ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    仮想通貨

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マネックスグループ(8698)傘下の仮想通貨交換業者コインチェックは31日、仮想通貨「モナコイン」の取り扱いを6月上旬に開始すると発表。

    これを受けて、「モナコイン」が爆上げしている。

    m


    この一件について、仮想通貨市場に詳しい人物は次のように語る。

    「ここしばらく100~120円くらいだったのが、5月31日の午後には一気に230円を超え、約二倍にまで高騰しています。
    一時は400円近くまで跳ね上がりました。
    2018年にモナコインは一部交換所での不正流出事件の対象になり、多数の被害者が出たものの、やはり日本初の暗号通貨とあって、日本人からの人気があるのでしょう。
    アスキーアートの『モナー』をモチーフとしたネーミングも愛着がもてます。
    何百種類とある暗号通貨の中で、モナコインが注目されるということは、それだけファンが多いということにほかなりません。

    最近はビットコインも一時と比べて3倍にも迫る勢いで上昇していますし、一時の仮想通貨ブームが過ぎ、底値にまで落ち込んだ後、完全に持ち直してきたといえます。
    ようやく、仮想通貨にかかる期待の大きさが正常に反映されてきたのかもしれません」


    画像①


    【仮想通貨】モナコイン急騰・爆上げは続くのか!? ビットコインも3倍に…闇すぎる“危険コイン”も!? 
    https://tocana.jp/2019/05/post_97932_entry.html 


    所長見解:買ってみる・・・

    【【急げ】仮想通貨モナコインが120円→380円に爆上中ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    急げwww

    no title

    所長見解:安いやん・・・


    【【チャンス】仮想通貨「モナコイン」が爆上げ キタ━(゚∀゚)━!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画『翔んで埼玉』が大ヒット中のロック歌手・GACKTに、再び自身が関与している仮想通貨「スピンドル」を巡る疑惑が報じられた。

    『週刊文春』4月4日号の記事によると、GACKTは2017年11月に大阪で十数人の出資者候補を集めてスピンドルについて熱弁をふるっていたという。

    そして自ら単なる広告塔ではなく、経営メンバーであると強調したとある。

    さらに、直前に送られた商談会の案内メールによれば、その時点で1コイン=12円だったスピンドルを、11月24日にごく一部に向けて1コイン=50円で売り出し、12月末には50円が4倍~5倍になる予定だと記されていた。

    これについて聞かれたGACKTは「なる」と答え、「3倍から5倍になる」と付け加えて出資を募ったそうだ。

    この点を「インサイダー取引では?」という指摘に対してGACKTは「来年(2018年)の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今、回っています。1月か2月以降は言えないって。今は言える。」と説得していたという。

    しかし仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要だが、スピンドルを発行しているブラックスター社はその登録をしていないため、資金決済法違反に当たる可能性もあると文春は報じている。

    g


    この疑惑に対してネット上では、

    《やっぱりそうだったんね》
    《胡散臭いと思ってた(笑)》
    《いつかこうなるだろうと思ったから飛んで埼玉は急いで見にに行ったんだよね》
    《歌手っていうより変な胡散臭い人ってイメージしかないわ 捕まってもやっぱりなあという感じ》

    など、驚きもなく「予想通り」という声が多い。

    無登録についてブラックスター側は「他人に譲渡できない仮想通貨だから『2号仮想通貨』にあたらないので、業者登録は必要ない」と強弁しているが、そうなるとGACKTが出資を募るときに上場する前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話していると記事にある。

    しかも2017年12月26日に更新した自身のブログでも、売買を前提とした内容でスピンドルについてつづっている。

    そうなるとGACKTの発言とブラックスターの弁明に矛盾が生じてしまう。

    もしブラックスター社の弁明が通るならGACKTは、法律上の仮想通貨ではない上場しない
    スピンドルを「好きなときに売買できる」と言って買わせたということになり、詐欺罪が成立する可能性も出てくる。

    スピンドルはGACKTが動いたおかげか、総額約220憶の資金を調達したが程なく大暴落。

    GACKTはスピンドル疑惑について、2018年6月にブログで「アハハ!」と笑い飛ばしたが、今回はだんまり。

    果たしてGACKTが口を開くときは来るのだろうか。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16252279/
    週刊実話

    所長見解:もうね・・・

    【【これはヤバい】GACKT主演『翔んで埼玉』は早く見に行った方がいい理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中の歌手・GACKT(45)。

    仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。


    2017年11月4日、「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われたスピンドルの“商談会”。

    仮想通貨業者の「ブラックスター」は当時、スピンドルを発行し、事業資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)というビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりだった。


    商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場したGACKT。

    参加者からの質問に答えていく。



    ――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

    「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」


    ――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

    「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。
    1月か2月以降は言えないって。今は言える。
    ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。
    1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。
    この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。
    この2年間で急にお金を持っちゃって。
    ただ、馬から車に変わる時代なので」



    終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。

    商談会は約2時間に及んだという。


    g


    ブラックスター広報担当者の回答。

    「いかなる投資においてもある程度のリスクが生じますので、ご購入いただきました投資家の皆様においてはそれをご承知のうえでこのプロジェクトにご参加いただいております。
    また、我々もそれを超えるリスクを投資するご本人の意思を超えて無理強いをするようなことはいたしません。
    2018年5月21日に仮想通貨取引所にリスティング(上場)されるまでは、そもそもスピンドルは、(ビットコインなどの1号仮想通貨と交換可能な)2号仮想通貨への該当はしないと考えております。
    また併せて資金決済法にも抵触するものではないと考えております」


    だが、仮想通貨に詳しい「早稲田リーガルコモンズ法律事務所」の佐藤亮弁護士はこう指摘する。

    「仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要ですが、ブラックスターはその登録をしていません。
    彼らは、スピンドルは『他人に譲渡することを原則禁止しており、2号仮想通貨ではないため(無登録でも)国内販売できる』という趣旨の意見書を公表している。
    しかしGACKTさんは上場可能性を前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話すなど、『他人に譲渡することを原則禁止』との事業者の主張と矛盾しています。
    また、他人に譲渡できないプログラムの設計になっているといった場合でなければ、規約等で譲渡を禁止しても2号仮想通貨にあたり得るというのが現在の実務上の解釈です。
    そうなると、スピンドルは(2号)仮想通貨と言うことができ、資金決済法(無登録営業)に違反する可能性があります」



    GACKTの所属事務所は「普段は海外に居住している御本人のプライベートに関しては把握しておりません」などと回答。

    GACKTの携帯電話も鳴らしたが、締め切りまでに返事はなかった。


    歌手のみならず、タレントや俳優としても活躍しているGACKTだが、資金決済法に抵触しかねない“営業トーク”音声の存在は、今後、波紋を呼びそうだ。


    3月28日(木)発売の「週刊文春」では、GACKTの“営業トーク”を詳しく取り上げているほか、スピンドルを巡る野田聖子総務相(当時)との関係、スピンドルに出資した被害者の声、金融庁の見解などについて報じている。

    また、「 週刊文春デジタル 」では、GACKTの“営業トーク”音声を同日午前5時より公開する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00011223-bunshun-bus_all

    所長見解:ヤバいの?・・・
    【【違法営業疑惑】GACKTさん「1000万が2億円に」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元夫・船越英一郎に名誉毀損で刑事告訴されたものの、不起訴処分となった松居一代。

    no title

    昨年、船越への熾烈な攻撃が話題となった彼女のブログだが、現在は“カネの話”でふたたび注目を集めつつある。
    10月1日、「仮想通貨が上場しちゃった」とのタイトルでブログを更新した松居は、今年5月に購入した仮想通貨の銘柄「ミンドル」が上場し、価格が高騰していることを報告。

    〈投資家として34年のキャリアのあたしですが まさか、仮想通貨までミラクルとは〉と綴り、ニューヨークのタイムズスクエアに掲示されている「ミンドル」の広告を見るため、渡米すると明かした。
    この報告にネットでは松居の才覚を絶賛する声が続出する一方、冷ややかな見方も──。

    松居について「この銘柄の“宣伝係”として仕事をしているだけでは?と見る向きが多いですね」とはビジネス誌ライターだ。

    「彼女は5月に『ミンドル』の購入をブログで報告しているのですが、その際、銘柄の運営会社から高級ブランドの財布をもらったと明かしていて、この時からネット上では『単にスポンサーが付いただけでは』とシビアな見方が強かった。
    ニューヨーク滞在中の10月4日のブログでも『ミンドル関係者もたまたまニューヨークにいることをホテル自室にあった置き手紙で知った』という内容を書いていますが、これにも『スポンサーに呼ばれただけだろう』というツッコミがSNSなどで多数見られます」(前出・ビジネス誌ライター)

    たびたび“奇跡”を強調する松居。
    船越騒動の後もテンションは高いままなのであった。

    https://www.asagei.com/113654 


    所長見解:久々やね・・・

    【【疑惑】松居一代「仮想通貨の奇跡」アピール ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ