ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スイカップアナ・古瀬絵理、俳優Hと交際も「付き合ってると思ったら結婚をテレビで知った」

    s


    バスト95センチの「スイカップアナ」として人気を呼んだフリーアナウンサーの古瀬絵理(39)が17日放送のフジテレビ系「良かれと思って!女性芸能人50人 業界の裏側暴露SP」(水曜・後9時)に出演。
    過去に俳優Hと交際していたが、「付き合っていたと思っていたら、相手の結婚をテレビの報道で知りました」と告白した。

    古瀬は「(報道に)驚いて留守電を入れたら、深夜2時半に電話がかかってきて、『僕は○○さんと結婚します』と芸能人の名前を言って。
    相手の女性もスピーカーにして聞いていると思ったから、あらいざらい全部しゃべりました。もらった物も全部詰めて、事務所に送りました」といまだに怒り収まらない様子で話した。

    劇団ひとりらMC陣から実名を求められると「ひとりさん、共演している人ですよ」と言いながら、ひとりにだけ名前を耳打ち。
    これを聞いた、ひとりも「そういうヤツだよ。超嫌なヤツ。俺も嫌いだもん。性格悪いし、スタッフへの当たりもきつい。バラエティーの雰囲気壊すし大嫌い」と猛批判していた。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180117-OHT1T50124.html 


    所長見解:誰だ?・・・
    【【実名暴露】スイカップアナ・古瀬絵理、俳優Hと付き合ってると思ったら結婚をテレビで知ったってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1日1食、自宅で全裸…
    高橋一生の“不思議すぎる”独特のこだわりとは…!?

    t


    高橋一生の“不思議すぎる”独特のこだわり
    1月20日公開予定の映画『嘘を愛する女』。
    長年愛し続けていた恋人の素性がすべて嘘だった……。
    そんなセンセーショナルな運命に翻弄されるキャリアウーマンの物語を描いた本作。
    キャリアウーマン役は長澤まさみ、その恋人役を高橋一生がつとめます。
    厚ぼったい二重まぶたに、スッと細く通った鼻筋とキュッと引き締まったおちょぼ口、そして柔和かつアンニュイな表情……。
    どことなくミステリアスな雰囲気をまとった高橋ですが、そのルックス以上に素の中身もちょっと“不思議系”だということが最近明らかになっているようです。


    22歳の時から15年間1日1食! 持ち物には名前を!?

    たとえば、『嘘を愛する女』の宣伝も兼ねて、2017年11月28日、情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に長澤まさみと共にVTR出演した時のこと。
    彼が実践しているという独自の健康法が、ちょっとした話題を呼んだのです。

    なんでも、体調管理のために“1日1食”を続けているのだとか。
    それも22歳の時から現在に至るまで約15年も。
    この発言に対して長澤は「無理!」と驚愕。
    ダイエットのために、一定期間無理して節制するのではなく、生活習慣として日々やり続けるなんて、さすがは役者。
    並大抵の感覚ではありません。

    また、笑福亭鶴瓶が司会を務めるトーク番組「A-Studio」(TBS系)の2017年1月20日放送回にゲストとして登場した際、こんなことも語っていました。
    高橋は、自分の身の回りの物や生き物に、独特な名前を付ける癖があるとのこと。
    自宅の観葉植物⇒「しげるさん」、愛犬⇒「肉山さん」、車⇒「たけし」といった具合に。

    さらに、自宅では風呂から上ってからは、全裸のままで部屋の中にいるとも告白。
    このセクシーな告白に、SNS上で女性ファンたちがざわつく事態に。


    不思議なこだわりは、演技においても役立っている?

    このように、一風変わった習慣に彩られた高橋のライフスタイルですが、演技でも「役づくりをしない」という独自のこだわりがあることを前述の「A-Studio」出演時や、数々のインタビューにて語っています。
    これは、人間は生きているうちに“自分”について分析できないので、演技をするときも“役”を意識しすぎるのではなく、台本に書かれていることを忠実にやっていけば、自分ではない別の人に見えると思う、といった理由からなのだそう。
    「それよりも現場の雰囲気や空気感から得られるものの方が大切」と独特のこだわりを語っています。

    そんなプライベート・現場を問わず、さまざまなオリジナルの「自分ルール」を設けて、それを徹底しているからこそ、役者として独特な存在感を醸しだす遠因となり、ついには、現在の大成につながっていったのかも知れません。

    そんな“こだわりの人”高橋一生が、はたして、どんな不可思議でとらえどころがない「嘘で塗り固められた虚像の恋人」を演じるのか……。
    映画『嘘を愛する女』における、彼の演技に注目したいところです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010002-dmenueiga-movi


    所長見解:変わってるね・・・
    【【人気俳優】高橋一生、1日1食、自宅で全裸ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    南果歩 渡辺謙と“離婚交渉”開始報道を否定「縁あって夫婦」

    w


    「昨年の春から、私たちのことで、周りの方たちにはいろいろなご迷惑をかけてしまいました。だからこれ以上は、私と彼のことで皆さんにご迷惑をかけたくないと思っています」

    慎重に言葉を選びながら、本誌にそう語ったのは女優・南果歩(53)。
    言葉数こそ少なかったものの、その一言一言からは彼女の心情がにじみ出るようだった。

    南が“彼”と呼んだのは、現在は別居中の夫・渡辺謙(58)のことだ――。
    週刊文春により、渡辺謙がジュエリーデザイナーと長年の不倫関係にあると報じられたのは昨年3月。
    乳がん闘病中の妻を裏切っていたことが発覚し、“世界のワタナベ”のイメージも一気に悪化した。
    しかし、それから10カ月、微妙な変化が見られるようになっているという。

    「大河ドラマ『西郷どん』での熱演です。
    渡辺は島津斉彬を演じていますが、その存在感はさすがとしか言いようがありません。
    SNSでは『やっぱり演技はうまい』『私生活はひどいけどカッコいいのは認める』といった声も増えています」(テレビ局関係者)

    俳優としては失地回復の兆しをみせている渡辺。
    しかし、まったくというほど伝わってこないのが、妻・南果歩からの信頼の回復だ。
    『週刊文春』(18年1月4日・11日号)では“昨年秋頃から離婚に向けた話し合いが進んでいるものの、南の怒りが収まらず離婚届に判を押そうとしていない”と報じられているのだが――。

    別居開始からすでに10カ月、南の本心はどこにあるのか?
    1月中旬、本誌は東京都内の複合施設へ買い物に来ていた南を直撃取材した。

    ――昨年秋から離婚に向けた話し合いが始まっているとも報じられていますが?

    「そういった記事があったのは知っていますが、それは間違いです」

    ――では、離婚協議は行っていないのでしょうか?

    「先方のこともありますから、この場で詳しくは申し上げられないのですが……。
    今後、お話し合いはしっかりしなければならないとは思っています」

    どうやら南としても、夫との関係をこのまま放置する気はないようだ。
    渡辺との話し合いが実現していない理由について、南はこう語った。

    「いま“彼”は(『西郷どん』の)仕事で、九州にいますし、忙しいでしょうからね。
    そんなときに、いろいろ物事を進めるわけにはいけませんよ」

    ――同じ俳優として、渡辺さんのお仕事は尊重したいということでしょうか?

    「そうです、そうです。やっぱり仕事に集中させてあげたいじゃないですか。
    仕事が生きがいで、最優先という人ですからね」

    裏切られながらも、“夫の俳優業に協力したい”と、妻の矜持を保つ南にあえて聞いてみた。

    ――では、“妻として”渡辺さんにおっしゃりたいことはありますか?

    「……それは、女性自身さんの誌面を通じてではなく、直接彼に話したいですね」

    “妻として”、その言葉に対して南は一瞬だが初めて口ごもった。

    ――いまも渡辺さんを愛しているのでしょうか?

    「いまはお答えできません。彼が私にとって、どんな存在かですか?
    それも一言では言い表せません」

    ――やはり、どこかで自分を裏切った渡辺さんを憎む気持ちもあるのでしょうか?

    「……もちろん縁があって夫婦になったわけですから、(憎むとか)そういった言葉は、やっぱりいまも使えません。
    繰り返しになりますが、彼にはしっかりとお仕事をまっとうすることだけを考えて欲しいと思っています。
    では、これで失礼します」

    渡辺謙への愛憎のはざまで揺れている心を押し隠すように、南果歩は毅然とその場を去った。
    納得のいく話し合いが持たれる日まで、南は胸の内にある “揺れる心”を見つめ続けることだろう――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010002-jisin-ent 


    所長見解:別れたほうがいいんじゃないの・・・
    【【不倫離婚】南果歩 渡辺謙と離婚交渉を否定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    玉木宏、超ズボラ生活を告白…「飲み物にマリモが浮いたら片付ける」

    t


    9日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で、俳優・玉木宏が語ったプライベートに、スタジオが騒然となる一幕があった。

    フットボールアワー・後藤輝基から「我々のイメージでは家の中は、めっちゃ綺麗なイメージがあるんですけど」とふられると玉木は、「めっちゃ汚いですね」と告白。
    一同が驚く中、さらに「脱いだら脱ぎっぱなし、飲んだら飲みっぱなし」と、ズボラな性格であることを明かした。

    ヒロミから「(飲み物は)いつ片付ける?」と質問された玉木は、「いい加減、マリモみたいなものが浮いてきて、ダメだと思って片付ける」と衝撃の一言を放つと、出演者からは「え~!」とどよめきが。
    とりわけ女芸人は顔をしかめて引いていた。

    後藤は「これはちょっとイメージと違うわ」と落胆。
    マツコ・デラックスをものまねする芸人・北条ふとしは、「それでもエロいよね。マリモまでエロい」と絶賛していた。

    https://www.rbbtoday.com/article/2018/01/10/157291.html


    所長見解:マリモって・・・
    【【超ズボラ】玉木宏「飲み物にマリモが浮いたら片付ける」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    米国の映画情報サイト「TC Candler」が28日、毎年恒例の「世界で最もハンサムな顔100人」ランキングを発表した。
    防弾少年団のV(テヒョン)が今年の1位に輝いた。

    no title


    2013年よりスタートした同ランキング。
    日本人は、96位にEXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典、81位に山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)、66位に赤西仁、42位にアジアを拠点に活動する6人組グローバルユニット・CROSS GENEの日本人メンバー、TAKUYA。
    赤西は今回で5度目のランクインとなった。

    また27位には、18日に死去したボーイズグループ・SHINee(シャイニー)のジョンヒョンさんがランクインした。

    今年は2位に米俳優のジェイソン・モモア、3位に同じく米俳優のアーミー・ハマー、4位にオーストラリアの歌手・ジェームス・リード、5位にキューバの俳優、ウィリアム・レビーがつづいた。

    https://mdpr.jp/news/detail/1737257 


    所長見解:あやしいな・・・
    【【イケメン】「世界で最もハンサムな顔100人」発表ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ