ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    佐藤浩市が、11日放送の『いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP』(日本テレビ系)に出演。

    彼を襲った炎上事件についての本心を語った。


    佐藤は5月に公開された映画『空母いぶき』で首相役を演じていたが、その際の漫画誌のインタビューで、「ストレスに弱くて、すぐお腹を下してしまうという設定にしてもらった」と役どころを説明。

    だがこれが、潰瘍性大腸炎を患っている安倍晋三総理大臣を揶揄しているのではないかと炎上していた。

    b


    そのため、さんまは「色々あった今年……」と、佐藤を襲った炎上事件を匂わせながら、「それ(批判コメント)を見てないと思った。
    『こんなもん気にするかバカヤロー』と(いうような人間だと)思っていたら、『今ずっとネット見てるんですよ』(と気にしていると)」と続けた。


    佐藤も「未経験だったから……」と、初めての炎上に戸惑っていたことを告白。

    この日同じくゲストに来ていた社会学者の古市憲寿氏に「帰りに色々聞こうと思って」と助言を求めた。


    すると古市氏は「専門家として言っておくと」と前置きした上で、「炎上というのは、自分が(その)ど真ん中にいるから、過剰に大きく見えてしまう」と指摘。

    「基本は無視が正しいと思う」とアドバイスすると、佐藤は納得したように、うなずいていた。
    https://www.rbbtoday.com/article/2019/10/12/173833.html 



    所長見解:あったな・・・

    【【大炎上案件】俳優・佐藤浩市、あの炎上事件を語った結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    最近、あまりお見かけしませんが

    ある時期、一世を風靡した人びとの姿を久々に見かけると、「もうそんな歳になったのか」と驚かされることが多い。

    しばらく見ない間に、どんな人生を送っていたのだろうか。彼らの「現在」を追った。

    f


    国民的名優のいま

    「俺はいま、人生の最終コーナーを回ったところにいて、ゴールはもう目前。
    だからこそ急ぐまい、急ぐまいと一歩ずつ踏みしめているんだ。
    大橋巨泉も坂上二郎も藤村俊二も、昭和9年生まれの仲間は、みーんな先にゴールしちゃったしね」

    軽快な口ぶりでこう語るのは、コメディアンの財津一郎さん(85歳)だ。

    '60年代、『てなもんや三度笠』(TBS系)での「非っ常にキビシ~ッ!」「~してチョウダィ!」などのギャグでお茶の間の人気者に。

    以来、CMに映画にと引っ張りだこになり、NHKの大河ドラマや朝ドラにも度々出演し、名脇役の地位を不動のものにした。

    だが、最近は露出が減っており、放送開始から20年近く同じ映像が使い続けられている「タケモトピアノ」のCMでしかお見かけしない。

    「仕事の話をもらってもみんな断ってるんだ。
    俺は脳出血もやったし、肺も半分切った。
    いつ死んでもおかしくない。
    それで家族との時間を大事にしようと思ってね。

    いまは妻の具合が悪いから炊事、洗濯、掃除、全部やっている。
    いわば最後のご奉公だな。
    だから、テレビに出ている場合じゃないんだよ。
    タケモトピアノは年単位の契約で、いまでも少しおカネが入ってくる。
    大した金額じゃないけど、ありがたいことです。

    一番の楽しみはゴルフ。
    芸能界とはまったく関係ない人たちと、スコアを気にせず楽しんでいる。
    足が悪いから全然動けないけどね(笑)。
    でも、人間は不思議なもんで、ゴルフ場にいけばなんとかプレーできる。
    これ以上足腰を悪くしないためにも、気持ちのハリの面でも続けていきたいと思っています。

    ゴルフ場までは自分で車を運転して行きますよ。
    とはいえ、いまは高齢ドライバーの問題が色々起きている。
    だから十二分、十三分に気をつけながら、かならず明るい時間に帰るようにしています」


    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66958 

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66958?page=2
    →『北の国から』のあの人は今

    所長見解:見ないよね・・・

    【【あの人は今】田村正和、財津一郎、 田中邦衛・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)に対する検察側の被告人質問が続く。「合意があったと思っていた」と主張する新井被告側に対し、検察側が突き崩しにかかる》


    p


     
    検察官「だめといわれて、それでももっと奥をといって、まただめといわれたんですか」


     
    新井被告「何回とかは明確に覚えていません」


     
    検察官「(被害者の女性から)1回手を引かれて(拒否された)いるのになぜ同じことをさせようとしたんですか」


     
    新井被告「…」


     
    検察官「1回だめといわれたら、それ以上やらないということにはならないんですか」


     
    新井被告「それは繰り返しになりますが、口調とか…その…ものすごい柔らかくて、だめとは言っていても、そのようには思えませんでした」


     
    《記憶をたどっているのか、下を向きながら両手をもむようにして考えながら話す新井被告。女性の「拒絶」をどのようにとらえたのかについて質問が集中する》




    検察官「だめと言ったなら、だめですよね」


     
    新井被告「仰る通りです。でも言い方は全然違いました」


     
    検察官「あなたはお客さんですよね? お客さんだから、そういう口調で言ったんじゃないんですか」


     
    新井被告「それは分かりません」


     
    検察官「言葉でだめと言っているのに、なぜ手をとって股間を触らせようとしたのか」


     
    新井被告「口調、トーンが、だめという風に聞こえなかったので」


     
    検察官「(女性は)手を引こうとしましたね?」


     
    新井被告「はい」



    検察官「嫌がっているのではないんですか」


    新井被告「ものすごい力で、とかではなかった」



    検察官「ほかのマッサージの人にも同じことをさせたことがあるということでしたが、他の人は手を引っ込めたりしたんですか」


     
    新井被告「しなかった、と思います」


     
    検察官「他の人とは違うんじゃないかな、とは思わなかった」



    https://www.sankei.com/affairs/news/190926/afr1909260042-n1.html 

    所長見解:あかんな・・・
    【【パク・キョンベ】新井浩文「合意があったと思っていた」←これ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優のキアヌ・リーブスが来日し、香川県を訪れた写真が公開された。


    k


    キアヌ・リーブスは、主演を務める最新映画「ジョン・ウィック:パラベラム」のジャパンプレミアのため、2年3か月ぶりに来日を果たした。

    イベントより少し早めに日本に到着したキアヌは、なんと香川県を訪れたようだ。

    偶然キアヌに遭遇したファンはキアヌとのツーショットをSNSに投稿。

    キアヌはヨレたグレーのシャツに日よけ用の帽子、そしてブラックのパンツという、とても庶民的な服装で、まさかハリウッドスターのキアヌだと気づく人は少ないだろう。


    またキアヌは香川県にある豊島美術館に訪れ、ファンのためにそこのメモ帳にサインをし、その写真も公開されている。

    豊島美術館は瀬戸内海の豊島にある美術館で、広大な敷地の一角に、水滴のような形をした建物が特徴的で、ベネッセアートサイト直島の一部となっている。

    香川県はいくつものアートの島があり、美術愛好家はじめ、日本だけではなく、海外からも多くの観光客が訪れていることで知られている。


    また9月7日には、キアヌはゲームデザイナーの小島秀夫と会い、小島氏がキアヌとのツーショットを公開している。

    これまでにもキアヌは何度も日本に来日し、東京や関西の様々な観光地に訪れているが、今回は香川まで足を運び、さらに日本のよさを満喫したようだ。


    https://www.tvgroove.com/?p=18794


    画像①

    画像②

    画像③

    所長見解:こらわからんわ・・・

    【【証拠画像あり】キアヌ・リーブスが香川県で普通に目撃された模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇新井浩文被告 強制性交罪初公判 

    p


    新井被告の弁護人を務める趙誠峰氏(39)は無罪請負人と呼ばれる。

    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)の保釈時の“変装劇”を計画した「刑事弁護界のレジェンド」高野隆弁護士(62)に師事し、自らも刑事事件での無罪判決7件の実績がある。

    7件のうち、控訴審での逆転無罪が3件という粘り腰が特徴で、尋問の技術も高く評価されている。


    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000093-spnannex-ent

    所長見解:あかんやん・・・

    【【女性暴行】新井被告の○○○は粘り腰が特徴ってよwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ