバー”が毎週のように巻き起こっている。

    「自分のアドバイスが功を奏しての反響ぶりに、瑛太さんも大満足だったそうです。
    その後、2人で飲みに行き、そこでも熱い演技論を交わしたのだとか。
    『役になりきったら心が欲するセリフが自然と出てくる』というのが瑛太さんの持論だそうで、翔太さんにもよくそんな話をしているといいます」(前出・ドラマ関係者)

    ここまで瑛太が翔太のことを気にかけるのには、ある人物とのこんな“約束”があった。

    「そもそも瑛太さんは翔太さんの兄・松田龍平さん(35)の親友なんです。
    龍平さんの紹介でプライベートでは以前から交流のあった2人ですが、同じ現場で演技をするのは今回が初めて。
    共演が決まったとき、龍平さんは瑛太さんに『翔太をよろしく』とお願いしていたそうです」(テレビ局関係者)

    2人は今では公私ともに仲が良く、9月5日に行われた翔太と秋元梢(31)の披露宴に瑛太が出席していたほどだ。

    芸能プロ関係者は2人の不思議な関係性についてこう語る。

    「現場での口論は、あくまでも役づくりの上での侃々諤々です。
    2人とも火がつきやすいので、あわや乱闘の激しさを見せるときもありますが、それも本気で仕事に挑んでいるからこそ。
    どんなに言い争っても、プライベートではすっと仲の良い関係に戻れる。
    演技について口論になるというのは、彼らにとっては日常茶飯事なのです」

    『西郷どん』収録現場には、史実よりも激しい男たちの闘いがあった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00010002-jisin-ent


    所長見解:錦戸は・・・

    【【また喧嘩か】瑛太と松田翔太にトラブル勃発の結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ