ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マツコ・デラックスの発言が物議を醸している。

    m


    11月19日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコは政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。

    番組では、厚生労働省が「バブル崩壊後の就職氷河期で希望する仕事に就けず、現在は働いていない人の就業や自立支援を行う」という『読売新聞』の記事を取り上げて解説。

    これに対し、マツコは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分かるんだけど、1つ気になったのが、『希望の職に就けなかったから腐った』的なニュアンスじゃない?」とコメント。

    非就業者になった原因が、望まない就職にあったと捉えることへの違和感を語った。

    さらに「それを言うんだったら、就職氷河期の人じゃなくたって希望する仕事に就けないで、それでも頑張った人はいるわけじゃない? だから、もうちょっと違う意味でサポートしてあげる方が、やる意義もあるし健全かなって私はちょっと思った」
    「“本人の望まない職場で”っていうのがちょっと引っかかるんだよね」と続ける。

    司会のふかわりょうから「時代によって売り手市場になったりするっていう、時代の不公平感っていうのはあるのでしょうか?」と問われると、「売り手市場のときでいろんな会社に楽に入れたとしても、結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」と持論を語った。

    “向こう側”に行ったと批判の対象に…

    これに対して、ネット上では、

    《就職氷河期を全く分かってないな》
    《自分は何もしないくせに外野からいちいちうるさい》
    《就活したこともないマツコに何が分かるんだよ》
    《マツコはエントリーシート百枚書いたことあるわけ?》

    などと、マツコにとっては予想以上の反論の声が続出することに。

    「マツコは最近、好感度が急落中。先日も、木村拓哉の自宅でもてなされたことを明かし、『すっかり芸能界に染まったな…』と落胆の声が聞かれました。
    もはや“視聴者の怒りを代弁する”タイプのタレントではなくなったのかもしれません」(芸能記者)

    弱者ではなく、強者の側についたかのように見えてしまったマツコだが、本人に言わせれば「私のこと何も知らないアンタらに言われたくないわよ!」という感じだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1587822/

    所長見解:もうね・・・

    【【問題発言】マツコの「好感度」が急落問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが表紙を飾った雑誌「新春すてきな奥さん」(主婦と生活社)2019年版が、1万部の緊急重版となることが1日、分かった。

    同誌は11月21日に発売され、完売書店が続出。

    付録つきの臨時増刊号が在庫切れで増刷するのは、「業界でも異例のこと」だという。

    増刷分は10日から店頭に並ぶ予定。

    11月18日に放送された、草なぎさんと香取さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、香取さんが「(表紙で)草なぎさんがちょっと目をつぶっちゃったんです……」と発言したことで、多数のファンが雑誌を購入したと見られる。

    和装の3人が表紙を飾るほか、7000字以上のロングインタビューを掲載。

    3ショットの両面ポスター付き。

    価格は1620円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000017-maikirei-ent

    no title


    所長見解:いいね・・・

    【【新しい地図】稲垣、草なぎ、香取が雑誌の表紙を飾った結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「またかわいくなった?」多部未華子、 作品出演のたびに巻き起こる“かわいい論争”の行方

    女優の多部未華子が、ミュージカル『TOP HAT』でV6の坂本昌行の相手役としてミュージカルに本格的に初出演。

    初めてとは思えない歌やタップダンス、社交ダンスを披露すると、観劇した人々がSNSで
    「とにかく多部ちゃんかわいすぎ」、「キラキラだった…」とつぶやくなど話題になっている。

    2003年からコンスタントにドラマや映画、舞台、CMなど新たな作品に次々と登場し、そのたびに「あれ…多部ちゃんかわいくなった?」と、29歳にして“かわいさの記録更新”を
    しているようにも見える多部未華子。

    幅広い世代に認められる彼女の魅力とは?

    t


    ■芸能と学業を両立し、努力で着実に積み上げた女優としての地位

    多部は実は幼いころからからミュージカルが好きで、小5のときに感激したのをきっかけに、中2まで『アニー』のオーディションを受け続けていたという過去もある。

    周囲からも映像系の作品も受けて見たら?と言われ、現在の事務所に所属。

    2003年に映画『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、ブルーリボン賞『新人賞』を受賞するなど、スタートも順調。

    そして2007年には、ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で連続ドラマに初出演し、嵐の二宮和也や櫻井翔と共演した。

    いきなりのヒロイン抜擢だが、絶世の美少女というタイプではなく、素朴な雰囲気を残しているところが逆に新鮮で、(この娘、誰?)と思いつつも、多くの視聴者の心にどこか気になる印象を残したのである。

    2009年、『つばさ』(NHK総合)で朝ドラのヒロインを演じると、民放のドラマにも次々と主演で登場する。

    『デカワンコ』、『ドS刑事』(ともに日本テレビ系)、映画『あやしい彼女』ではコメディエンヌとしての才能も開花させるなど、まさに女優として順風満帆、同時に大学を6年かけて卒業したというエピソードもあり、公私ともに“努力の人”であることがうかがわれるのだ。


    ■UQモバイルCMで魅せる、他の女優に引けを取らない存在感

    10代からコンスタントに活躍し続ける多部。

    石原さとみや北川景子、長澤まさみといったいわゆる“王道”タイプの女優とは言えず、どことなく“親しみやすさ”を覚えるところが魅力の彼女だが、最近は少し状況が変わってきているようだ。

    たとえば、UQモバイルのCMでは、お色気たっぷりの深田恭子、若手で伸び盛りの永野芽郁といった女優たちと、アニメ『キャッツ・アイ』の来生三姉妹のような“お色気シーン”も堂々とこなして見せたり、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)では結婚に煮え切らない彼(櫻井翔)にやきもきする適齢期の女性という、抑えた演技も披露する。

    アラサーになるにつれ、かつての素朴で健康的な少女のイメージから、「どんどん垢抜けてきた」、「またかわいくなった」など、同性の女性たちから称賛の声が聞かれるようになり、多部が意外に注視されていたことがわかったのである。

    歳を重ねて発揮される多部の魅力は、王道路線を歩む女優では醸し出せなない“味”とも言えるのかもしれない。

    あるときは不思議系の少女、またあるときは快活な少女を演じたかと思えば、世のお父さんに(こういう娘がいたらいいなぁ…)と思わせるような普通に“いい娘”を演じたりもする。

    いわばどんな役にも染まれるし、溶け込めるからこそ女優としての“需要”も増すのだろう。

    さまざまな役を演じることから、そのギャップ自体がそれぞれの“かわいさ”をも際立たせることになるのかもしれない。


    ■20%から150%まで? 振り幅で魅せる“移ろいゆくかわいさ”

    特に女性にとっても、多部未華子には自然な“手の届くかわいさ”があるし、感情移入しやすい演技を見せることからも、いわば“応援したくなる”存在となっているのではないだろうか。

    さらに言えば、多部のかわいさには一種の“あやうさ”や“はかなさ”も含まれているようで、
    150%、200%増しのかわいさを見せたかと思えば、その逆で20%のときもある。

    (後略、全文はソースで)
    https://www.oricon.co.jp/special/52148/


    所長見解:いいよね・・・

    【【人気女優】多部未華子(29)、 かわいくなった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの小島瑠璃子が11月20日に上げたインスタグラムが、賛否両論を巻き起こしている。

    この日上げられた写真は、サングラスをかけた彼女の顔のアップ。

    k


    本人のコメントによれば、かけているのは「無印良品」の1500円のものらしく、さらにUVカットもついてコスパ最高なのだとか。

    加えて、それを選択したのも「オリバー」のサングラスを3個紛失し、もうサングラスは1万円以下のものしか買わないと決めたからなのだという。

    「これには《似合ってる!》《何をかけても可愛い!》といった賞賛の声が上がったのですが、一方で、《庶民派アピール?》《イメージアップ作戦か》といった、皮肉る見方もあったのです」(芸能記者)

    ちなみに、その「オリバー」のサングラスは3万円前後。

    確かに「無印良品」のものに比べればかなり高いが、バカ高いわけでもない。

    「やはり普段からの世間の評判がそうさせているのでしょう。
    小島は、特に女性の間でいつも“嫌いな女性タレント”でランクインする。
    芸人をはじめ男性タレントと上手にやり合う様子がテレビで出れば出るほど、“嫌な女”“したたか”といった見方をされますからね。
    損なキャラではあります」(女性誌記者)

    同性人気はもう捨てたほうがいい!?

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_62672/


    所長見解:いいやん・・・

    【【なぜ?】小島瑠璃子の女性不人気問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    だよな?

    s


    所長見解:みそもな・・・

    【【やはりうまい】袋ラーメン最強はサッポロ一番塩説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ