二宮和也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    二宮和也、親族だけの元日結婚式を前日にキャンセル!

    都心にある5つ星ホテルXには、国内外から多くの人が集まる。

    特に年末年始は華やかになり、昨年の12月31日はドレスアップした男女がカウントダウンパーティーを楽しんだ。

     
    翌日、Xには新年の清々しい空気が流れる。

    宴会場でおせち料理を楽しむ人や生バンドに聴き入る人など、新たな年を家族やカップルで祝っていた。

     
    Xの一角にあるチャペルも、幸せそうなカップルであふれた。

    人生の新たな門出を、新年の幕開けとともに迎えようとするカップルは少なくないという。


    Xの関係者が明かす。

    「元日は新年のパーティーが多く行われるため、大きな宴会場は使えません。
    なので、親族だけの小規模な挙式が多いんです。
    それでも、今年も数組のかたがたが結婚式を挙げてくださいました。
    ですが、ある夫婦から前日になってキャンセルの連絡があったんです。
    何があったのかと心配になりました…」

     
    Xでは、国賓などVIPも極秘裏に結婚式を挙げている。

    費用は相当なものになる。

    「招待客が10人でも、料金は最低200万円はかかります。
    もちろん、前日のキャンセル代は全額負担していただきます」(前出・Xの関係者)


    k

     
    待ち望んだはずの挙式をキャンセルした夫婦とはいったい――。

    それは、昨年11月に結婚した二宮和也(36才)と元フリーアナウンサーのA子さんだったという。

    新婚夫婦に何があったのか。

     
    嵐の活動期間は、残り約9か月となった。

    秋以降には5大ドームツアーが予定されているというが、残された時間は刻一刻と迫ってきている。

     
    そうした中で二宮は、4月からレギュラー番組『ニノさん』(日本テレビ系)が60分番組に拡大するなど、順調な仕事ぶりを見せる。

    私生活でも、昨年3月に購入した都内の高級住宅地にある瀟洒なマンションで新婚生活を送っている。


    「近所には映画での共演をきっかけに親友になった西島秀俊さん(48才)一家が住んでいて、一緒に食事をするなど、家族ぐるみのつきあいをしています」(芸能関係者)
     

    続きます
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200312-00000007-pseven-ent

    所長見解:ほんまかいな・・・

    【【悲報】嵐・二宮和也さん、元日の結婚式を前日にキャンセルの模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年に結婚を発表し、ファンから猛批判を浴びている嵐の二宮和也(36)が、とうとう事務所の先輩の足も引っ張りだした!? 

    週刊文春デジタルのアンケート企画「第3回嫌いなジャニーズランキング」で、木村拓哉(47)が1位になったことが先日、発表されたのだ。

    k


    その理由の一つに「二宮の結婚を後押しした悪人」という見方が浮上。

    そのうえ2位には、二宮本人がランクインしてしまった!

     
    二宮といえば、嵐が2020年いっぱいで活動休止となる状況で、デビュー20周年ツアー真っただ中の昨年11月、交際していた元フリーアナウンサーのAさん(39)との結婚を発表した。

     
    嵐の中では初の既婚者となったわけだが、Aさんは以前から自身のブログで二宮との交際をにおわせる写真などを投稿していたこともあり、二宮ファンだけでなく、嵐ファンからも猛烈に大バッシングされていた。

     
    その二宮が結婚に関して相談していたのが、木村だという。

    木村は00年に歌手・工藤静香(49)と結婚。次女のKoki,(17)もモデルとして活動している。

    ジャニーズ事務所の先輩で既婚者といえば、確かに木村が代表的な存在ではあるが…。

     
    芸能プロ関係者は「キムタクは元SMAPメンバーの中で、唯一の既婚者でもある。
    二宮がキムタクの自宅を訪れ、結婚発表の時期などについて相談をしていたのは有名。
    これが二宮ファンらの怒りを買い、キムタクが『嫌いなジャニーズランキング』1位になる結果を招いたのでは」と指摘する。

     
    もっとも、木村は第1回(17年)、第2回(18年)とも「嫌いなジャニーズランキング」でワースト1位。

    今回で堂々の?“3連覇”となった格好だ。

    当時の原因は、16年に起きたSMAP解散騒動で、人気がガタ落ちしたからだ。

     
    この騒動は、“SMAP育ての親”と言われた飯島三智氏(現CULEN社長)が、ジャニーズ事務所のメリー喜多川会長、藤島ジュリー景子社長母娘との対立により独立。

    他の4人のメンバーが飯島氏に追随しようとしたが、木村だけがいち早くジャニーズ残留を表明。

    最終的には中居正広も残留したが、木村だけが“裏切り者”というマイナスイメージがついてしまったのだ。

     
    とはいえ、世間を大騒ぎさせたSMAP解散騒動も4年前のこと。

    最近はキムタク人気も回復しつつある。

    昨年10~12月に放送されたTBS系の主演ドラマ「グランメゾン東京」は、平均視聴率12・9%。

    12月29日放送の最終回は16・4%を記録した(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

     
    今年に入っても、1月8日に初のソロアルバム「Go with the Flow」をリリース。

    こちらも売り上げは好調だ。

    今月8日には都内でソロ初のライブツアーが幕開けし、観客1万2500人を集めた。

    さらに「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(3月6日公開)では声優を担当。

    子供向け映画の吹き替えを行うなど、一度は凋落したイメージが回復し始めていた矢先、またもワースト1位になってしまった。

    「さすがに今回もワースト1位になるのは意外。
    やはり二宮の影響は大きいのでは。
    というのもこのランキングでは、二宮の不人気ぶりがあまりにも目立つから」(同)

     
    実は二宮もワースト2位にランクイン。

    第2回では8位だったため、大幅に人気を下げた。

     
    さらに同時に発表された「好きなジャニーズランキング」を見ると、結果は明白。

    1位は中居だったが、その後は2位が大野智、3位が櫻井翔、4位は相葉雅紀、5位が松本潤と嵐のメンバーがズラリと並ぶ。

    そうしたなか、二宮だけはトップ10にも入らず、14位に沈んでしまったのだ。

     
    テレビ局関係者は「2~5位に嵐のメンバーがランクインしたのは、今年いっぱいで活動休止する影響があるのだろう。
    それだけに二宮の順位が余計に目立ちますね」と指摘する。

     
    人気が凋落した二宮は、憧れの先輩でもある木村のイメージアップ戦略も邪魔してしまったのか?


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-01733034-tospoweb-ent

    所長見解:しゃあない・・・


    【【悲報】木村拓哉さんが悪人扱いされる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」の歌手別視聴率で40・8%を獲得してトップに立ったジャニーズの人気グループ・嵐が、いつ破裂するかわからない爆弾を抱えている。

    それは二宮和也(36)と松本潤(36)の深刻すぎる確執だ。

    長年応援し続けたファンの心情をないがしろにして結婚した二宮に、他のメンバーは激怒、なかでも松潤の怒りはハンパない。

    その証拠ともいうべき驚きの光景が、年末の紅白歌合戦のリハーサル後に目撃されていた。

    活動休止まで1年を切った嵐から目が離せない――。 


    i


    二宮が元フリーアナウンサーの一般女性Aさん(39)との結婚を発表したのは昨年11月12日のこと。

    2人の交際は公然の秘密だったが、2021年からのグループ活動休止を待たず、おまけにツアー中の“強行”に騒然となった。

    ワイドショー関係者は「早く子供が欲しい2人は、Aさんの年齢を考慮したそうです。
    一刻も早く入籍すべきと。
    二宮の固い意思にジャニーズ事務所も認めるしかありませんでした」と話す。

     
    ファンは阿鼻叫喚だ。

    「せめて活動休止してからでもよかったのではないか」
    「ツアー最中にすることか!?」

    と怒りの声が噴出する事態になった。


    その結果、当時、嵐のツアー会場では二宮グッズだけ売れ残るという現象もあちらこちらで見受けられたという。

     
    ブチギレているのはファンだけではない。

    メンバーもカンカンで、とりわけ松本の激高ぶりは手がつけられないほどともいわれている。

    昨年放送された日本テレビ系「ベストアーティスト2019」では、他の4人が隣のメンバーの肩に手を回したものの、松本は隣で踊っていた二宮の肩に手を回さない姿が放送され、物議を醸した。

     
    ある芸能関係者は「二宮の結婚発表から数日後に行われた雑誌のインタビューでは、カメラマンがいくら『近寄って』と言っても松本は二宮に近寄ろうとしなかったんです。
    それ以来、写真撮影となると、ジャニーズ事務所スタッフが『メンバーに、もっと近寄ってなどの指示はしないでください』とカメラマンにわざわざ注文していた」。

     
    そんな状況下で迎えた紅白のステージ。

    さすがにオンエアでは仲の良い5人の姿を見せていた嵐だが、舞台裏では緊迫した場面もあった。

     
    先月29日の紅白リハーサル後の囲み会見でのこと。

    大トリを務めることについて質問が飛び、二宮が「今年を締めるわけですから、かみしめながらやれたらいい。
    ダンサーの人たちもずっと嵐についてくれて、チームでやっている感じ」と話しだすと、メンバーは途端に無表情に。

    松本に至っては露骨に下を向いてしまうほどだった。

     
    さらに、ある芸能プロ関係者は「舞台袖にいた櫻井と二宮は目を合わせなかった」とも明かしているから、もはや修復は不可能か。

     
    メンバーがここまで二宮に不快感を抱いた裏事情を、テレビ関係者がこう明かす。

    「メンバーも熱愛が報じられたことはありますが、みんな我慢してきた。
    元テレ朝の小川彩佳アナと交際した櫻井翔は、入籍に踏み切れずに破局。
    元タレント女性とのデートがフライデーされた大野智はスポーツ紙の取材に対し、熱愛騒動について謝罪し、強制的に別れさせられた。
    そりゃ怒るのも無理はないです」


    続く

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000002-tospoweb-ent

    所長見解:こっちもか・・・

    【【悲報】「嵐」はすでに修復不可能の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「メンバーにも迷惑をかけて申し訳ない」。

    二宮の異例の「結婚会見」の背後にあった松潤の怒り。

    今や、彼の名前を口にせず、2ショットも拒否するほど、溝は深まっている。

    一方、二宮は小誌直撃に「幸せです」。

    m


    二宮の結婚を機に、メンバー間で二宮と他の四人との対立構造が生じていることについて、父親は「本来、嵐はみんな仲がいいグループなんです。
    特にカズくん(二宮)と松本(潤)くん、相葉くんは、ジャニーズJr.時代に一緒に舞台をやった仲。
    松本くんはうちの実家に泊まりに来たこともある。
    いつかまた(嵐の)活動を再開する日が来ると思う」と語る。


    活動停止を1年後に控えた今、嵐に何が起きているのか。

    殊に“反二宮”の旗幟を鮮明にするのは松本。

    二宮とのツーショットを求められ「ふざけんな!」と吐き捨てる局面もあった。

    二宮本人、友人のTOKIO松岡昌宏のコメントなどと併せ、12月26日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。


    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/12635

    ▼写真
    http://shukan.bunshun.jp/mwimgs/a/1/-/img_a1f8f1ff1bf3a2fb6ef6dab5649931a6858123.jpg

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【激怒】 嵐・松本潤「二宮、ふざけんな!」←これ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2019年11月、元フリーアナウンサーとの結婚を発表した、嵐の二宮和也(36)。

    グループ活動停止まで1年余、デビュー20周年記念ドームツアーのさなかというタイミングでの発表は、さまざまな波紋を呼んだ。

     
    そんななか、二宮の父親が週刊文春の取材に対し、2時間にわたり息子について語った。

    父親は、仕事の都合などで長年、二宮とは離れて暮らしている。


    n



    ――お嫁さんとはお会いになりましたか。

    「会っていません。
    発表の前日くらいに家族から『結婚するらしいよ』と聞いて、『そうなんだ』と。
    特に驚くこともなかった。
    ああ、噂になっていたあの人に決めたんだなと。
    あの子が自分で選んだ人、好きな人と結婚するわけだから、周囲が反対する理由はありませんよ」


    ――息子さんがジャニーズ入りした頃の思い出は。

    「僕が送り迎えして、アッシーみたいな感じで(笑)。
    そういう時期が長かった。
    相葉(雅紀)くんや風間(俊介)くんと一緒に電車で帰ってきていた。
    これだけ続いたということは、やっぱり好きだったんだろうなと思う。

    (アイドルとして)日の目を見ればいいけど、ほとんどの人がそうならない。
    問題を起こしたり、芽が出なくて自然消滅したりする人がかなりの数いるわけだから。
    ラッキーと一言では言えないかもしれないけど、チャンスをもらえたときに生かす生かさないは自分だから、そこでうまくいったということなんでしょう。

    奥さんになる人もああやって見つけられて、順風満帆にきたんじゃないですか」


    ――印象に残っている仕事は。

    「あの子がジャニーズJr.のときに田中美佐子さんとやったドラマの『天城越え』(1998年)ですね。
    最初のころは『ちゃんと台詞言えるのかな』『ミスしないかな』とか思うわけですが、だんだん見慣れてくると、普通の俳優さんと同じだなあと。
    『お客さんがお金を払っているんだから、それに値する演技や歌をやるのが君たちの使命だ』と教えられていたようで、本人もそう言っていました。
    そこはプロ魂というか、プロ意識があるんだなと思いました」


    二宮の結婚を機に、メンバー間で二宮と他の四人との対立構造が生じていることについて、父親は「本来、嵐はみんな仲がいいグループなんです。
    特にカズくん(二宮)と松本(潤)くん、相葉くんは、ジャニーズJr.時代に一緒に舞台をやった仲。
    松本くんはうちの実家に泊まりに来たこともある。
    いつかまた(嵐の)活動を再開する日が来ると思う」と語る。

     
    活動停止を1年後に控えた今、嵐に何が起きているのか。

    殊に“反二宮”の旗幟を鮮明にするのは松本。

    二宮とのツーショットを求められ「ふざけんな!」と吐き捨てる局面もあった。

    二宮本人、友人のTOKIO松岡昌宏のコメントなどと併せ、12月26日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。


    「週刊文春」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00022185-bunshun-ent

    所長見解:会ってないんや・・・

    【【これはヤバい】嵐・二宮和也の父がいろいろと語った結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ