佐々木希

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    渡部建独占告白90分 佐々木希の叱責「あなたは舐めている」


    s


    黒いスーツ姿の彼が「文春」に姿を見せたのは6月16日午前10時のことだった。

    取材の冒頭、女性問題を尋ねると、「大変失礼で、卑劣で、最低なやり方だった」と悔恨の弁。

    そして時折、タオルで目を押さえながら、愛妻との結婚生活、芸人人生を振り返るのだった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc44c62d3e187001bbb4cc47fd187d11de95e23

    所長見解:渡部め・・・
    【【衝撃発言】佐々木希「あなたは舐めている」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」6月11日発売号が報じた「アンジャッシュ」渡部建(47)の不倫疑惑

    6月16日、渡部が「週刊文春」の取材に応じ、不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いを明かした。


    取材現場に黒いスーツ、ネクタイ姿で現れた渡部。

    時折言葉を詰まらせながらも、NGの質問は一切なく、取材時間は90分に及んだ。


    w

     
    取材に同席した所属事務所「人力舎」の玉川大社長が振り返る。

    「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。
    芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。
    その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。
    それで自粛という形に腹が固まった」


    渡部は「週刊文春」が報じた複数女性との関係について次のように語った。

    「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。
    妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。
    彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。
    僕は今でも妻を愛しています」


    佐々木の反応についても明かした。

    「今まで浮気が妻にバレたことは一度もありませんでした。
    記事を見て、妻は失望していましたね。
    怒りもあるし、呆れもあるし。
    仕事も増え、自分の描いたビジョン通りに物事が運んでいったことが慢心を生んでしまった」


    6月25日(木)発売の「週刊文春」では、渡部の独占インタビューを4ページにわたって詳報。

    その中で渡部は、妻・佐々木希から受けた叱責、不倫の“隠蔽工作”を図った理由、相方児嶋に対する複雑な思いなどを語っている。


    画像①


    https://bunshun.jp/articles/-/38615

    所長見解:渡部め・・・
    【【朗報】渡部建「今でも妻を愛しています」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「以前は公園にお子さんをベビーカーに乗せて、遊びにくる渡部さんと佐々木さんの姿をよく見かけました。
    渡部さんがブランコに乗った佐々木さんを後ろから楽しそうに押していたことも。
    それが騒動以降、ぱたりと見かけなくなりました」(近隣の主婦)


    近所でも評判のおしどり夫婦だったアンジャッシュ・渡部建(47)と佐々木希(32)夫妻。

    しかし6月11日発売の『週刊文春』で渡部が複数の女性と不倫していたことが発覚。

    六本木ヒルズの多目的トイレに女性を呼びつけ、行為に及んだのちに金銭を渡すという醜態まで明かされ、非難が殺到していた。


    「8本のレギュラーを抱えていた渡部さんですが、報道直前に各番組へ出演自粛を申し入れました。
    好感度をウリにしていただけに、いずれの番組も降板は避けられないでしょう」(広告代理店関係者)


    報道翌日の12日、妻の佐々木は自身のインスタグラムでこう謝罪した。

    《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません。
    今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います》


    冷静なコメントを出した佐々木だが、心では泣いていた。

    「佐々木さんは、渡部さんが週刊誌の直撃を受けた直後にすべての説明を受けました。
    最初はショックと怒りで渡部さんを問い詰めましたが、子どもを第一に考えて、家では気丈にふるまっているそうです」(テレビ局関係者)


    w


    しかし、“おこもり”協議中の佐々木は意外にも関係修復に前向きだという。

    佐々木をよく知るファッション関係者は言う。

    「希ちゃんは今も渡部さんと同じマンションにいるそうです。
    自宅から出ずに、買いものや犬の散歩は親しい知人が手伝っているといいます。
    ワイドショーでは連日、今回の件が報道されているので、動画配信サービスで映画やドラマを見ていると聞いています。
    夫婦の今後についても話し合いを進めているそうですが、現時点で希ちゃんには離婚する意思はないみたいです」


    夫の悪質な裏切りを受けても、離婚を選択しない佐々木。

    そこには彼女の“憧れ”が影響していた。

    「交際当初から希ちゃんは渡部さんにベタぼれで、その関係は今も変わっていません。
    仕事関係の集まりに渡部さんを連れてくることもあり、みんなの前でも彼のことを“わっくん”と呼んで本当に仲よしなんです。

    また2人のお兄さんに囲まれて育ったこともあって、にぎやかな家庭に憧れています。
    最近も子供を抱きながら『この子にきょうだいができたらいいな』と話していたそうです。
    “夢に描いた家庭をまだあきらめたくない”という思いで立て直そうとしているのでしょう」(前出・ファッション関係者)


    渡部の“裏の顔”も影を落としていた。

    「渡部さんは家庭では亭主関白で、有機野菜などを使ったヘルシーな手料理を佐々木さんにオーダー。
    恋愛学にも精通し、記念日をきちんと祝ったり、定期的にプレゼントを贈ったりして、佐々木さんのツボを押さえることで、彼女の心を支配してきました」(テレビ局関係者)


    夫婦問題研究家で離婚カウンセラーの岡野あつこさんは、佐々木が離婚しない理由についてこう推測する。

    「佐々木さんは、ご主人がいなくてもお仕事はありますし、経済的な理由で別れないということではないでしょう。
    不倫されても、離婚しない女性の中には、責任感が強いが故に『私にも責任が……』と考える方がいます。

    また不倫以外は家庭で問題がなかったということもあるでしょう。
    日常生活の中で家族として子育てに向き合っていたり、夫としての務めを果たしていた場合は、離婚しないというケースもよく見受けられます」


    ※画像がコチラ 


    「女性自身」2020年7月7日号 掲載
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1870945/ 

    所長見解:渡部め・・・

    【【悲報】佐々木希さん、今も渡部と同居の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「週刊文春」が報じたアンジャッシュ・渡部建(47)の不倫スキャンダル。

    妻が有名女優で子育て中の浮気であることなどから、東出昌大(32)の不倫と比較され、渡部の方が「体の浮気」であるため、“不倫相手にのめり込んで「心の浮気」をした東出よりマシ”と擁護する向きもある。

    しかし、2人がはたらいた不貞行為に大差はなく、むしろ渡部に嫌悪感を催す女性も多い。


    3児を子育て中のジャーナリスト・中西美穂氏がこう言う。

    「確かに、3人の幼子を放り出してガチで年下の女性に恋をしていた東出さんとは不倫の種類が違います。
    妻の佐々木希さんとしては、ある意味救われる部分があるのかもしれませんが、渡部さんは不倫の時期と場所が悪過ぎました。
    世の中はコロナ禍で、外出自粛要請の真っただ中。
    日時がはっきりしませんが、そんな時に、あろうことか感染リスクが高いとされる公衆トイレで行為に及んだ可能性があります。
    単に嫌悪感を催すだけでなく、問題は彼に1歳の長男がいることです。
    『妻子にコロナを感染させたらどうしよう』と少しも不安を覚えなかったのでしょうか。
    そうだとしたら、父親として最低です。
    ビデオ電話で子供たちのご機嫌を取っている東出さんの方が、いくらかマシに見えてきます」


    ■子育て中の母親に多目的トイレは「大切な場所」

    しかも、子育て中の母親はコロナ前から“多目的トイレ”という言葉に敏感だという。

    「多目的トイレは体が不自由な方が使う場合があるのはもちろん、子連れの親にとって非常に大切な場所です。
    ベビーカーでは普通のトイレには入りにくいし、子供のおむつ替えのベッドも、普通のトイレには設置されていないことも多い。
    “ピンチ”の時に多目的トイレのドアがなかなか開かない時は本当に困ります。
    渡部さんは1歳のお子さんがいて、なぜそんなことも分からなかったのでしょうか? 
    佐々木さんに育児を任せっきりにして子育てに協力していない証しだと思います。
    グルメを気取ってノンキに料理や女性を食べ歩いている場合ではありません」(中西美穂氏)

    12日、佐々木はインスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい大変申し訳ございません」と謝罪したが、自分を裏切った夫をいつまで擁護し続けられるか。

    しかも渡部は今回の不倫スキャンダルですべての仕事を失い“公衆便所の男”というレッテルを貼られてしまった。

    15歳上のオジサンと添い遂げるのは、佐々木にもそれなりの覚悟が必要だろう。 

    お先真っ暗な渡部と違い、まだ若く未来がある点でも東出の方がマシだ。


    日刊ゲンダイ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18414075/


    no title


    所長見解:渡部め・・・

    【【不倫ツートップ】渡部建 VS 東出昌大の結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    渡部建、一回したら「お誘いLINE」が9年も続いて… 


    9年前に渡部からSさんに送られてきた写真。

    「飲んでいるよ」アピールでやり取りが始まることが多かった



    「ってか昼からオフで飲める日とかないの?笑」

    「こっそりの場所でも?笑」


    元タレントの30代女性・Sさんがスマホで見せてくれたのは、“トイレ不倫” で世間を騒がせるアンジャッシュ・渡部建(47)からの “お誘いLINE”。

    このメッセージが届いたのは昨年9月のことだ。


    「じつは、渡部さんとは9年前に1回だけした仲なんです。
    それ以来、たまにこんな“お誘いLINE”が届くんですが、結局いつも、会うまでには至らなくて……」


    no title


    no title
    Sさん

     
    2人が最初に出会ったのは、2011年。

    Sさんが遊びに訪れたクラブで、共通の友人から渡部を紹介されたという。

    その日は楽しく飲んで終わったものの、数日後に「中目黒に来なよ。ご飯にいこうよ」というお誘いメールが届いた。


    「そのときは都合が悪かったので断わったんですが、何度も『かわいいね』『仕事頑張って』なんて言葉とともに、食事に誘われました。
    なかなか予定が合わなくて、2人だけで会うことになったのは、最初に誘われてから半年後のことでした」


     
    中目黒には、渡部の仕事部屋があった。

    目黒川沿いのレストランでの食事を終えると、渡部は「うちにおいでよ」とSさんを口説き始めたという。


    「酔っ払っていたし、『まあいいかな』と思って、彼の部屋についていきました。
    そうしたら、渡部さんが出ているテレビ番組の録画をいろいろ見せられて……。
    すぐに飽きて、私は寝落ちしちゃったんですが、気がついたら彼が私の上に乗っかっていて、そのまましました」


     
    そのときは受け入れてしまったSさんだが、「うやむやな関係はよくない」と、思い直したという。


    「その後も彼からは、『◯◯で飲んでるよ』とスマートに誘うメールがよく来ました。
    私が『もう遅いから……』『家で会うのは無理ですよ(笑)』なんて断わると、深追いしてこないんです。


    でも、何日かするとまたお誘いメールが来て……ということを、2年ほど繰り返していました。

    そのうち、彼も『ヤレない』とわかったのか、だんだんと連絡が少なくなりました。
    結局、2人きりで会ったのは最初の1回だけです。
    でも、年に1回くらい、仕事現場やイベントで会うと、その後にLINEで必ず食事に誘ってくれるんですよ。


    彼は女好きだけど、グイグイ来るわけじゃないし、毎回タイミングも合わないから断わり続けてるのに、それでも9年間、こうやって懲りずに口説き続けてくれるんですよ(笑)。
    ちょっと、びっくりしますよ」


     
    このSさん以外にも、多くの女性との関係が明らかになっている渡部。

    だが、不貞まみれの夫より先に謝罪をしたのは妻の佐々木希(32)だった。


    「佐々木さんは『1回だけは許す』と言っているそうです。
    渡部さんの復帰は当分厳しいですから、今は彼女が稼がなければいけません。
    でも長男はまだ1歳。
    なので、時間拘束が短いCM出演などの仕事を優先していくそうです。


    ただ、母親である彼女が仕事で家を空け続けると、息子が渡部さんにばかり懐いてしまわないか、そんな心配もしているそうです」(芸能記者)

     
    だが、広告代理店関係者はこう話す。


    「今回、『夫を立てた』ことでイメージが一気によくなった彼女にCM業界が注目しています。
    一段落したら、CMオファーが殺到しますよ」


     
    禍転じて、仕事のお誘いがどっさり?



    (週刊FLASH 2020年7月7日号)
    https://news.livedoor.com/article/detail/18458861/

    所長見解:渡部め・・・
    【【衝撃暴露】渡部建と一回ヤった結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ