人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎週高視聴率を記録している『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)だが、ここのところ「なぜ好感度が低いの嫌われタレントばかり起用するの?」という疑問が相次いでいるという。

    2月7日放送回では、『NGT48』山口真帆への襲撃事件がいまだに解決されていない中で、同グループの荻野由佳が出演。

    荻野は山口と確執があるとウワサされており、「平気な顔してテレビに出てんじゃねーよ!」「いじめっ子を当たり前のようにテレビに出すその神経、ヤバ過ぎ」などと批判が相次いだ。


    過去にも同番組では、炎上発言が話題になっていた『NGT48』中井りかが出演。

    生活保護の不正受給問題で、現在も嫌われ者である『次長課長』河本準一に至っては、準レギュラーのように出演しまくっている。

    田中義剛も“商品パクリ疑惑”などから北海道民からかなり嫌われているにもかかわらず、河本のように準レギュラー並みに出演。

    田中は青森県民代表として出演しているわけだが、ネット上では

    「こいつが青森県代表として出るのが嫌です。話を盛り過ぎてムカつく」
    「青森県民や北海道民からの田中義剛の嫌われっぷりは異常」
    「青森の裏切り者、田中義剛がまたデカい顔してる」

    と、出演するたびに罵声が飛び交う。

    k


    コストカット重視で好感度は二の次

    「そもそも番組のMCが、セクハラ疑惑のみのもんたと、嫌われ女性タレントの代表格・久本雅美ですからね。
    他の番組に比べてこの番組の視聴者は、好感度を気にしない人が大半なのだと思います。
    そのため、ゲストに嫌われ者が出ることをスタッフが気にせず、こんなキャスティングになっているんですよ」(芸能記者)

    しかし、なぜ狙ったように好感度が低いタレントばかり集まるのだろうか。

    「人気のないタレントは、他の番組に呼ばれていない分、安価で仕事を請け負ってくれます。
    『ケンミンSHOW』は大勢のタレントを呼ぶ番組ですから、1人1人のコストを抑える必要があるため、そのような嫌われ者を多く呼んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

    嫌われ者にとっては、ありがたい存在である『ケンミンSHOW』。

    この先のキャスティングもある意味注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1691795/

    所長見解:長いね・・・
    【【芸能界の闇】『ケンミンSHOW』に嫌われタレントばかりが出演する理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    どうしたらええんや?
    no title


    所長見解:うまいの?・・・

    【【人気沸騰】セブンの豚ラーメン、売切れ問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「目のやり場に…」 鷲見玲奈アナの「眼福スピン」に癒やされる人が続出

    テレ東・鷲見玲奈アナウンサーが、ピンヒールで危なげにスピンに挑戦する動画が「眼福すぎる!」と話題に

    テレビ東京・鷲見玲奈アナウンサーが、「高速スピン」に挑戦する動画を、『追跡LIVE! SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)の公式インスタグラムが公開。

    ファンから大反響が寄せられている。

    d


    ■アプリの限界超え「超高速スピン」

    同番組の公式アカウントは、9日に鷲見アナの動画を投稿。

    「カメラアプリの限界を超えた超高速スピンです。今夜もよろしくお願いします!」とコメントが添えられている。

    動画では、パープルのタイトなトップスに白い膝丈のスカート、ピンヒールを履いた鷲見アナが、「高速スピン」に挑戦。

    「今夜もいきますよ! スポーツウォッチャー!」と言いながら、少々危なっかしいスピンを披露している。

    鷲見アナの一生懸命でお茶目な姿が、なんとも微笑ましい投稿だ。


    ■「眼福」「目のやり場に…」

    こちらの投稿には、「カメラアプリの性能を超えた超高速スピン」という投稿文に、ファンから愛のあるツッコミが殺到。

    また、鷲見アナが「ピンヒール」でスピンをしていることを心配する心優しいコメントや、タイトな衣装でよりいっそう際立つ彼女の抜群のスタイルを、改めて絶賛する声も書き込まれている。

    「カメラの限界を超えた鷲見ちゃんの高速スピン! このまま空を飛んで行ってしまいそうですね!」

    「めっちゃ美人でかわいいのに、お茶目で気どらないおっちょこちょいなとこが最高?!」

    「ヒールでやっちゃアカンで!」

    「目のやり場に…」

    「眼福です!」

    多くのファンが、こちらの動画に癒やされたようだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ▼インスタ動画
    https://www.instagram.com/p/BtqXnBgHDoy/

    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/025575fca54f2e94dff943ae85b89038/5C65E9C6/t50.2886-16/51848158_769156983481780_1335106353678463946_n.mp4?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com


    ▼画像
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/dee73d30db81fa74eadb326e2e1dff1b/5C65F387/t51.2885-15/e35/50809205_2124417790977816_7426166191217471353_n.jpg?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com

    https://sirabee.com/2019/02/12/20162000093/

    所長見解:いいやん・・・

    【【インスタ動画】鷲見玲奈アナの「目のやり場に…」がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日清食品が6月から「カップヌードル」はじめ即席麺を一斉値上げすると発表したばかりだが、現在、即席麺は年間どのくらい食べられているかご存知だろうか。

    世界ラーメン協会によれば、2017年に世界中で消費された即席麺はなんと1001億食にも及び、日本は中国、インドネシアに続き3位。

    年間56億6000万食が消費されている。

    市場調査会社の富士経済によると、「カップ麺」は新ブランドの相次ぐ発売や、災害の備蓄需要などの要因も重なり2014年から右肩上がりの販売量(2017年は37億500万食)を記録しているのに対し、「袋入り」のインスタント麺は4年連続で前年を下回り、16億6770万食(2017年)とカップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいる。

    どうして袋麺は苦戦を強いられているのか。

    r


    その背景には“若者の袋麺離れ”が顕著になっていることが挙げられる。

    「カップ麺はいつでもどこでもお湯を注ぐだけですぐに食べられる簡便性がある一方で、袋麺はどうしても麺を茹でたり鍋や器を用意したりと調理に時間と手間がかかります。
    そのため、特に若い人たちは不便さを感じて、袋麺からカップ麺へのシフトが年々進んでいるのです」
    (富士経済・東京マーケティング本部主任研究員の木下聡氏)

    袋麺のナンバーワンブランドである「サッポロ一番」を擁するサンヨー食品はこうした声に応え、定番商品に加えて限定商品の個食販売を実施したところ売り上げ増を記録したが、「バラで買うとセットに比べて1食当たりの値段が割高なので、やはりカップ麺を選んでしまう」(30代女性)と、なかなか袋麺のニーズを完全に掴みきれないのが現状。

    確かに、「サッポロ一番」や「チキンラーメン」など、発売から50年、60年たった商品が今でもブランドシェアの上位を占めていることをみると、いかに根強いファンが多いかがうかがえる。

    カップ麺と合わせ、日本の即席麺は多少の市場変動があっても決して廃れない国民食といえる。

    https://www.news-postseven.com/archives/20190210_866650.html

    所長見解:うまいけどな・・・

    【【インスタントラーメン】袋麺離れの理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年の「テレビ出演本数(女性タレント部門)」443本と、2位だった新井恵理那が、1月27日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で「人生初デート」の悲劇を語った。

    高校1年生のころ新井は、野球部の同級生に「好きです。付き合ってください」と告白して交際がスタート。

    初デートで渋谷に行くが、会った直後に自身が所属する弓道部で一番怖い女性の先輩に遭遇。

    「新井、何してんの?」と言われ、「人生終わった」と思うほど絶望したという。

    その直後、新井は「ごめん、もう帰る」と帰宅。

    初めてのデートは「10歩ぐらいで終わりました」と苦笑していた。

    その後、青山学院大学時代、「ミス青山グランプリ」に輝き、フジテレビのアナウンサー採用試験を受けた。

    最終面接で特技として「これでウグイスと会話することができた」と「ホーホケキョ」と「口笛」を披露したが、結果は不合格。

    新井は「特技がよくなかったんじゃないか」と反省。

    「あんなに乗り気になっていたのに……。一人で泣きました」と悔いていた。

    朝の帯番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)など6本のレギュラーを持ち、バラエティにも数々出演する新井。

    r


    2018年2月11日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、過去にひどい扱いを受けた芸人2人の実名を告白。

    過去に別の番組で、新井は名前を呼ばれるまで待機していたが、芸人HとGのフリートークが長すぎたという。

    ようやく出番となったが、スタッフから「巻き」の指示が出て、新井が準備してきたエピソードトークはことごとくカットされたという。

    新井はその2人を東野幸治、フットボールアワーの後藤輝基とぶっちゃけた。

    「(後藤の相方)岩尾(望)さんの薄くなっている頭頂部の話をずっとされてて」と明かしていた。

    1月20日のインスタグラムに新井は『誰だって波瀾爆笑』の出演に際して「放送後にはなんだか信用を失ってしまいそうで不安です」とコメント。

    普段明かさない素顔を公開して、さらにファンが増えたはずだ。

    https://smart-flash.jp/entame/61404?sp
    所長見解:よく見るよね・・・

    【【実名暴露】新井恵理那が過去にひどい扱いされた大物芸人がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ