俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 市原隼人、テレビから“消えた”のはドラマ『ROOKIES』が原因? 薄毛問題を指摘する声も

    俳優の市原隼人が、14日に発売されたアイドル誌「EX大衆」(双葉社)内の特集企画『真相追跡!! 芸能人消えた理由』に取り上げられ、2008年に放送されたドラマ『ROOKIES』(TBS系)での役のイメージが強すぎたために出演作が減少したと紹介されたことで、「確かにアレはハマリ役だった」「他に完全に消えた俳優いなかったっけ?」などとネット上で反響を呼んだ。

    r

     
    熱血漢の高校教師・川藤幸一(佐藤隆太)が、不良の巣窟と化した野球部を建て直し、甲子園行きを目指す姿を描いた同ドラマにおいて、市原はエースの安仁屋恵壹役を熱演。

    不良役の似合うシャープな顔立ちで人気を集めたが、32歳となった現在はそのイメージがアダとなり、年齢に見合ったキャラ変更を余儀なくされているという。

    「市原は今年だけで出演映画が4本上映と、俳優としては決して“消えた”とはいえませんが、テレビドラマに限っていえば昨年と今年で各1本ずつ出演と、以前に比べて減少した感は否めません。
    また、当時は脇役だった佐藤健や桐谷健太が、現在は市原を凌ぐほどドラマやCMに多数出演していることが比較対象となっている部分もあるのかもしれません。
    その一方、不良揃いの中で唯一マジメなキャプテン役だった小出恵介が昨年、17歳の女子高校生との飲酒および不適切な関係をもったとされるスキャンダルが原因で引退したため、『完全に消えたのはこっち』『色々な意味で感慨深いキャスティングのドラマだった』などと指摘する声も集まったようです」(芸能関係者)

    同誌がいうように、不良役のイメージを脱却するような、年齢に見合ったキャラを発掘できれば再ブレークの可能性もあるが、その場合、薄毛問題がネックになるのではないかと指摘する声も寄せられている。

    「市原は16年に放送されたドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)において、それまでとは一線を画すクラシック専門の音楽評論家の役を演じましたが、ネット上では『いつの間にか額が広くなってないか?』『ちゃんとケアしないと、20代後半から一気にくるからね』などと生え際の後退を指摘する声が飛び交い、イメージチェンジにも失敗。
    イケメンでありながら薄毛となれば、ますます使い勝手が難しくなるだけに、何とか劣化を食い止めて新たなキャラを見出していくことが期待されます」(芸能関係者)

    今月7日には、歌手・長渕剛の自宅で筋トレする姿を自身のInstagramにアップした市原。

    「#トレーニング後2人で風呂に入り話せた時間が好きだ」とのことだが、音楽業界に長きに渡り君臨する先輩から芸能界を生き抜く術をたっぷり口授されたのかもしれない。


    https://entamega.com/18877

    https://entamega.com/wp-content/uploads/2019/06/ichiharahayato_official.png
    所長見解:きてたね・・・

    【【悲報】俳優・市原隼人、テレビから消えたちょっとせつない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 【危険水域】福山ドラマ なぜか大失速の「重大な原因」とは

    ◇打ち切りも検討中か

    今春、鳴り物入りで始まった日本有数の超大物歌手であり俳優の福山の連続ドラマ『集団左遷!!』が大苦戦中だ。

    「主演の福山をはじめ豪華キャストが勢ぞろい。
    局の大看板ドラマ枠の日曜劇場で、視聴率も計算出来る“銀行もの”。
    初回は最低でも18%、2話以降も15%をキープし最終回間近で20%の大台に乗せるのが既定路線だった」(他局ドラマプロデューサー)

    だが目論みは甘かったようで、6月になって本部編がスタートしするとほんの少しだけ視聴率が上がるも、グラフ的には下降の一途をたどっている。

    「その本部編も『原作と違い過ぎて期待外れ』などと批判が多い。
    このままだとラスト1回の放送分をカットする『打ち切り』も考えられるほど」(同前)

    s


    著名作家・江波戸哲夫の経済小説を原作としているが、ストーリー的には多少の相違もあり、前出の通り批判の声もあがっているが、それは実写化ドラマでは良くあることではある。

    「池井戸潤作品ほど現代向けではないので、それを現代に焼き直している感はあるが、そこは許容範囲。
    これだけのキャストを揃えて低視聴率にあえぐのには、ストーリーよりももっと別な問題がある」(ドラマ脚本家)


    ストーリーもまずまず、天下の福山主演で脇を固めるのも良い面々。

    それなのになぜ、こうまで不評なのか。

    実は関係者が皆、口を揃えるのは、主演の福山が最大の敗因だという。

    「そりゃ本業はアーティスト。
    でも役者としても実力者で実績もある。
    問題は芝居が上手い・下手ではなく、単純にミスキャスト。
    福山は『ガリレオ』のようなクールで知的でミステリアスな役が良く似合う。
    今回の役は、現実的な熱血漢でコメディ演技も多い」(同前)

    確かに事前の宣伝番組の段階でも、ネット上では『福山が無理してる』、『福山が勿体無い』など違和感投稿で溢れていた。

    しかし、それは福山に責任があるわけでもなく、現代のテレビドラマ制作の仕方に問題があるという。

    「1年前にはテレビ局は放送枠に主演俳優を完全に当てはめます。
    その後に内容や共演者を決めていくスタイル。
    全ては視聴率を考え、そしてスポンサーの顔色をうかがうためです。
    福山クラスの超大物なら2年ほど前にはスケジュールを押さえますが、当然それに見合ったスポンサーを引っ張ってきやすい。
    極端な話、テレビ局は、良いスポンサーがつけば視聴率は二の次という考え方もある」(民放局営業社員)

    視聴者は、主演の人気よりも、内容とその面白さに期待しているのだが。

    『ドラマのTBS』といわれるプライドがあるのなら、1年後に復活する『半沢直樹』のように、“本当に面白い”良作をまた期待したいものだ。


    https://k-knuckles.jp/1/5532/2/
    所長見解:おもろいよ・・・

    【【悲報】福山雅治主演ドラマ『集団左遷!!』の打ち切り説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年3月に「エビオス整腸薬」のCMでデビューした、俳優・仲村トオルさんと女優・鷲尾いさ子さんの娘・ミオさん(20)が、本日発売の「週刊文春」原色美女図鑑にて、待望の初グラビアを披露した。


    ミオ 撮影、すごく楽しかったです。最初は、どうしたらいいか分からなくて、大丈夫かな、上手く撮れてるかな、と不安だったんですが、後半は自然体で楽しめました。

    端正な顔立ちと、身長176cmという抜群のスタイルは両親譲りだ。

    ミオ 高校生くらいまで、背が高いことはコンプレックスだったんです。友だちと一緒にいると、小さい子はみんなからかわいいって言われるんですけど、私は全然言われない。「私のこともかわいいって言ってよ~!」みたいな(笑)。最近はちょっと吹っ切れてきたんですけどね。

    しかし、その恵まれた身長があるからこそ、グラビアがサマになるというもの。

    今回、撮影を手がけたのは、家族ぐるみの交流があるという写真家の安珠さんだ。

    ミオ 安珠さんは、私が生まれたばかりの頃から仲良くしてくださっていて、何年も続けて家族写真を撮っていただいたこともあるんです。今回のような本格的なフォトセッションは初めてなんですけど、緊張せずに撮影にのぞめたのは安珠さんのおかげだと思います。

    一方の安珠さんは、「ご両親も撮っていますが、ミオちゃんの感性は親譲りですね。求められていることに瞬時に反応するので、とても初めての撮影とは思えなかった。元々創作的なことが得意なタイプなので、この仕事が向いてるんじゃないかな」とミオさんを高く評価。

    ミオ ありがとうございます。自分ではそのように感じたことがなかったので、そう言っていただけてほっとしました。元々目立つことがあまり好きじゃないし、人前で話すことも苦手なんですよね。

    m


    “人前が苦手”な彼女がデビューにいたるまで

    では、“目立つことが好き”ではないミオさんが、こうして芸能界デビューに至ったのはなぜだろうか。

    ミオ 父と交流があるCM関係者の方が、「やってみませんか?」と言ってくださったんです。お話をいただいた直後はかなり悩んで、チャレンジした場合としなかった場合、その後の自分が進む道の選択肢が増えるのはどっちだろうと考えに考えた末、やってみよう、と決断しました。

    それまでは、芸能界に入るなんて考えたこともなかったです。小中高と芸能活動禁止の学校に通っていましたし、両親も、「(芸能活動は)どうなんだろう……」というような雰囲気だったんですけど、「20歳になったんだから、自分で考えて決めなさい」と。数日間、考えていたら、「(CMに)挑戦してみたら?」と父が背中をちょっと押してくれて、それでお返事しました。

    ご両親のように、ドラマや映画に挑戦することについては?

    ミオ それは未知数です。私、今まで人の役をやったことがないんですよ(笑)。学芸会とか、いつもじゃんけんで負けて、木の役や鳥の役しかやったことなくて。よくマンガで出てくるような、木に丸い穴が空いていて、そこから顔を出して立っているような役です。


    画像①

    画像②


    画像③


    画像④
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00012211-bunshun-ent


    所長見解:いいやんか・・・

    【【グラビア】仲村トオル・鷲尾いさ子夫婦の美人すぎる娘がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今夏、韓国で「戦闘(セント)」なる反日映画が公開予定だという。

    が、これもまた、ずいぶん史実が曲げられた作品なのだとか。

    またか、と冷めた視線を送れば、なんと、あの北村一輝(49)が出ているではないか! 

     
    徴用工をテーマにした「軍艦島」(2017年)しかり、慰安婦問題の「鬼郷」(16年)しかり。

    いくら娯楽といえど、近年の韓国映画は度を越している。

    日本人は悉(ことごと)く悪し様に描かれ、蛮行の限りを尽くすのだ。

    韓国の映画会社関係者が打ち明ける。

    「『戦闘』は、日本統治時代に活躍した独立活動家が率いる抗日ゲリラ団の戦いがテーマ。今年は、日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた三・一独立運動から100周年ということもあって、分かりやすい反日映画になっています」


    そのなかでクローズアップされるのは、「1920年6月に起きた、鳳梧洞(ポンオドン)戦闘です。
    日本人にはまったく馴染みのない戦闘ですが、韓国では教科書にも載っていて、ほとんどの国民が知っている。
    三・一独立運動後、各地で繰り広げられた独立軍と日本軍の戦いのうちの一つであり、初めて日本軍に勝った戦闘という位置づけなのです」

    実際のところは、独立軍が日本軍の追っ手を山中でちょっと反撃した程度。

    だが、日本軍戦死者は157名、重傷約200名、軽傷約100名。

    対する独立軍の戦死者は1名、重傷2名、軽傷3名と大喧伝されている。

    韓国の百科事典などには、これと似かよった戦闘結果が記されているものの、それはあくまで彼の国の認識でしかない。

    s


    ■北村本人の判断

    先の映画会社関係者曰く、この作品における北村一輝の役どころは、「鳳梧洞で戦ったとされる日本軍の冷酷な少佐ですが、北村さんクラスの日本人俳優がこのような反日映画に出たなんて、記憶にありません。
    こちらのスタッフのなかでも、“彼のような人気俳優が出て大丈夫なのか”との声が上がっていたんですから」

    撮影期間は昨年8月から年末にかけて4カ月ほど。

    すでに撮り終わっているが、「事務所は反対の意向だったといいます。
    明らかな反日映画ですから。
    仮に『戦闘』が史実とかけ離れ、日本国内で問題視されれば、彼が起用されているキリンビールなどのCM打ち切りの可能性だってある。
    なのに、“どんな役でもこなすのが俳優”という彼の信念で出演が決まった。
    事務所ではなく、北村さん本人の判断だったようですよ」

    彼が人気俳優たるゆえんは、その信念にある。

    ゲイを演じるときはゲイバーに通いつめ、チンピラを演じるために歯を5、6本抜くといった、役者魂溢れるエピソードは枚挙に遑(いとま)がない。

    スポーツ紙の芸能担当記者が懸念する。

    「そんな北村は、今年9月からのNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの父親役を演じます。
    NHKの朝の顔ともなる彼が、売国奴と詰(なじ)られかねないこの手の映画に出るのは解せません。
    リスクが大きすぎますよ」

    北村自身にその了見を聞いてみたかったが、所属事務所は、「情報解禁がまだなので取材にはお答えできません」の一点張り。

    産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう語る。

    「史実に反していると指摘されようと、“日本人が悪いことをしたのに変わりはないでしょ”というのが韓国。
    細部はどうでもいいのです。
    ただ、韓国では次第にそうした風潮への批判も広まっている。
    また今年も“イルポン”をやるのか、というんですね。
    日本を意味する“イルボン”と“ヒロポン”のポンをかけて“イルポン”。
    反日愛国映画は、国民を一時的にスカッとさせようとする手段だと揶揄しているわけです」

    むろん、どんな映画の役でも引き受けた以上は台本通り演じ切るのが役者の本分で、それが北村の信念でもあろう。

    ただ内容如何によっては、あらぬ批判の代償が待ち受けるやもしれぬ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190604-00563353-shincho-ent

    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/06/1906030557_1-714x476.jpg

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】俳優・北村一輝が韓国の「反日映画」に出演する理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、高嶋政宏さん(53)と高嶋政伸さん(52)との関係がうまくいっていないのです。
    以前は共演もありましたが、いまでは“兄弟で”という出演オファーがあっても、2人とも頑として受け付けません。
    また2人は同じ芸能事務所に所属していますが、仕事関係者たちも事務所やテレビ局などでニアミスしないよう細心の配慮を払っている状態です」(政宏を昔から知る芸能関係者)

    k


    政宏・政伸兄弟が共演に応じていたのは6年前の’13年までだった。

    テレビ局関係者はこう語る。

    「’13年1月には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に兄弟で出演しています。
    さらに6月放映のスペシャル番組『カスぺ! 独占密着 真実の高島ファミリー』(同局)では、父・高島忠夫さん(88)を母・寿美花代さん(87)が“老老介護”する様子なども公開。
    息子たち2人は実家を訪れ、歓談していました。
    しかしそれ以来、兄弟の共演はプッツリと途絶えました」


    『カスぺ!』以降、忠夫も寿美も公の場に姿を見せていない。

    夫婦は東京都内にある閑静な住宅地で生活しているが、2人の姿はまったくといっていいほど目撃されておらず、定期的に医師が、そしてヘルパーたちが交代で家を出入りするばかりだという。

    「この数年ほど政伸さんのインタビューでは兄・政宏さんに関する質問がNG、また逆に政宏さんの取材では弟・政伸さんの話題がNGとなっています。
    そのように兄弟間に“断層”が生じたのはご両親の体調が悪化し、姿を見せなくなった時期とも一致しています。
    2人ともすでに80代、老親の介護問題が兄弟間の距離を広げたのでしょうか……」(前出・テレビ局関係者)

    当人たちは、この家族問題をどうとらえているのか? 

    まず5月上旬、帰宅してきた政伸を直撃した。

    ――お忙しいところ申し訳ございません。お兄様の政宏さんと確執があって、いまはご兄弟での共演がNGという状態が続いていると聞いていますが?

    「(兄弟確執に関しては)僕はそんなことはないと思いますよ」


    ――ご両親の介護問題で意見の食い違いがあったりはしないのでしょうか?

    「介護については家族間で話し合っています。兄の意見にはすべて従って、分担しています」


    ――この6年ほどは、ご兄弟での共演はありませんよね?

    「それは(私の意向ではなく)単純に事務所の方針だと思います」

    兄弟間の確執は否定したものの、共演NG状態にあることは認めた政伸。

    “兄は外交的だが、弟は内向的”“豪快な兄に対して、弟は繊細”など、高島家の兄弟は真逆のキャラクターでも知られている。

    本誌の直撃に対して驚くほど淡々と応じた弟に対し、兄・政宏は“苦悩”を隠さなかった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16562523/
    女性自身

    所長見解:そうなんや・・・
    【【悲報】高嶋兄弟、共演NG説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ