俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 渡哲也 石原軍団解散へ…決断の背景に俳優の高齢化と体調問題

    東京都内にある病院の前で、酸素ボンベの入ったバッグを右手に持ち、車から降りてきたのは俳優・渡哲也(77)だった。

    本誌が渡を目撃したのは4月上旬。

    実はその直前に驚きの証言をキャッチしていた。

    「渡哲也さんが、ついに俳優引退と、石原プロモーションの幕引きを決断したのです」

    そう語ったのは石原プロの関係者だった。

    石原プロは、故・石原裕次郎さんにより'63年1月に設立された。

    「'71年には渡哲也が副社長に就任。
    舘ひろし(69)や神田正輝(68)など人気俳優を擁し、その結束の固さから所属俳優たちは“石原軍団”と呼ばれたのです。
    '87年に社長の裕次郎さんが逝去した後は、渡が24年間にもわたり二代目社長を務めました」(芸能関係者)

    社長辞任後も、専属俳優や“相談取締役”として石原プロを支え続けてきた渡。

    なぜいま“石原軍団解散”を決断したのだろうか? 

    d


    前出の石原プロ関係者は次のように語る。

    「以前から“高齢化”は問題視されていました。
    現在、代表取締役会長を務めている石原まき子さん(※石原裕次郎夫人)が85歳、そして渡さんが77歳。
    渡さんが辞任してから8年になりますが、社長職は空席のまま。
    それは、まき子さんの『後継者が決まるまでは、社長の席は空けたままにしましょう』というご意向があったからです。
    しかし結局、裕次郎さん、渡さんの跡を継いで“三代目社長”に名乗りを挙げる人材は現れなかったのです」

    渡の体調の問題もあるという。

    渡は'91年に直腸がん、'15年に急性心筋梗塞と2度の大手術を受け、さらに肺気腫やぜんそくといった持病もある。

    「実はこの4月に幕引きを発表する予定だったのですが、移籍先がまだ決まっていない若手の所属タレントたちもおり、資産の整理もまだめどが立っておらず、公式発表はとりあえず延期することになりました」(前出・石原プロ関係者)

    設立から57年目、そして裕次郎さんから受け継いで32年で迎えた終幕について渡自身はどのような感慨を抱いているのだろうか。

    自宅付近で本人に取材を試みた。

    「渡さん、石原プロを閉めることを決断されたそうですが、いまのお気持ちをお聞かせください」と記者が問いかけると渡は目をつぶり、なんと語るべきか真剣な表情で黙考しているようだった。

    だが付き添っていた運転手に「事務所に連絡するように伝えなさい」と静かに言い残すと、自宅のなかに入っていった。

    石原プロで専務取締役を務める浅野謙治郎氏は本誌に次のように語る。

    「『石原裕次郎さんの名前を冠した“石原プロモーション”を傷つけてはいけない』、それは渡のみならず私たち社員が常に肝に銘じていること。
    また(渡のように)会社の舵取りをする立場なら、会社を存続させないという選択肢も頭の中にはあるでしょう。
    しかし現時点では、(幕引きは)決定事項ではありません。
    石原プロは映画・ドラマ・音楽について多くの版権を持ち管理していますから、会社自体を解散するということはできないのです」

    浅野氏の語った“石原裕次郎の名を傷つけない”ということを、誰よりも強く意識し、それを美学としているのが渡なのだという。

    石原プロの元幹部社員は言う。

    「石原プロを“自分の目が黒いうちにきれいに終わらせる”というのは、渡さんにとって長年の悲願でもありました。
    つまりほかの“スタープロダクション”のようにはしたくない、ということです」

    映画会社から独立したスターたちが、自分の名前をつけた個人プロダクションを相次いで設立した時代があった。

    石原プロのほかには勝新太郎の勝プロ、三船敏郎の三船プロ、中村錦之助の中村プロなど。

    だが石原プロ以外は、いずれも経営不振で倒産したり、分裂騒動を起こしたりしている。

    「渡さんとしては倒産とか分裂とかで、石原裕次郎の名前を汚したくない。
    それが彼の美学なんです。
    社長ではありませんが、渡さんが決定したとなればほかの社員たちも従います。
    幕引きを急いでいるのは、渡さんが自分の体調に自信を持てなくなっているからなのでしょうね」(前出・元幹部社員)

    渡は“20年までには石原プロの資産を、まき子さんにお戻しする”と、知人に語っているという。

    「おそらく今後、石原プロは芸能プロダクションとしての活動を休止し、裕次郎さんを中心にした映像や音源の権利を管理する会社へ移行していくのではないでしょうか」(芸能プロダクション関係者)

    渡哲也は肺気腫と闘いながら、自身の美学を貫く道を歩み続けている。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00010003-jisin-ent

    所長見解:そうなったか・・・

    【【衝撃画像】渡哲也さんの今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    多くの女性から期待されてスタートした、よしながふみ氏の同名漫画原作のドラマ「きのう何食べた?」(テレビ東京系)。

    初回放送があった4月5日深夜には、ネット上でチャットしながら同ドラマを視聴する人が続出。

    「漫画再現率の高さに満足」「シロさんとケンジが漫画から抜け出てきたみたい」など、
    シロさんこと弁護士の筧史朗を演じる西島秀俊とケンジこと美容師の矢吹賢二を演じる内野聖陽には称賛の声が相次いだ。

    k


    「内野はこれまで武骨で男気のある、いわゆる“男らしい男”とは対極のフェミニンで恋人のシロさん(西島)にメロメロなかわいい男性を好演しているため、その目新しさと演技力の幅の広さに女性視聴者からの支持がこれまで以上に高まっているようです。

    ところが西島は、これまで演じてきたキャラとよく似た口数の少ないシュッとした弁護士役。
    恋人のケンジを女性に置き換えれば、自分に対してストレートな愛情表現をしてくる恋人をいとおしいと思っていながらも、それを上手に伝えられない不器用な男性という点では、何度も演じてきていますから目新しさがありません。

    さらに西島には、以前から“棒演技疑惑”のある役者です。
    演技達者で知られる内野との密なやりとりから演技力の差がどうしても露呈してしまい、一部の視聴者からは

    『やっぱり西島は棒読み、棒演技』
    『スティック西島は見た目はいいけどしゃべるとアウト』
    『役者・内野聖陽が西島秀俊を公開処刑し続けるドラマ』

    など、厳しい声が聞こえているようです」(女性誌記者)


    西島がこのドラマですべきことは、内野から演技力を盗むことかもしれない

    http://dailynewsonline.jp/article/1777142/
    所長見解:おもろいやん・・・
    【【きのう何食べた?】内野聖陽が西島秀俊を公開処刑の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成時代も間もなく終わりを告げる。

    そこで、この激動の30年間テレビ界において、“モテ男”の頂点に君臨したのは誰だったのか…を検証したい。

    「高身長、高学歴、高収入」のいわゆる“3高”は、かつて男性が女性を振り向かせるための必須条件として謳われたものだが、こと芸能界においてはこの“3高”の他にも、テレビ画面に彩りをもたらす美貌や華が求められてしまうのも無理はないだろう。

    f


    まずは、歌手としてだけでなく、銀幕の世界でも印象的な存在感を披露し、男気溢れる“美声”までも付いてくるという福山雅治は平成を代表するモテ男と言えるだろう。

    身長は180センチを超え、1988年より活動を開始した福山はまさに“平成の色男”であり、これまでに『ひとつ屋根の下』や『美女か野獣』『ガリレオ』といった名作ドラマに出演して話題を呼ぶと、映画でも『容疑者Xの献身』や『真夏の方程式』が大ヒット。

    とりわけ是枝裕和監督とのタッグで“真の家族のあり方”を描いた2013年の『そして父になる』では、生みの親と育ての親という異なる2つの立場を演じ分け、日本アカデミー賞優秀主演男優賞に輝いた。

    人気&実力共に頂点を極めた福山だが、そんな彼としのぎを削った存在こそ元SMAPで俳優の木村拓哉ではないだろうか。

    “視聴率男”との異名を持ち、出演したテレビドラマの数字は軒並み福山に圧勝。

    もちろんジャニーズ屈指とされるその整った容姿も抜群のストロングポイントだが、“3高”の内の2つを占める高学歴でもなければ、高身長でもなかったというのは木村にとっては弁慶の泣き所だったかもしれない。

    「木村は圧倒的な“スター感”を讃えていたものの、平成の終盤において“SMAP解散”におけるイメージダウンがありました。
    その点を踏まえると、福山に軍配と言えるのではないでしょうか」(テレビウォッチャー)

    もちろん現役バリバリの2人。

    この対決の延長戦は「令和」にて!

    http://dailynewsonline.jp/article/1774484/

    所長見解:どっちももうね・・・
    【【結果発表】「平成のNo.1モテ男」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    この4月1日に東京赤坂、TBSのほど近くに、カウンター9席だけの「大阪マドラスカレー」がオープンした。

    大阪・日本橋の老舗カレー店「カレーやマドラス」の東京初出店という。

    だが、このお店、オーナーはなぜか俳優の北村一輝(49)というのである――。
     
    k


    北村といえば、今秋に始まるNHKの朝ドラ「スカーレット」の戸田恵梨香演じるヒロインの父親役に抜擢されると発表されたが、役を選ばないというより、何でも演じる役者として有名だ。

    ゲイバーのママから猫好きの侍、横山やすしまで、とにかく守備範囲は広い。

    中でも日本屈指の濃い顔の俳優を一堂に集めて古代ローマ人にした映画「テルマエ・ロマエ」では次期皇帝候補のケイオニウスを演じ、まったく違和感を感じさせなかったことでも知られる。

    その一方で、インド人にも間違えられたこともあるというのは、芸能記者だ。


    「あまりバラエティ番組には出演しない北村さんですが、過去に出演したときには、『映画 怪物くん』のロケでインドに行ったときに、現地のインド人にスカウトされたことがあると言っていましたね。
    また、中国ロケでは、現地エキストラに『あなた、日本人役なのに、なぜインド人?』と尋ねられたとか。
    まあ、確かに日本人には珍しいほど濃い顔ですよね。
    インド人に似ているからなのかは知りませんが、バラエティで必ずと言っていいほど語られるのが、“カレー愛”です。
    芸能界でも知る人ぞ知るカレー好きとして有名。
    なんでも、あまりにカレーを愛するあまり、たまたま入ったお店のカレーがマズくて、『こんな店にお金は払えない』と言い出して一悶着起こしたこともあったとか」

    それで、店まで構えてしまったというのだが……所属事務所に聞いてみると、

    「確かに北村がオーナーとしてやってはいますが、事務所はまったく関与しておりませんのでお答えしかねます」

    カレー好きが高じてと聞いているのだが?

    「私どもではお答えしようもありませんので、お店に行ってみてはどうでしょうか? 
    たまにいるようですので、直接、聞いてもらえたら……」


    10代からの常連客

    港区赤坂のTBSテレビにほど近い、路地を入ったところにその店はあった。

    「大阪マドラスカレー」である。 

    中に入ると、カウンターのみで全9席の小ぶりな店構えだ。

    メニューがないのでキョロキョロしていると、厨房のお姉さんから声がかかる。

    「カレーは1種類で、ライスは大・中・小から選べます。
    それにトッピングには卵とチーズがあります」

    それだけ?

    「ハイ、それだけです」

    中盛りに卵のトッピングを注文すると、すぐに出てきた。

    大阪によくある、ルーに生卵が乗ったカレーである。

    一口含むと、ちょっと甘い……。

    もう一口、あれ! 段々辛くなってくる。

    「本店は大阪にありまして、そこの味なんですけど、いかがですか?」

    食べたことのない味だが、くせになるかも。

    「ありがとうございます」


    画像①

    画像②

    所長見解:うまそうやん・・・
    【【転職】俳優・北村一輝がカレー屋になるってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントの明石家さんま(63)が1日放送の日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜
    部 祝!まる見え29周年春のお笑い怪獣祭り!ミステリークイズSP」(後7・00)に出演。

    ドラマで共演した俳優・田村正和(75)に対しての悪乗りが過ぎ、収録現場を凍らせた過去を明かした。

    s


    さんまは、1996年に人気ドラマ「古畑任三郎」(フジテレビ)に出演し、主演の田村と初共演。

    それまで、田村については「NGを出さない俳優」と聞いていたが、さんまとのシーンではセリフをかんでしまったのだという。

    その際、「普通に『かんだな』って思って。俺がNG出してなかったこともあったんで、
    『はい、かみました、かみました。スタッフのみなさん!田村さんがかんだんで、俺もNG出しても大丈夫ですよねぇ』って」と、アピールをしたのだとか。

    その後も「かんだ!かんだ!」と悪乗りを続けたところ、現場が「シーン」。

    さんまは別室に連行され、「田村さんはかんだことがないので、ああいうことをおっしゃらないでいただけますか。(田村さんにとって)初のNGなんです」と注意されたと明かした。

    その後、慌てて謝罪に向かい「どうも先ほどは失礼なことを」と頭を下げたところ、「うーーーん。大丈夫」とおなじみの“田村節”が帰ってきたという。

    さんまも「それからかわいがってもらったの」と、大俳優の懐の大きさに感謝していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16259046/

    所長見解:らしいやん・・・
    【【衝撃告白】明石家さんまが慌てて謝罪した大俳優がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ