仮想通貨

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「身内」から出た錆とはいえ、野田聖子総務相(57)まで疑惑の渦に巻き込んでしまったGACKTコイン(SPINDLE)。
    広告塔のGACKTは、以前から仮想通貨の売り込みには長けていたようだ。
    論より証拠、投資家の前で、別の怪しいコインを巧みに宣伝していたのである。

    時は2016年6月、神戸で開かれた「アセットコイン」なる仮想通貨のイベントには、500人以上が詰めかけていた。
    そこに登場したのがGACKTである。
    アセットコインはカンボジアで産出される金を担保にしており、1年後には上場し、最大で10倍になるという触れ込みだった。

    投資家を前にして、GACKTが言う。

    「アセットコインに関しては、非常に変わっているというか、サービスが多いというか、まず、担保(金)があるじゃないですか。
    担保があるって時点で優位性があるんですよ。
    あと、交換。
    ここらへんを、暗号通貨を運営する人たちが、どこまで実現できるかっていうのを考えると、(アセットコインは)そこをクリアしていますよね。
    それで、非常に面白い暗号通貨になるだろうなっていうのを感じていますし、あとは日本の方がどれだけ価値を見いだせるかどうかってことだと思うんですよ」

    まるで買わなければ損だと言わんばかり。
    が、アセットコインに120万円を投じた人によると、

    「購入しても数カ月は自分のコインをネット上で見られなかったばかりか、送金や着金については最後まで確認できませんでした。
    翌年1月には突然メールが来て、別のコインに交換するという。
    おかしいから返金するよう連絡したのですが、結局3、4万円が戻って来ただけでした」

    投資ライターの高城泰氏が指摘する。

    「詐欺ではないかと思われる点があります。
    金を担保にしていることを謳っていますが、それなら仮想通貨など必要ない。
    実際、私が取材した仮想通貨にもベネズエラの油田を担保にするというものがありましたが、これも詐欺まがいでした。
    不動産や金を担保にすると謳っていたら、その時点で怪しいですよ」

    そこで、GACKTの事務所に聞くと、

    「知人を通じてトーク出演の依頼があったことから、ゲスト出演に至ったようです。
    アセットコインに関してもGACKTはゲストの一人として話をしただけであり、その業務には一切関わっていないと把握しております」

    アセットコインは、すでに跡形もなくなっている。
    GACKTの売り口上に乗せられて大損した人たちを残して。

    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00547105-shincho-ent

    no title


    所長見解:そうだろな・・・

    【【音声公開】怪しい仮想通貨を煽った「GACKT」の売り口上がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT「アホらし」仮想通貨めぐる報道を一蹴

    ミュージシャンのGACKT(45)が、自身が参画する仮想通貨プロジェクト「SPINDLE」をめぐる一部報道に言及し、「アホらし」と一笑に付した。

    g


    GACKTは27日にブログを更新。
    SPINDLEが5月に世界5カ所の仮想通貨取引所に上場後に暴落し、自身も警視庁の捜査対象になっているなどとした一部報道について「色んなことが書かれていた。酒のツマミには十分なほどネタが満載だった。大いに笑わせてもらった。
    色んな記事が次々と飛び出して、挙げ句の果てにはボクが海外に逃亡しただだの、ファウンダーがロシアに逃げただの。
    アホらしくていちいちコメントするのもウザいが、ボクは6年前から拠点を海外に移しすでに移住している。今更何言ってんだ?って話だ。
    そのうち突然、GACKT死亡とか流されそうだ」とあきれた。

    さらにGACKTは「野田大臣との関係のことも散々色んな憶測で書かれていたが、なんでボクが『金融庁に圧力かけて!』と野田さんに頼むんだ?」と記事内容に触れ、「アハハハハハハッ!!!! アホらし」と一笑。
     
    「世の中に溢れた記事は、それを書いた記者やライターの思惑や憶測だけを膨らませたものばかり」と言い切り、「週刊誌やゴシップ記事を書き立てる、または関わってる人達の心に問いたい。『そんな人生で幸せか?』」とつづった。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808270000443.html


    所長見解:だけどね・・・

    【【仮想通貨問題】GACKT「アハハハハハハッ!!!! アホらし」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    GACKT(45)が自身のインスタグラムに投稿した動画が話題となっている。

    g


    GACKTといえば今年2月に愛車のベントレーで接触事故に遭った際に「クルマは傷ついたものの、怒りより衝撃をほとんど感じなかったベントレーの強靭さに感動。
    ま、クルマは直せばいい。怪我はなかったし怒る必要もなし」などとコメントをしたことや、海外で遭遇した修学旅行生に快く写真撮影に応じるなどして数々の“神対応”をしていることでも注目を集めていた。

    そんなGACKTが12日に「ダメだぞ、服のまま飛び込んじゃ!」というコメントともに知人がしゃがんでいる後ろから思い切り蹴り飛ばし、プールに落とした様子の動画を投稿した。

    GACKTのこの投稿にインスタグラム上では

    「GACKTさん子どもか!(笑)」
    「落とした後の笑い声が楽しそう!」

    などといったコメントが多く寄せられた。
    しかし、その一方で

    「悪ふざけがすぎますよ!」
    「いじめにつながる…」

    などといった声も寄せられていた。

    最近では通称“ガクトコイン”と呼ばれている仮想通貨が低迷に陥っていることでも話題であることから「ふざけてないで通貨は大丈夫なのか?」などといったコメントも寄せられてしまう始末。
    以前から悪ふざけが好きなGACKTだが、今回はタイミングを間違えてしまったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1500786/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:どうするんやろね・・・

    【【芸能】GACKT、インスタに投稿した動画に批判殺到の結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」の企画・販売を行うB社が今月15日をもって、日本から“撤退”することを発表した。

    B社は野田聖子総務相の“金融庁圧力問題”の当事者。
    金融庁から無登録営業による資金決済法違反の疑いを指摘され、後日、野田氏秘書のアテンドで金融庁に説明を求めたことから「圧力をかけたのでは?」と報じられた。

    g


    スピンドルの広告塔を務めるのは人気歌手のGACKT。
    だが、5月に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、プレセールで1スピンドル(SPD)=30円だったものが、10日現在0・4円弱まで値を下げている。
    これではGACKTを信じて購入した人は大損だ。

    しかもGACKTら“胴元側”は上場直後に売り抜き、ボロ儲けしたとの報道も。
    こうした不透明な取引に、警視庁のサイバー犯罪対策課が重大関心を示しているとは本紙既報通りだ。

    そんな中での“日本撤退”。
    B社はホームページ上で日本オフィスを閉鎖し、本社をロンドンに移転すると発表。
    理由について「テクノロジー、デザイン分野に精通する我々のパートナー拠点が欧米に多く、彼らとのコミュニケーションを密にしていきたい」「昨今の日本での金融界における規制や投資に対する考え方などを考慮した上で、日本でのビジネスをこれ以上拡大していくことは困難」と説明しているが、うのみにはできない。

    仮想通貨に詳しいIT関係者は「スピンドルはGACKTが宣伝マンを務め、彼のファンを含む日本人を主なターゲットにしてきた。それが早々と日本撤退なら本末転倒。当局の捜査が迫る前に“夜逃げ”したような印象を受けます」と話す。

    B社は「プロジェクトに関わるアドバイザー人事等にも変更を入れ、一新していく」とも明言。
    GACKTを“避難”させる気満々だ。

    すべてを“なかったこと”にするつもりなのか――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15145946/


    所長見解:ひどいよね・・・

    【【GACKTコイン】仮想通貨「スピンドル」が日本撤退 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気歌手のGACKT(45)が崖っ縁に追い込まれた。
    野田聖子総務相(57)を巻き込んだ仮想通貨トラブルで、1月のコインチェック社による“NEM流出事件”でも出動した警視庁サイバー犯罪対策課が重大関心を示しているという。
    本紙既報のテレビ界追放もいよいよ現実味を帯びてきた。
    一方、野田氏にも新たに“脱法献金疑惑”が浮上。
    当人はLGBTをめぐる議論で名誉挽回に燃えているというが、時すでに遅しだ。

    「東スポや複数の週刊誌が取り上げたことで、当局も無視するわけにはいかなくなったようです」

    こう語るのは警察関係者。
    マークされているのは歌手というより、もはや実業家のGACKT。
    バラエティー番組「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)では絶対王者として君臨するが、ビジネスの方では迷走を続けている。

    問題になっているのは通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」。
    GACKTは立ち上げから関与している中心メンバーで、その知名度を生かし“営業”を担当。
    数百億円の出資金を集めたというのは本紙既報通りだ。

    g


    上場前のプレセール時のレートは1スピンドル(SPD)=30円弱。
    ところが、5月19日に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、1SPD=3円弱と、価値が10分の1に。
    1日現在の価格は0・3円弱で、ついに100分の1になってしまった。

    「“胴元”側のGACKTは上場直後に数千万円分を売り抜けたといいます。
    これは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を使ったICO(資金調達)でよく見られる手口。
    『上場後に100倍になる』『あの有名人も出資している』などの売り文句で出資を募り、上場後に胴元側だけが抜いて荒稼ぎする。
    バックに半グレや反社会的勢力がいることも多い」とは仮想通貨に詳しいライター。

    昨年12月、自身のブログでスピンドルの素晴らしさを熱く伝えていた男が本当に売り抜けをしていたのなら、出資者はあぜんとするしかない。

    しかも、スピンドルの企画・販売会社Bは無登録営業で今年1月、金融庁から資金決済法違反の疑いがあると通告された“いわくつき”の業者。
    関係者によると「出資者にそのことは伏せられていた」という。

    冒頭の警察関係者は「現在、警視庁生活安全部内のサイバー犯罪対策課がスピンドルの件を調べていると聞いている。
    当然、GACKTも捜査対象だ」と話す。

    サイバー犯罪対策課は今年1月、コインチェック社で580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した際に、盗まれたNEMの追跡などを行ったエキスパート集団だ。

    「仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で売買の履歴が残る。
    サイバー課はGACKTら胴元側の履歴を念入りに調べている」(同)

    GACKTの事情聴取もあり得るだけに、本紙で伝えた通り、そうなればしばらくはテレビ界から“追放”だろう。

    一方、野田総務相もピンチだ。
    問題のB社には野田氏の夫で元暴力団員と報じられた文信氏も“関与”。
    金融庁の通告後、野田氏の秘書はB社関係者を伴い、金融庁に説明を求めており、夫に頼まれた野田氏による“圧力説”がくすぶる。

    さらに、2日発売の「週刊文春」は、文信氏が監査役を務めるジュエリー販売会社からの“脱法献金疑惑”を報じた。
    初の女性首相を目指し、9月の自民党総裁選への出馬を諦めない野田氏にとっては大逆風。そこで目をつけたのが、大炎上する杉田水脈衆院議員(51)の「LGBT(性的少数者)は『生産性がない』」との寄稿騒動だ。

    「自身のスキャンダルをかき消すために、杉田氏の寄稿を批判し、LGBTの方たちに寄り添うスタンスをアピールしていくつもりのようです。この手の話は大得意ですからね」(政界関係者)

    世間にはすべて見透かされていると思うが…。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000005-tospoweb-ent


    所長見解:一流だから・・・

    【【仮想通貨トラブル】 GACKTさん、捜査対象の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ