二世タレント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    覚醒剤取締法違反で捕まった清水良太郎(29)。
    発売中の「フライデー」では逮捕のきっかけとなった110番通報をしたデリヘル嬢が、シャブの入ったパイプをライターであぶりながら行為にふける姿について語っていたが、清水は逮捕前、毎日のように顔を出していた六本木のバーでもあけすけにシャブS●Xの快感について語っていたという。

    事情に詳しい関係者がこう言う。

    「彼は毎日のように六本木に顔を出していましたが、それはタダで飲める場所があったから。
    父親のアキラが経営するバーがあって、時間があればそこで遊んでいたからです。

    s


    良太郎はベロベロに酔うと“キメセク”の話ばかり。
    『一度やったらやめられないですよ。ホントに最高ですから、やってみて下さいよー。
    ただし、普通の女の子に使っちゃダメですよ。あとでモメますから。やるなら風俗の子。
    デリヘル嬢なら訴えてこないから、楽勝ですよ』なんて平気な顔して言うんです。
    みんなその発言にドン引きしながらも、さすがに冗談だろうと思っていたら、今回の逮捕ですよ」

    美川憲一の言葉で反省して踏みとどまれれば、こんなことにはならなかったのだが……。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171022/Gendai_422224.html


    所長見解:ダメだねこれは・・・
    【【薬物二世】逮捕された清水良太郎 六本木で自慢していた“キメセク”話ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2度目の離婚を発表した俳優のいしだ壱成(42)が21日、自身のブログで医師から顔面麻痺と診断されていたことを明かした。

    s


    いしだは、この日のエントリーで「連日ネットなどでご心配いただいておりました、顔面の左側麻痺につきましてご報告させて下さい」と切り出し「帯状疱疹から来る顔面麻痺、という医師の診断でした。二週間ほど前に発症をしました」と説明。
    その後、1週間通院し現在は完治しているそうで「予定どおり舞台に立たせていただいております」とつづった。

    18日に放送されたフジテレビ系「良かれと思って!」で2度目の離婚を発表。
    その際、左側の顔面の動きが不自然だったため、インターネット上には「顔面麻痺ではないか」と心配の声が挙がっていた。

      
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000095-spnannex-ent


    所長見解:顔より頭が・・・
    【【二度離婚】いしだ壱成、顔面麻痺だったってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「真っ暗になったホテルの一室で、彼は突然、『ねえ、キメセクしない? メッチャ気持ちいいよ』と言い出したんです。びっくりですよ。私が嫌がっても、口移しで無理矢理クスリを吸わせようとしてきた。二人きりの密室だし、怖くて逃げることもできませんでした……」

    バスト115センチ、Iカップ。
    誰もが振り向く魅力的なスタイルの30代女性の愛さん(仮名)は、クスリを強要された恐怖の瞬間をこう語り出した―。

    10月11日、ものまねタレント・清水アキラ(63)の三男で俳優の清水良太郎容疑者(29)が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁目白署に逮捕された。
    今年2月に『FRIDAY』が闇カジノ通いを報じ、4ヵ月間の謹慎の末、6月に復帰したばかりのタイミングで起きた出来事だった。

    違法賭博の次は薬物使用。
    どうしようもない二世タレントが起こしたこの事件だが、本誌は彼の覚醒剤使用を現場で目撃し、警察に通報したという女性・愛さんとの接触に成功した。

    都内ホテルへの派遣型ヘルス(デリヘル)で風俗嬢として働く愛さんは、事件当日の10月10日、派遣元の店からの指示を受け、現場となった池袋のホテルへ向かった。
    そして指定されたホテルの一室で彼女が見たのは、薬物使用の異様な光景だったという。

    s


    愛さんが語る。

    「この日、彼は『ハヤミ』という名前で午前11時半から2時間のコースを予約していました。
    ホテルに着く20分前に、彼に『今日はよろしくお願いします』と挨拶の電話を入れたんですが、『早く来てよ!』と焦れた様子で返されました。
    結局、ホテルに到着したのは、11時35分ごろ。
    部屋のドアをノックすると、ガチャッと解錠する音だけが聞こえてきました。
    普通、そこでお客さんが部屋に招き入れてくれるんですが、何も応答がないんです。
    30秒ほど待ってみましたが反応がないので、自分でドアを開けました。
    すると、彼はすでに真っ暗なメインルームに引っ込んでいて、ソファに腰かけていた。
    備えつけのテレビからAVが流れていて、画面の明るさで人の姿が見える状況でした。
    ガリガリの、やせ細った人だな、と思ったのを覚えています」

    この後、プレイが始まると清水容疑者は、薬物の使用を始める。

    10月20日発売のFRIDAY最新号では、愛さんが目撃した清水良太郎の異常な行為を克明に報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010000-friday-ent


    所長見解:怖いね・・・
    【【壮絶告白】清水良太郎事件 警察に通報した風俗嬢が語る 「クスリ強要恐怖の120分」 ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    18日更新のブログで2度目の離婚を報告した、いしだ壱成(42)が、同日夜に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「良かれと思って!」(水曜午後10時)で離婚について報告した。

    h


    番組は事前収録されたもの。
    番組の中で、視聴者から「奥さんに細かすぎるルーティンを要求していて、それができないと、キレるって、DVですか」という意見が寄せられ、これに答えるコーナーだった。
    壱成は「1つ報告があります。先日、私、いしだ壱成は2度目の離婚をしました」と切り出した。

    劇団ひとり(40)ら司会者から、離婚の理由を問われると、妻に毎日、強要した細かすぎるルーティーンが原因だったと認めた。
    そのルーティーンとは以下の通り。

     <1>毎朝コップ1杯の水を用意させる

     <2>次に白湯(さゆ)を飲ませてもらう

     <3>シャワー中にバスタオル、洋服を準備させる

     <4>サラダを食べる際に7種類のドレッシングを用意させる

     <5>帰宅時に45℃のお風呂を準備させておく

     <6>風呂に入っている間に洋服を洗濯機に、カバンを部屋に運ばせる

     <7>カバンからその日の領収書を取り出して、まとめて精算しておく

    これを毎日、妻に要求した。
    これを守らないことがあると、「ふざけんなあオラァ!」と激怒していたという。
    ルーティーンを自分でやる意思はなく、「やってもらうのが快感でした」という。
    「奥さんが家を出て別居状態でした。僕もやり過ぎたと思って謝罪しましたが、謝った時点で、もう手遅れでした」。
    8月半ばに離婚届を提出した。

    番組収録時点では、父石田純一(63)に離婚を報告していなかった。
    「顔を見たら言えなかった」。

    番組側が、この日の放送に向けて、父子の対面の場を設け、壱成が離婚を報告した。
    都内の料理店で対面し「8月中旬に離婚しました」と報告すると、石田は「えっ?」と言って絶句した。
    自分も離婚を2度経験している石田はその後、気を取り直して「バツ2ですか。バツ2は風当たりが強いよ」。
    さらに「(妻の揺らいでいる気持ちに)気付かなきゃ。俺も人のことを言える立場じゃないけど、残念だけど、こればっかりは2人以外はわからないからな」と話した。
    さらに元妻の両親へのあいさつをしなければいけないとも言われた。

    さらに「次はもうないよ」と厳しく言われ、「(結婚に)適合できない人。不適合者と言われるよ。そういうことになっちゃうので、まあ、心して」と諭された後「結婚ってロマンじゃない。生活というか、現実というか、そういう面もちゃんとカバーできないと、本当に適合できない人になっちゃうよ。これからは、より心して、やったほうがいいと思う」とアドバイスを送られた。

    壱成は、03年に元タレントの女性と結婚し、男児をもうけたが、06年に離婚。
    14年7月に11歳年下の一般女性と再婚していた。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00031363-nksports-ent


    所長見解:それより髪が・・・
    【【純一息子】いしだ壱成離婚要因は妻へ7つの掟ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一さん(22)が、11月17日に初の著書「生粋(ナマイキ)」(主婦と生活社刊、税別1100円)を発売することが17日、明らかになった。

    まえがきには「僕は『横綱の息子』じゃない。その前に、花田優一という、ひとりの人間なんだ」というメッセージ。

    花田さんは“大横綱の息子”として保証された何不自由ない生活を捨て、中学卒業後の15歳でアメリカ・ボストンへ留学。
    その後、イタリア・フィレンツェ靴工房で2年半の修行を経て、現在は都内の工房で靴作りに打ち込む日々を送っている。

    同書では、葛藤し歩いてきた道を振り返りながら、自身の「生きる」哲学と「働く」流儀をつづった。
    「何故、お父さんと同じ相撲の道を選ばなかったんですか?」「何故、靴職人になったんですか?」と何万回と聞かれてきた質問についても、正直な思いを繰り広げている。

    発行元の主婦と生活社では「今まで知らなかったありのままの「花田優一」がここに刻まれている。先が見通せず、どこか息苦しい時代。自分の働き方、あり方、生き方に、とまどい立ち止まっているすべての人たちへ届けたいメッセージ」としている。

    花田さんは靴職人の傍ら9月に芸能事務所と契約し、TBSラジオ「花田優一 First Step」(月曜・後7時15分)などレギュラー番組もスタート。
    今後も多方面での活躍が注目される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000053-sph-ent

    「生粋」の表紙
    no title

    花田優一さん
    no title


    所長見解:靴は・・・
    【【靴職人風】花田優一さん「僕は『横綱の息子』じゃない」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ