ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:二宮和也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐の二宮和也が主演を務める「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」。
    この映画の公開に合わせ、二宮は様々な番組へ出演し宣伝に余念がない。

    「国民的アイドルとして定着した嵐は、各メンバーが個人の活動を活性化させています。
    櫻井翔は司会、相葉雅紀は好感度を活かしてバラエティ、松本潤は舞台やコンサートのプロデュース、そして、大野智と二宮和也は俳優です。

    特に、二宮は過去にあのクリント・イーストウッド監督作品にも出演しており、大物監督から認められた男として評価を格段に上げ、映画にドラマにと大活躍をしてきました。
    そして最近では、実年齢が上がるにつれ硬派な演技ができるところをアピールしているようで、『ラストレシピ』など“愛を知らないクールな男”のイメージを押し出しています。
    そんなイメージ改革の目的もあり、様々な番組のオファーを受け、忙しい合間をぬって宣伝に余念がないようです」(民放関係者談)

    映画のできもよく、今回もしっかりと二宮が俳優としての格を上げられそうだが、そんな後輩を見て俄然やる気になっている男がいるという。
    木村拓哉だ。

    k


    木村はSMAP解散後、バラエティ番組への出演も減り俳優業に専念することを本人が希望しているという。

    「元SMAPの中でもバラエティへの感心が薄く、他のメンバーがテレビの冠番組で人気を博していた時でも、木村はラジオ番組程度しか持っていませんでした。
    ドラマ俳優として確立したイメージを崩さないようにするためです。
    これは、かつてSMAPのマネージャーであった飯島氏の戦略なのですが、結果として木村のバラエティタレントとしての姿はSMAP×SMAPでしか見られませんでした」(民放関係者談)

    そんな木村が、SMAP解散後にバラエティ番組に出なくなるのは当然のことだろう。
    しかしここ最近、事務所は木村を積極的に番組へ売り込み始めているというのだ。
    何があったのだろうか?

    「木村は、来年早々にボディーガード役のドラマ、そして二宮と初共演する映画『検察側の罪人』を控えている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1374323/


    所長見解:もういまさらね・・・
    【【キムタク】木村拓哉がやる気満々すぎて、TV現場は「やめてほしい」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    SNSも取りこんで、本格的に“新しい地図”を描きはじめた元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾と異なり、役者1本に絞りはじめた木村拓哉。
    今年下半期は大きな動きが見られないが、来年1月期にはテレビ朝日系連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(仮)の主演が決定。初のボディガード役だ。
    「現在、米倉涼子主演の高視聴率ドラマ『ドクターX』が放送されている枠です。
    満を持してのキムタク登場となれば、同じく、平均視聴率20%前後を期待されてしかるべきでしょうから、背負うプレッシャーはハンパじゃないはず。
    主演映画を控えている身でもありますし」(テレビ雑誌のライター)。

    18年には、嵐の二宮和也との初共演が話題となっている映画『検察側の罪人』が公開。
    翌19年にも、主演映画『マスカレード・ホテル』が控える。
    同作は、人気作家・東野圭吾の原作で、製作陣は木村主演の人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)のスタッフが中心。
    今年の木村は、SMAP解散後初となった主演映画『無限の住人』が大コケしただけに、来年は正念場だ。

    k


    キムタク+ニノの初ショットで注目された『検察側の罪人』は、すでにクランクアップ。
    酷暑だった今夏、木村は毎日、撮影現場に足を運んでいた。
    木村といえば、有名なのは豪華すぎる差し入れ。
    これまでのテレビ、映画の主演作では、キャスト、スタッフにケタ違いのプレゼントを渡している。
    となれば、期待が高まるのは、初の顔合わせとなった二宮へ、だ。

    監督の原田眞人さんが撮影中の7月3日、誕生日を迎えた。
    キャストがプレゼントを渡して祝福していたとき、二宮が木村に、「俺も誕生日だったんですよね。まだ(プレゼントの受け付けは)ぜんぜん大丈夫です」と冗談めかして、つぶやいた。
    木村から「いつだったの?」と聞かれ、「6月の17日でした」と返すと、当然、「ぜんぜん(月日が)経ってるじゃん」といわれた。

    すると、その数日後、木村は「どうやって持って帰ったらいいんだろう」(二宮談)というほど大量の洋服を、二宮1人のために現場に持ってきた。
    木村のお下がりであろうと思われる古着、新物がどっさり。
    二宮は、これまで耳にしたことがあった伝説を目の当たりにした。
    驚くのは、伝説に続きがあったことだ。

    “誕生日だったプレゼント”を受け取ったおよそ1週間後、木村が、再び現場に洋服を持ってきた。追加の特盛状態である。
    「二宮がラジオで明かしたところによると、“俺、誕生日にもらったんじゃないの? もう、来年のプレゼントをもらってんの、すでに”と解釈して、遠慮なく、すべてをいただいたそう。
    本人いわく、“10年はイケると思ってるよ”という量で、ファッションにうとく、服も買わない二宮にとっては、願ったり叶ったりの産物だったみたい」(先のテレビ雑誌のライター)。

    撮了した今、2人が、プライベートで親交があるという情報は伝わってこないが、映画PRがはじまると、再び緊密になるだろう。
    キムタクとニノ。
    2ショットを早く観たい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13787975/


    所長見解:そんなにいる?・・・
    【【木村拓哉】キムタクの太っ腹伝説ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月14日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)で、『嵐』の二宮和也が以前に交際していたという長澤まさみと共演したことに賛否両論が巻き起こっている。

    n


    長澤は、松田龍平や長谷川博己と共演した、公開中の映画『散歩する侵略者』を宣伝するため、2年ぶりに同番組へ出演した。
    長澤は番組のなかで、新春に放送された『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)で櫻井翔と共演した際のエピソードを披露し、櫻井のことを「話を聞いてるようで聞いてない人」と評して「話を聞いてるようで割とのんき。
    リップクリームぬってて天然なのかな、夫婦役だったので役作りだったのかな」という印象を抱いたという。
    これに対して櫻井は「おれそうだとしたらマジきもいよ」と言い、スタジオは爆笑の渦に包まれた。

    しかし、2005年に長澤と二宮が共演し、交際のきっかけになったといわれるドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)でのエピソードが話されることはなかった。

    番組を見た視聴者はSNS上で《長澤まさみを全力で接待する回ですか?全然面白くない》、《もう共演しないで、二宮がしゃべらなくなるから》、《完全なハズレ回じゃん、フジはもう少し人選考えろよ》などと批判的な投稿をしていた。


    二宮に「プロ意識」求める声

    一方で、長澤が出演しているからか、二宮は普段と様子が違うようで、長澤と番組で話すシーンはほぼなく、不機嫌そうにも見えた。
    2年前にも長澤は『海街diary』の宣伝で同番組に共演したが、同じような光景だった。

    視聴者は《何年前の話やねん、もうええやん》、《二宮は長澤への態度をもう少し分かりにくくしようか》、《目も顔も合わさないのはどうかと》、《感情の制御ぐらいできないのか?》、《当時は発狂してたけど、今は幸せになってと応援してるよ》などと、ふたりの共演に対して二宮の態度を疑問視する投稿もあった。

    このような雰囲気がずっと続くのであれば、二宮と長澤の共演に対しては今後も賛否両論が続きそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/31459


    所長見解:仲良くね・・・
    【【放送事故】二宮和也と「元カノ」長澤まさみ共演「目も顔も合わさないのはどうかと」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優木村拓哉(44)が、嵐の二宮和也(34)と現場で緊張した空気だったという報道を否定した。

    k


    2人は来年公開の映画「検察側の罪人」で初共演する。
    一部のネットニュースでは、現場での2人の緊迫した空気に共演女優の吉高由里子もドン引きしていたと報じられていた。

    しかし、木村は4日放送のTOKYO FM「木村拓哉のWHAT’s UP SMAP!」で、実際の現場の空気は違ったものだったと説明。
    「無言の対面とか言われてましたけど、ずっとニノとくっちゃべってました」と語り、そもそも吉高はスケジュールの都合で初日の本読みには参加していないと説明。
    「現場でニノといろんなネットニュースを笑い合ってます」と和気あいあいとした2人の様子を伝えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-01867412-nksports-ent 
    日刊スポーツ 


    所長見解:今度は当たるといいね・・・
    【【ちょ、まてよ】木村拓哉、共演二宮和也との「無言の対面」報道否定ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの木村拓哉、嵐の二宮和也が初共演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督、2018年公開)のキャストが24日、発表された。
    木村、二宮の“正義”を巡る闘いの行方を左右する重要なヒロインを吉高由里子が演じるほか、松重豊、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが出演する。

    原作は『犯人に告ぐ』『クローズド・ノート』の雫井脩介氏によるミステリー小説。
    エリート検事・最上(木村)と、彼を師と仰ぐ駆け出しの若き検事・沖野(二宮)。
    2人が担当することになったある殺人事件で、かつて最上にとって大事な人の命を奪い、時効を迎えた未解決殺人事件の容疑者が再浮上する。
    その男を執拗に有罪に仕立てようとする最上と、それに疑問を覚えた沖野の間に徐々に亀裂が走り始め、やがてそれぞれの“正義”のもとに決裂した2人が、敵同士となって対峙していく。

    新たに出演が発表されたのは、検察事務官・橘沙穂役の吉高のほか、正義とは対極を成す社会の必要悪である闇社会のブローカー・諏訪部役の松重、最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役の平、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋、凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役の大倉。
    矢島健一、音尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜も出演が発表され、人権派大物弁護士・白川雄馬を山崎努が演じる。

    吉高は、役柄について「幼い頃のある出来事がきっかけで検察事務官になるというすごく信念のある強い女性像です」と説明し、「初めて挑戦する役どころを楽しみながら演じていきたいと思います」と意気込み。
    「木村さん二宮さんそして共演者の方々、スタッフの皆さんと一緒にチームワーク良く撮影に挑めたらなと思います」と話している。

    「私が演じるのは悪い老人の役です」と明かした松重は、原田監督の要望に応えて髪を染めず白髪で臨んだといい、「思ったより白くて、一気に老け込みました。不良にでもならないとやってられない気分です」と告白。
    「木村君も二宮君も以前ガップリ組ませていただいたことがあります。
    今回はどちらも全く違った関係性なので、どんなことになるやら、乙女のようにワクワクしています」と期待を込めた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    映画『検察側の罪人』に出演する(上段左から)吉高由里子、松重豊、山崎努(中段左から)平岳大、八嶋智人、大倉孝二、矢島健一(下段左から)音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2094586/full/


    所長見解:今度は大丈夫かな?・・・
    【【ついに共演】木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ