俳優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    薬物逮捕も?

    人気ヤクザ映画に出演、超有名で渋い俳優Xにコカイン疑惑が浮上


     
    y


    日本を代表する俳優のひとりでイケメン独身男優のXがコカインを日常的に使用している噂が流れている。

    Xは多くの映画やテレビドラマで主演を務めるほどの人気俳優で、その高い演技力から受賞歴も数多く、コミカルな役柄から怖いヤクザモノの役柄までを務める。

    そのXがハマっているコカインについてどのような噂が流れているのであろうか。



    「Xは数年前に有名な女性と結婚して子どもも授かったのですが、結局離婚しています。
    色々な噂がその当時流れましたが、大きな離婚原因は旦那であるXが違法薬物に依存して家庭内別居に発展したと、離婚相手は語っているそうです」(芸能記者)

     
    元々イケメン男性俳優であるXはアイドル歌手などとの熱愛が過去に発覚するほどのモテ男だ。


     
    しかし、その当時は当然違法薬物の影すらなかったのだが、違法薬物であるコカインにハマった転機があったのであろうか。


    「実は皮肉なことにXの演技力が認められて活躍の場が広がったことが原因です。
    いかがわしい外国人などとの関りが増えたんです。
    もともと性格の評判もよかったXですが、その頃からは酷評されるようになってきました。また、コカインの影響で肌艶が荒れていて、時間などにもルーズで二度と呼ばれない現場もあるそうです」(前出芸能記者)


     
    日本ではいまだに数多くのテレビドラマや映画などに出演し、これから先の活躍が期待されるイケメンなのだが、果たして離婚されるほどコカインに依存していたのであろうか。


    「妻は巻き込まれたくなかったのでしょう。
    コカインにハマったことで女遊びも始めていたそうです。
    六本木で人気モデルらと遊んでいる姿も多数目撃されていますから。
    しかも、その中のモデルの一人は反社と関係が深く、警視庁組対五課に目を付けられている可能性が高い。
    ここから入手しているというセンもあるだろう」(前出芸能記者)




    https://tocana.jp/2021/09/post_220297_entry.html
    所長見解:誰やねん・・・

    【【逮捕へ】超有名俳優にコカイン疑惑ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芦名星さん 悔やんでいた「亡くなる直前の三浦春馬さんからの電話」 


    m


    女優の芦名星さん(享年36)が亡くなってまもなく1年が経過する。

    東京・新宿区の自宅マンションで、芦名さんの変わり果てた姿が発見されたのは、昨年9月14日早朝のことだった。

     
    芦名さんの母は、その涙を拭うと一言ずつ噛みしめるようにこう話し始めた。

    「なんで、あんなことになったのか。
    それを考えると切なくてね。
    思い出すのもつらくて、いまだに遺影を置くこともできていないんです……」

     
    声は震え、目からは涙がこぼれ落ちた。

    当時、芦名さんは自身が出演するドラマ『あの子が生まれる…』(フジテレビオンデマンド)が配信中で、同年10月スタートの人気ドラマ『相棒 seson19』(テレビ朝日系)にもキャスティングされていた。

    亡くなった当日に発売された男性誌でグラビアを披露するなど、仕事は順調そのものに見えた。

    「実は昨年、芦名さんの環境は目まぐるしく変化していました。
    4月、所属事務所との契約が給料制から歩合制になり、6月には長年二人三脚で連れ添ったマネジャーが異動で彼女のもとを去った。
    当時は新型コロナの感染拡大も止まらず、仕事をはじめ生活への不安を吐露することもあったと聞いています。
    思い詰めやすい性格だったようですし、多くの心配事が重なって最悪の事態になったのだといわれていました」(芦名さんを知る芸能関係者)

     
    しかし、遺書は残されておらず、動機は不明のままだ。

     
    誰よりも無念の思いを強くしているのは、彼女の故郷・福島県に住む遺族だろう。

    芦名さんにとって家族は何より大事な存在だった。

    一周忌を前に、芦名さんの母が娘の死について初めて語った。

    「昔から、悩みとかを口にする子ではなかったんです。
    元気がない姿を見せることも、ありませんでした。
    私たちに心配をかけないように、という思いだったのかな。
    ただ……春馬くんが亡くなったときは、とてもショックを受けていたんです」(以下、「」内は芦名さんの母)

    春馬くんとは、芦名さんの死の約2か月前に自ら命を絶った、三浦春馬さん(享年30)のことだ。
     
    2人は、2008年と2010年に放送されたドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)で共演。

    撮影期間に熱心に演技論を交わしたことで親交を深め、クランクアップ後も頻繁に連絡を取り合う仲になっていた。

    芦名さんは三浦さんの四十九日の翌日、インスタグラムの“裏アカウント”に《そっちはどう? こっちはなかなか(笑)会いたい。ふつーに会いたいよ(泣き顔の絵文字)》と心境を綴っていたという。

    「もう一度会いたい」。

    叶わないとわかりながらも、その願いを文字にしてしまうほど、芦名さんは大きな喪失感に苛まれていた。

    「春馬くんとはお仕事で何度か一緒になって、弟のようにかわいがっていたんです。
    あの子は春馬くんが亡くなる直前に、電話をもらったみたいなんです。
    でも時間がなくて、ちょっとしか話せなかった。
    そのことを、ずっと悔やんでいたようなんです……あのとき、もうちょっと話ができていたら、状況は変わっていたんじゃないかって。
    そんなふうに、悔やんでいたというか……。
    気が合って、信頼し合っていた春馬くんを救えなかった……だからショックも大きかったのかな。
    自分を責めてしまったところがあったのかもしれません」

     
    三浦さんも遺書を残さず、親しい友人たちにお別れの言葉もなかったといわれていた。

    もし、芦名さんにだけは「死の兆候」を見せていたとしたら──彼女が悔やみ続けた、自分を責めた理由がそこにあるのかもしれない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b72959cb8ed408973c33682bfb02b2e6ae51531c?page=2


    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/uploads/2021/09/01/ashina_sei-750x750.jpg
    所長見解:惜しいな・・・

    【【これはつらい】自殺した芦名星さん、悔やんでいた「亡くなる直前の三浦春馬さんからの電話」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t



    この元芸人、こんなにジジイになってた、、


    所長見解:ほんまや・・・

    【【閲覧注意】大人気ドラマにも出演していた有名芸人が超絶老化していた件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

     山田孝之 妻子と沖縄に移住!

    自給自足憧れ1年前から2拠点生活 



    j


    「6月中旬の夜、沖縄県内の有名なイタリアンレストランにまた山田孝之さんが来店していたんです。
    友人男性と一緒で、店の前に自家用車とおぼしき輸入車が止められていました。
    この店に限らず、最近山田さんの目撃情報を何度か耳にしています」(居合わせた客)



    主演作『全裸監督シーズン2』(Netflix)が話題の山田孝之(37)。

    俳優だけでなく、プロデュース業や映画監督、歌手などマルチな活躍ぶりを見せている。

    そんな多忙な彼が今年に入ってたびたび沖縄県内で目撃されているという。



    昨年5月、緊急事態宣言下のなか、山田は新田真剣佑(24)と沖縄を訪れていたとの報道もあったが、山田の知人はこう語る。

    「実は彼の沖縄好きが高じて『シーズン2』撮影中の昨夏から、沖縄に妻子を連れて移住したようなんです。
    もちろん仕事のうえで便利なので東京にも居は構えたままですが、いわゆる2拠点生活(デュアルライフ)を送っています」


    山田の妻と8歳の長男は現在、基本的に沖縄の中部エリアに住んでいるという。

    プロダクション関係者は言う。


    「コロナ禍もあり、自然と触れ合える2拠点生活を選択する芸能人は増えています。
    青森出身の松山ケンイチさん(36)、小雪さん(44)夫妻は1年のおよそ半分は3人のお子さんたちとともに北日本の村で暮らしています。
    柴咲コウさん(39)もご両親の出身地・北海道に別荘を建て、ファームを運営しています」




    ■「俳優人生は1年の半分、残りは好きな時間に」

    鹿児島出身の山田だが、出生地は沖縄だ。

    映像関係者はこう語る。


    「すでにアラフォーになり結婚もして子供もいて、親しい友人には『都会に住む理由があまりなくなった』と話していたようです。
    仕事があるときだけ東京に来ればいいし、今後は自分や家族が好きな場所で生活ができればいいと考えています」


    沖縄に移住する少し前、山田はその“決意”をこう語っている。

    《これから先、「送ってみたい人生」ならあります。
    それは自給自足の生活をすること。
    田舎育ちだったからでしょうか。
    野菜は育てているものを取ってきて食べる。
    母と海に行ってアジンコ(アジの幼魚)をいっぱい釣ってくると、それが晩御飯のおかずとして出て来る。
    生きていくために必要なことをするというシンプルな生き方、いいですよねえ
    (中略)実は田舎暮らしにあこがれているんです》(『婦人公論』’20年4月14日号)



    テレビ局関係者は言う。

    「山田さんは4月から“自給自足”を目標とする『原点回帰』というプロジェクトを始めました。
    その手始めに、彼が理想とする自然農法を実践するため、長崎県や高知県、埼玉県の農家を訪ねて勉強し、実際に山梨県で仲間たちと農業を始めています。
    いまは『俳優業は1年の半分で、残り半分は好きなことをやろう』と心に決めているそうです」



    ■祖父は田畑をすべて売って那覇市内のラブホテル経営

    沖縄暮らしの決断の背景には、沖縄に住んでいた祖父の影響も大きいのでは、と前出の映像関係者。

    「幼少期、大好きな祖父に会いに山田さんはよく家族と沖縄に行ったそうです。
    広大な土地と畑を所有していた祖父はやり手の実業家でした。
    あるとき、農業や林業で蓄えた財をすべて売り払い、那覇市内で5階建てラブホテルを築き成功したんです。
    新規ホテルが次々と建つと、今度は改築のため還暦にして銀行から新たに2千万円借金してまたV字回復。
    山田さんは祖父の圧倒的な行動力を尊敬していたんです。
    彼が『全裸監督』のオファーを受けたのも、モデル・村西とおる監督にどこか祖父の面影を感じたのかもしれません」



    山田は初著書である随筆集『実録山田』(ワニブックス)で、こう振り返っている。

    《おじぃはいつも同じ言葉を口にした。
    「真面目にやりなさい。
    それでも文句を言うヤツはほっとけばいいさ。
    それはただのジェラシーさ」(略)。
    最後の最後まで「頑張りなさいね」と応援してくれたおじぃは僕達家族の心の中に生き続けている》



    世間体にとらわれず、自分が興味を持ったことだけをとことん突き詰めてやり遂げる彼の精神は祖父から受け継いだものなのだろう。

    山田は自分の息子にも“大自然の中での生活が精神面を鍛えてくれる”と確信しているという。


    「山田さんはこうも言っていました。
    『子供は勝手に大きくなる。
    親の役目は、周りの人間や学校、会社など、環境面を整えるサポートだけ』と」(前出・山田の知人)



    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d2f35ee23e6ce0ed5d9c42c104ecfceabd419d0

    所長見解:ええやん・・・

    【【ちゅらさん】 俳優・山田孝之さん、ついに沖縄に移住ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    林遣都と大島優子が結婚へ 

    朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 

    極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず 



    k


    俳優の林遣都(30)と元AKB48で女優の大島優子(32)が近く結婚することが28日、分かった。

    交際期間は約1年。

    NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月~昨年3月)の共演で距離を縮めた。

    一度も交際が報じられていない、売れっ子同士の“電撃婚”。

    東京五輪のメダルラッシュで沸く日本に驚きが広がりそうだ。


     
    16歳でデビューし演技派へと成長した林と、トップアイドルから人気女優への華麗なる転身を果たした大島。

    国民的な知名度を誇る2人がひそかに愛を育み、近く結婚する。


     
    2人は2012年公開の映画「闇金ウシジマくん」で共演。

    林は当時、AKB48メンバーの中で大島が“推しメン”と明かしていた。

    その後は友人関係が続いたが、急接近するきっかけになったのが「スカーレット」での共演。

    2人はヒロインの幼なじみ役を演じ、1年近くにわたる長丁場の撮影で多くの時間をともにした。

    これと前後して撮影が行われたフジテレビ「教場」(昨年1月)でも共演し距離を縮めた。


     
    2人をよく知る芸能関係者は「シャイで人見知りな林さんと、誰とでも打ち解けるフランクな大島さん。
    性格は真逆なんですが、波長が合うようで凄くお似合いのカップル。
    大島さんは、2歳年下の林さんの作品や演技に真摯(しんし)に向き合う姿勢を尊敬し、ひかれていったそうです」と語る。


     
    交際は「スカーレット」撮影終了後の昨年夏ごろにスタート。

    仕事関係者に迷惑を掛けたくないとの思いがあって、人の目に触れない“極秘交際”を徹底。

    自宅などでのデートを重ねてきた。


     
    2人はすでに互いの親へのあいさつを済ませ、ごく親しい仕事関係者や友人には結婚を報告している。

    テレビ朝日「おっさんずラブ」やTBS「ドラゴン桜」など話題作に立て続けに出演している林は現在、主演映画「犬部!」が公開中。

    今後も多数の出演作が控えている。

    一方、大島は出演する配信ドラマ「上下関係」のキャンペーン中。

    互いの仕事が一段落したタイミングで婚姻届を提出し、同居生活をスタートさせる。


     
    東京五輪のメダルラッシュで盛り上がる日本列島。

    その中でも、2人の“電撃婚”は大きな話題になりそうで、どんな報告があるか注目される。


     
    ◇林 遣都(はやし・けんと)1990年(平2)12月6日生まれ、滋賀県出身の30歳。
    中3の修学旅行中に東京でスカウトされ芸能界入り。
    07年に主演映画「バッテリー」でデビューし、第81回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画新人男優賞を受賞。
    出演作にドラマ「おっさんずラブ」「ドラゴン桜」、映画「しゃぼん玉」「HiGH&LOW」シリーズなど。
    1メートル73、血液型O。


     
    ◇大島 優子(おおしま・ゆうこ)1988年(昭63)10月17日生まれ、栃木県出身の32歳。子役として活動し、06年にAKB48に2期生として加入。
    選抜総選挙では10年と12年に1位。
    14年にグループを卒業し、女優に転身。
    出演作にドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」、映画「紙の月」「明日の食卓」など。
    17年に約1年間、米国に語学留学した。
    1メートル52、血液型B。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/249f83286a259b94820901c2c10800bcd4ba4d53



    所長見解:よかったやん・・・

    【【悲報】元AKB・大島優子が結婚ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ