ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    仕事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    北海道で暮らす男性(47)は5年前、結婚相談所に電話をかけた

    名前、居住地域、最終学歴、職業、年収と

    矢継ぎ早の質問に淡々と答えていると

    突然、そう言われ、電話を一方的に切られた。


    北海道の私立大学に進学し、運送会社に就職

    だが、入社後5年ほどで、経営悪化に伴う希望退職制度に応じた

    「まだ30歳。新しい職は見つかる」と考えていたが

    地元銀行の破綻などの影響で景気は低迷。転職先は見つからず

    清掃や警備員のアルバイトでしのぐ暮らしが続いた

    これまで恋人がいたことはない

    友人に聞かれれば「昔はいた」と答えた

    30代後半になると、親類から「まだ相手がみつからないの?」

    肩身が狭くなっていった

    今も飲み会に参加しているが、女性の連絡先は聞きづらい

    「大学はいいところを出ていないとね」
    「公務員と結婚したい」

    と言った女性がいた

    「自分は女性が求めるものを持っていないのかも」と感じ気後れする

    昨秋、職場で配置換えがあり

    手取り収入が月15万円から10万円に減った

    家賃は2万8千円。

    値引きのシールが貼られるのを待って総菜を買い、冬は室内でも厚着して

    「もう我慢できない」と感じるまでストーブをつけない

    それでも年金とパートで暮らす70代の両親からの仕送り2万円がないと生活が立ち行かない

    所長見解:つらいな・・・


    【【悲報】47歳独身、手取り10万の結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    つらすぎ・・・
    ※動画がコチラ


    所長見解:あるな・・・
    【【衝撃動画】サラリーマンの毎日がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手のGACKT(45)が2日に放送されたフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上2時間SP」(木曜・後7時57分)で、巨額ビジネスをはじめたきっかけを明かした。

    現在、マレーシア・クアラルンプールの豪邸に生活の拠点を移し、不動産業や投資なども行っている。

    b


    GACKTは本業の音楽以外のビジネスを始めた理由について「30になった時くらいに、音楽の形が変わると思った」と語り出した。

    CD不況などで「世の中からCDが無くなると思ったんですよ。
    このまま音楽だけにもたれていくと、絶対にミュージシャンは生活できなくなるって如実に感じた」という。

    当時の考え方として「それまでのステージの考え方は、CDが売れているのでCDの売れている余白でプロモーションとしてステージをやるってスタイルがほとんどだった。
    僕はそれ以外にお金をかけてステージをやっていた」といい、CDが売れなくなっても自分の表現したいステージをするために「とにかくお金を稼げる仕事をやんなきゃ、作んなきゃ」と思い立ったと説明した。

    そして「いろんなことを始めたんですよ。
    見よう見まねで不動産もやりましたし、飲食、カラオケの経営とかそういうのも全部やりました」と赤裸々に語っていた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16404357/
    スポーツ報知

    所長見解:なんかすごいね・・・


    【【一流芸能人】GACKTさんが巨額ビジネスを始めた衝撃的すぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月18日に放送された『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)が、東京ディズニーリゾートを特集した。

    この日の番組はディズニーリゾートの〝真相〟に迫り、開園までの舞台裏や移り変わり、来園者数が伸び続けているカラクリなど、パークの裏側を徹底的に大公開。

    司会の坂上忍がスタジオを飛び出し、室井滋、柳原可奈子とともに現地でロケを行なった。

    坂上たちはアトラクションを楽しんだ他、運営会社である『オリエンタルランド』社長にインタビューも敢行。

    また、ディズニーシーで行われる水上ショーのリハーサルを「独占取材」として初公開し、パーク内の従業員であるキャストの研修システムにも切り込んでいった。

    まず一行は〝神対応〟と呼ばれるキャストを訪ねて園内のショップへ。

    ここで女性キャストにインタビューを試みたのだが、何と同キャストは1983年の東京ディズニーランド開園当時から働いているという〝レジェンド〟的存在なのだという。

    d


    労働形態に疑問の声が

    さらに、ここでテロップとナレーションにより《オープン時からパークで働く準社員は2人だけ》との補足が。

    女性は勤続36年の準社員ということが明らかになったところで、ツイッターでは、

    《オープンから働いてるのに準社員…》
    《36年働いても準社員て》
    《開演から36年間働いても準社員なんだ…》
    《キャストを育てる学校まであるのに非正規…》
    《何ブラックなこと堂々と暴露してんの……てなった》
    《エッ、30年以上も働いて準社員なん!? 正規じゃなくて!?!? ブラックか!?》

    などといった感想が流れた。


    「パーク内では2万人近くのキャストが働いていますが、その雇用形態の9割ほどは非正規。10年単位の古株アルバイトも珍しくありません。
    基本時給は1000円から高いもので1450円、トレーニング期間は900円台となっています。
    2017年3月、オリエンタルランドはこれら非正規従業員も労働組合に加入できるよう改めましたが、翌年キャストの契約社員2名が過重労働やパワハラを受けたとして会社側を提訴。
    上司に喘息の症状を相談したところ、『30歳以上のババァはいらねぇんだよ。辞めちまえ』『病気なのか。それなら死んじまえ』との暴言を吐かれたことや、重い着ぐるみを着用し続けたことで血流障害に陥ったにもかかわらず、会社側が労災申請手続きや休業補償をしなかったことが明らかになっています。
    昨年11月の第1回口頭弁論では、原告が『夢の国に未来はない』と述べました」(全国紙社会部記者)

    それでも、ディズニーリゾートの入園者数は2018年度で過去最高を更新し、近年はチケット代も高騰し続けている。

    『夢の国』の現実は、今時の若者風に言えば実に〝シビア〟だ。


    https://myjitsu.jp/archives/81526

    所長見解:そうやね・・・
    【【極秘情報】ブラック過ぎるディズニー裏事情がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの新入社員が話題だ。

    『週刊ポスト』(小学館)および同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」によれば、横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手である野村弘樹氏の長男が入社したようだ。

    フジテレビの入社式は親が同席するのが通例であり、野村氏の姿もあった。

    記事では2017年に佐々木主浩氏、2018年に小宮山悟氏の息子が入社しており、3年連続でベイスターズOBが入社している。

    もともとマスコミ業界は著名人二世が多く活躍しているが、その中でもフジはかねてよりその割合が多かった。

    80年代には「楽しくなければテレビじゃない」をコンセプトに掲げ、サブカルチャー色の強いコアな深夜番組や、業界ノリを全面に押し出したバラエティ番組、トレンディドラマを多く作り出してきた。

    テレビ局のコンテンツとしてはドラマ、バラエティ、報道、スポーツなどが挙げられるが、フジテレビは前者2つの要素が強く、もともと芸能界との結びつきが強い局だったといえる。

    著名人の子息を入社させるメリットは、著名人本人と芸能プロダクションとのつながりに加え、著名人と懇意のスポンサー企業もあるため、テレビ局にとっては「おいしいお客さん」であるといえる。

    f


    フジテレビ社員の有名な著名人二世といえば、作家遠藤周作の息子の遠藤龍之介氏がいる。

    現在はフジテレビ専務取締役を務める。


    2014年に亡くなった俳優の宇津井健さんの息子の宇津井隆氏もフジテレビ社員である。

    遊び人として知られ、とんねるずや古舘伊知郎などとも親交がある。

    フジの「業界人ノリ」を代表する人物といえるだろう。


    近年でも、藤井フミヤの息子である藤井弘輝がアナウンサーとして入社したほか、陣内孝則の息子もフジテレビディレクターとして活躍中だ。

    藤井はチェッカーズとして、『夜のヒットスタジオ』などに登場し、陣内も『君の瞳をタイホする!』を始め数々のトレンディドラマに登場し、80年代から90年代にかけての黄金期フジテレビへの貢献者といえる。

    それゆえ、現在も同局とのつながりが深いのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16346624/

    所長見解:そうなるね・・・
    【【二世】フジテレビにコネ入社が続々説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ