ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:会見

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    城島、山口の飲酒「円滑にロケ進まないことも」松岡は依存症否定

    人気アイドルグループの「TOKIO」のメンバー城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、メンバーの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったことを受け、都内で記者会見を行った。
    リーダーの城島が会見冒頭に「被害者の方、ご家族の方に深くお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    会見後の質疑応答では、飲酒で山口を注意したことはあったのかと聞かれると、城島は「現場で酒の臭いがするなとか、二日酔いで調子が悪そうだなという時が確かにあった。
    円滑にロケが進まないこともあった。
    46歳ですし、あえて言わないようにもしたが、もっともっと深く注意すればよかったなと思います」と答えた。

    t


    松岡は「彼は“昔から何度も何度も同じことをしてしまう、迷惑を掛けてきたことがあるのに、それでもやってしまう”と言っていた。
    その話を聞いて、メンバーは“またやるんじゃないか”と思っていた。
    僕らメンバーだけではどうすればいいか分からなかったので、プロフェッショナルの方に協力をお願いした。
    僕らはアルコール依存症だと思っていたが、いろんな病院で診断してもアルコール依存症ではなかった。
    (5人が集まった4月)30日に見た診察書にも依存症と書いてなかった。
    彼の甘さが原因だが、何が原因なのか探っていかなければと思っています」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000099-spnannex-ent


    所長見解:そうだったんだ・・・
    【【衝撃暴露】城島リーダー「現場で酒の臭いがするなとか、円滑にロケが進まないこともあった。46歳ですしあえて言わないようにもした」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月2日、TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也は、メンバーの山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことについて(1日に起訴猶予処分)、都内で会見した。

    t


    冒頭で城島は4月30日の夜に山口も含めたメンバー5人で話し合ったことを説明。
    山口が城島に、TOKIO脱退とジャニーズ事務所退社の意向を示す辞表を提出したことを明らかにした。
    現状では城島が辞表を預かったままにしているといい、山口の脱退と退社は保留状態になっているという。

    「脱退の意思をメンバーに告げるのはわかりますが、退社の意向もメンバーに任せるのか。通常は会社なり、マネージャーなりに伝える。
    ジャニーズ事務所は、この問題を“TOKIOの問題”として収めようとしているようにみえる。会見を見てもわかるように、TOKIOは責任感が強い。
    それを良いことに事務所が責任を放棄してはいけない。
    メンバーにメンバーの保護義務があるわけではない。
    メンバーを管理するのは事務所の仕事ですよ」(芸能界関係者)

    ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は5月1日、「弊社としましては、ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」とのお詫びのコメントを発表した。
    1時間半の長丁場となった2日の会見では、このジャニー社長のコメントをどう感じたかについて質問は飛び、城島は前日の1日に電話でジャニー社長と話したこと打ち明け、松岡は「自分たちの親ですから。親にそんなことを……。情けない気持ちでいっぱいです」と涙した。

    「ジャニーズ事務所の社長はジャニーさんですが、彼は育成中心。
    マスコミ対策も含めた管理面はメリー喜多川副社長の仕事です。
    ジャニーズはこの役割分担で何十年もやってきた。
    それなのに、メリーさんは自分が困った時には出てこず、ジャニーさんにコメントを出させ、メンバーに丸投げして責任を被らせる。
    TOKIOの担当であり、メリーさんが次期社長と明言している藤島ジュリー景子副社長も公式コメントを出さない。
    彼女の管理責任も問われるべきです」(テレビ局関係者)

    会見でこの点を問う記者がいてもおかしくなかったが、メリー氏とジュリー氏に関する質問は出なかった。

    「挙手をした記者のなかから司会者が選んだのは、テレビ局とスポーツ紙、福島民友だけ。ジャニーズが懇意としているメディアだけに絞っている。
    世論を納得させたいなら、最も敵対している『週刊文春』(文藝春秋)などにも質問をさせるべきだった。
    SMAP解散騒動の時は、責任をすべてメンバーに押し付けるかたちでテレビ番組で謝罪させ、世間から“公開処刑”との批判を浴びました。
    あれだけの批判を浴びたのに、今回はTOKIOのメンバーに大勢のマスコミの前で謝罪させ、事務所はダンマリを決め込む。
    ジャニーズの体質は何も変わっていないことを示しています。
    ジャニーズ幹部の都合の悪いことから逃げる姿勢、臭いものには蓋をする態度が、今回の事件、そして事件後の対応につながったといえるでしょう」(マスコミ関係者)

    ジャニーズの信頼回復への道のりは遠いようだ。


    ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/2018/05/post_23228.html


    所長見解:そうだよね・・・
    【【山口メンバー事件】ジャニーズ、TOKIOに責任被せ、ジャニー社長、メリー副社長らは責任逃れの模様・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小室哲哉が引退表明 不倫疑惑報道受け「騒動のけじめとして決意」

    騒動の責任を取り引退すると報告する小室哲哉

    k


    看護師の女性との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、都内で記者会見を行い、引退を表明した。

    会見冒頭、マイクを持った小室は「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さま、スタッフの皆さま、いろいろな方々にご心配をおかけし、お相手にもご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と頭を下げ、謝罪。
    「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と発表した。

    自身で書いてきたという文書を読みながら、2010年の詐欺事件から妻・KEIKOの病気、7年間の闘病、「女性というよりは女の子になった」「音楽にも興味がなくなってしまった」という現状などを振り返った。
    KEIKOとは「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」とし、「ちょっと疲れ果ててしまった。3年ぐらい前にあった。僕自身は恵まれた環境で、当たり前だと思っていた仕事が当たり前じゃなくなり、日々仕事が入ってきて幸せな日々が続きました。音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」と現状を報告した。

    小室は18日発売の週刊文春で、妻のKEIKO(45)が大分県の実家に帰省中の今月13日に、女性を都内の自宅に招き入れ、2人だけで10時間以上を過ごしたと報じられた。2人で腕を組んで歩く姿もキャッチされた。
    相手は「ニンニク注射」で有名な都内のクリニックで働いていた看護師で、柴咲コウ似のシングルマザー。

    KEIKOは11年10月にくも膜下出血で倒れ現在もリハビリ中。
    小室は療養を続ける妻を支える献身的な夫として知られてきた。
    小室は女性との関係について「病人と看護師」として同誌上で否定。
    17日に所属事務所がマスコミ各社に送付したファックスでも「本人が記事について否定しております」とされていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000099-spnannex-ent


    所長見解:引退しなくても・・・
    【【不倫責任】小室哲哉が引退ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「国民のみなさま、相撲ファンのみなさま、相撲協会、親方、女将さん」……。
    11月29日の引退会見で日馬富士がお詫びした相手の中に、被害者である貴ノ岩の名前はなかった。
    そこにはある「思い」が隠されていた。

    h


    被害者への謝罪なき引退会見を受け、落語家の立川志らくはテレビ番組「ひるおび!」(TBS系)で、

    「悪いとあんまり思ってないんじゃないかな」

    こう論評したが、実際、

    「日馬富士は今回の結末に納得していない」

    と、日馬富士の後援会関係者は説明する。

    「もちろん、貴ノ岩に暴力を振るったのは他ならぬ日馬富士自身ですが、そこに至った経緯については、むしろ自分以外に責任があると思っているからです」

    改めて暴行事件の顛末を検証すると、同月30日に相撲協会側が発表した中間報告によれば、問題の飲み会は貴ノ岩の母校である鳥取城北高校の関係者が開催したことになっている。

    だが、

    「まず、貴ノ岩は母校に関係した飲み会ということで参加することになりましたが、白鵬(32)が彼に声を掛けなければそこに行くことはなかったでしょう」

    と、相撲協会関係者が声を潜める。

    「続いて、白鵬は『貴ノ岩が悪口を言っているのは俺のことだけじゃない。
    あなたも言われている』と、事前に日馬富士に耳打ちした。
    その結果、日馬富士も貴ノ岩が来る飲み会に出向くことになったそうです」


    「白鵬を『触媒』に…」
     
    そして、そもそも白鵬と日馬富士はそれほど親しいわけではない。

    「朝青龍と白鵬の2横綱時代、日馬富士は朝青龍派でした。
    したがって、普段、白鵬と日馬富士はプライベートでよく飲むという間柄ではなかった」(同)

    にも拘(かかわ)らず、まるで吸い寄せられるかのように問題の飲み会で「対面」する羽目になった貴ノ岩と日馬富士。
    加えて、その飲み会で、最初に貴ノ岩を説教し始めたのは白鵬だったのである。
    それは中間報告でも明らかになっている。

    つまり、

    「白鵬を『触媒』にする形で飲み会に参加した貴ノ岩と日馬富士が揉め、白鵬が始めた説教の煽(あお)りを受けて暴行事件に発展してしまった。
    日馬富士としては、事件の『お膳立て』をしたのは白鵬ではないかとの思いが拭い切れない。
    引退会見で、日馬富士の『加害者意識』が薄く映ったのはそのせいでしょう。
    彼がのみ込んだ本心は、『ふざけんな白鵬!』だったんですよ」(先の後援会関係者)

    白鵬の「白」が濁り始めているように感じるのは気のせいだろうか……。

    いずれにせよ、貴乃花親方(45)と白鵬の潰し合いは、酒を飲んで和解とはいきそうもない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171216-00534255-shincho-spo


    所長見解:膿を出さないとね・・・
    【【白鵬怨恨】日馬富士が引退会見で隠した本音ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    17日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー」(日曜・後9時)で、衆議院の豊田真由子議員(42)とフリーアナウンサーの宮根誠司アナ(54)との2時間にも及ぶインタビューが放送された。
    豊田議員は宮根アナの質問に、ときおり涙を流しながら「悔やんでも悔やみきれない」と答え、立ち上がって頭を下げた。

    t


    黒いスーツに身を包んだ豊田議員は「自分の声で、ご説明を早めにしなくちゃいけないかなと、ちょっと思ったので」とインタビューを受けた理由を説明した。
    また「本当に音声を聞く度にぼうぜんとしちゃうんです。それはもう、どうかしていた。正直あれを聞いて…あれ?こんな事言ったんだな。どうして…」と音声を聞いた時の気持ちを語った。

    元秘書に暴言を吐いた理由を「なんとしても守りたかった、自分がゼロから作り上げてきた地元の方との信頼関係とか。絆とか。地元の大事な地域を守ろうっていうものを自分でぶち壊しちゃった事になるので、本当に悔やんでも悔やみきれない」と説明。

    さらに宮根アナが「なんで歌っちゃったんですか?」と突っ込んだ質問には、「歌ってるというか、本当にふざけてるわけではなくて、何が来るのかなって思ってるんです。ふざけてるんではなくって、本当に次は何の苦情の電話が来るのかな?本当に恐怖で怖かったです」
    と話し「私にとっても異常な10日間の中の最後の数日間の出来事で…」とうつむいた。

    暴言音声の発覚後、元秘書への謝罪は「1か月間その後ずっと(事務所に)いらしゃったので、一緒にご飯行ったり、あの後、割と和気あいあいだったんです。『誤解をした部分もあったんだよ。ごめんね』って」と謝罪したことを打ち明けた。

    宮根アナは「ICレコーダーの(内容の)豊田さんしか知らなかったのですが。
    カメラの前とはいえ2時間以上話を聞きましたので、ICレコーダーのイメージとは違う人であったなと」と、印象を話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000217-sph-soci


    所長見解:演じてたよね・・・
    【【記憶にない】豊田議員が騒動後初インタビュー「あれ?このハゲなんて言ったっけな」とおとぼけってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ