ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    二世タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界復帰を目指す坂口杏里(28)が30日放送のフジテレビ「ザ・ノンフィクション」に出演し、昨年9月に自殺を図っていたことが明らかにされた。

    杏里は女優の故坂口良子さん(2013年没)の長女で、二世タレントとして活躍したが、キャバクラのホステス、セクシー女優などに転身し、現在は音楽活動をしている。

    番組では2018年9月、杏里が、自身に密着していた本作の番組ディレクターに自殺を図ったことを連絡してきた様子が紹介された。


    s


    泣きながらディレクターに電話してきた杏里は「一応、遺書書いたんだけど。
    本当にけっこうガチで死のうと思って。
    ドライヤーの線で首をきつく縛って、やっぱ息ができないわけ。
    口からと鼻から血がバーッて出て」と、自殺を図った自身のさまを報告。

    理由を「なんか、ふと、もう」と説明し、送られてきた遺書には「私は強い人間じゃないので、このようなことしかできませんでした。」と書かれていた。

    翌月、ディレクターと会った杏里は「精神的にやっぱ地方(注・神戸で働いていた)だし、友達もいないし、休みもないし、きつかった」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16701036/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/3/c3735_50_9693908a_40ef974e.jpg

    所長見解:なんかね・・・
    【【あの人は今】坂口杏里さん、自殺未遂の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年3月に「エビオス整腸薬」のCMでデビューした、俳優・仲村トオルさんと女優・鷲尾いさ子さんの娘・ミオさん(20)が、本日発売の「週刊文春」原色美女図鑑にて、待望の初グラビアを披露した。


    ミオ 撮影、すごく楽しかったです。最初は、どうしたらいいか分からなくて、大丈夫かな、上手く撮れてるかな、と不安だったんですが、後半は自然体で楽しめました。

    端正な顔立ちと、身長176cmという抜群のスタイルは両親譲りだ。

    ミオ 高校生くらいまで、背が高いことはコンプレックスだったんです。友だちと一緒にいると、小さい子はみんなからかわいいって言われるんですけど、私は全然言われない。「私のこともかわいいって言ってよ~!」みたいな(笑)。最近はちょっと吹っ切れてきたんですけどね。

    しかし、その恵まれた身長があるからこそ、グラビアがサマになるというもの。

    今回、撮影を手がけたのは、家族ぐるみの交流があるという写真家の安珠さんだ。

    ミオ 安珠さんは、私が生まれたばかりの頃から仲良くしてくださっていて、何年も続けて家族写真を撮っていただいたこともあるんです。今回のような本格的なフォトセッションは初めてなんですけど、緊張せずに撮影にのぞめたのは安珠さんのおかげだと思います。

    一方の安珠さんは、「ご両親も撮っていますが、ミオちゃんの感性は親譲りですね。求められていることに瞬時に反応するので、とても初めての撮影とは思えなかった。元々創作的なことが得意なタイプなので、この仕事が向いてるんじゃないかな」とミオさんを高く評価。

    ミオ ありがとうございます。自分ではそのように感じたことがなかったので、そう言っていただけてほっとしました。元々目立つことがあまり好きじゃないし、人前で話すことも苦手なんですよね。

    m


    “人前が苦手”な彼女がデビューにいたるまで

    では、“目立つことが好き”ではないミオさんが、こうして芸能界デビューに至ったのはなぜだろうか。

    ミオ 父と交流があるCM関係者の方が、「やってみませんか?」と言ってくださったんです。お話をいただいた直後はかなり悩んで、チャレンジした場合としなかった場合、その後の自分が進む道の選択肢が増えるのはどっちだろうと考えに考えた末、やってみよう、と決断しました。

    それまでは、芸能界に入るなんて考えたこともなかったです。小中高と芸能活動禁止の学校に通っていましたし、両親も、「(芸能活動は)どうなんだろう……」というような雰囲気だったんですけど、「20歳になったんだから、自分で考えて決めなさい」と。数日間、考えていたら、「(CMに)挑戦してみたら?」と父が背中をちょっと押してくれて、それでお返事しました。

    ご両親のように、ドラマや映画に挑戦することについては?

    ミオ それは未知数です。私、今まで人の役をやったことがないんですよ(笑)。学芸会とか、いつもじゃんけんで負けて、木の役や鳥の役しかやったことなくて。よくマンガで出てくるような、木に丸い穴が空いていて、そこから顔を出して立っているような役です。


    画像①

    画像②


    画像③


    画像④
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00012211-bunshun-ent


    所長見解:いいやんか・・・

    【【グラビア】仲村トオル・鷲尾いさ子夫婦の美人すぎる娘がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所長見解:いいやん・・・


    【【キムタク娘】kokiちゃんが大胆にイメチェンした結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、高嶋政宏さん(53)と高嶋政伸さん(52)との関係がうまくいっていないのです。
    以前は共演もありましたが、いまでは“兄弟で”という出演オファーがあっても、2人とも頑として受け付けません。
    また2人は同じ芸能事務所に所属していますが、仕事関係者たちも事務所やテレビ局などでニアミスしないよう細心の配慮を払っている状態です」(政宏を昔から知る芸能関係者)

    k


    政宏・政伸兄弟が共演に応じていたのは6年前の’13年までだった。

    テレビ局関係者はこう語る。

    「’13年1月には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に兄弟で出演しています。
    さらに6月放映のスペシャル番組『カスぺ! 独占密着 真実の高島ファミリー』(同局)では、父・高島忠夫さん(88)を母・寿美花代さん(87)が“老老介護”する様子なども公開。
    息子たち2人は実家を訪れ、歓談していました。
    しかしそれ以来、兄弟の共演はプッツリと途絶えました」


    『カスぺ!』以降、忠夫も寿美も公の場に姿を見せていない。

    夫婦は東京都内にある閑静な住宅地で生活しているが、2人の姿はまったくといっていいほど目撃されておらず、定期的に医師が、そしてヘルパーたちが交代で家を出入りするばかりだという。

    「この数年ほど政伸さんのインタビューでは兄・政宏さんに関する質問がNG、また逆に政宏さんの取材では弟・政伸さんの話題がNGとなっています。
    そのように兄弟間に“断層”が生じたのはご両親の体調が悪化し、姿を見せなくなった時期とも一致しています。
    2人ともすでに80代、老親の介護問題が兄弟間の距離を広げたのでしょうか……」(前出・テレビ局関係者)

    当人たちは、この家族問題をどうとらえているのか? 

    まず5月上旬、帰宅してきた政伸を直撃した。

    ――お忙しいところ申し訳ございません。お兄様の政宏さんと確執があって、いまはご兄弟での共演がNGという状態が続いていると聞いていますが?

    「(兄弟確執に関しては)僕はそんなことはないと思いますよ」


    ――ご両親の介護問題で意見の食い違いがあったりはしないのでしょうか?

    「介護については家族間で話し合っています。兄の意見にはすべて従って、分担しています」


    ――この6年ほどは、ご兄弟での共演はありませんよね?

    「それは(私の意向ではなく)単純に事務所の方針だと思います」

    兄弟間の確執は否定したものの、共演NG状態にあることは認めた政伸。

    “兄は外交的だが、弟は内向的”“豪快な兄に対して、弟は繊細”など、高島家の兄弟は真逆のキャラクターでも知られている。

    本誌の直撃に対して驚くほど淡々と応じた弟に対し、兄・政宏は“苦悩”を隠さなかった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16562523/
    女性自身

    所長見解:そうなんや・・・
    【【悲報】高嶋兄弟、共演NG説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ モデル・Koki,「もはや別人?」画像の違和感に修正を疑う声殺到

    仕事で背伸びをすると、画像の背も伸びるのだろうか。

    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルとして活躍する「Koki,」(こうき)は28日、自身のInstagram上でモデルデビュー1周年となったことを報告。

    併せて「COACH」の最新ファッションをまとい、惜しげもなく美脚を露わにした姿も披露した。

    しかしこの投稿を見たネットからは、Koki,の姿の違和感を指摘する人が続出。

    画像修正を疑う声が相次いだ。

    k


    モデルのKoki,は28日、「このお仕事を始めさせていただいてから今日で一年になりました」と、「エル・ジャポン」の表紙を飾ったデビューからちょうど1年が経ったことを報告した。

    さらにKoki,は、自身のファンやスタッフへの感謝を述べ、「この一年を通し、様々な経験をさせていただきました。そのすべてを宝物にして今後も進んで行きたいと思います」と、今後の活動に対しての意欲を語っている。


    Koki,は昨年5月にエル・ジャポンの表紙でモデルビュー。

    同誌の表紙を日本人が飾るのは冨永愛に次いで2人目となったことや、著名な写真家の操上和美(くりがみかずみ)が撮影を担当したことでも話題となった。

    以降もKoki,は、CM出演やブルガリ・シャネルといった世界的ブランドのアンバサダーへの就任など、世間の注目を集める起用が続いていた。

    しかしそんなKoki,に対し、ネットの反応は辛辣だ。

    「顔小さく加工してる?人体としてバランスおかしくね?」
    「実物とかけ離れちゃってるやん顔もスタイルも」

    など、画像編集ソフトによる修正を疑う人々が続出。

     
    さらに「デビューで表紙にさせてもらうような特別待遇でなにを学んだのかと」「身長も仕事も背伸びして、他の二世より格上に見せたいんだろうけど厳しいって」と、親の七光ならぬ“両親の14光り”で特別扱いを受けていることに対する苦言も見られた。

    Koki,の活躍の場が高級ブランドなどセレブ志向に偏っているのは、母・工藤静香の指示だという報道もある。

    しかし画像でごまかせても、海外に出てランウェイで本場のモデルと並べばすぐにバレてしまうのは当然だ。
     
    Koki,が活動方針を見直して、修正に頼らない身の丈に合った仕事をする日は来るのだろうか・・・。


    https://entamega.com/18238

    ▼画像
    https://entamega.com/wp-content/uploads/2019/05/koki_instagram.jpg

    所長見解:かわいいのにな・・・

    【【キム娘】モデル・Kokiちゃんに画像修正疑惑ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ