ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:人気

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん。
    歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。
    しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。
    2年後に離婚、帰国して以降はほとんどメディアで見かけなくなった。

    今どうしているのか?

    リアさんに会ったのは、JR原宿駅から徒歩5分の所属事務所の一室。
    「日本に来るのは4年半ぶり」と話すリアさん。
    来日直後で「時差ボケなんです」と笑いながらも、かつて日本中を魅了したルックスは健在。
    ヘーゼルナッツ色の瞳は吸い込まれそうに美しい。

    「今は出身地のラスベガスの都心から少し離れたところに住んでいます。
    のどかな郊外なので、子供を育てるには良い場所だけど、砂漠だから気温は45度。
    この夏の日本よりも暑いんですよ」

    実はリアさん、シングルマザーとして一人娘のミラちゃん(9)を育てながら、現地の大学に通い研究の道を歩んでいる。

    「ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。
    大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。
    今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。
    数学や科学技術、工学の分野で活躍する女性が少ない原因を、統計や論文を読みながら研究しています」

    子育てと学業の両立は大変だ。
    早起きして朝食を作り、小学校に通うミラちゃんと一緒に家を出る。
    大学の帰りに迎えに行き、夕食を作って済ませると、ミラちゃんが寝ついてから机に向かう。

    それでもリアさんのモチベーションは高い。
    「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語ってくれた。
    「研究は難しい。でも、学ぶことによって自分の生活の助けになっています。違う目線で世界を見ることができるようになったし、視野が広がりました。
    子育てにも役立ってます。もともと書いたり、読んだりすることが好きだから全然苦じゃなくて、むしろ自分に合ってると思うんです」


    ■「黒船のイメージを壊すのが怖かった」

    さて、米ラスベガス出身のリアさんは、自身のサイトにセーラー服姿などの自撮り写真を公開していたところ、検索数が200万件を超える話題に。
    SNSでも拡散され、06年の日本デビューのチャンスをつかんだ。

    「当時はみんなの注目を集めたかった、それだけでした」とリアさん。
    来日当時、「グラビア界の黒船」と騒がれ、注目を集めたことについて改めて聞くと、「ペリーのことは知ってたけど、黒船って……(笑い)。新しいなと思った。でも、すごいプレッシャーでした」と振り返った。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235028

    no title


    所長見解:いけるやん・・・

    【【あの人は今】グラビア界の黒船、リア・ディゾンさんが明かした重圧がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スーパーで買い物をしていると、いろいろな店で同じメロディーが聞こえてくる。
    そう思ったことはないだろうか。
    「ポポーポポポポ、ポポーポポポポ、ポポポポポ~」という、やけに耳に残る曲だ。

    記者がいつも行く大型スーパーでは、売り場によって聞こえてくる音楽が違う。
    スーパーのオリジナルキャラクターのイメージソングや、ほとんど気にならないようなさりげないBGMが流れている。

    そんな中、総菜やデザートの売り場に近づくと、あの音が聞こえてくる。
    他のBGMと比べて、少し離れていても耳に入ってきやすい。
    聞こえてくる方に近づいていくと、総菜が並ぶ棚の上に、顔が描かれた小型の機器があった。

    この機器が、あの音を流している「呼び込み君」。
    2000年から販売されている。
    耳に残る独特のメロディーを気に入っている人はたくさんいるようで、動画投稿サイトにも音源が多数アップされている。

    なぜ呼び込み君はたくさんの店舗に広まり、発売から20年近くたっても流され続けるのだろうか。

    発売から18年たっても廃れずに呼び込み君が使われ続けている。
    その理由について藤巻さんは「やはり、音楽の力ではないでしょうか」と話す。

    「『気になる』『耳に残る』という声が多く、今でもたくさんお問い合わせをいただきます」。
    また、スーパーなどの売り場で流れる曲として定着していることから、「お客さんを呼んでくれる効果がある」という声もあるという。

    呼び込み君は群馬電機のWebサイトで、1台から購入できる。
    価格はLED付きで2万9800円、LEDなしで2万1800円(いずれも税別)。
    個人で購入するケースもあるという。

    「お子さまへのプレゼントとして購入される方もよくいらっしゃいますね。
    お子さまが店で曲を聞いて、気に入ってしまうそうです」

    スーパーで「ポポーポポポポ」と聞こえてきたら、その音を発している「呼び込み君」を探してみてはどうだろうか。
    小さな機器の中に、長く使われ続ける技術とメロディーが詰まっている。

    no title

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1807/26/news020.html

    https://www.youtube.com/watch?v=b7pzTtrnUyc



    所長見解:聞くよな・・・

    【【ロングセラー】スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    辞職を表明した宮崎“イクメン”謙介議員の不倫相手とウワサされたことで、思わぬ脚光を浴びてしまった鈴木亜美。
    久しぶりに聞く名前を懐かしく思うと同時に、今の年齢を知って愕然とした。
    まばゆいばかりの輝きで16歳でデビューした彼女もすでに34歳。
    あれから18年も経つのか、と……。

    デビューから快進撃だった鈴木あみ

    1998年2月、テレビ東京系『ASAYAN』内の企画「ヴォーカリスト・オーディション・ファイナル」で優勝し、歌手デビューが決まった鈴木亜美。
    優勝特典として小室哲哉プロデュースが告げられ、同年7月1日に『love the island』でデビューとなった。
    また、それに先立ち小室の提案により本名の鈴木亜美から芸名「鈴木あみ」へと変更。
    歌手デビューにあたって遠峯ありさから改名した華原朋美を思わせる“小室流イニシエーション”を経て、正式に「小室ファミリー」として華々しいデビューを飾っている。

    デビュー曲は30万枚のスマッシュヒット。
    ファースト写真集も25万部を突破し1999年の写真集売上ランキング1位を獲得。
    ファーストライブのチケットは数分で完売。
    大きな瞳にアヒル口、天真爛漫な笑顔のロリータフェイスという、久々の「正統派アイドル」登場に世の中は沸き立った。
    1999年3月発売のファーストアルバム『SA』は約180万枚のミリオンヒットとなり、紅白にも出場と、怒涛の快進撃を続けていく。

    全盛期を過ぎても凄かった小室哲哉のプロデュース力

    プロデューサー小室の果たした役割は大きかった。
    レコード会社やタイアップ先を決めるなど、マネージャー的な役割も果たし、ある意味彼女のためのレーベルとなる『TRUE KiSS DiSC』まで設立している。
    当時はすでに小室プロデュース時代の全盛期を過ぎていたが、意欲的に新たな試みの楽曲にチャレンジ。
    しかも、わずか8ヶ月の間にシングルを6作もリリースするといった驚異のハイペースぶりだった。

    ファーストアルバム『SA』にはこの6作を完全収録し、メガヒットへの準備も万端。
    さらに、TM NETWORKの名曲『Be Together』を提供する「裏ワザ」も駆使。
    これが鈴木あみ最大のヒット曲となったのは、“小室マジック”健在といったところだろうか。

    s


    鈴木あみ、“芸能界のタブー”に触れてフェードアウト

    2000年にはセカンドアルバムもミリオンセラーとなり、27公演にもおよぶ全国ツアーを開催と、勢いに乗る中、所属事務所社長が脱税により逮捕というまさかの事態が発生してしまう。
    もちろん、鈴木あみ自身に非はないのだが、それに乗じて両親と共に事務所独立を画策したのがまずかった。
    芸能界の“不文律”に触れたことにより、表舞台からフェードアウトさせられてしまったのだ。

    「鈴木あみ時代」最後の小室プロデュース・シングルとなる『Reality』 発売直前のインタビューで、歌詞に引っ掛けて「“変わらない夢”とは?」と尋ねられた鈴木あみはこう答えている。
    「それは“いま”かな。やっぱ、今、テレビで歌ってても雑誌に出てても、1位を取っても、衣装がキランキランしてても(笑)、全然夢は叶っているんだけど、でも全然これからなんだよね」

    https://www.excite.co.jp/News/90s/20160222/E1455780016450.html


    所長見解:人気あったよね・・・

    【【人気絶頂から】鈴木亜美が芸能界を干された理由がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k

    カツカレー


    所長見解:食いたい・・・

    【【やめられない】麻薬に近い食べものがコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ベビー用品販売「赤ちゃん本舗」(大阪市)がまとめた2018年1~6月に誕生した赤ちゃんの名前ランキングによると、男の子は「蓮(れん)」、女の子は「咲良(さくら)」と「結菜(ゆうな)」がトップだった。
    会員登録した全国の顧客3万7946人分について調査し、男女別で人気の上位20位を公表した。

    男の子で1位の蓮は、昨年の上半期も2位と上位だった。
    読み方が複雑な「キラキラネーム」は敬遠される傾向といい、漢字一文字のシンプルさ、響きのよさなどが支持された。

    女の子で1位の咲良、結菜は、上半期に人気が高い春を連想させる名前で、桜や菜の花にちなんで名付けた人が多いとみられる。

    漢字の傾向では、男女とも「結」の人気が上昇した。
    平昌ピョンチャン冬季五輪のフィギュアスケート男子で、2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦はにゅうゆづる選手の活躍が影響した可能性があるという。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/15114586/


    所長見解:なんかすごいな・・・

    【【人気ネーム】2018年上半期赤ちゃんの名前ランキングがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ