ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    f


    かわいらしいワンピースを着ててもスニーカー(どんな服を着ていてもスニーカー)

    ウエストがゴムのスカート(デブ隠し)

    デートでもリュック


    まあ男は昔からずっと気楽な服装だから文句があるわけじゃないけど、なんでこんな風潮になってきたんや?

    所長見解:ええやんか・・・


    【【説】最近の女性のファッションが手抜き説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「物申す系ユーチューバー」として、話題のニュースや同業者の炎上に即座に反応することで知られる人気ユーチューバー・シバター。

    最近では不登校ユーチューバーのゆたぼん君を一刀両断して話題になったが、そんな彼が最新動画で、これまでのユーチューバーとしての収入を赤裸々に告白し、驚愕の声があがっている。

    y


    ■「ざっくり」と言いつつグラフ見せる

    YouTubeおよび運営元であるGoogle社の規約により、「あんまり詳しいこと言うと規約違反になっちゃうんで、軽く濁す感じで」と冒頭で語り、これまでのお金事情を語り始めたシバター。

    「おいおい、結局そういう感じね……」と肩透かしをくらってしまう人がいそうだが、シバターはYouTubeでの収入がグラフ化されたものを表示。

    「ざっくり」と言いつつも、縦軸にはきっちり数値が書かれており、最高金額は900万弱。

    波はあるもののここ1年は月400万円をほとんど切っていない状況だ。


    ■収入が1万円だったときも

    「ユーチューバーすごい……」となってしまう金額だが、グラフを見ればわかるように、大きく収益化できているのはここ2年ほど。

    始めた当初は低空飛行だったようで、もともとサブチャンネルだった現在のチャンネルは、動画自体あまり投稿していなかったこともあり、約6年前の2013年4月は1万円程度しか収入がなかったという。


    ■パチンコチャンネルでブースト

    地道な動画投稿の結果、現在は「4、500万は安定して稼げるようになっております」と語るシバターだが、収益にブーストがかかったのはパチンコのチャンネルを始めたのが要因だと語る。

    28日現在、チャンネル登録者数が104万人を超えているメインチャンネルに対し、パチンコのチャンネルは21万人弱だが、収益では「6:4」程度とのこと。

    動画中に差し込まれる広告の単価も、収益に大きな影響を与えるようだ。


    ■「スゴイ」「まだまだ頑張って」

    シバターらしい、包み隠さないテイストになった今回の動画。

    視聴者からは「勝ち組」「スゴイ」「まだまだ頑張ってほしい」などの声が確認できる。


    「ユーチューバー落ち目みたいな話も見かけるけどシバターは充分稼いでるな。
    まだまだ頑張ってくれよな」

    「シバター稼いでる感出さないの良い」

    「年収1000万余裕で超えてる時点でシバター勝ち組だよなぁ」


    ■ユーチューバー活動経験者は約4%

    小学生の憧れの職業となったユーチューバー。

    ヒカキン、はじめしゃちょー、フィッシャーズ、東海オンエアなど、さまざまなジャンルで活躍し、中にはセレブな生活をしている人もいる。

    その影響力は想像以上に大きくなっているようで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ全体の3.9%が「ユーチューバーとして活動したことがある」と回答。

    10代、20代男子は約1割という身近さだ。

    成功する人は一握りだが、やはり大きな夢のある仕事。

    ユーチューバーへのそんな認識を、改めて感じさせてくれる動画であった。


    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162151883/

    所長見解:すごいな・・・
    【【これはすごい】人気ユーチューバーの収入がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    無難でええよな

    所長見解:たしかに・・・

    【【ファッション】無印良品の服、最強説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    コカインを所持していたとして警視庁品川署は31日までに、有名タレントや人気女優のヘアメークを担当していた韓国籍のヘアメークアップアーティスト「JunJun」こと李惇源容疑者(33)=東京都渋谷区=を麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。

     
    逮捕容疑は7月13日午後5時すぎ、渋谷区恵比寿西2丁目で、タクシーの中でコカイン0・173グラムを所持した疑い。

    警視庁の調べに対し「身に覚えがない。一切関係ない」と容疑を否認している。


    j

     
    捜査関係者によると、李容疑者が渋谷区内でタクシーを降車する際に運賃を折りたたんだ千円札で支払った。

    その札に白い粉末入りのポリ袋が挟まっていることに運転手が気づき、翌日に営業所を通して品川署に連絡。

    警察が白い粉末の鑑定を行った結果、コカインと判明。

    タクシーのドライブレコーダーなどから李容疑者を特定した。

    関係者によると「JunJunは普段から財布を持ち歩かず、封筒か食品保存袋に現金や貴重品を入れていた。不思議な人だなと思っていた」と話した。

     
    李容疑者は日焼けした体に長髪という見た目から“モデルより目立つ裏方”というキャラクターをウリにして、日本テレビ「スッキリ」や同「有吉反省会」にも出演していた。

    自身のSNSではヘアメークを手がけた有名人との2ショットのほか、変顔や上半身裸の写真など奇抜な投稿をしており、フォロワーは約40万人にものぼる。

    先週24日には、都内で海外有名ファッションブランドのイベントに出席し、メークアップショーを披露するなど人気を集めていた。

     
    所属事務所は31日、ホームページに「大変ご心配をお掛けし、おわび申し上げる。
    事態を重く受け止め、対応していく」とのコメントを出した。  


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/01/kiji/20190831s00041000482000c.html

    所長見解:あれやね・・・

    【【速報】人気カリスマアーティスト、薬物逮捕ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    小泉進次郎議員が、女子アナ・滝川クリステルとの結婚を発表したことで、世の男性陣に「やっぱり女子アナと結婚したいよな」との声があふれ出ている。


    j


    だが、そんな男のひそやかな夢に、水を差す人物がいる。

    「女子アナと結婚するのが男の勲章だと思ったら、それはあなたの早とちりかもしれません」

    こう語るのは、元テレビ朝日の日下千帆アナだ。


    「女子アナが結婚相手を選ぶときに見極めているのは、1にも2にもステータスです。
    自分の名前がニュースに乗るかどうか。
    そして、次の仕事につながるかどうか。
    相手がビッグであればあるほど、世間に与えるインパクトは大きく、名前を覚えてもらえますから」

     
    実際、後輩の女子アナが「合コン誘われちゃった~」と言いながら「年収4000万の男、集められるんですかね」とさらりと高すぎる理想を漏らしたこともあるという。

     
    男性側の、女子アナを見る目にも誤解がある。

    「バラエティ番組を見て、女子アナはおバカでかわいいという幻想を抱くでしょうが、あれはキャラ設定で、おバカを演じてるだけ。
    実際はこざかしい集団です。
    アナウンサーは、どんな番組に出るにしても、本当のおバカに務まる仕事じゃありません。

    女子アナの特徴をあげるとしたら、楽観的で、思い切りがいいということ。
    そうでもなければ、生放送なんてとてもできませんよ。
    そこらへんの男性よりも芯が強くて、根性のある子ばかり。
    だから、フリーになる子も多いと言えますね」

     
    女子アナの仕事は、番組に登場するだけではない。

    「毎晩、プロデューサーを含むスタッフと飲み歩くのも仕事のうち。
    新しい番組が来て喜んだら、キャスティング理由は『プロデューサーの元カノに似てるから』だったりします。
    そんな現場で、うまくかわしながら仕事するんですよ。
    焼きもちなんて焼いていたら、身が持たない。

    私も、一時期はオンエア前日の会議の後、毎週番組プロデューサーに誘われてご飯に行ってました。
    断ってもその後がやりづらいですし。
    最近、当時のスタッフに『2人はできてると思ってた』って言われてびっくり。
    いつも健全解散でしたよ!」

     
    もちろん、ものごとには例外がつきもの。

    たまにババを引く女子アナもいることはいるという。

    「冷静に考えれば、選んではいけない相手なんでしょうが、愛が人を狂わせるんでしょうかね。
    実際、私も自他ともに認めるダメンズ好きなので、ずいぶん苦しめられ……その末に離婚しました」

     
    もはや男なんて懲り懲り。

    そんな日下アナは「女子アナと結婚したいと思う男性の気持ちなんて、やっぱりわからないわ」と笑って、銀座の街に消えていくのだった。


    https://smart-flash.jp/showbiz/79288 

    所長見解:そうなんやろね・・・

    【【閲覧注意】女子アナの生態がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ