ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元AKB48グループ総監督で2016年にAKBを卒業した高橋みなみが9月26日、「モンスターストライク展」のPRイベントに登場し、同15日に第1子妊娠を発表した前田敦子に改めて祝福のコメントをした。

    AKBのなかでも“神7”と呼ばれた人気メンバーはすでに全員が卒業しているが、早くもそれぞれのソロ活動の明暗がはっきりしつつある。

    前田は「第35回日本アカデミー賞」で話題賞(俳優部門)を受賞するなど女優として活躍し、結婚・妊娠と公私において世間の話題になることも多い。

    大島優子は前田と同じ太田プロダクションに所属し、女優としても「第36回日本アカデミー賞」話題賞(俳優部門)、「第38回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞するなど、確実に女優としてのキャリアを築きつつある。

    また、小嶋陽菜はファッション誌「MAQUIA」(集英社)や「sweet」(宝島社)などでモデルを務め、人気ジュエリーブランドの広告キャラクターなどもこなし女性人気の高いモデルとして定評がある。

    一方、篠田麻里子はプロデュースするファッションブランドが潰れたり、今年には「MORE」の専属モデルを卒業したりと、今も藤原紀香らが所属する有力芸能事務所サムデイに所属しているにもかかわらず、以前の活躍ぶりは見る影もない。

    そして、神7のなかで今後の活動が心配されているのが、板野友美と高橋みなみだ。

    7


    スポーツ紙記者はいう。

    「CDが売れない時代。
    そもそも本格的にソロで歌手としてやっていくというのは難しいでしょう。
    高橋はもともとトークに長けているので、テレビ番組やラジオのMCの仕事が向いており、本来であればタレントとしては重宝されてもいい存在です。
    しかし、今では露出も徐々に減り、明らかにタレントとしてのブランド力はなくなってきています。
    結局、イベントなどでもマスコミは高橋自身のことよりも、時事的な問題や元メンバーの動向などについて、どうコメントするのかということに関心がいってしまいがちです。
    このままでは、タレントとしての活動がどんどん先細っていってしまうのではないでしょうか」

    前述した9月のイベントでも、高橋が前田の妊娠についてコメントを求められたのは、その最たる例だろう。

    その場にいたというテレビ局関係者は語る。

    「高橋が前田の妊娠についてコメントをする際は、少ししづらそうでしたね。
    結婚の報告は、誰よりも早く高橋にあったというのは自身も語っていますが、どうやら妊娠の報告は受けていなかったみたいで、無理やり結婚報告の時の話を持ち出して、『お母さんとしてもいったいどうなっていくのか、すごく楽しみにしています。
    敦子おめでとうございます』と誰でも言えるような、あっさりしたコメントでしたから。

    それに、この日は高橋さんの“隠れ特技”でもあるキャラクター模写の絵を披露したのですが、報道ではほとんど取り上げられていませんでした。
    さらには、高橋自身も昨年に一般男性との交際が報じられたというのに、その件については質問すら出ていませんでした。
    マスコミも高橋個人については大きな関心はないのです」

    AKB時代、「努力は必ず報われる」という名言を残した高橋だけに、今後の踏ん張りに期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15476949/


    所長見解:見ないね・・・

    【【元AKB総監督】高橋みなみ、芸能活動の危機問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動が尾を引いている。
    沢田の公式サイトは中止から一夜明けた18日に「ご来場いただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」との謝罪文を掲載。
    さらに沢田自身が自宅近くで報道陣の取材に対応し、経緯を説明するに至った。

    「契約上の問題が発生した為」という中止理由について沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます」とまず謝罪し、9000人と聞いていた観客数が実際は7000人にとどまると聞かされ、「客席がスカスカの状態でやるのは酷。ライブをやるならいっぱいにしてくれ。無理なら断ってくれといつも言っている」とコメント。
    イベント主催者側からは予定通りの開催を懇願されたが、沢田が譲らず、結果的に“ドタキャン”につながったと説明した。

    沢田としては空席だらけの会場で歌うことはプロとして我慢ならないということなのだろう。
    17日の公演は振り替え公演を実施する方向で調整中だという。
    しかしながら、今回の騒動で一番の被害者は会場まで足を運んだファンである。

    そして、浮き彫りとなったのはジュリーの意外な不人気である。

    「ジュリーも古希を迎え、ファンも高齢化が進行。
    ドームやアリーナなど大箱でのコンサート動員は厳しいでしょう。
    今回のツアーではチケットが売れず、関係者に無料券が大量に配られていました。
    それがヤフーオークション等に格安で出品されていた事実もあるようです。
    実は14年前も茨城県水戸市の公演で主催が集客できなかったとして、それを契約違反だと事務所が主張して公演を中止にしてしまったこともあります」(音楽事務所幹部)

    s


    ■新規のファンは獲得できず…

    ツアーは7月6日の日本武道館を皮切りに展開中で、来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演。
    この状況で完走できるか心配だが、SNS上には「もともとジュリーはファンを大切にしていない」「歌唱中に歌詞が飛んだりして、健忘症どころか認知症じゃないか」と批判の声まで飛び交い始めた。

    スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

    「反原発活動でスポンサーが離れた上、今春に発売したCDも売れず、ツアー展開するための資金繰りにすら困っていたようです。
    個人事務所は都内雑居ビルにあるし、ホームページも古い手づくり的なもので、インディーズレーベルでの活動は大変に見えます。
    今ツアーでは、予算削減のためかステージに上がるのは沢田さんとギタリストの2人だけ。
    大規模ホールは初めから無理があったのかもしれません」

    いわずと知れた昭和のスーパースターだが、新規のファン獲得はままならず、「ほとんどのヒット曲の権利は独立前の大手芸能プロのもの」(前出の音楽事務所幹部)というからジリ貧状態。

    時の過ぎゆくままに、というには酷な現実である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15472004/
    日刊ゲンダイDIGITAL


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【勝手にしやがる】沢田研二の不人気説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の阿部サダヲ(46)と女優の吉岡里帆(25)が18日、都内で公開中の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のライブイベントを開催した。

    各スポーツ紙などによると、吉岡はギターを担ぎ、大歓声を浴びて登場。
    しかし、顔をこわばらせ「緊張する…」とポツリ。
    意を決してギターかき鳴らすもミスで演奏が止まると、客席に視線を移して「緊張しすぎて…。もう一回、やらせてください!」と赤面で懇願したという。

    その後、阿部と主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をデュエット。
    舞台袖での様子について吉岡は、「緊張で涙が込みあがってきたり、引っ込んだりを繰り返していた」と明かしていた。

    y


    「客席の男性からは『かわいい!』、『頑張って!』と声援が飛んでいましたが、女性たちからはシラケムードが漂っていました。
    吉岡の場合、ナチュラルな言動でも、どうも“芝居”と思わせてしまう部分が多く、着実に女性のアンチを増やしてしまっています」(イベントを取材した記者)

    同映画は12日に公開されたばかりだが、興行収入ランキングではトップ10圏外。

    吉岡は今年2本の連ドラに主演するも、いずれも全話の平均視聴率が1ケタに低迷してしまった。

    「事務所の猛プッシュで主役の座をゲットしたが、しょせんは脇役クラスの実力。
    おまけに、自身がグラドルだったくせに、グラドルをバカにしたような発言をして批判を浴びたりした。
    せっかく写真集を出しても肌の露出はほとんどなし。
    そのうち、男性ファンも離れそうだ」(芸能記者)

    https://wjn.jp/article/detail/7745558/


    所長見解:かわいいのにね・・・

    【【女性不人気】吉岡里帆が涙目の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    かつては、こりん星の住人だったタレントの小倉優子も、今では「好きなママタレランキング」で1位を掴む存在に。
    この人も、キャラクターの脱皮を図り、飛躍したいということか。

    k


    きゃりーぱみゅぱみゅである。
    きゃりーといえば、ド派手な衣装・個性的な歌詞・不思議なダンス、この3点セットの印象が強い。が、今月4日、プロバスケットボールのハーフタイムショーに現れた彼女は、イメージと真逆のものだった。

    「オリーブ色のトップスに、髪飾りもしないシンプルな装いでした。曲調もゆったりめで、ダンスも普通。遠目からは、きゃりーだって分からないくらいでした」(運動部記者)

    25歳を迎えた彼女は、どうやら路線変更を狙っているようで、最近のインタビューでも、〈30歳、40歳でツインテールでテレビに出て、「さすがにきつい」みたいに思われたくないですし〉、と答えている。

    音楽業界関係者も、

    「だいぶ早い段階から悩んでいましたよ。飲み会の場で、男性大御所アーティストに、『もう原宿系はキツイですよ』と心情を吐露することもありました」

    と、意外な一面を語る。

    先月末に、4年ぶりとなるアルバムを発売したが、“脱カワイイ”を世間はどう受け止めたのか。

    「セールスは1万枚をなんとか超えるくらいで、トップ10にも届かない。
    オリコン1位を取った前作と比べても勢いがないです。
    ファンも一緒に年を重ねているんですが、きゃりーに大人っぽさを求めていないということでしょう」(同)

    迷走して改名、なんてことも有り得るかも……? 


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00550237-shincho-ent 


    所長見解:もう・・・

    【【オワコン】きゃりーぱみゅぱみゅさんの路線チェンジ問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■4年前に関西へ帰ることも考えていた

    近年、ブレイク芸人として名高い千鳥の大悟(38)とノブ(38)。
    今では全国区の人気を誇るお笑い芸人といっても過言ではないが、ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。

    t


    2000年のデビューから関西圏で着々と実績を積み、3年目にして「M-1グランプリ」決勝に進出。
    関西圏では瞬く間に人気芸人となった。
    2012年、当時11本あった関西のレギュラー番組のほとんどを辞めて東京に進出。
    しかし、全国区のレギュラー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が打ち切りになり、また彼らいわく「東京の現場では妙に緊張する」といった症状も災いし、鳴かず飛ばず状態に。
    すべてを捨てて東京進出したが、つまずいた彼らの状況は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「帰ろか…千鳥」(2014年9月放送)という企画として特集されたほどだった。

    そんな千鳥だったが、上京して5年ほどで徐々に東京でも頭角を現し、やがてブレイク。
    2月に発売されたカルチャー誌「Quick Japan」で表紙を飾るだけでなく60ページもの特集が組まれたことで、業界では「千鳥が売れた」との認識が決定的となった。
    今ではレギュラー番組を多数抱え、ゴールデン番組でMCを務めることも珍しくなくなってきたが、この状況に2人はまだ満足してない様子だ。
    9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、「僕らにはまだ出番が全然回ってこない。
    チュートさん、ブラマヨさん、フットさん、バナナマンさんとか40代もいっぱいいますから」とコメント。
    石橋貴明(56)を前にして、人気芸人が多数ひしめき合う40代の先輩たちに対する脅威と焦燥感を吐露した。

    お笑い業界に詳しい放送作家はこう語る。

    「千鳥は今、『テレビマンが最も仕事をしたいお笑い芸人』と言われ、会議でも必ず名前が上がりますが、まだ成功したといえる冠番組がないため、焦っているのもちょっと頷けますね。
    ただ、抜群のワードセンスや存在感、常にコメントの瞬発力が求められるバラエティー番組での適応力など、他の芸人より頭ひとつもふたつも抜きんでてますから、今後さらにブレイクするのは間違いないでしょう。
    吉本興業サイドも、久々に現れた“第二のダウンタウン”として、猛プッシュしてますよ」

    つづく


    AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00000031-sasahi-ent


    所長見解:ダウンタウンではないな・・・

    【【人気芸人】第二のダウンタウンがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ