ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:今田耕司

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(51)が11日放送のカンテレ「おかべろ」で、タレントの今田耕司(52)との確執の真相を告白した。

    n


    中山と今田はフジテレビ系の生バラエティー番組「殿様のフェロモン」(1993年)のMCとして初共演。

    「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。
    『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。
    ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。

    番組スタート前の決起集会から既に「誰もしゃべらないような。俺、今ちゃんにビールをついだら、『あ、大丈夫です』と断られた」というピリピリムード。
    双方と親交があるザブングルの松尾陽介(41)によれば、当時、今田がダウンタウンにあいさつに行ったところ、浜田雅功から「全員殺してこい」と、ハッパをかけられていたという。

    中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

    中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。
    周囲の忖度(そんたく)もあって共演NGのような関係になり、10数年会うこともなかった。

    同番組で共演していたナインティナインの岡村隆史も「すごい番組内の空気悪い。今田ちゃんと秀ちゃんもなんか空気悪い」と感じていたことを告白。

    後に今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。
    松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000068-dal-ent


    所長見解:そうやろね・・・

    【【不仲関係】中山秀征、今田耕司との確執の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    今田耕司(52才)が高級隠れ家バーで、深夜デートすする姿をキャッチした──。

    「正直なところ、裏切られたという気持ちです」。
    5月10日のラジオ『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史(47才)はそう胸中を吐露した。

    怒りの矛先は、チュートリアルの徳井義実(43才)。
    本誌・女性セブン5月24日号は、徳井と音楽ユニット『チャラン・ポ・ランタン』のボーカル・もも(25才)との自宅デートを写真つきでスクープした。
    徳井の大阪や名古屋での仕事の際、ももが出向いて現地でデートすることもあったという。その報道に、岡村は驚きのあまり「手が震えた」と言うのだ。

    「岡村さんと徳井さんは、独身の男性芸人で結成された『アローン会』のメンバーなんです。
    夜な夜な“寂しい男飲み会”を開いては、アローン(独り身)同士傷を舐め合っているそうです(笑い)」(芸能関係者)

    「アローン会」は今田耕司(52才)が会長を務め、岡村は部長。
    徳井とピースの又吉直樹(37才)が所属しているという。
    《ある共通の闇を持った者達の秘密の集会》。
    昨年4月、岡村は自身のインスタグラムにそう綴り、4人のメンバーの写真をアップしたこともあった。
    ちなみに、“名誉会長”を務めるのは明石家さんま(62才)なんだとか。

    恋人ができたら祝福して送り出す――それが会のルールだが、岡村にとっては、徳井から事前になんの報告もなかったことがショックだったよう。

    「(徳井のように)ハンサムな人がアローン会に入る必要がなかったのに、入り込んで、私たちのことを笑っていたのかと、そういうふうにまで思ってしまう」

    岡村はラジオでそうもボヤいた。
    きっと、次の集会は徳井の熱愛ネタを肴に酒が進んで…とはいかない。
    本誌は岡村が「お前もか!」とツッコミたくなるはずのシーンをキャッチした。

    すでに日付も変わってしばらくたった5月中旬の深夜、東京・西麻布の一角にあるバーに、“会長”今田耕司はいた。
    重厚な扉とガラス張りのエントランスには小さな池が設けられ、丸々と太った錦鯉が暗闇の中を優雅に泳いでいる。
    見上げるほど高い天井の店内はカウンター席のほか、深紅のカーテンで仕切られたボックス席。
    限りなく落とした照明は、足元がおぼつかなくなるほどだ。

    そんな大人の高級隠れ家バーで、その夜の今田は「アローン」ではなかった。
    隣には、オフショルダーのトップスでセクシーな肩をあらわにした女性が座っていた。

    深夜2時を過ぎ、バーを後にしたふたりは同じタクシーに乗り込む。
    向かった先は、都内の別の場所にあるバーだった。
    入り口のインターホンを押すと、店員がドアを開けてくれるというシステムで、セキュリティーも万全。
    芸能人も多く利用し、綾瀬はるか(33才)も顔を出すという。

    「その店は、今田さんが週3で通うほどの行きつけ。
    芸人仲間と一緒にいるところもよく見かけますよ。
    自宅から歩けるほどの距離にあって、今田さんにとっては自宅の『離れ』のような感覚なんじゃないですか」(別の芸能関係者)

    そんな超なじみの「プライベートスペース」に連れて行ったということは…。
    今田と女性が揃って店を出てきたのは、深夜4時に迫ろうという頃だった。
    今田もそろそろ“会長辞任”か?


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180516-00000019-pseven-ent&p=1


    所長見解:岡村さん・・・

    【【熱愛発覚】今田耕司、朝4時までデートの相手がコチラwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ